季節のスケッチ(ツバキの仲間)
季節のスケッチ > 梅百科 | サクラ | ツバキ | ツツジ | 春の妖精たち | 秋 の 七 草 | 都心の紅葉
小石川植物園の風景:ツバキの仲間

 花が少ない季節の冬の間から咲き始め、春遅くまで咲き続けるツバキの花は、花姿が美しく万葉集の頃から親しまれてきましたが、特に近世に茶花として好まれ多くの園芸品種が作られています。

 ツバキ(椿)はツバキ科ツバキ属の植物(学名Camellia japonica)で、日本原産の常緑樹です。野生種の標準和名はヤブツバキといいます。

 実際には、ヤブツバキ以外にもツバキ属の植物を広くツバキと呼んでいます。すなわち、国内外でヤブツバキや近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種やワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的にツバキ(椿)と呼ぶます。

 ただ、同じツバキ属であってもサザンカ(山茶花)を椿と呼ぶことはありません。


 小石川植物園では、ツバキ園を中心に色んなツバキの花を楽しむことができます。

 椿の仲間


 左の写真は、上から
雪椿(ヤブツバキの近縁種)、岩根絞り(園芸種)、グランサムツバキ(香港原産)。


年末にもなると咲いている花がめっきりと少なくなります。この頃に、サザンカ(山茶花;ツバキ科ツバキ属)の花が咲き出します。サザンカの花を街角や生け垣などに見つけると、冬の到来を実感します。

サザンカの花はツバキの花とよく似ていて、同じツバキ属の仲間ですが、椿と呼ばれることはありません。

この紅色の山茶花には根岸紅の園芸種名が付いています。23.11

 山茶花の仲間
  
 
ツバキとサザンカの花の分かりやすい見分け方
ツバキ(ヤブツバキが原種)とサザンカは花がよく似ている。見分けのポイントは次の通り。ただし、原種は見分けやすいが、園芸品種や海外産のものは多様性に富むので見分けにくい場合がある。

開花時期
 サザンカは10月末頃から、庭先や生け垣などに咲き出します。この季節を唱う童謡「たきび」にもサザンカが登場します。2月頃まで寒椿などのサザンカの花を見かけます。一方、ツバキはやや遅く、新年になってから咲き始め、晩春のころまで咲き続けます。

花の開き方 
 ツバキの花はお椀状に開いたままで、平開しません。茶花として用いられることも多く、控えめな美しさを感じさせます。一方、サザンカの花は目一杯に平開します。分かりやすいポイントです。

花の散り方
 ツバキの花は、花弁が個々に散るのではなく萼と雌しべだけを木に残して丸ごと落ちます。このため見舞いの時は贈ってはならないとされています。一方、サザンカの花は、花びらが個々に散ります。サザンカの木の下を見ると、一面花びらで敷きつめられているようになります。


   
 ツバキ(椿;ツバキ科ツバキ属)
            
……いろんな園芸種が新年から4月頃まで咲き続ける
植物園内のクスノキの巨木の下にツバキ園が広がっています。24.4 植物園の塀越しにいろんなツバキが植えられています。 24.4 ヤブツバキ。日本のツバキの原種(写真は白花種のシロヤブツバキ)。東北以西の暖地に生育する。21.1 ユキツバキ。ツバキの野生種の一つ。東北地方から北陸地方の日本海側の多雪地帯に分布。ヤブツバキの変種とする見解もある。24.4
明石潟(あかしがた)24.4 天の川(あまのがわ)24.4 岩根絞(いわねしぼり)24.4 空蝉(うつせみ)24.4
エミリ ウィルソン 23.2 オランダ紅24.4 角葉珍山(かくばちんざん)28.1 加茂本阿弥(かもほんあみ)。古くから茶花として愛好されています。21.1
寒陽袋(かんようたい)24.4 菊更紗(きくさらさ)24.4 菊月(きくづき)17.1 黄覆輪弁天(きふくりんべんてん)24.4
君が代(きみがよ)28.1 小紅葉(こもみじ)24.4 春曙光(しゅんしょっこう)18.2 大城冠(だいじょうかん)28.1
宝合(たからあわせ)24.4 太郎冠者(たろうかじゃ)28.1 朝鮮椿(ちょうせんつばき)22.1 日本の誉(にほんのほまれ)24.4
柊葉椿(ひいらぎばつばき)。葉がヒイラギに似てギザギザ状。23.2 光源氏(ひかるげんじ)24.4 紅牡丹(べにぼたん)24.4 松笠(まつかさ)24.4
眉間尺(みけんじゃく)28.1 藻汐(もしお)24.4
グランサムツバキ。この白い大輪の花は、ツバキ園内で早い時期にメタセコイア林のすぐ隣に咲き出します。1955年に香港で発見され、当時の香港総督グランサム卿にちなんでこの名が付けられた。左20.12、右23.12 カメリア・ドルピヘラ(別名は油椿)。中国、ベトナム原産のツバキ。種子から油が採れ、化粧液などに用いられる。21.1


   
 サザンカ(山茶花;ツバキ科ツバキ属)
                ……いろんな園芸種が年末の11月頃から咲き始める
サザンカ(山茶花;ツバキ科)は年末の代表的な花で、街中でも随所に見かけます。植物園の周囲は歩道になっていますが、歩道に沿って色とりどりのサザンカの花が盛んに咲いていて、散歩する人を楽しませてくれます。『サザンカ サザンカ 咲いた道 たきびだ たきびだ 落ち葉たき』と、童謡「たきび」 の歌詞をつい口ずさんでしまいます。22.11
富士の峠(ふじのとうげ)21.11 歌枕(うたまくら)21.11 雪山(せつざん)20.11 根岸紅(ねぎしこう)20.11
白拍子(しらびょうし)18.1
カンツバキ(寒椿)。サザンカの園芸種で、サザンカとツバキの交雑種といわれる。20.1 トガリバサザンカ(尖葉山茶花)。小さめの白い花が数多く咲いています。葉の先が尖っているのが特徴。21.1 ヤナギバサザンカ(柳葉山茶花)。ヤナギの葉のように細い葉の下側に小さな花が付きます。28.1 タイワンサザンカ(台湾山茶花)。文字通り、台湾の固有種のサザンカ。28.1

  
ツバキの仲間 >ツバキ(椿) | サザンカ(山茶花)
梅百科 | サクラ | ツバキ | ツツジ | 春の妖精たち | 秋 の 七 草 | 都心の紅葉

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可