季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 15年4月 仏リヨン 15年4月(2003)
15年4月 仏リヨン(2003年)
4月6日の週に仏リヨン市にて開催された世界生命科学フォーラム BioVision2003 に参加。この時に撮影した、リヨン市街(世界文化遺産に指定されている)の様子や周辺の風景の写真です。(2003年4月6日~11日フランスにて撮影)
>>写真をクリックすると拡大します
リヨン繁華街の中心に位置するテロー広場の有名な馬の泉です。彫刻家バルトルディ作。 ローヌ川とソーヌ川の間の半島にあるベルクール広場。中央にはルイ14世像、奥にはフルヴィエールの丘の大聖堂が見えます。 フルヴィエールの丘に登るとリヨンの市街が一望できます。手前がソーヌ川、典型的なゴシック様式のサン・ニジエ教会も見えます。

今回の BioVison2003 会場となったコングレスです。ローヌ川の畔に建っています。
ローヌ川を挟んでコングレスの向こう岸の絵になる景色です。マッチ箱のような建物がぎっしりと並んでいます。

ソーヌ川の遊覧船です。世界文化遺産に指定された史跡を川から見物して楽しむことができます。 ソーヌ川沿いに花や食料品の朝市が毎日立ち並んでいます。 リヨンの街路樹にはプラタナスの木が多く使われています。これはローヌ川沿いの並木道です。
サクラの木も街路樹によく使われていますが、樹齢が若いせいか小ぶりでやや迫力に欠けるのが残念。 リヨンのビジネスセンター地区。ここにも八重桜が見られます。 ちょうどフランスも新緑の季節です。黄緑色が吹き出す木々の様子がいい感じです。 黄色のレンギョウの花は、各所でよく見掛けました。この他にヤマブキもあり、日本と植生が似ています。

会場の周りの花壇には三色のパンジーや赤紫のチューリップがきれいに植えられていました。 リヨンからグルノーブルまでの高速道路は田園地帯を走ります。これは一面の菜の花畑です。 グルノーブルのシンクロトロン施設ESRF。アルプスが近いこともあり、この日は小雪が舞っていました。 「星の王子様」の作者サンテグジュペリにちなんだ、リヨン空港に隣接する鉄道駅の建物のモニュメントです。翼をイメージしているそうです。

  
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 15年4月 仏リヨン 15年4月(2003)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可