山形の風景
 季節のスケッチ海外の風景| 山形の風景 | 九州の風景
四季折々の山形の風景写真集。季節のスケッチにアップした写真を取りまとめました。( 山形周辺の東北地方の風景も一部含みます )

28年 27年 26年 25年 24年 23年 22年 21年 
20年 19年 18年 17年 16年 15年 14年
  >>写真をクリックすると拡大します
 (28年10月末)紅葉の秋の山形風景
(東根市)
樹齢1500年以上とされる東根の大ケヤキ。少しづつ紅葉が進んできました。 大ケヤキの近くの堂の前公園も色づいてきました。 大森山公園の高台に建つ市民体育館からの眺望。 市民体育館の周りのケヤキ並木の色づきも鮮やかです。
実りの秋です。東根は果物の産地で、特にサクランボの生産額日本一として有名です。この時期はフジリンゴ、ラフランス(洋ナシ)、ブドウ、柿などがどんどん出荷されています。JAの直売所は新鮮な果物を求めて朝から大賑わいです。
刈り取りを終えた田んぼの風景。虹が見えます。 紅葉した街路樹のハナミズキの木枝を見ると、真赤な実が沢山付いていました。

(天童市)
山形県総合運動公園は、県民のスポーツ活動やレクリエーション活動の場として東根市に隣接する天童市内に整備されています。公園には県内のすべての市町村の木を始め数百本もの樹木が植栽されていて、今回はイチョウ、ユリノキ、カエデ、モミジなどの樹木の紅葉・黄葉を楽しんできました。
 (28年8月)旧盆の頃の山形風景
東根市から車で30分ほど北上した尾花沢市福原地区を拠点に、小学校の生徒たちも巻き込んだ地域ぐるみの田んぼアートづくりの活動が行われていました。数年前から行われていて、今年は福原地区が尾花沢スイカの中心地であることから、スイカ太郎の絵柄(左2)になっていました。くまモン(?)の図案のアート(右)もありました。6種類の稲の品種(ゆきあそび・べにあそび・紫大黒・黄大黒・青系観177号・はえぬき)を巧みに配置して色の違いを出しています。10月になるとみんなで収穫祭を行うそうです。
大石田町付近の最上川の風景です。江戸時代、米、紅花などを日本海の酒田まで運び出す重要な交易路として利用されていました。 村山市大久保地区の高台から市内の街並みが一望できます。 羽州街道沿いの村山市本飯田地区に立つ尾上のマツ。樹齢は約600年といわれる端麗な姿の名木です。その美しい樹姿は羽州街道を通る参勤交代の大名行列の頃から人目を引いていたといわれます。今では、この一帯が尾上の松ドライブインとなっている。
東根小学校の校庭にそびえる、国指定特別天然記念物の大ケヤキ。東根の大ケヤキは、南北朝時代(1347年ころ)小田島長義が築いた東根城内に植栽されたものといわれています。樹齢1500年以上と推定され、樹高28m、幹周り16mと日本一のケヤキの巨木です。私たちがいつ訪れても、その雄姿に接すると勇気づけられ、元気になります。 東根市から西方向の眺望です。中央やや左後方に山頂に幾つかの雪渓を抱く山が月山です。手前の青々とした水田は、やがて黄金色の穂が実り10月頃には新米が収穫されます。 同地点から南西方向に体向きを変えると、朝日山系の連山の山並みがうっすらと見えます。
羽州街道六田宿跡(今の東根市六田地区)の、紅花を抱えた芭蕉像。芭蕉は尾花沢から羽州街道を通って山寺に向かう途中、この地でもてなしを受け、「行く末は誰(たが)肌ふれむ紅の花」と詠んでいます。 大ケヤキのすぐ近くにタイタンビカスの花が咲いていました。 実家の近所の畑地にキバナコスモスが咲き始めていました。
 (28年6月)6月中旬の山形風景
山形はちょうどサクランボ(バラ科サクラ属サクラ亜属、別名は桜桃)の収穫時でした。郷里の東根市はサクランボ生産が日本一で、山形新幹線の駅名も「さくらんぼ東根」と付いています。県内の至る所にもぎたてサクランボの直販所が設けられていました。現在、多く生産されていサクランボの品種は佐藤錦です。佐藤錦は東根市の佐藤栄助翁(右1:25年6月撮影)がナポレオンと黄玉を交配してできたもので、甘くて実に美味しい。贈答用にも多く出荷されています。
芭蕉記念館が建つ山形の観光スポット「山寺風雅の国」からの絶景(左1)です。正面の緑の覆われた山腹に配置された山寺(宝珠山立石寺)の大小30余りの堂塔が一望できます。入山客は右下の根本中堂を参拝して、その後山中の石段を登って、左上の五大堂(左2)にたどり着きます。格好の見晴らし所になっている五大堂には何人かの観光客の姿が堂内に見えます。秋の紅葉時に訪れた時の時の風景も素晴らしいものでした。立石寺は天台宗に属し、貞観二年(860年)天台座主第3世慈覚大師円仁によって創建。元禄二年(1689)には俳聖松尾芭蕉が奥の細道の紀行の際この地を訪れ、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の名句を詠んでいます。
山形市内の村木沢から見た蔵王連峰の眺望(左1)です。蔵王連峰は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈の中の連山で、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置します。蔵王は御釜、スキー場、温泉などが有名な観光地になっています。村木沢の付近に白いソバの花(左2、3)が広がっていました。ソバの栽培は春播きの夏ソバと夏播きの秋ソバがあって、これは夏ソバの花になります。花の後につく実から美味しい蕎麦料理が作られます。また、ヤマボウシの花(右1)も見つけました。
郷里(東根市)の我が家の庭先の様子です。この時季は、ちょうどアジサイの花やシモツケの花が美しく咲いていました。
 (28年5月)大型連休時の山形風景
(羽黒山)
標高414mの羽黒山は出羽三山の中心地。山頂には三神合祭殿があり、自動車道も通じているため容易に参拝することができます。随神門から始まる表参道は、全長約1.7km、2446段の長い石段になっています。参道の両側には樹齢350~500年の杉並木が続き、その数は400本以上で国の特別天然記念物に指定されています。 入口の随神門を抜け参道に入ると、最初の部分がいきなり長い下り坂(継子坂)になっています。山頂に向かう参道に下り坂とは珍しい。  石段唯一の下り坂の継子坂を下ると、祓川にかかりる赤い神橋が見えてきます。清流は月山に源流を発し、昔出羽三山に参拝する人々は全てこの川で身を清めたそうです。
赤い神橋のすぐ近くに祓川をはさんで流れ落ちる須賀の滝が見えます。江戸時代、遠く月山より8kmの水路をひいて作られたものです。  神橋からさらに5分ほど石段を登っていくと、樹齢1000年といわれ国の天然記念物に指定されている爺杉にたどり着きます。 参道の途中にの近くに羽黒山五重塔(国宝)が荘厳なたたずまいで建っています。参道の途中に忽然と現れたといった感じで、強いインパクトがあります。東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられています。高さが29.0mの三間五層柿葺素木造。
羽黒山山頂に月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した日本随一の大社殿が建っています。厚さ2.1mの萱葺の屋根、総漆塗の内部など見ごたえ十分とのことだったですが、あいにく手直しの修理中でした。 俳聖芭蕉は、出羽三山には元禄二年六月三日から十日まで滞在しています。この間、羽黒山をはじめ、月山、湯殿山と三霊山をくまなく踏破しこの霊気漂う神域に深く感動したとのこと。
 「涼風やほの三か月の羽黒山」
 「雲の峯いくつ崩れて月の山」
 「かたられぬゆとのにぬらす袂かな」
参道の路傍には珍しい山野草がちらほら。オオバキスミレ(大葉黄菫;スミレ科スミレ属)を初めて見つけました。積雪量の多い日本海側の亜高山帯の林縁や草地に生育します。他のスミレと比べて葉が大きく黄色の花をつけます。 スプリングエフェメラルの仲間のショウジョウバカマ(猩々袴;ユリ科ショウジョウバカマ属)も見かけます。 ショウジョウバカマ(猩々袴)は北海道から九州までの、やや湿った場所に分布する多年草です。 コゴミ(屈)。シダの一種のクサソテツ(草蘇鉄; オシダ科クサソテツ属)の若芽で山菜として食されます。5月上旬から6月中旬に渦巻状に丸まった幼葉を採取します。 出羽三山の一つの月山(標高1,984m)は羽黒山と連なっていて羽黒山山頂からよく見えます。月山の山頂一帯のなだらかな地形部には、氷帽氷河(アイスキャップ)が存在していた可能性があると指摘されています。
(東根、月山の山容等)
月山の姿は県内の山形盆地、庄内平野、最上地方のどこからでもよく眺められています。遠く離れた山形盆地の東根市からは月山のなだらかな白い山頂部がよく見えます。 同じ山形盆地でも山形市からはゆったりとした月山の中腹部までの山容が望めます。 東根市から、月山から南方に連なる朝日連峰の山々も望めます。
東根市のわが家の庭先では、ハナミズキ、ヤマツツジなどが満開。
山形自動車道のパーキングの風景。山々はいろんな緑色が織りなされていて見事です。 ユキヤナギ(雪柳;バラ科シモツケ属)の白い花も見かけました。 チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹;モクセイ科レンギョウ属)の黄色の花。 ヤマフジ(山藤;マメ科フジ属)も山中でよく見かけました。

