九州の風景
 季節のスケッチ海外の風景山形の風景 | 九州の風景
広大な自然の九州の風景写真集。季節のスケッチにアップした写真を取りまとめました。

20年  19年  18年  17年  16年  15年
  >>写真をクリックすると拡大します 
 (20年2月) 鹿児島、高千穂、太宰府
鹿児島湾から望む桜島の堂々とした山容です。NHK大河ドラマ「篤姫」によく出てきます。 薩摩半島の南端指宿では、菜の花が満開で春を満喫できます。篤姫の実家の今和泉家はこの地にありました。 高千穂峰の山麓に建立された霧島神宮。坂本龍馬が「日本最初の新婚旅行」として訪れたとされています。 霧島神宮から少し北に車で走った所に丸尾滝(幅25m、高さ、20m)があります。湯煙を上げ、霧島温泉のお湯を集めて落ちる珍しい温泉の滝です。
ここは福岡の菅原道真を祭った太宰府天満宮です。特にこの時期は受験生で大賑わいです。 境内には、道真が詠んだ和歌にちなんだ梅の木が有名ですが、ちょうど満開でした。    
  
  (19年1月) 北九州、産業地帯
北九州市の産業風景です。小倉駅の北側にある住友金属工業の小倉製鉄所です。左側に高炉が立っています。 北九州では新日鐵の八幡製鉄所が最大です。ここは八幡製鉄所の飛幡門で業務用の車がひっきりなしに出入りしています。 北九州工業地帯の真ん中にある洞海湾にかかる若戸大橋。若松と戸畑地区を結んでいます。真っ赤な容姿はサンフランシスコの金門橋にも似ています。 若戸大橋がかかる洞海湾にはいろんな船が出入りし、作業をしています。
近代製鉄発祥の地に綺麗に整備された東田第一高炉が産業遺跡としてそびえ立っています。この近辺にはスペースワールド等いろんな博物館があります。 地元の運送業を営む中堅企業、山久(さんきゅう)の建物です。「ありがとうの気持ちが会社の名前です」との看板が掲げられています。なかなか味がありますね。    
   
 (18年6月) 九州特集;小倉、門司、阿蘇山、湯布院ほか
ほか多数の写真あり
→ 18年6月九州
小倉城は北九州市の小倉の中心地にあります。周辺は勝山公園となっていて、松本清張記念館も設置されています。 北九州からドライブで一気に阿蘇山へ。ここは阿蘇外輪山の最高度地点にある大観峰から眺めです。この内側にカルデラが広がりその中心部に内輪山があります。 湯布院の町中を小川が流れていますが、この付近に蛍が自生しています。夜の8時半~9時に蛍が乱舞していましたが、さすがに写真は撮れませんでした。
  
 (17年9月) 鹿児島
鹿児島の風景です。富士山のように見事な姿形は、鹿児島の薩摩半島の最南端に位置する開聞岳で、薩摩富士と呼ばれています。 まさに紺碧色の海面です。開聞岳を左手にして南の太平洋を望んでいます。かつて近くの知覧の基地から飛び立った特攻機は開聞岳を越え、この南方の海の彼方へ消えていったそうです。    
  
 (15年10月) 阿蘇山
一面のススキ(阿蘇くじゅう国立公園) 阿蘇の放牧地 連なる阿蘇の外輪山
九州の阿蘇くじゅう国立公園の風景です。阿蘇カルデラ地方は大平原になっていますが、10月中旬のこの時期は、銀色のススキや黄金色のオミナエシが美しく大地を覆っています。 世界最大級の阿蘇カルデラは、阿蘇五岳からなる中央火口丘と外輪山に挟まれた大平原地帯です。この大平原では道路がよく整備されていて、爽快なドライブを楽しむことができます。所々に放牧地の草原があって牛や馬がのどかに草を食しています。 北外輪山にある阿蘇カルデラ随一の展望台、大観峰からの眺望です。これは外輪山が綿々と連なる雄大な風景です。大観峰からは天候に恵まれれば、雲の峰の上に浮かぶ阿蘇五岳が涅槃像に見えるとのこと。  
 (15年7月) 門司港
門司港レトロ 関門橋
門司港レトロを展望した写真です。明治から大正にかけて九州の玄関口として栄え、瀟洒な西洋建築が建ち並んでいます。岸壁の辺に建つ洋館(写真中央部)は国の重要文化財に指定されている旧門司三井倶楽部。かつてアインシュタインも宿泊したことがあるという。

門司から下関を望んだ関門橋です。この橋の下の海峡は結構流れが急ですが、ここが源平の戦いで有名な壇ノ浦です。当時平家側の幼い安徳天皇が海に身を投じられ、平家が滅亡したわけですが、今では何事も無かったかのように船が往来しています。    

 季節のスケッチ海外の風景山形の風景 | 九州の風景
20年 19年 18年 17年 16年 15年

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可