季節のスケッチ > 都心の紅葉・黄葉 > ブログ記事
年末の頃になると東京都心は至る所で紅葉・紅葉に輝きます。各月の 季節のスケッチ から都心の紅葉・黄葉風景をまとめました。また、折々の美しい紅葉風景は ブログ記事 をご覧ください。

小石川植物園 新宿御苑 本郷・御茶ノ水 丸の内和田倉門 その他
ブログ記事


   
 小石川植物園
植物園の紅葉・黄葉の詳細 →(四季の植物)10月 11月 12月
小石川植物園は、植物学の研究・教育活動を目的とする東京大学附属施設で、都心にあって野趣に富む四季折々の樹木や花々を楽しむことが出来ます。年末の頃、木々の紅葉・黄葉の競演は見応えがあります。2012.12

植物園入口から日本庭園ゾーンへ散歩する途中にメタセコイア林が広がっています。凛として天に向かって直立するメタセコイアの大樹が見事に褐色に紅葉しています。2013.12


イロハモミジ、イタヤカエデ、メグスリノキなどのモミジ、カエデの仲間をはじめとするいろんな広葉樹、メタセコイアやラクウショウなどの針葉樹、ツツジの仲間などが思いっきり1年のサイクルの最後の輝きを演じてくれます。2013.12
(左はメグスリノキ)

晩秋の園内に輝く紅葉・黄葉風景← クリックでスタート
年末の小石川植物園の晩秋の色彩豊かな風景です。立ち並ぶ大樹はもちろんのこと、林間部の小径や池の周りなど園内の至るところが紅葉・黄葉で覆われ輝いていました。(季節のスケッチ 2017.12 より)


   
 新宿御苑
年末の新宿御苑では、都心の紅葉狩りを楽しむことができます。苑内では抜けるような青空の下でイチョウ、カエデ等の木々が紅葉・黄葉で輝いていて、新宿御苑の晩秋の自然美を十分に堪能できます。後方にはとんがり帽子のNTT代々木ドコモビルが見えます。2017.11
大木戸門の近くに真赤な塊りのような樹木が目につきます。この樹木の正体は美しく真赤に紅葉したタムケヤマ(手向け山;カエデ科カエデ属)。タムケヤマはヤマモミジ系の紅枝垂の代表的な園芸品種で、葉に細かい切れ込みがあるのが特徴です。タムケヤマの中からもNTTドコモビルがカメラのアングルに入ってきます。2017.11
   
 本郷・御茶ノ水界隈
(東京大学@文京区本郷)
文京区本郷の東大構内のイチョウ並木。本郷通りに面する正門を入ると、奥の安田講堂まで黄金色のイチョウ並木が続いています。小春日和の休日などは、近所の親子連れなども多く、憩いの場になっています。2008.12

(ニコライ堂@千代田区神田駿河台)
お茶の水駅の聖橋口を出て、本郷通りの坂を少し下ると、大きなニコライ堂の建物が目に入ります。屋根の丸みから解るギリシャ正教会の建物。イチョウの高木に囲まれています。明治24年に建てられたが、関東大震災で被災し、昭和4年に修復されています。2003.12
 
 丸の内和田倉門周辺
(丸の内高層ビル群)
丸の内の和田倉門交差点付近の風景です。東京駅から皇居前までイチョウ並木が街路樹として植えられています。林立する高層ビル(東京海上ビルと丸の内ビル)とイチョウの木のコラボレーションが見られます。2004.12
(和田倉門噴水公園)
和田倉門交差点付近の皇居外苑地区の一角に和田倉門噴水公園があります。オブジェと噴水もすっかり秋模様に囲まれています。この公園内のレストランではよく結婚式が執り行われています。2007.12
 
 そ の 他
(神宮外苑)
神宮外苑のイチョウ並木の黄葉は有名です。青山通りの方から望んだ眺めで正面に見える石造りの外観は聖徳記念絵画館。道の両側は大勢の人出と車の縦列駐車で大賑わいです。2009.12

(北の丸公園)
北の丸公園は戦後に開園され、皇居と一体となった森林公園としての景観や自然環境が形作られています。周辺の千鳥ヶ淵などの皇居外苑を取り囲むお濠や昭和館、東京国立近代美術館、工芸館、国立公文書館、科学技術館などの文化施設をめぐることができる歴史と自然の森として、多くの人に親しまれています。2005.11



梅百科 | サクラ | ツバキ | ツツジ | 春の妖精たち | 秋 の 七 草 | 都心の紅葉

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可