   
 (27年11月)松島の秋の風景
松島は美しい景勝地で、江戸時代の儒学者、林春斎が記した日本三景(松島、天橋立、宮島)の一つ(左)。2011年の東日本大震災の大津波によって、島の文化財の一部が破損するなどの被害が発生したものの、周辺の自治体と比較して被害は軽微だったとのこと。松島湾内に点在する島々が緩衝材となり津波の勢いを弱めたと見られています。今は観光船は元に戻っていました。宿泊した丘の上に建つ大観荘からの松島湾の朝の眺望です(右1、2)。天気が良ければ松島湾から昇る日の出が見られたのですが、この日は曇っていて残念でした。ちなみに2006年3月の前回は美しい日の出を拝むことが出来ました。
松島といえば国宝瑞巌寺です(左)。瑞巌寺は伊達政宗ゆかりの寺で、伊達家の菩提寺です。参拝しようと思ったのですが、あいにく震災の修復工事中ということで叶いませんでした。瑞巌寺の伽藍となる五大堂が近くの小島に建っています(右1,2、3)。ここも、本堂、中門、御成門は修理中のため非公開となっていました。五大堂は松島湾に突き出た小島の上に立つ宝形造り本瓦葺きの素木の建物で、 坂上田村麻呂の創建した毘沙門堂がその起源とされています。現在の建物は、伊達政宗公がその後桃山様式の粋を尽くして再建したもので、瑞巌寺に先だって建立されました。桃山建築としては、東北地方最古の建物だそうです。
紅葉で有名な松島の円通院(円通寺ともいう)です。国宝瑞巌寺や五大堂のすぐ近くの寺院で、伊達政宗の孫の光宗の霊廟があります。松島に紅葉の名所があるとは思っていなかったのですが、庭園の木々は美しい紅葉に彩られていて感動しました。
 (27年9月)最上川、大ケヤキなど
田園風景に囲まれた最上川の絶景を眼下にすることができる真下慶治記念美術館を訪ねました。地元出身の洋画家・真下慶治が四季折々の最上川の表情を雄大に描いた油彩画200点を収蔵した美術館は彼のアトリエ(赤い屋根)のすぐ近くの丘の上に建立され、ラウンジからは前面に広がる最上川の大蛇行部(大淀)を眺めることができます。美術館の庭先にはコスモス(秋桜;キク科コスモス属)、キバナコスモス(黄花秋桜;キク科コスモス属)、ソバ(蕎麦;タデ科ソバ属)の花々が色とりどりに咲き誇っていました。
大淀の少し下流の大石田町付近の最上川の風景です。コスモスの花も咲いていました。町の中央を南北に最上川が流れる大石田町は、陸路と水路の接点という地の利から、かつては最上川最大の舟着場として栄えました。 近くのそば屋の周りは秋の佇まいでした。刈り取られた稲穂が積み重なった稲グイ立ち並ぶこの地方特有の風景や、後方の葉山をシルエットにした秋の花オミナエシ(女郎花;オミナエシ科オミナエシ属)。
東根の大好きな風景の一つです。東根は黄金色の稲穂が広がる豊かな田園地帯ですが、リンゴ、ブドウ、ラ・フランス等の果樹王国でもあります。あぜ道にはヤマニガナ(山苦菜;キク科)やヘラオオバコ(箆大葉子;オオバコ科オオバコ属)を見かけました。
東根の大ケヤキも忘れずに訪れてきました。いつものことですが、その雄姿に勇気づけられます。 わが家の庭先の風景です。キンモクセイの樹木には黄金色の花が咲き、芳香を漂わせていました。また、ハナミズキの葉が色づき始め、赤い実もちらほらと見つけました。秋の深まりを実感できました。
 (27年5月) 加茂水族館、月山、大ケヤキなど
 今年の大型連休は郷里の山形で過ごしました。連休中にクラゲですっかり有名になった鶴岡市にある加茂水族館に出かけてきました。実家のある東根から鶴岡までは、山形自動車道を使って約1時間のドライブで、まだ冠雪している月山の山中を通り抜けます。途中の月山湖パーキングから月山の眺望が楽しめます。パーキングの構内にも積雪が残っていて、ザクザクと残雪を踏みしめながら楽しく歩き回ってきました。 水族館は加茂港付近の日本海に面した断崖絶壁に建っています(左の写真は Wikipediaより)。お目当てのクラゲの展示種類は50種類以上で、ギネス世界記録に認定されているとのこと。かつて人が入らず、閉館寸前に追い込まれていた時に、展示水槽に紛れ込んだ1匹のクラゲの前に人が集まっているのに気づき、中心展示をクラゲに切り替えて見事に人気の水族館として復活したそうです。
巨大なクラゲの水槽。遊泳するクラゲを静かに見ているだけで癒やしになります。 シロクラゲ。光に集まる性質が強く、照明を付けると一斉に光の方向に泳ぎ出す。 東根に戻り、大ケヤキを訪れました。樹齢およそ1500年で相変わらずの雄姿です。堂々と横綱を締めていました。 お気に入りの近くの田園風景です。山越えしてきた月山の白い山頂が左側にくっきりと見えます。右側の山は葉山になります。
 → 上記以外にも、多くの写真が別コンテンツにアップされています。

