季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 18年4月 北京 18年4月(2006)
18年4月 北京(2006年)
4月下旬に北京を訪問しました。悠久の歴史ある北京の街に感動しましたが、黄砂には少々閉口しました。一日中どんよりと曇ったような天候でした。また、2008年の五輪開催を目指して、市内随所で工事が進行中で、中国の人たちの話では、五輪が終わってから訪れるのがオススメとのことでした。
>>写真をクリックすると拡大します
これは北京郊外のホテルで見た日の出の様子です。朝モヤに見えるのは黄砂です。 朝の掃除仕事に、リヤカーで繰り出しています。何か郷愁に駆られるような光景でした。 北京観光の中心は故宮博物館です。周りにはハナモモの花が植えられています。 故宮博物館は、清朝の立派な宮廷の建物をそのまま展示しています。周りの人々を見ると建物の巨大さがわかります。

故宮博物館の内部は殆どが巨大な建造物ですが、少しだけ花園もありました。これはボタンの花です。 故宮博物館から道路を挟んで天安門広場です。とても散策する気にならない広大さで、さすが中国です。 清華大学は、清朝の庭園だった清華園に建てられているので、大学構内といっても庭園を散策しているようです。

清華大学は、中国の主要大学の一つで理系に強い大学。胡錦涛国家主席の出身校でもある。
庭園の中で研究や勉学ができてうらやましい限りです。大学内では、サンショウバラの花をよく見かけました。 北京も車が多く、夕方時は通勤の帰宅ラッシュで大混雑です。    

   
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 18年4月 北京 18年4月(2006)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可