<< 17年6月 | 17年7月 | 17年8月 >>
17年7月 (2005年)
7月中旬に梅雨明けしましたが、その後も曇りの日が多く、なかなかスッキリした夏空にはなりません。この時期は見渡す限りの木々の深緑や、ムクゲ、キョウチクトウ、ノカンゾウをはじめいろんな夏の花々が楽しめます。(小石川植物園内の写真が中心)
>>写真をクリックすると拡大します
炎暑の夏の代表的な花木キョウチクトウ(夾竹桃;キョウチクトウ科 )の赤花です。街路樹や庭木によく用いられています。葉の形状が竹に似て、花が桃に似ていることから夾竹桃の名が付いたとのこと。

ムクゲ(木槿;アオイ科)もこの季節の代表的な花木で、いろんな形状の花が咲いています。風雅で落ち着いた雰囲気がいいと思います。韓国の国花になっている。 この時期はユリ科の花々を多く見かけます。これはノカンゾウ(野萓草;ユリ科)の鮮やかなオレンジ色の花です。緑の草むらの中でよく目立ちながら群生しています。 八重咲きのヤブカンゾウで、ノカンゾウの仲間です。花が咲くまでは両者の区別がつきません。これらの仲間を総称して「忘れな草」といいます。
通常のオニユリ(鬼百合;ユリ科)は朱赤色ですが、これはオニユリの変種で、黄金色のオウゴンオニユリです。もともと対馬に自生していたもので、自生地を復活させようとする動きがあるそうです。 黄色のユウスゲ(夕萓;ユリ科)の花で、キスゲの別名があります。夕方花をひらいて、次の日の朝にはしぼんでしまうので、この名がついたとのこと。 夏の陽光の下でも涼しげな感じのするコバギボウシ(小葉擬宝殊;ユリ科)の薄紫色の花。うつむき加減に咲く様は控えめで清楚な風情。蕾が橋の欄干につける擬宝珠に似ていることからこの名が付いたとのこと。

ホオズキ(鬼灯;ナス科)のオレンジ色の実を見つけました。ホオズキは白い花よりこのオレンジ色の実のほうがなじみがあります。この時期は各地で「ほおずき市」が開かれます。
アオイ科の草本、タチアオイ(立葵)の白花です。タチアオイは茎が直立して林立し、茎に沿って沢山の花を咲かせます。昔から庶民的な花として慕われ、家の軒先にもよく見かけます。 これもアオイ科の草本、モミジアオイの真紅の花です。モミジ状の大きな葉をつけている。堂々とした大きい花が夏から秋まで咲き続けます。背丈は大きくなると2~3メートルにもなるそうです。

純白のクチナシ(梔子;アカネ科)の花が7月になっても咲いていました。実に甘い芳香を放ち、早春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並ぶ代表的な芳香花木。 ユキノシタ科のアマチャ(甘茶)の花もまだ咲いていました。ガクアジサイの花によく似ています。アマチャの葉を乾燥・発酵させてお茶にすると甘味の強い甘茶になります。
この時期は木々の緑も見事です。ナツボダイジュ(夏菩提樹;シナノキ科) の樹木が青々とした葉を茂らせていました。種子から数珠をつくります。シューベルトの歌曲で知られるリンデンバウムの木は同じ仲間。

巨木モミジバスズカケノキ(紅葉鈴懸の木;スズカケノキ科)の繁茂する青葉も見応えがあります。スズカケノキの仲間はプラタナスとも呼ばれ街路樹などによく用いられています。 バショウ(芭蕉;バショウ科)の生き生きとした大きな葉の間に、花が咲いているのを見つけました。沖縄では、女の人がバショウの葉を切り出して、伝統工芸品の芭蕉布を織ります。 暖帯から亜熱帯に生えるヘツカニガキ(辺塚苦木;アカネ科)の樹上に、沢山の球状の淡黄色の花が樹上に咲いていました。鹿児島県辺塚で発見され、枝葉に苦味があることからこの名前が付いたとのこと。
ミソハギ科の多年草ミソハギ(禊萩)が、紫色の花穂を林立させていて、蝶が戯れていました。お盆の頃に仏前に供えられるのでボンバナ(盆花)とも言われます。 真夏の炎天下に真っ赤に咲いているのはホウセンカ(鳳仙花;ツリフネソウ科)の花です。実が熟すと、軽くふれただけでも種子がはじき飛びます。 アザミゲシ(薊芥子;ケシ科)の黄色の花です。花は透き通っていて妖美な感じがします。茎や葉にアザミのような鋭いトゲがあります。シロアザミゲシも同じ仲間です。 キキョウ科の多年草キキョウ(桔梗)です。秋の七草のひとつですが、むしろ盛夏の花でこの季節が旬といえます。花は青紫色、白色で上品な和風の美しさを保っています。

ヒマワリの仲間の多年草シカクヒマワリ(四角向日葵;キク科)の黄色の花です。シカクヒマワリは小さくて華奢な花を多く咲かせ、ヒマワリとは異なった風情を有します。茎の断面が四角なことからこの名前が付いたようです。

キクイモモドキは北米原産のキク科の多年草。小さ目の黄色の花が群れて風にたなびいています。し園芸的には「宿根ヒマワリ」とか「ヒメヒマワリ」の名で流通しているようです。 阿蘇など九州の一部に自生するヒゴタイ(キク科)です。完全な球形の花をつける珍しい植物で、トゲのある花が球状に集まった多年草です。まるで原始の海を覗いているような気になります。 ムラサキツメクサ(紫詰草;マメ科)の赤紫色の花。アカツメクサの別名もある。ヨーロッパ原産で、牧草として導入されたが、各地に野生化している。シロツメクサに似ているが、大きめ。
ツユクサ科のヤブミョウガに可憐な白い花が咲いていました。葉の形がミョウガに似ていることからヤブミョウガの名がついたようで、本物のミョウガ(茗荷)はショウガ科。 近所の路傍に赤紫色のオシロイバナ(白粉花;オシロイバナ科)が咲いていました。熟したタネをつぶすと白い粉状になり、おしろいに似ていることからこの名前がついたとのこと。 最後に夏の街の様子です。これは炎天下の旧来の秋葉原の電気街です。いま再開発が進み最先端のITタウンに変貌しつつあります。 東京のお盆の行事は新暦で行われます。芝増上寺の境内では、風車を手に持つ小さな地蔵たちが静かに立ち並んでいました。

 << 17年6月 | 17年7月 | 17年8月 >>

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可