   
 (26年11月) 山形霞城公園
 霞城公園は、市街地のほぼ中央に位置し、山形城跡の都市公園です。現在の城郭は第11代山形城主の最上義光(1546~1614)が築いたものが原型とされています。本丸・二ノ丸・三ノ丸の三重の堀と土塁で囲まれた、全国有数の規模を持つ輪郭式の平城で、出羽の関ヶ原合戦「長谷堂合戦」で城郭が霞で隠れて見えなかったことから「霞ケ城」とも呼ばれていました。昭和61年に国の史跡指定を受け、現在は桜と観光の名所になっています。また、公園内やその近くには、山形市郷土館、山形県立博物館、山形美術館、最上義光歴史館などの多くの文化施設が配置されています。
山形城の正面になる二の丸東大手門から見た石垣とお堀です。この石垣は、市内を流れる馬見ヶ崎川の玉石を用い、割肌を表面に見せる野石積みで優美で堅牢な石垣です。 11代山形城主最上義光の像。出羽の関ヶ原合戦といわれる「長谷堂合戦」で、直江兼続が率いる2万3千騎の上杉軍を撃退した時の雄姿。 霞城公園の一角に建つ重要文化財の洋館。明治初期に県立病院済生館として建てられ、人々から「三層楼」と呼ばれ親しまれてきた。現在山形市郷土館として公開されています。 本丸一文字門の立派な城壁。
公園内は着実の紅葉・黄葉が進んでいて、ケヤキ、イロハモミジ、サクラなどの木々が朝陽に美しく輝いていました。
地元の人によれば、今年の紅葉は早めで色づきがいいとのことです。ニシキギやピラカンサが生け垣に用いられていました。赤や橙の実がアクセントになったピラカンサの生け垣は珍しい。
東大手門近くの山形美術館。入口付近が見事な造園です。日本美術以外にも、印象派等の近代フランス美術が数多く展示されています。 山形駅西口の広場。この高層ビル(霞城セントラル)の最上階の展望台から蔵王連峰、出羽三山などの眺望が楽しめます。
 (26年8月) 東根、村山
東根小学校の校庭にそびえる国指定特別天然記念物の大ケヤキの相変わらずの雄姿です。東根の大ケヤキは、南北朝時代に小田島長義が築いた東根城(小田島城)内に植栽されていたものといわれています。東根の大ケヤキはこの地に生活する人々をずっと見守り続け、そして子どもたちの成長を育み続けています。大ケヤキの近辺では、ノウゼンカズラ、コスモス、トロロアオイなどの花々が静かに咲いていました。
東根市に隣接した村山市が誇る東沢バラ公園。2万株余りのバラの花の見頃は6月上旬から7月上旬にかけてですが、落ち着いた佇まいの中で多くのバラの花がまだ残っていました。 東根市を含む山形盆地は有名な米どころで、最近では、「つや姫」ブランドの人気が高まっています。青々とした田園が広がっていますが、稲穂の実りはこれからです。秋の深まりに連れ田んぼは黄金色に変貌し、稲穂が垂れるようになります。
この時期はブドウのデラウェアがちょうど収穫期になっています。種なしで糖度が高く食べやすいので、ブドウ狩りも盛んです。 わが実家の庭先です。青々と茂った木々に囲まれ小さな子どもたちも思いっきり遊び回れます。 近所を見渡すと畑の中にヒマワリの花や軒先にサルスベリの花を見つけました。それぞれの家で思い思いに花を愛でています。

   
 (25年11月中旬) 山寺、天童、東根
山腹に建てられた山寺(立石寺)の眺望。山肌が紅葉しています。右下の根本中堂を参拝して、その後山中の石段を登って、左上の五大堂が大部分の人の目的地。ここからの見晴らしは素晴らしい。 前の写真の眺望は、古民家を移築再現したモダンな和風建物が並ぶ観光スポット「山寺風雅の国」からになります。庭先には先日の初雪がまだ少し残っていました。
風雅の国の茶室(芭蕉庵)で一服できます。 風雅の国の近辺の風景。左から、赤い実だけが残ったナナカマド、僅かに残るサクラの紅葉、落葉後に残った無数の柿の実。
山寺から車で下ると、将棋の駒で有名な天童市です。この地に整備された県総合運動公園に立ち寄ってみると、まだ美しい晩秋の風景が残っていました。 有名なイチョウ並木。落葉した黄葉が歩道にぎっしり。 ハナミズキの赤い実が残っていました。背景はイチョウの黄葉です。
公園内の紅葉風景が続きます。左から、ヤマモミジ、イチョウ、サクラ。この運動公園は、散歩するだけでも十分に楽しめます。 最後に東根市の大ケヤキ。かなり落葉が進んでいましたが、まだ褐色に輝いていました
 (25年6月) 東根
(2013.6.2)
横綱を張った東根の大ケヤキ。 緑一色の堂の前公園。秋には見事な紅葉になります。 公園の近くの街路樹にはヤマボウシの白い花が咲いていました。 街路樹の根元はピンク色のナデシコの花で飾られていました。
実家の庭先。いろんな木々が緑で覆われてきました。 この中のシャクナゲの木にピンク色で大柄の花が咲いていました。 近くの田んぼから南西方向を見やると、雪渓を抱いた朝日山系の山々。 西の方向には雲に覆われた月山が少しだけ。田んぼには水がしっかりと張られています。
山形自動車道沿いの山中。 ヤマフジの花がまだ咲いていました。

(2013.6.8-9)
郷里の東根市はサクランボの生産量が日本一です。山形新幹線の駅名も「さくらんぼ東根」です。ちょうど、この週末はさくらんぼマラソン大会が催され、1万人を超えるマラソン人が集まったとのこと。市内循環バスにもサクランボのマークが入っていて、この時期は「サクランボ一色」でした。 サクランボの代表的な銘柄の佐藤錦を生んだ佐藤栄助翁の像が駅前広場に立っています。
サクランボの収穫もボチボチ始まりました。今年は気候の関係からやや遅めで、6月下旬が収穫本番になるようです。間違っている人が多いのですが、サクランボは桜の木ではなく、このようにサクランボの木にかわいらしい実が沢山付きます。
 (25年4月) 北国の春、山形野草園など
山形野草園を訪れました。ここは西蔵王高原に広がる26.5haを誇る野草園で1993年4月に開園。、四季おりおりの植物が生息しています。この日は、4月上旬とあって粉雪が舞う寒い日でしたが、春の野草との出会いを求めて雪塊が残る園内を散策してきました。
園内に30aほどのミズバショウの谷と呼ばれる湿地帯があります。ちょうどワインレッド色のザゼンソウ(座禅草;サトイモ科ザセンソウ属)や純白のミズバショウ(水芭蕉;サトイモ科ミズバショウ属)の花があちこちに咲き出していました。
ショウジョウバカマ(猩々袴;ユリ科ショウジョウバカマ属) アサザ(浅沙;ミズガシワ科アサザ属)) フクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科フクジュソウ属) フキノトウ(蕗の薹)。フキ(蕗;キク科フキ属)の蕾のことです。
ミスミソウ(三角草;キンポウゲ科ミスミソウ属) ツルシキミ(蔓樒;ミカン科ミヤマシキミ属) 野草園の近くの展望台から山形市内が一望できます。
山形市から北へ約20km、郷里の東根の風景です。田んぼの雪は消えていますが、出羽山系の山々はまだ雪渓を抱いています。真っ白でまん丸い月山の山頂の部分が左方に見えます。 田んぼのあぜ道には、春の野の花が咲いていました。これは、ミチタネツケバナ(道種漬花;アブラナ科タネツケバナ属)です。 ツクシ(土筆)がニョキニョキと伸びてきています。その周りにはスギナ(杉菜;トクサ科トクサ属)。両者は同一の植物体でスギナの胞子体がツクシ。
山形自動車道の古関PAから望む蔵王連峰の山々。 東北自動車の安達太良PAからは、高村光太郎の「智恵子抄」で有名な安達太良山が展望できます。また、このPA内には、ハクモクレンやヤマザクラの花が咲いていました。

