季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 19年4月 ベネチア 19年4月(2007)
19年4月 ベネチア(2007年)
4月末に伊ベネチアを訪問しました。アドリア海に浮かぶ美しいベネチア島に、中世に交易都市として繁栄したベネチアの街があります。ギッシリと建ち並んだ中世の建造物と無数の運河が張り巡らされたベネチア島は世界遺産にも指定され、世界中から大勢の観光客が押し寄せています。 
>>写真をクリックすると拡大します
イタリアのベネチア島の風景です。鉄道の終着駅を降りると、ベネチア島の入口になります。島内は車も走れませんので、ここで水上バスに乗り換え目的地に向かいます。

島には数多くの運河が張り巡らされています。これは有名なリトルト橋からの眺望でこの辺が交通の要所になっています。水上バスやゴンドラが見えます。 島内で最も有名なサンマルコ広場です。正面がドーム型の屋根のサンマルコ寺院で、多くの観光客で賑わっています。前の広場は年に何回か海水に覆われるそうです。 サンマルコ寺院の頂上部を見ると、随所に彫刻や壁画が施されていて、まさに素晴らしい芸術作品です。カソリック教会ですが、建物の様式はビザンチン風です。
小さな水路はゴンドラの独壇場です。観光客を乗せ、カンツォーネを歌いながら案内しています。ここはサンマルコ寺院の裏側になります。 この水路を左方に見るブリッジですが、ご覧の通りの大賑わい。この近辺にゴンドラや水上バスの乗り場、露天の店などがあります ゴンドラが水上バスと併走しています。仕事場に急いでいるのでしょうか。ゴンドラを運営する権利を取得すると、相当の収入が得られるそうです。 水上バスから眺めたベネチア島の街並みです。高い塔がサンマルコ広場の時計台です。まるで、島がアドリア海に浮かんでいるようです。
ベネチア島から水上バスで30分程行くと、ベネチアガラスで有名なムラーノ島があります。いろんなガラス工房があって、土産物も見つけられます。 ムラーノ島にも小さな運河が張り巡らされていて、これに沿ってレストランやガラス製品のショップなどが立ち並んでいます。 ムラーノ島内のカフェテラス。コーヒーとかジェラートなどで楽しんでいます。周りの木々は、ニセアカシアの木で、赤い花も見えます。 島内は狭小なため、植物が少ないのですが、その代わり、このようにテラスに花を飾っている家を多く見かけました。
宿泊のホテルのロビー。ベネチア観光の拠点になっていて、大勢の観光客でごった返しています。世界中どこでも似たような光景です。 ホテルの近くの広場ではバザーが開かれていました。果物屋の店頭には、ジェラートにしたらいかにも美味しそうなオレンジがうず高く積まれていました。    

  
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 19年4月 ベネチア 19年4月(2007)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可