季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 14年7月 英国 14年7月(2002)
14年7月 英国(2002年)
あこがれの English Garden の国イギリスを初めて訪れる機会を得ました。ロンドンの街中でも郊外でも至るところで、まるで English Garden の中にいるような自然との調和美に出会うことができ、大変感動しました。大英帝国の遺産の大きさをひしひしと感じました。
>>写真をクリックすると拡大します  (平成14年7月英国にて撮影)
フラワーコンテナ ラベンダー ミソハギ black swans
ロンドン市内のリージェントパークの見事なフラワーコンテナです。街のいたるところにハンギングバスケットが見られます。

庭園の中にハーブ庭がありました。うす紫色と白色のシックなコンビネーションは涼しい気候に似合います。 池の周りに紫色のミソハギです。まわりのグリーンと程良く調和しています。 黒い白鳥(black swan)を見つけました。2羽ですので、つがいでしょうか。
リスの食事 連なる2階建てバス 整列する英国旗 ライラックの木と国会議事堂
木の実を拾って食べるリスです。人が見ていても一心不乱に食事の時間です。 ロンドン市内の様子です。有名な2階建てバスが連なっています。 バッキンガム宮殿を背にした通りですが、英国旗がズラリと並んでいて、いかにもイギリスという感じです。

白い花のライラックの木です。このライラックの奥に国会議事堂が見えます。
ウィンザー城のムクゲの花 イートンカレッジ ケム川のボート遊び
ウィンザー城では、ピンク色のムクゲの花が風にゆれていました。 ウィンザー城から見下ろした町の風景ですが、右側にイートンカレッジが見えます。オックスフォード大やケンブリッジ大への進学校として有名です。

ケンブリッジ大学の周りをゆったりと流れるケム川です。学生達が楽しそうにボート遊びをしています。 ケンブリッジのケム川のほとりに白鳥がいます。のどかな風景です。
ストーンヘンジ
巨大な石の造形物で世界的に有名なストーンヘンジです。いつ、誰が、何のために築いたかは謎だそうです。 帰りの航空機の窓からみた満月です。幻想的な光景でした。    
 英国の風景(続)
AirShowデモフライト AirShow屋外展示 AirShow日本ブース AirShowソニッククルーザーの模型
ファンボロー・エアショーの呼び物、デモフライト。これはエアバスの最新機A340です。

エアショーの屋外展示では軍用機も並んでいる。 エアショーの日本ブースは各社の共同出展になっている。 ボーイング社と日本連合が共同開発を進めているソニッククルーザーの模型。
AirShow室内展示 国会議事堂 タワーブリッジ 町のレストランの佇まい
世界有力各社のエンジンが所狭しと展示され、実際のビジネスが進められる。 ロンドン市内テームズ河沿いに国会議事堂が建っています。ビックベンも見えます。

テームズ河には多くの橋が架かっています。これはタワーブリッジです。 ロンドンの町の普通のレストランの佇まいです。きれいに花を飾っています。
ケンブリッジ大の建物 ケム川のボート乗り場 オックスフォードの大通り バースの町の古代ローマ風呂
ケンブリッジ大のキャンパスには中世的な雰囲気が漂うの建物が多い。 ケム川のボートツアーが有名で、乗り場が賑わっています。 オックスフォードの町並み。本屋で名高いブロードストリートです。 英語のBathの起源となったバースの町の古代ローマ風呂です。

  
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 14年7月 英国 14年7月(2002)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可