   
 (24年11月) 錦秋模様の東根
晴れ上がった秋空の下、東根小学校の校庭にそびえる日本一の大ケヤキが鮮やかに紅葉していました。この大ケヤキは樹齢千年を超すとみられ、幹周16m、高さ約28mで日本最大です。昔から地元の人に親しまれています。すぐ近くの公民館の軒先には桜の紅葉が垂れ下がっています。 美味しい米「つや姫」が育つ豊かな田園地帯。稲刈りも済んで、しばらくすると一面雪に覆われるようになります。後方は出羽三山の山々。 東根市内を縦走し最上川に注ぎ込む白水川の堤防沿いに何十本もの桜の木が植えられていますが、見事に紅葉していました。
市民の憩いの場となっている堂の前公園は、湖面から後背の山地まで一帯が錦秋模様になっていました。公園の湖の周りには真っ赤に紅葉したモミジの木やサクラの木が植えられていて、格好の散歩道になっています。
堂の前公園の散歩道沿いの桜並木(左)。秋の陽光に輝くススキの穂(右)。 以下、市の中央部にある大森山公園の風景です。落葉が進むプラタナス(左)。公園からみた大森山のモザイク状の紅葉。
市民体育館の周囲の木々も紅葉しています。 鮮やかな橙色に輝くサクラの木。 ドウダンツツジは、真紅に染まっています。 高台から見渡した工業団地の風景。紅葉と山々の淡いブルーが見事に調和しています。
 (24年8月) 山形の夏休み
郷里東根市の夏祭り。地元の花笠踊りをはじめ、チアガール、フラダンス、ヨサコイ風のダンスなど、暑い夏の夜、皆さん思い思いに踊りまくっていました。 東根小の校庭(旧小田島城趾)に日本一の大ケヤキがそびえています。樹齢1500年以上。手前の子どもと比べると、その大きさが実感できます。 東根は林檎の収穫も盛んです。今はまだ青リンゴにうっすらと赤みが差している状態ですが、秋が深くなると真っ赤な美味しい林檎に仕上がります。
山形県内を縦走する大河の最上川には多くの眺望スポットがあります。左から大石田町虹の大橋付近(上流方向)、大石田町川前観音付近(上流方向)、新庄市本合海付近(上流方向および下流方向)。最上川は福島との県境に近い吾妻山から発し置賜地方、山形盆地、最上地方、庄内平野を縦走して日本海に注ぎます。かつては舟運の幹線として利用され、内陸部の紅花や米が、酒田を経て主に上方に運ばれました。「五月雨やあつめてはやし最上川」(芭蕉)や「最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも」(茂吉)の歌でも有名。
かつて松尾芭蕉は奥の細道の旅程で、ここ新庄市本合海の地から乗船して最上川で庄内へ下ったとされています。芭蕉と曽良の像と歌碑が建てられています。また、この近辺にはいろんな夏の花が咲いていました。最上川の川岸にはオニユリの花を、民家の庭先にはサルスベリや芙蓉の花を見かけました。
東根では、東の奥羽山地から日が昇り、西の出羽三山の山々に沈みます。この日はちょうど夏スキーで有名な月山のところに夕陽が沈んでいきました。 同じ構図でまだ明るい時間帯の風景です。豊かな田園地帯が広がっています。
 (24年5月) 東根、東北自動車道、山形自動車道
郷里の田園風景。田植えが終わったばかりです。後方には夏スキーで有名な月山の山頂部分が見えます。秋になると、一面が豊かな実りの黄金色に変貌します。 郷里のわが家の庭の様子です。しばらく手入れを放っていましたので、野の花のハルジオンが一面に咲いていました。 郷里のわが家の庭では、大輪のシャクナゲ(石楠花)の花が満開でした。東北地方では少し遅めに開花するようです。 田圃のあぜ道に、ヘラオオバコ(オオバコ科)を見つけました。白い雄しべが花序の周りをぐるりと取り囲んだ形状が面白い。
トチノキ(栃の木;トチノキ科)の大樹が植えられていました。マロニエの樹は西洋トチノキのことでトチノキの近縁種になります。@那須高原パーキング ニセアカシアとも呼ばれる北米原産の落葉高木ハリエンジュ(針槐;マメ科)の白い花を見かけました(左)。かつて、この近辺に「しのぶ摺」の技法で知られる染物の産地があったそうです。「早苗とる手元や昔しのぶ摺」と詠った芭蕉の句碑が残っています。@国見パーキング 山地に自生する落葉高木ヤマボウシ(山法師;ミズキ科)の白い花を見つけました。里に咲くハナミズキの近縁種です。@大谷パーキング
奥羽山地の高地に設けられた山形自動車道の古関パーキングからの眺望。後方には蔵王連峰の山々です。 この時期、ナナカマド(七竈;バラ科)も白い花を付けます。秋には紅葉し、そして真っ赤な実を付けます。@古関パーキング 同じ古関パーキング内に、ヤマツツジやサツキの花を見つけました。東北の山中ですので、里よりも開花時期が少し遅れます。5月下旬でも、周りの緑と調和して鮮やかに咲いていました。

  
 (23年11月) 東根
褐色に紅葉する大ケヤキですが、落葉がかなり進んでいました。 堂の前公園の晩秋の風景です。早朝でしたので、人影もまばらでした。 東根市役所構内の植栽はきれいに手入れされています。これはイロハモミジの紅葉です。 枯れススキの後方は、大森工業団地です。製造業の工場が集まっています。
稲刈り後の田圃風景です。後方には、白水川の堤防上の桜並木が見えます。 田圃のあぜ道に、白い花がまとまって咲いていました。ヨメナ(キク科)でしょうか。 その隣には、黄色の花のセイタカアワダチソウ(キク科)が群生していました。
 (23年8月) 山形の夏……大ケヤキ、東沢バラ公園
久しぶりに東根の大ケヤキを訪れてきました。樹齢約1500年、高さ約28mで日本一のケヤキの木です。東根小学校の校庭にいつもと同じように悠然とかつ凛々しくそびえていました。大ケヤキの周りに数輪のコスモスの花が咲いていました。 東根の近隣に東沢バラ公園があります。早朝に車を飛ばして行ってきました。日本有数の規模を誇るバラ園で、世界各国の約750品種、2万株余りのバラが咲き誇り、甘い香りに包まれています。この時期、以下のような美しいバラの花が咲いていました。
 Lady Like  Lava Glute  Manouneilland  Jubile du Prince de
 Monako
 Orange Splash  Escapade  Princess Aiko  Las Vegas

