季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 20年12月 ウィーン 20年12月(2008)
20年12月 ウィーン(2008年)
ウィーンでのクリスマス合唱ツアーに家族が参加してきました。このときの冬の風景写真です。今年はたまたま暖冬のため比較的過ごしやすく、夜空の下のクリスマス市なども楽しんできました。
>>写真をクリックすると拡大します
シェーンブルン宮殿。宿泊のホテルの近辺にあったので朝も夜も訪れました。夜はライトアップされて美しいシルエット。クリスマス市が開かれ賑わいます。風が冷たいので、人々はホットワインを飲みます。 フランス式の宮殿の庭園。みるからに広大で、散策はあきらめました。 カーレンベルグの丘からの市内の眺望です。ベートーベンやモールアルトもこの丘も好んで散策したそうです。

観光バスからの写真。ハプスブルク家で唯一の女帝だったマリア・テレジアの像が広場に建っています。 立派な市庁舎の建物。前のラートハウス広場はクリスマス市で多くの人が行き交っていました。大晦日にはスケートリンクに変貌するとのこと。 夕陽に映える聖シュテファン大寺院。首都のシンボルにもなっているゴシック様式の建造物モニュメントです。荘厳かつ圧倒的な存在感でした。

天才作曲家モーツアルトの像です。モーツアルトはザルツブルクに生まれ、レクイエムの作曲中35歳の若さでウィーンの地に没した。
世界的に有名な国立オペラ座。モーツアルトの作品「ドン・ジョバンニ」がオペラ座公演のこけら落としだったそうです。 700年にわたるハプスブルグ朝の居城であった王宮ホフブルグの建物の一部。モーツアルト像も王宮庭園に建てられている。王宮内部は博物館にもなっていて、ハプスブルグの財宝が展示されている。 街中のケルントナー通りは最も賑やかな通り。上品なクリスマス飾り付けで落ち着いた雰囲気です。

  
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 20年12月 ウィーン 20年12月(2008)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可