季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 20年7月 カナダ 20年7月(2008)
20年7月 カナダ(2008年)
家族が夏休みにエドモントンを発ち、カナディアンロッキーをドライブしてきたときの旅行写真です。至るところに出会う美しい森や湖、大氷原から流れ出る氷河など別世界のようです。
>>写真をクリックすると拡大します
アルバータ州エドモントンの郊外に広がる一面の菜の花畑。地平線まで続きます。ここで有名な菜種油(キャノーラ油)が取れます。 ジャスパー国立公園の中の風景。マリーン湖に向かう途中の名も無き湖だが、美しい風景です。なのような湖があちこちに点在するとのこと。 宿泊したホテル所有の美しい人工湖。川の水を引いてつくった湖で光の当たり加減で湖面の色が変化する。 このホテルの近くの森をぶらぶら散策しているときに出会った鹿。誰が来たのかといった感じでこちらを見ています。
ジャスパーの町から近いウィスラーズ山に登りました。ロープウェイで登ってから、山頂まで1時間ほど歩きます。所々に高山植物が咲いています。山頂からは壮大な眺望を楽しむことができます。
カナディアンロッキーの代表的な氷河の一つ、クロウフット氷河。その形がカラスの足跡に似ている。 マリーン湖のよく絵はがきに出てくる有名な風景。湖の中に小島が浮かんでいて、奥に氷河が見える。 マリーン湖をボート遊覧。氷河にけずれたアトがU字型の山の斜面になっている。また寒さによる森林限界が見える。 カナダで人気のあるルイーズ王女にちなんで名付けられたレイク・ルイーズ。湖面に山景が逆さになってきれいに写っています
広大なコロンビア大氷原から流れ出る6~7本の氷河の一つアサバスカ氷河。氷河までは観光雪上バスが出ています。氷河の上を流れる水はとても美味しいそうです。 エドモントンの東にある国立公園で、数多くのバイソン(野牛)を保護されています。

 
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 20年7月 カナダ 20年7月(2008)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可