   
 (22年12月) 東根
今月も初旬に郷里を訪れてきました。小田島城址(現在は東根小学校校庭)にそびえ立つ日本一の大ケヤキが冬木立に変貌していました。 田圃は稲刈りもすっかり終わり、遠くの山々の頂はうっすらと雪化粧。いつもは山並みの左方に月山が頂上だけ顔を見せるのですが、このときは雲に覆われていました。 近くの無人駅(東根駅)から奥羽本線の線路が田園地帯を突っ切ってまっすぐに北の新庄方面に延びています。同じ構図の9月の写真では、まだ稲穂が残っていました。 東根から仙台に抜ける関山街道沿いにある高さ10m幅15mの大滝です。滝の上から滝壺の方を覗きましたが、水量も多く川幅いっぱいに大音響で落下し、迫力満点でした。
 (22年11月) 東根
11月中旬の郷里の東根には、まだ錦秋の秋が残っていました。地元の人によれば、今年は猛暑の期間が長く、その後の秋の冷え込みが不十分なため、紅葉の色づきがあまり良くないとのこと。それでも十分に紅葉を楽しんできました。 市内を流れる白水川の堤防に沿った桜並木が黄葉に染まっていました。白水川は生家からすぐ近くにあったので、子ども時分の日常の遊び場でした。そして春には満開の桜の下で団子を頬張るのが楽しみでした。懐かしい思い出です。 東根市民の憩いの場となっている堂の前公園も紅葉風景です。この静かな湖面の周りには桜の木が植えられていて、春には花見客で賑わいますが、この時期はひっそりとしています。しかしながら、湖面から後背の山地まで続く錦秋模様は見事でした。
 公園の湖の周りは格好の散歩道に成っています。真っ赤に紅葉したモミジの木や黄金色に輝くイチョウの木も植えられています。一周しても10分位ですので、楽々散歩です。
堂の前公園の近くの小学校校庭にそびえる日本一の大ケヤキです。樹齢千年を超すとみられ、高さ約28mで日本最大。この大ケヤキは、昔と変わらず東根小学校の校庭に悠然とかつ凛々しくそびえています。この季節には黄葉に染まった大樹が秋空いっぱいに広がり壮観です。
 大ケヤキがそびえ立つ小学校の敷地は、かつての小田島城趾内にあります。周囲が城壁で囲まれています。
 (22年10月) 東根
10月上旬の秋の3連休、郷里の東根(山形県東根市)に帰ってきました。天気はどんよりして、秋晴れといかず残念でしたが、金木犀が香る実りの秋に出会ってきました。稲刈りはだいぶ済んでいて、近くの田んぼは稲穂を刈り取った後の稲ワラがきれいに並べられていました。また、リンゴの王者フジも赤みが増しつつあり、11月の収穫を目指しています。街路樹のハナミズキの木には赤い実がたわわに成っていました。いろんな場面で進みゆく秋を実感してきました。  → ブログ記事
 (22年9月) 東根
9月上旬法事で郷里(東根)に帰ってきましたが、真夏のような暑さは東京と同じように続いていました。白水川の堤防もまだ夏の佇まいでした。堤防に咲き並ぶ春の桜は見事です。 白水川はかつてよく氾濫したそうです。洪水を防ぐための堤防構築の記念碑が堤防の上に昔と同じようにそびえ立っていました。ここは子どもの頃の格好の遊び場でした。 炎天下にもかかわらず秋ソバの花が満開になっていました。まさに秋の風景です。自然の営みに思わず感動しました。ソバの花は真っ白でまるで一面の雪景色のようです。 ソバ畑は田園地帯の一角にあります。今年の稲作は十分な日照時間があったので実りには問題ないようです。山形では今年から日本一を目指す新ブランド米「つや姫」が登場します。
近くの無人駅の東根駅に電車が止まっていました。かつては有人駅。大勢の人が通勤・通学に利用していて、私も高校時代、毎朝この駅から山形駅まで約40分間の列車通学をしていました。懐かしい駅舎です。 東根駅から奥羽本線の線路が田園地帯を突っ切って一直線に北の新庄方面に延びています。右方の山々は奥羽山脈で、この山々と奥羽本線が交差する辺りが新庄市、金山町などの最上地方です。 線路脇の田んぼのあぜ道にススキの穂が群生していました。風になびくススキの穂を見ると、やはり秋を感じます。まるで手を振って挨拶してくれているようです。 駅から堤防までの小径を歩いてみると、路傍に野の花をポツポツと見かけました。青色のツユクサの花や黄色のカタバミの花が目立ちます。まだ夏の野の雰囲気が続いていました。
 (22年8月) 東根、山形・東北自動車道
お盆に東根に帰省して、墓参りをしてきました。連日あいにくの雨模様でしたので、カラッとした夏空の下の風景写真が撮れず、残念でした。とは言え、雨の合間に少しだけシャッターを押してきました。左は、東根から西の出羽三山の方向を望んだ田園風景です。山々は雲に隠れていましたが、一面に広がる田圃は少しずつ黄色の度合いが増していて、今年の米作は順調なようです。田圃の近くに、いろんな花々を見つけました。左から、青色の可憐なツユクサ(露草)、赤紫色に支柱に巻き付いたアサガオ(朝顔)、鮮やかな黄色に咲くキンシバイ(金糸梅)です。
実家の庭先にはバラ科のシモツケ(下野)の花が咲いていました。白い花とピンク色の花が交じっています。長い繊毛をもった小さな花が密生し、全体としてふっくらとした感じです。 スギナ(杉菜;トクサ科)が庭の周辺部を覆っていました。スギナの形は杉の樹形に似ています。スギナは地下茎を伸ばして繁茂し、春にはツクシと呼ばれる胞子体を出します。 植込みにヤブガラシ(藪枯かり;ブドウ科)が絡んでいました。藪を覆って枯らしてしまうほど生育が旺盛といわれます。確かに、昨年すべて取り除いたはずだったのに、完全に復活していました。 山形から帰りの頃には天気が回復していました。ちょうど奥羽山脈の頂上辺りに古関PAがありますが、このPAのムクゲの花を見ていたら、アゲハチョウが盛んに蜜を吸っていました。
山形自動車道から東北自動車道に入ると、国見PAがあります。名の通り見晴らしのいいPAで、ここから伊達平野が一望できます。この地は鎌倉政権と奥州藤原氏との間での戦い、奥州合戦の主戦場となったことで有名です。国見PAには見事な白いサルスベリの花が満開になっていました。
 (22年4月) 東根、月山の頂き
郷里の風景です。実家の庭の木々はようやく冬の囲いから解き放されました。これから花を付け始めます。 庭の草地に、立ち並んでいるツクシ(土筆)を見つけました。ツクシはスギナの地下茎から伸び出す胞子茎です。 田植え前の田園風景ですが、後方の山並の左側に、普通は雲で覆われなかなか見えない月山の丸く白い山頂がくっきりと見えました。 東北の4月上旬はまだまだ寒く、ようやくコブシの白い花が咲き出していました。

  
 (21年12月) 仙台青葉城、市街
12月中旬に仙台の青葉城趾を訪れてきました。城趾公園からは仙台市内を一望できます。東北大学の幾つかの学舎も城趾内にあります。 青葉城は、戦国・江戸時代の武将伊達政宗が築造したものです。家康も恐れたという独眼竜政宗の像が建立されています。 この公園内に巨大な鳶を頂上にいだく昭忠塔が建立されています。明治時代の多くの戦いで戦死した東北地方の将兵を慰霊するためのもの。 仙台市内は、整然と大通りが整備されています。イチョウの街路樹が黄葉しています。仙台市は人口約100万人の大都市です。
 (21年10-11月) 鳴子峡、山刀伐峠、猿羽根、最上川、東根
ほか多数の写真あり
→ 21年 晩秋の東北
宮城県北部の鳴子温泉郷にあって山形県と岩手県と県境を接している鳴子峡は、紅葉のスポットになっています。 山刀伐(なたぎり)峠です。かつて芭蕉は鳴子からこの峠を超えて尾花沢に入りました。この峠付近は鬱蒼と原生林が生息しています。 東根市の小学校校庭にそびえる日本一の大ケヤキです。初夏の若葉と共にこの夕陽に映える紅葉の姿も見事です。
 (21年9月) 東根、山寺、天童、上山、米沢
郷里(東根)では、小さな白いソバの花が咲いていました。最近の蕎麦ブームを反映してか、作付面積が増えています。 山形は有数の米の産地でもあります。一面の黄金色の田園風景を見ると、豊かな実りの秋を実感します。 稲穂のところをよく見ると、昆虫のイナゴがいます。農薬が少なくなったせいかよく見かけます。イナゴの佃煮は珍味です。 大きな葉を付けた植物は里芋です。根のところがまるまると太った里芋になっています。山形の芋煮会では、この里芋を用います。
久しぶりに山寺(宝珠山立石寺)を登ってきました。平安時代前期、比叡山・天台宗の高僧の慈覚大師により開山された霊場だが、今や観光スポットです。

