季節のスケッチ:海外の風景
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 20年4月 北ドイツ 20年4月(2008)
20年4月 北ドイツ(2008年)
北ドイツの春先の風景です。4月下旬に北ドイツで開かれたハノーバーメッセを訪問する機会を得た。郊外のブレーメンに宿泊して、ハノーバーとの間を往復した。この両都市は緯度が高いこともあり、最高気温が10℃と、日本で言えば2月~3月の気候といった感じでした。
 >>写真をクリックすると拡大します 
ブレーメンの中央駅。19世紀末の建築物。ここからハノーバーまで通勤。 ブレーメン駅の内部。市庁舎や音楽隊の壁画があります。 ブレーメン駅とハノーバー駅の間は特急に乗って約1時間かかります。 人もまばらな朝の駅前の風景。まだ冬木立のスズカケノキが見えます。
見事なゴシック様式のブレーメンの市庁舎。15世紀初頭に建てられたもの。 市庁舎の隣には大聖堂がそびえ立っています。中世ブレーメンの繁栄の象徴です。 ブレーメンの市庁舎の西側にメルヘンチックなブレーメンの音楽隊の像があります。

商店街の中にも音楽隊(?)の像がありました。こちらはブタが中心です。
オランダ式の回廊型風車が公園に残っていました。(S.A氏撮影) 風車の前にチューリップ畑が広がり、白いコブシの花が咲いていました。

パリの街路樹として有名なマロニエの木が、ここにも見られました。 車窓からの風景です。数多くの風力発電機を見つけました。
ハノバーメッセの会場ですが、広くて疲れるので芝生で休憩しています。(S.A氏撮影)

会場内には白いヤマザクラやピンク色のヤエザクラをあちこちに見かけました。 ハノーバー中央駅。19世紀に建てられ、戦争で破壊されたが、戦後再建された。 駅前の中心の銅像は第4代ハノーバー王のエルンスト・アウグスト。
ハノーバー中央駅を中心としたSバーン網も整備されていてどこに行くにも便利です。 駅から眺めた駅前の歩行者天国。多くの人であふれていました。 広大で美しく整備されているヘレンハウゼン王宮庭園。フランス風のバロック庭園とイギリス風のランドスケープ庭園、また植物園などその素晴らしさを堪能することができます。

園内の大噴水に陽光が差し込んで、虹が出ています。 庭園の中には、若葉が出始めたブナ林も見られます。 ここに登って園内を展望できますが、遠方はとても見えません。

園内から入り口を振り返ると、ニレの木立が見えました。
園内では、ブナの木が垣根にも使われていて驚きました。 草地には白いマーガレットの花があちこちに咲いていました。 帰りの機中から見たシベリア地方ですが、何かの活動拠点が見えました。 これも機中からの眺め。雪原ではなく、雲の上の光景です。

  
 季節のスケッチ > 海外の風景 > 20年4月 北ドイツ 20年4月(2008)

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可