はなから私事で恐縮ですが、今年でちょうど五十歳になります。六十歳は、暦の干支が一巡して翌年が還暦でもあり、また多くの人が定年を迎える頃ですので、何かにつけ注目される年齢ですが、それに比して五十歳は地味な存在です。特別の祝いの慣習もありません。しかしながら、いろいろ考えてみますと五十歳に因んだ故事・ことわざも少なくありません。

 真っ先に頭に浮かぶのは、「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢まぼろしのごとくなり」と謡う幸若舞いを好んだ戦国時代の覇者信長が、四十八歳の若さで本能寺に散っていった場面です。五十年足らずの生涯はあまりに哀れでもあり人生の無常さを感じさせます。ただ当時は衛生事情も悪く戦乱も多いこともあり寿命が短く、五十年も生きれば充分の認識があったようです。

 現在はだいぶ長生きになりましたが、「五十の坂を越す」という言葉があるようにやはり五十歳は一区切りです。人生の峠にさしかかり今まで辿ってきた路を振り返りたくなるという事でしょうか。しかしながらいざ振り返ってみますと、「五十にして四十九年の非を知る(淮南子‐原道訓)」の言葉がぴったりです。「三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知る(孔子-論語)」ということで五十歳は天から与えられた使命を知る知命の年だそうです。よくもまあこんなに若くして悟ることが出来たものだと感心してしまいます。私の場合は言わずもがなですが、何が天命か知る由もなく、依然として五里霧中の状況で歩き続けています。「手六十」とか「八十の手習い」といった晩学のススメもあるくらいですから、むしろ常に若年の「志学」の精神を持ち続け生き生きと歩むことが人生の使命なのかも知れません。

 このようなこともありまして、最近パソコンの達人をめざして「五十の手習い」を始めています。私どものRWCの研究組合はまさに二十一世紀を担う最先端のコンピューティング技術の研究開発を行っていますので、「紺屋の白袴」では許されません。またインターネットを通じて地球のグローバルブレインにも接することができるわけで、ローカルな世界がどんどん広がる醍醐味を味わうことができます。アフター五十の趣味の一つになればしめたものと思って、自宅でパソコンの画面に向かっています。組合内においてもドキュメントのHTML化、コンテンツのインターネット発信、Windows-MAC混在型のLAN構築など積極的に情報化が進められていますので、私のパソコン道の励みにもなっています。将来RWCテクノロジーを満載したパソコンを使いこなせる日が来ることを楽しみにしています。

 そういえば最近おもしろい近未来の夢を見ました。近くの馴染みの床屋さんでいい気持ちで散髪をしてもらっている内にうたた寝をしてしまいました。………ふと気がついて部屋の中を見渡すと、そこは囲碁の真のチャンピオンの座をかけた達人戦の対局室になっていました。どうも二十一世紀初頭のバーチャルリアリティの世界にさまよい込んだようです。しかも都合良く自分の大好きな囲碁の世界です。片や棋聖・名人・本因坊がすっかり板に付いてきた最高棋士の趙大三冠ですが、その相手は何と四六のガマ(しろくのがま;筑波山の山麓にすむという前足の指が六本の蝦蟇でこれから蝦蟇の油を採るという)です。よく見ると三次元CG手法による立体映像ですが、実にリアルで見事な出来映えです。趙大三冠の本当の相手はスパコン「RWCガマ」でした。

 このスパコンは先年終了したRWCプロジェクトのPCクラスタ技術をベースにして、あるベンチャー企業が一万個CPU並列のデスクトップパソコンとして開発し、その上に最先端の実世界知能のソフト群を搭載したマシンです。そして今や独立行政法人となった某研究所がこのマシンに古今東西の囲碁名人達の全棋譜を入力して史上最強の囲碁マシンに仕上げたものです。もちろんガマの立体映像も「RWCガマ」がリアルタイムで作り出しています。 思えば、チェスの世界ではスパコン「ディープ・ブルー」が世界チャンピオンを破ったと大騒ぎになったのが一九九七年でした。当時、囲碁や将棋の世界は奥が深くコンピュータが名人クラスになるのは永遠に不可能だろうといわれていましたのでまるで夢のような気持ちです。

 対局のほうはガマの築いた大模様に例によって趙大三冠がなぐり込みをかけてきて、生きるか死ぬかの手に汗握るきわどい局面です。両者とも懸命に読んでいて必死の形相です。ふとガマの額の辺りをみると、驚くことに本物そっくりの脂汗がたらりと流れています。素晴らしいCG技術です。その時です。臨時ニュースが流れました。「大発見です。超高速バイオコンピュータ「ネオ・パピア」による数ヶ月に及ぶ解析計算によって、昔から薬効が謳われていたガマの油に狂牛病の原因のプリオンを消滅させる機能があることが発見されました。」と、これもCGの美人アナウンサが興奮した口調で伝えたのです。「ネオ・パピア」は従来マシンの解析スピードの千倍は速くなっているので、昔なら一生かかっても計算しきれなかっただろうなどとツラツラ考えているうちに、「お待ちどう様でした」という床屋さんの声でハッと目が覚めてしまいました。

 今誰にも口外せずひそかに思っていることは、週末につくばに行き、四六のガマをこっそりと捕ってくることです。最近購入したペット養育ソフトがありますので、そのインストラクションに従って飼育してノウハウを蓄積し、今のうちから将来有望なガマビジネスに備えようと思っています。


RWC PCクラスタ2号機

北条大池から見る名峰筑波山
 

(RWC News(1999/1)巻頭エッセイより)