フウフウ言いながら階段を上って、山上の見晴台までたどり着きますと、眼下に絶景が広がり、階段登りのつらさも吹っ飛びます。 芭蕉の像が山門の入口のところに建っています。かつてこの地で、芭蕉は『奥の細道』で「閑さや岩にしみ入る蝉の声」という有名な俳句を詠みました。 山寺の麓では、代表的な秋の花、ピンク色の無数のコスモスの花が風に吹かれて乱舞していました。
天童市にある山形運動総合公園は、散策に格好の場所でもあります。ハナミズキの葉がうっすらと色づいていました。 ハナミズキの紅葉はまだですが、樹木に近づいてよく観察すると、小さな赤い実が多数ついています。 国内に広く分布する落葉の小高木エゴノキの小さな果実を沢山つけていました。エゴノキの植物体は有害物質のサポニンを含んでいます。 運動公園内にはいろんな花も咲いています。これはコスモスの仲間のキバナコスモスです。
真紅のヒナゲシ(雛芥子)の花も咲いていました。ヒナゲシの花はポピーとも呼ばれ、いろんな色の花があります。 運動公園内の立派なイチョウ並木です。まだ青々としていますが、しばらくすると黄葉し、やがて冬木立になっていきます。 上山市では「全国かかし祭り」が催され、市民公園を舞台に秋晴れの空のもと、県内外から案山子(かかし)が大集合していました。 かかし祭りにて、最も多い出しものは、NHK大河ドラマ「天地人」が放映されていることもあって、直江兼続のかかしでした。
国内では民主党が政権党になったこともあって、鳩山総理、小沢幹事長などのかかしもありました。 海外から、チェンジの人、オバマ米国大統領のかかしです。"Yes, We Can."の文字が見えます。 手をつないで元気よく遊んでいると思ったら、これもかかしでした。学校の生徒たちの作品です。 上山市にはラスク菓子で有名なシベールの本店があります。蔵王山麓にあって、目の前の山々が蔵王連峰です。
米沢市は上杉景勝が最終的に居城を構えた地。新潟→会津→米沢と移りましたが、ここ米沢に廟堂を設け、上杉神社があります。

上杉神社は「天地人」のドラマの影響もあって大賑わいでした。新潟で活躍した戦国時代の名将上杉謙信公の像も境内にあります。 藩財政の窮乏を救った名君上杉鷹山公の像です。「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」は鷹山公の名言です。 近くの伝国の杜(上杉博物館)では天地人博2009が開催されていて、テレビドラマで兼続が実際に使用した「愛の兜」が展示されていました。
 (21年7月) 紅花、東根
郷里の山形で、7月下旬で時期的にやや遅かったのですが、今年もベニバナ(紅花)に出会うことができました。 江戸時代にはベニバナは、山形の内陸部で広く栽培されていました。これは河北町で観光用に栽培されているものです。 わが故郷東根は果物の里。サクランボの収穫は終わり、これからは秋にかけてリンゴやラフランス(写真)が出荷されます。 山形新幹線さくらんぼ東根駅の駅前広場です。障害物が少なく、遠方に奥羽山地の山々が見渡すことができます

   
 (20年9月) 山寺、芭蕉、茂吉、秋ソバほか
郷里の東根でソバの花が咲いていました。小さな白い花が、田園をキャンバスにして点描されているようです。 ソバの花の周りは黄金色の稲穂で、いよいよ実りの秋を迎えます。あぜ道にはエノコロソウ(猫じゃらし)が茂っていました。 同じあぜ道に、ヤマニガナ(山苦菜;キク科)の黄色の花が咲いていました。何気ないあぜ道もよく見ると花畑のようです。 エノコロソウにトンボ(ミヤマアカネ)が一休み。ミヤマカカネは、羽の先端部が茶色になっていて、赤とんぼの仲間です。
山寺は俳人・芭蕉の句「閑かさや岩にしみいる蝉の声」で有名です。参道の入り口の所に本堂があります。 本堂から本格的に石段を登っていって、山の中腹に建てられた釈迦堂や五大堂などに参拝します。 近くに山寺芭蕉記念館がありますが、この敷地から山寺の全景が望めます。前の2枚の写真もここから撮りました。 山寺芭蕉記念館には、資料館のほかに茶房などもあります。茶房のところでナナカマドが赤い実をたわわに付けていました。
霊峰といわれる蔵王連山の山麓に広がる上山市の町並みです。有名な歌人・斎藤茂吉はこの地に生まれ育ちました。 歌人・斎藤茂吉は近代短歌史上に輝かしい業績を残しました。この業績をたたえ、蔵王を望む上山の地に記念館が建っています。 斎藤茂吉記念館の近くの畑にも、秋ソバが栽培されていました。背景の山並みは蔵王連山です。 勢いよく満開になっている白いソバの花です。山形の各地にソバ街道があって、美味しさを競っています。
 (20年8月) 尾花沢、芭蕉ほか
尾花沢の花笠高原でヒマワリ(キク科)が栽培されていました。後方にスキー場のロッジのような建物が並んでいます。 尾花沢の芭蕉・清風歴史資料館にたっている芭蕉の像。芭蕉は奥の細道の行程で、紅花商人、鈴木清風邸に逗留しました。 道の駅「村山」から眺めた楯岡地方の風景です。手前の田んぼに色とりどりの花が咲いていました。 まだ暑い時期でしたが、東根の黒伏高原に上ってみたら、イタドリやオギなどが群生していて、秋のたたずまいでした。
 (20年7月) 紅花の里
郷里の東根の中学同窓会に参加した翌日、紅花の風景を求め、近隣の河北町に足を伸ばしてみました。終盤でしたが幸いにもまだ花が少し残っていて感激しました。 かつて、俳人芭蕉は山形の街道沿いに咲く紅花を見て、「眉掃(まゆはき)を俤(おもかげ)にして紅粉(べに)の花」、「行末は誰が肌ふれむ紅の花」の二つの句を詠んでいます。 当時、紅花で財を成した堀米家の屋敷跡がこの地に紅花資料館として保存されています。この敷地内でも紅花が栽培されています。紅花は山形県の県花となっています。 江戸時代には、特産の最上紅花は、最上川で酒田港まで運ばれ北前船に積み換えられ、はるばる京都へ送られたとのことです。
河北町以外では東根、天童なども産地だったようです。口紅の原料や染料として栽培され、江戸には陸路を用いて運ばれていました。 敷地内には、昔風の小川のせせらぎもありました。きれいに整備されています。 細くて黒っぽいクロイトトンボも川辺に見かけました。アキアカネ以外のトンボを見つけたのは久しぶりです。 河北町から東根の方面を見た風景です。手前の川が最上川です。後方の山々は奥羽山系です。
 (20年5月) 大ケヤキ、ハナミズキ、スズランほか
5月中旬に郷里の山形を訪ねてきました。東根小学校の校庭にある日本一の大ケヤキが、綱を張っていました。まさに、ケヤキの横綱の風格です。 ハナミズキの花は東京では終わりましたが、郷里の庭先には、赤いハナミズキの花が盛んに咲いていました。嬉しいひとときを過ごせました。 シモクレン(モクレン科)の木も植えているのですが、なかなか大きくなりません。それでもポツリポツリと赤紫色の花を咲かせていました。 スズラン(鈴蘭)の花も見つけました。白くて小さな可憐な花を鈴なりに付けています。繁殖力が強くどんどん増えます。
山形県郷土館(重要文化財「山形県旧県庁舎及び県会議事堂」)は大正5年に建てられ、イギリス・ルネサンス様式を基調としたレンガ造りの美しい建物です。中には喫茶店もあります。 この郷土館は文翔館の愛称で呼ばれていますが、昔の貴賓室とか会議室とかがしっかりと保存されています。会議室からベランダに通じていて、ベランダに出ると、山形の街並みが展望できます。

