季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 17年末 欧州 17年11月(2005)
17年末 欧州(2005年)
11月末、フィンランド、ドイツ、イタリアの欧州3ヶ国を廻ってきました。この季節、相当寒かったのですが、手袋やマフラーをしっかりと身に付け、クリスマスを迎えつつある欧州の年末の風景を撮ってきました。(なお、同行したK.T氏、J.A氏の写真も使わせていただきました。)
>>写真をクリックすると拡大します
まず北欧のフィンランドです。ホテルから望むヘルシンキ湾の明け方の光景です。この湾はバルト海に続いています。

朝10時頃のヘルシンキの街中です。ようやく朝日が差し込んできましたが、緯度が高いので、太陽の高度は低いままです。 青空に美しくそびえるフィンランドの象徴とも言える教会、ヘルシンキ大聖堂です。大聖堂の夜景もきれいです。 クリスマスツリーの飾り付けが見られる街中の大通りの様子です。午後2時頃ですが、そろそろ薄暗くなります。
街中は市電が多く走っています。午後4時頃ですがイルミネーションが目立ち始めます。 市内最大のデパート、ストックマンの店内も大きなツリーが飾られクリスマスムードです。(J.A氏撮影) 世界遺産スオメンリンナ島は市内の港から船で15分。スオメンリンナ島から見たヘルシンキの美しい街並みです。

スオメンリンナ島はかつての軍事要塞。島では、至るところで要塞の名残の城壁が残っています。
バルト海から攻めてくる敵の艦隊を迎え撃った大砲が丘の上に置かれています。 砲台のある丘に登るとどんよりと曇ったバルト海の冬景色が一望できます。この対岸がロシアのサンクトペテルスブルグ辺りです。

威風堂々たる冬木を島内に多く見かけました。フィンランドはキシリトールで有名ですが、白樺から精製するそうです。 バラの花がひっそりと咲いていましたが、よく見ると霜をかぶりドライフラワー化しています。(K.T氏撮影)
ヘルシンキ・ヴァンター空港空港です。この日は曇っていました。市内とはエアポートタクシーが便利。 次の訪問地はドイツです。フランクフルトの上空からの写真。フランクフルトはルフトハンザの拠点になっています。

ドイツ国内旅行には鉄道が快適で便利。ドイツ鉄道株式会社(DB)が運営している。これは新幹線ICEです。(K.T氏撮影) ICEの車窓の風景です。小さな町の集落が見えます。
南西ドイツの自動車産業の都市シュトゥットガルト。市内の宮廷広場に立つバロック様式の新宮殿の夜景です。 2006年のサッカー・ワールドカップドイツ大会開催まであと半年。公式スポンサーになっているカシオの広告板を見つけました。 シュトゥットガルトはバーデン・ヴュルテンベルク州の州都。メルセデス・ベンツの本社があります。街のウィンドーを覗いたらサンタさんが大勢いました。

シュトゥットガルト駅構内のデリの店です。早朝の時間でしたが、乗客が次々にサンドイッチや飲み物を買っていきます。
シュトゥットガルトの近郊ロイトリンゲンの小さな町。駅前の風景です。この町には自動車部品の世界企業ボッシュの本社があります。 ロイトリンゲン駅の近くの雑貨屋さんもエレガントにショーウィンドーを演出しています。 ドルトムントはルール地方最大の都市。かつては鉄鋼の町でしたが、今ではその遺跡のみが残っていて、マイクロテクノロジーの町へと変貌中。 最後の訪問地は伊ロンバルディア州都ミラノです。ミラノは南欧に位置しますが、アルプスの麓にあるため、やはり厳しい寒さでした。(J.A氏撮影)

ミラノのドゥオーモ(Duomo di Milano)は、ミラノの象徴の教会。壮大な石造りの歴史的建造物で、巨大な美に驚く。正面は現在修築中。 ドゥオーモの周辺がドゥオーモ広場となっているが、その一角にショッピングセンターがあります。全体が石造りの巨大な構造物です。(K.T氏撮影) ドゥオーモからショッピングセンターを抜けるとルネッサンスの巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの像があります。 市内の路地裏の風景です。いかにもイタリア的な雰囲気が漂っています。この夜は小雪が舞っていました。(J.A氏撮影)
  
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 17年末 欧州 17年11月(2005)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可