小石川植物園の風景:梅 百 科
 

小石川植物園にも梅園があります。遠くから眺めるだけでなく、顔を寄せて梅の香を楽しめるほど自由に園内が散策できます。梅の花は多くの園芸種があって風流な名が付いているのに驚きます。

これまで園内で撮影した華やかな梅の花の写真を、「梅百科」としてまとめました。

いろんな梅の園芸種

梅といえば、菅原道真の「東風ふかば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春を忘るな」の和歌があまりにも有名ですが、古代では桜ではなく梅の花が春の花のシンボルだったようです。

紅梅、白梅にはメジロがよく花の蜜を求めて集まってきます。
  
 小石川植物園内の梅園の風景・いろんな園芸種
 
梅林(小石川植物園)
小石川植物園の梅林です。多くの種類の梅(バラ科サクラ属)の木があって1月から3月にかけてずっと楽しむことができます。19.2 立春が過ぎると、春の息吹を随所で実感できます。小石川植物園の梅林もにぎやかになってきました。15.2 園のシンボルの旧東京医学校の建物の手前には道知辺(みちしるべ)という紅梅が力強く咲いています。21.2 紅梅・白梅の後方に、黄金色の花が勢いよく咲いています。空間をキャンバスにして赤白黄の絵の具で点描したかのようです。18.3
芳流閣
梅が咲くと小鳥が集まってきます。メジロが白梅(芳流閣)の花や蜜をついばんでいました。19.2 芳流閣(ほうりゅうかく)。勢いよく白梅が咲き誇っています。16.2 寒紅梅(かんこうばい)。代表的な紅梅で、早くも1月から咲いています。17.2 鹿児島紅(かごしまこう)。同じ種の小さな梅の木を庭先においています。成長が楽しみです。19.2
五節の舞 八重松島
五節の舞。うぐいす色のメジロが花や蜜に集まってきます。16.2 五節の舞(ごせちのまい)。24.3 八重松島(やえまつしま)。背景のピンク色も梅の花です。16.2 八重松島(やえまつしま)。24.3
八重海棠 道知辺
古郷の錦(こうきょうのにしき)。これも新年から咲き始めます。17.2 古郷の錦(こきょうのにしき)。24.2 八重海棠(やえかいどう)。ハナカイドウに雰囲気が似ています。16.2 道知辺(みちしるべ)。この鳥は大食いのヒヨドリです。16.2
長寿 黒雲
冬至(とうじ)。盛んに白梅が咲いています。17.2 紅冬至(こうとうじ)。ほんのりとした薄ピンク色の花です。18.2 長寿(ちょうじゅ)。白い小さめの花が沢山咲きます。16.2 黒雲(くろくも)。群がるように紅梅が咲いて黒い雲のように見えます。16.2
古今集 蘇芳梅 長谷川絞り 緋梅
古今集(こきんしゅう)。その名のとおり、しっとりとした美しさを感じます。16.2 蘇芳梅(すおうばい)。鮮やかな紅梅です。16.2 長谷川絞り(はせがわしぼり)。随分と粋な名前ですね。16.2 緋梅(ひばい)。典型的な紅梅です。16.2
鶯の谷(うぐいすのたに)。密生もせず点々と花がつき落ち着いた感じです。17.2 緋の司(ひのつかさ)。紅梅の方が香りが強い感じがします。17.2 鶯隠(うぐいすがくし)。ウグイスが隠れる程ではありませんが、大輪の花です。21.2 鶯隠(うぐいすかくし)。24.3
未開紅
未開紅(みかいこう)。ピンク色の花をこのように表現したのでしょうか。16.2 未開紅(みかいこう)。24.2 大盃(おおさかずき)。大きめの紅梅が勢い良く咲いています。19.2 大輪緑顎(だいりんりょくがく)。確かに顎の色が緑です。21.2
浜千鳥 八重寒紅
浜千鳥(はまちどり)。小柄な紅梅が転々と花をつけます。16.2 八重寒紅(やえかんこう)。木の幹にきのこが寄生しています。16.2 黄梅(おうばい)。花の形は梅でないような感じですが、木の枝ぶりはやはり梅です。24.3 酈懸(てっけん)。黄色のおしべや萼が目立ちますが、少しだけ白い花びらも付いています。24.3
白滝枝垂
白滝枝垂(しらたきしだれ)。白梅が枝垂れています。16.2 遠州糸枝垂(えんしゅういとしだれ)。24.3 塒出の鷹枝垂(とやでのたかしだれ)。24.3 塒出の鷹(とやでのたか)。28.2
寒衣(かんごろも)。24.3 寒衣(かんごろも)。19.2 唐梅(からうめ)。枝振りが独特です。20.2 月宮殿(げっきゅうでん)。24.3
雪の曙(ゆきのあけぼの)。17.2 玉英(ぎょくえい)。17.2 白加賀(しろかが)。17.2 花香美(はなかみ)。17.2
白鷹(はくたか)。19.2 春日野(かすがの)。20.2 佐橋紅(さばしこう)。17.2 都錦(みやこにしき)。19.2
見驚(けんぎょう)。20.2 明星(みょうじょう)。21.2 思いのまま。21.2 思いのまま。24.3
田毎の月(たごとのつき)。23.2 寒紅梅(かんこうばい)。24.2 翁(おきな)。24.3 扇流し(おうぎながし)。24.2
通い小町(かよいこまち)。どことなく抑えたような美しさがあります。17.2 月の桂(つきのかつら)。端正な花の形をした白梅です。18.2 豊後(ぶんご)。24.3 古金欄(こきんらん)。24.3
摩耶紅(まやこう)。24.4 玉光(ぎょっこう)。24.4 雪月花(せつげつか)。17.2  
アンズ(杏;バラ科サクラ属)。ウメの近縁種。24.4 ハナモモ(花桃;バラ科モモ属)。24.4 モモ(バラ科モモ属)>残雪枝垂(ざんせつしだれ)。17.4  


梅百科 | サクラ | ツバキ | ツツジ | 春の妖精たち | 秋 の 七 草 | 都心の紅葉  

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可