  
 (19年11月) 紅葉、堂の前公園、文翔館ほか
郷里の風景です。東根の堂の前公園の紅葉した秋の佇まいですが、霧雨模様で霞んでいたのが残念でした。 霞んでいる公園でしたが、モミジの木に近づくと美しく紅葉していました。 公園の近くの東根小学校の校庭にある日本一の大ケヤキの黄葉です。いつ訪れても、周囲を圧倒する迫力があります。 実家の近くの小屋の軒先に大根が吊されていました。北国ではどんどん冬支度が進んでいます。
月末には大雪が降りました。故郷東根から望む朝日山系もすっかり冬模様になっていました。 実家の庭のナンテンの木の赤い実が、雪を背景にクッキリと映えていました。 旧山形県庁はイギリス・ルネサンス様式を基調としたレンガ造りの建物で、現在 山形県郷土館(愛称;文翔館)として使用されてします。 文翔館の前は公園になっていて、きれいに整備されています。紅葉した木々が散策する人の目を楽しませてくれます。
文翔館の2階が展示コーナーになっていて、県内を縦走する最上川の文化、歴史を紹介しています。江戸時代、高価な紅花(左)が最上川を通じて酒田に運ばれ、そこで北前船に積まれて上方に盛んに出荷されました。逆に上方からは立派な雛人形(右)が山形に持ち込まれました。
 (19年8月) 夏祭り、ミソハギほか
お盆に郷里(山形)に帰ってきました。涼を期待したのですが、ここも暑かったですで。田んぼの稲穂も少しづつ黄色みを帯びてきました。 地元の夏祭りのひとコマ。単なる花笠踊りだけではなく、いろんなアトラクションで皆さん楽しんでいました。 たわわに実る桃の果実を見つけました。今年の桃は日照時間が充分なので、甘味が強く美味しいです。 形はゴツゴツして無骨ですが、味は極上の果実ラフランスです。ここはラフランスの産地にもなっています。収穫は11月頃になります。
お盆の頃に仏前に供えられるのでボンバナ(盆花)とも言われるミソハギの花が草原に咲いていました。青空とうまく調和しています。 「太陽の花」といわれるヒマワリ(向日葵;キク科)の花が、畑の中に点在しています。ヒマワリの種は煎って食することができます。 ふと道ばたのナナカマドの木を見上げたら、少し紅葉がかっていました。今年は猛暑でしたので秋の紅葉が期待できそうです。 アキアカネがスイスイと飛び回る季節になってきました。なかなか良い場所に留まってくれません。数少ないシャッターチャンスで辛うじて撮れました。
 (19年6月) サクランボ、ナツツバキほか
郷里の山形の様子です。近所の軒先に青紫のラベンダーの花と紅色のバラの花とがうまくアレンジされていました。 今ちょうどサクランボの収穫の時期です。ここは産地なので、随所に赤い大きなサクランボの実がたわわに垂れ下っています。 実家の庭先に、白い清楚なナツツバキ(夏椿;ツバキ科)の花が咲いているのを見つけました。ナツツバキの別名は沙羅の木。 ナツツバキの木の近くに、うすピンク色や白色のシモツケの花が咲き始めていました。
 (19年4月) 春の訪れ、野草園、ザゼンソウほか
四月上旬の山形の風景です。郷里の山々にはまだ残雪が多く見られます。田圃はこれから田植えの準備です。 北国は、ハクモクレンをよく見かけます。ちょうどこの時期、白い花が所狭しと樹上に咲き誇っていました。

山形の西蔵王の山麓に、ミズバショウ、ザゼンソウ、ミツガシワ、アケボノソウなど四季折々の野草が群生する野草園があります。毎年4月に開園します。

開園直後の野草園では、湿地にザゼンソウ(座禅草;サトイモ科)がちょうど見頃でした。 黒頭巾をかぶったお坊さんが座禅を組んでいるような姿からこの名が由来します。
まばゆい黄金色に輝くフクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科)が、北国の春陽の日差しの中に咲き始めていました。 フキノトウ(蕗の薹;キク科)が川の畔で、林間の落ち葉の下から、春を感じてあちこち顔を出していました。フキノトウは、葉よりまえに出る花茎です。 珍しい山野草も咲いていました。これは、落葉樹林の縁や草原、山麓の土手に生える多年草、アズマイチゲ(キンポウゲ科)です。 オオミスミソウ。ミスミソウ(雪割草)の一種で、日本海側の山地に生育しています。花の色は白、紫、藍など変化に富みます。

  
 (18年11月) 秋の紅葉
山形県の総合運動公園が、将棋の駒で有名な天童市にあります。国体会場にもなったことのあるこの公園は、いつも綺麗に整備されています。この時期はイチョウ並木こそほとんど落葉していましたが、モミジやカエデの紅葉は見事でした。 郷里の東根市の稲刈りを終えた田園風景です。奥の山にまだ紅葉が少し残っていました。
東根小学校の校庭にある日本一の大ケヤキは、落葉が進んでいましたが、周囲を圧倒する迫力があります。 大ケヤキから少し離れたところに、市民の憩いの場となっている堂の前公園があります。この公園はそれほど大きくありませんが、池の周りのモミジやイチョウ、公園の背後の丘陵地の紅葉は見応えがありました。
 (18年8月) 夏の田園風景
郷里のさくらんぼ東根駅に立つ、佐藤栄助翁のブロンズ像。翁は最高級のおいしいサクランボ「佐藤錦」の開発者です。 田んぼはまだ青々としていますが、人間風のかかしが置いてありました。道を通る人たちもギョッとして見つめていました。効果ありそうですね。 休耕田の一隅にヒマワリの花が植えてありました。やはり夏の太陽にはヒマワリ(向日葵;キク科)の花が似合います。後方は郷里の集落。
 (18年3月) 松島、安達太良山ほか
日本三景(松島、天橋立、宮島)の一つ松島を訪れてきました。宿泊のホテルから松島湾の島々が一望できます。見事な風景でした。 朝6時過ぎ、松島湾から朝日が昇ってきました。好天に恵まれホテルの窓から美しい日の出を見ることが出来ました。 郷里の山形は彼岸なのに田圃も山々もうっすらと雪化粧。これからしばらくして農作業が始まります。 福島の安達太良山です。高村光太郎の「智恵子抄」の智恵子の生家がこの山麓の二本松市にあります。

  
 (17年8~9月) 収穫の秋ほか
郷里の山形は有数の果物の産地ですが、この時期は真っ赤なリンゴが見られます。このリンゴはフジという品種の最高級リンゴです。 山形では、最近のソバ(蕎麦)人気もあって、ソバ畑の作付けが広がっています。奥羽山地の山々を背景に白いソバの花が満開になっているソバ畑を見つけました。 お盆に帰郷しましたが、たわわに実る桃の果実を見つけました。今年の桃は甘味が強く美味しいです。 桃の木の近くに、「太陽の花」といわれるヒマワリ(向日葵;キク科)の花が咲いていました。ヒマワリの種は煎って食することができます。

