山形の風景
季節のスケッチ > 山形の風景 > 2009年
四季折々の山形の風景写真集です。季節のスケッチにアップした写真から抽出しました。

山形の風景(2009年)
2008年 | 2009年 | 2010年
 2009年 > 21.12 21.10-11 21.9 21.7
 (21年12月) 仙台青葉城、市街
12月中旬に仙台の青葉城趾を訪れてきました。城趾公園からは仙台市内を一望できます。東北大学の幾つかの学舎も城趾内にあります。 青葉城は、戦国・江戸時代の武将伊達政宗が築造したものです。家康も恐れたという独眼竜政宗の像が建立されています。 この公園内に巨大な鳶を頂上にいだく昭忠塔が建立されています。明治時代の多くの戦いで戦死した東北地方の将兵を慰霊するためのもの。 仙台市内は、整然と大通りが整備されています。イチョウの街路樹が黄葉しています。仙台市は人口約100万人の大都市です。
 (21年10-11月) 鳴子峡、山刀伐峠、猿羽根、最上川、東根
宮城県北部の鳴子温泉郷にあって山形県と岩手県と県境を接している鳴子峡は、紅葉のスポットになっています。 峡谷の岸壁も錦秋の装いです。モミジ、カエデ、ブナなどの紅葉が谷底まで広がっていて壮観です。 ちょうど見頃になっていて大勢の観光客が押し寄せていました。秋から冬へのバトンタッチの時期で皆さん寒そうです。 レストハウスの熱々のキノコ汁が大人気。キノコがたっぷり入った味噌仕立てのけんちん汁といった感じでとても美味しかったです。
みちのくの紅葉の素晴らしさには感動します。鳴子峡レストハウスの近くを歩いただけで、色とりどりのモミジ、カエデ、ヤマウルシなどが随所に見られます。
鳴子峡から車で20分くらい南下すると。山刀伐(なたぎり)峠が見えてきます。かつて芭蕉は鳴子からこの山刀伐峠を超えて尾花沢に入りました。芭蕉は「奥の細道」で『高山森々として、一鳥声きかず、木の下闇、茂りあひて、夜行くがごとし』と記しています。山刀伐峠付近は鬱蒼と原生林が生息して、この時期は紅葉が美しい。
山刀伐峠の頂上には、子宝地蔵として信仰されている地蔵堂や、神霊が宿ると信仰されている子持ち杉があります。 かつての芭蕉が歩んだ峠道は歴史の道として保存されていますが、現在では、別の道が整備されていて、峠の頂まで車で簡単に行ってきました。峠ではブナの原生林に交じって、モミジやカエデもあって、紅葉、黄葉が見事です。車や人出も少なく峠全体をがひっそりとした感じでした。
尾花沢市の毒沢地区に最上川の眺望スポットもあります。最上川は、この下流から西へ向きを変え、最上峡を通って日本海に注ぎ込みます。 舟形町には日本三大地蔵のひとつ猿羽根山地蔵尊があります。子宝・縁結び・延命に効くとのことです。 猿羽根山地蔵尊のお堂の所からの見晴らしが素晴らしい。遠くに最上川や舟形、尾花沢の町が見渡せます。
以下、東根市内の風景です。田んぼは稲刈りが済んで、稲わらを乾燥させています。 市内を流れる白水川の堤防に沿った桜並木です。満開の春のサクラは壮観ですが、現在は紅葉に輝いています。 東根市の小学校校庭にそびえる日本一の大ケヤキです。初夏の若葉と共にこの夕陽に映える紅葉の姿も見事です。 サクラの紅葉も見事です。中学校の建物が後ろに見えます。
市民の憩いの場となっている堂の前公園も紅葉が進んでいました。 公園内のイチョウの木は黄金色に染まっています。 ニシキギ。この紅葉が非常に美しくその姿が「錦」に例えられます。 市の花木ハナミズキの枝先を見ると、赤い実が沢山ついています。
ナナカマドの木にたわわに赤い実が付いていて壮観です。 ナンテンの赤い実です。この実は咳止めの薬として用いられる。 美味しそうなリンゴの実です。フジの品種が多く栽培されています。
 (21年9月) 東根、山寺、天童、上山、米沢
郷里(東根)では、小さな白いソバの花が咲いていました。最近の蕎麦ブームを反映してか、作付面積が増えています。 山形は有数の米の産地でもあります。一面の黄金色の田園風景を見ると、豊かな実りの秋を実感します。 稲穂のところをよく見ると、昆虫のイナゴがいます。農薬が少なくなったせいかよく見かけます。イナゴの佃煮は珍味です。 大きな葉を付けた植物は里芋です。根のところがまるまると太った里芋になっています。山形の芋煮会では、この里芋を用います。
久しぶりに山寺(宝珠山立石寺)を登ってきました。平安時代前期、比叡山・天台宗の高僧の慈覚大師により開山された霊場だが、今や観光スポットです。