  
 (16年9月) 稲穂、ソバ畑
田んぼのかかし 稲穂 山形のソバ畑 秋ソバ
郷里の東根の田園風景です。一面黄金色で満たされた気持ちになります。今年の稲作は順調で豊作のようです。このかわいい案山子はすぐ近くの中学校の生徒作です。 たわわに実った稲穂です。段々と頭を垂れてきて、あと一月位で収穫です。また、佃煮にすると美味しいイナゴも数多く見かけました。 黄金色の田園の一角に満開の白いソバ畑を見つけました。最近の蕎麦ブームで作付けが増えているとのこと。ソバ畑、稲田、遠景の山々が見事に調和しています。 この時期は密生する白い秋蕎麦の花が満開になります。山形のあちこちに蕎麦街道ができていて、特色ある山形ソバ
 (16年8月) 鳥海山、庄内浜ほか
湯野浜から見た鳥海山 鳥海山からの眺望 アキアカネ アザミ
山形県の庄内海岸からみる鳥海山のシルエットです。鳥海山は出羽富士とも呼ばれる美しくそびえる名峰で、古来より周辺の人々に敬われ、精神的な支えとなってきた。 鳥海山からの眺望です。眼下の景勝地、象潟の町や、広い日本海が一望できます。山腹まで鳥海ブルーラインが通っており、快適なドライブを楽しむことが出来ます。 鳥海ブルーラインで最も高位になる鉾立には大展望台があります。山の上は涼しく、秋の気配が漂っています。アキアカネが至るところ飛び回っています。 この付近に、色々な花が咲いていました。これはアザミです。有名な鳥海アザミではありませんでした。
ヨツバヒヨドリ ミヤマシシウド ノコンギク ブタナ
ヒヨドリの鳴く頃に咲くヒヨドリバナの仲間で、一番標高の高い所に生えるヨツバヒヨドリ(四葉鵯;キク科)の小振りな花です。 高山地の植物ミヤマシシウド(深山猪独活;セリ科)です。シシウドの名は、イノシシが食する植物でウドに似ているので付いたようです。 これはノコンギク(野紺菊;キク科)です。山であっても低地ですので、植生が平地に似ています。 黄色のタンポポかなと思いましたが、花に比して茎が長くブタナ(豚菜;キク科)のようです。原産地のヨーロッパで、野山に群生します。
夕日の日本海 日没後の日本海 ウミネコ 善宝寺のカメ
日本海に沈みゆく夕陽です。少し雲がかかっていましたが、それでも十分に美しく感動的な光景でした。 もう一枚海の写真です。夕陽が沈んだ後、地平からもれ出る赤い光と青い空の色が調和して幻想的な感じです。 海岸に一羽だけ見つけたウミネコです。ウミネコは普通のカモメと異なりクチバシの先が赤く、尾羽に黒い帯のあるのが特徴。青森県蕪島などでは集団繁殖地として天然記念物に指定されているそうです。 近くの名刹善宝寺の池で亀が甲羅干しをしていました。この寺は、海の守護神・龍神の寺として有名で、境内には五重塔などの貴重な建築物が数多くあります。
酒田の山居倉庫 本間家のタブノキ キスゲ
酒田市随一の観光名所、山居倉庫です。明治26年、酒田米穀取引所の付属倉庫として建造され、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケ地としても使われた。ケヤキの路は散策に絶好。 酒田で殿様より偉かった大地主本間家の旧本邸にあった大きなタブノキ(椨の木)です。水分を多く含むため、土塀とともに 山形のドライブインの片隅にキスゲ(黄菅;ユリ科)の淡い黄色の花がひっそりと咲いていました。キスゲはニッコウキスゲやノカンゾウの仲間で、日当たりのいい山地の草原に生える。
 (16年5月) 最上川、月山ほか
郷里の実家の庭に植えて4~5年になるハナミズキ(ミズキ科)の木ですが、今年は多くの紅い花が咲きました。青空によく映えています。 フキノトウ(キク科)が雪解け水が流れる川の畔に咲いていました。郷里では少し山奥に入ると、誰も採らずにあちこちに自生しています。 芭蕉や茂吉の歌で有名な山形県を縦走する大河、最上川です。ここはまさに春先といった風情です。 出羽三山の一つ月山です。なだらかな山頂部は万年雪に覆われ、遠くから見るとまるでお月様のようです。夏スキーが出来ます。

  
 (15年10月) 裏磐梯
色づき始める吾妻山の木々 ツタの紅葉
10月中旬の吾妻連邦の様子です。一帯が磐梯朝日国立公園になっています。米沢から西吾妻スカイラインを利用して裏磐梯へ抜けていきましたが、このスカイラインは償却期間が過ぎたので現在は無料開放されています。山の木々が次第に色づいてきました。 同スカイラインで吾妻山を超えると、桧原湖の近くに裏磐梯国民休暇村があります。最近出来たばかりということで、新しくゴージャス感もあり、少し国民休暇村を見直しました。敷地内の樹木に真っ赤に染まったツタが絡まっていました。
  (15年8月) 山形特集;最上の巨木、アユ、寒河江川ほか
トトロの木(鮭川村) アスター・ピサロ(鮭川村) 塩焼きのアユ(舟形町) ほか多数の写真あり
→ 15年8月
鮭川村小杉地区の大杉。樹齢700~800年。アニメの「となりのトトロ」のように見えるため、トトロの木として人気を呼んでいます。もともと一本の木ですが、近くから見ると二本の木が寄り添っているように見えます。 トトロの木の傍に、白色のアスターやピンク色のアストロメリアが咲き乱れる花畑がありました。アストロメリアは、花びらに点線のような紋様がついており、ユリズイセンとかインカのユリの別名がついています。 舟形町を流れる小国川は鮎釣りが盛ん。川沿いには鮎の塩焼きを堪能できる食堂があります。もっとも川で採れる天然の鮎は数が出ないため、養殖の鮎が多いとのこと。
 (15年5月) こいのぼり、白水川ほか
風にたなびく鯉のぼり 郷愁をそそる白水川の堤の風景 山形県内を縦断する最上川 日本一の大ケヤキ
今年の連休は郷里の山形に行って来ました。以下は新緑にまぶしい田舎の風景です。
 五月の節句ということで、ゆったりと風にたなびく鯉のぼりをあちこちで見かけました。
散りかけですが桜並木の白水川の堤です。小さい頃はここでよく遊び、この時期には花見団子を買って食べました。郷愁をそそる心の原風景のようなものです。 白水川は山形県を縦走する最上川に注ぎます。最上川は、この季節山々からの雪解水を満々とたたえ日本海に流れ込んでいきます。芭蕉の「五月雨や集めて最上川」の歌で有名。 ゆうに樹齢千年を超すとみられ高さ約28mで日本最大の大ケヤキも新緑の佇まいです。相変わらず東根小学校の校庭に悠然とかつ凛々しくそびえていました。
満開のモモ畑 田植えの準備 実家の庭のハナミズキ サクランボの花
山形はモモの産地でもあります。まさに桃色のモモの木が満開です。畑一面の黄色いタンポポの花が畑一面に広がり、桃色のモモの花と美しく調和しています。 田んぼでは梅雨の時期を前にして、田植えの準備です。トラクターで田を畝っています。この辺の米のブランドはコシヒカリ、ドマンナカなどです。トラクターの後方にはリンゴ畑が見えます。 郷里の実家の庭のハナミズキは紅い花を咲かせていました。ここでは、ハナミズキは街路樹にも多く使われています。 サクラの花と似ていますが、これはサクランボの花です。この時期花が満開になり、美味しいサクランボの果実の収穫は、6月中旬~下旬になります。
月山とブナの新緑 春の息吹が一杯のフキノトウ
夏スキーでも有名な月山は、麓でも残雪が多く、新緑のブナの原生林のトレッキングを楽しむことが出来ます。山形自動車道が完成して月山に行くのが便利になりました。 山道をぶらぶらすると、いたるところに春の息吹いっぱいのフキノトウが自生しています。車を降りてフキノトウを始めとする野草採りを楽しんでいる人も見かけます。

  
 (14年10月) 深まり行く山形の秋
みちのくの紅葉 公園の秋 ハナミズキ ナンキンハゼ
以下は、平地の公園の様子ですが、木々が日に日に色づきます。 山沿いの湖畔の紅葉も鮮やかです。 ハナミズキは、春にピンクや白のきれいな花を咲かせますが、秋の紅葉も見事です。 目を見張るような真赤な色に変身しているのは、ニシキギです。ののか本郷館は東根温泉にあります。
ススキと秋の山 カキ 食用菊 稲刈り後の田んぼ
枯れススキを前にして山々も紅葉が深化していきます。 秋は収穫の時期です。柿の実がたわわになっています。山形の柿は渋柿ですので、アルコールで渋抜きします。 食用菊で、おひたしで食べます。あちこちの畑で栽培されています。うす紫色の「もってのほか」と呼ばれる食用菊もありますが、大変おいしいの意味だそうです。 稲刈りが終わった田んぼの様子です。乾燥させるため、稲穂を取った後の藁の束を田んぼに立てています。
あぜ道のノギク 東根から見た出羽の山々
田んぼのあぜ道にひっそりと咲くノギクです。 収穫の終わった東根の田んぼから西にみる出羽の山々です。月山や羽黒山などの出羽三山は、この山々の後方になります。
 (14年5月) 山形新幹線
薫風の中の新幹線
薫風に乗って疾走する山形新幹線。上山の斉藤茂吉記念館付近にて。

 
 季節のスケッチ海外の風景| 山形の風景 | 九州の風景
28年 27年 26年 25年 24年 23年 22年 21年
20年 19年 18年 17年 16年 15年 14年

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可