フウフウ言いながら階段を上って、山上の見晴台までたどり着きますと、眼下に絶景が広がり、階段登りのつらさも吹っ飛びます。 芭蕉の像が山門の入口のところに建っています。かつてこの地で、芭蕉は『奥の細道』で「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という有名な俳句を詠みました。 山寺の麓では、代表的な秋の花、ピンク色の無数のコスモスの花が風に吹かれて乱舞していました。
天童市にある山形運動総合公園は、散策に格好の場所でもあります。ハナミズキの葉がうっすらと色づいていました。 ハナミズキの紅葉はまだですが、樹木に近づいてよく観察すると、小さな赤い実が多数ついています。 国内に広く分布する落葉の小高木エゴノキの小さな果実を沢山つけていました。エゴノキの植物体は有害物質のサポニンを含んでいます。 運動公園内にはいろんな花も咲いています。これはコスモスの仲間のキバナコスモスです。
真紅のヒナゲシ(雛芥子)の花も咲いていました。ヒナゲシの花はポピーとも呼ばれ、いろんな色の花があります。 運動公園内の立派なイチョウ並木です。まだ青々としていますが、しばらくすると黄葉し、やがて冬木立になっていきます。 上山市では「全国かかし祭り」が催され、市民公園を舞台に秋晴れの空のもと、県内外から案山子(かかし)が大集合していました。 かかし祭りにて、最も多い出しものは、NHK大河ドラマ「天地人」が放映されていることもあって、直江兼続のかかしでした。
国内では民主党が政権党になったこともあって、鳩山総理、小沢幹事長などのかかしもありました。 海外から、チェンジの人、オバマ米国大統領のかかしです。"Yes, We Can."の文字が見えます。 手をつないで元気よく遊んでいると思ったら、これもかかしでした。学校の生徒たちの作品です。 上山市にはラスク菓子で有名なシベールの本店があります。蔵王山麓にあって、目の前の山々が蔵王連峰です。
米沢市は上杉景勝が最終的に居城を構えた地。新潟→会津→米沢と移りましたが、ここ米沢に廟堂を設け、上杉神社があります。

上杉神社は「天地人」のドラマの影響もあって大賑わいでした。新潟で活躍した戦国時代の名将上杉謙信公の像も境内にあります。 藩財政の窮乏を救った名君上杉鷹山公の像です。「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」は鷹山公の名言です。 近くの伝国の杜(上杉博物館)では天地人博2009が開催されていて、テレビドラマで兼続が実際に使用した「愛の兜」が展示されていました。
 (21年7月) 紅花、東根
郷里の山形で、7月下旬で時期的にやや遅かったのですが、今年もベニバナ(紅花)に出会うことができました。 江戸時代にはベニバナは、山形の内陸部で広く栽培されていました。これは河北町で観光用に栽培されているものです。 わが故郷東根は果物の里。サクランボの収穫は終わり、これからは秋にかけてリンゴやラフランス(写真)が出荷されます。 山形新幹線さくらんぼ東根駅の駅前広場です。障害物が少なく、遠方に奥羽山地の山々が見渡すことができます
2008年 | 2009年 | 2010年

 
2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
山形の風景  やまがた游自然スポット  ひがしねスケッチ
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可