<< 26年1月 | 26年2月 | 26年3月 >> ブログ2014年2月
26年2月 (2014年)
団塊人の散歩道(ブログ) より
 2月に入り、小石川植物園の梅林が賑やか …… 2014.2.2
 立春を目前にして、最近は三寒四温の典型的な春の気候になってきた感があります。2月に入っての休日は、気温も上がって3月下旬から4月上旬の暖かさでした。春暖に誘われて(?)、小石川植物園の梅林では紅白の梅の花が次第に賑やかになってきました。梅の花以外にも、マンサクやツバキの花、春の野の花も見つけました。
……

関連写真
 立春過ぎて都心に大雪、小石川植物園の梅林も被害 …… 2014.2.23
 立春が過ぎてから大雪が相次ぎ、小石川植物園の梅林もだいぶ被害を受けてしまいました。
……

 23日の週末は雪の恐れがなくなったので、久しぶりに小石川植物園を訪れてきました。大雪前に咲き出していた梅の花がどうなっているのか気がかりで、入園してすぐ梅園に足を運んでみました。
…… 

関連写真
 
 
     
  小石川植物園の梅林の風景ほか 2014.2.2
2月初旬、植物園の梅林はだいぶ賑やかになってきました。紅白の梅の花はそれぞれ、黒雲(くろくも)、長寿(ちょうじゅ)の品種です。 この日の梅の花を以下に紹介します。これは未開紅(みかいこう)。 春日野(かすがの)。
白鷹(はくたか)。 長寿(ちょうじゅ)。 緋の司(ひのつかさ)。 とや出の鷹(とやでのたか)。
大湊(おおみなと)。 月の桂(つきのかつら)。 五節の舞(ごせちのまい)。 寒衣(かんごろも)。
冬至(とうじ)。 鶯の谷(うぐいすのたに)。 扇流し(おうぎながし)。 寒紅梅(かんこうばい)。
ふわふわとしたシナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)の花が満開になっていました。マンサクという名は、春にまず咲くことに由来します。 ツバキ(椿)の花も咲き始めました。 ハンノキ(赤楊;カバノキ科ハンノキ属)。花穂が細長く円柱状に垂れ下がっていました。
野の花も見つけました。これはオオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)。星くずのように可憐な青い小さな花です。 春の七草の一つハコベ(繁縷;ナデシコ科ハコベ属)の小さな白い花がやっと咲き出したところでした。

    
 
     
  立春過ぎて相次ぐ大雪、小石川植物園の梅林が被害を受ける
洋上で発達した南岸低気圧の接近による8日早朝の雪景色。この時点の積雪は3cmでしたが、この後大雪警報が出され、8日中雪が降り続けて結局20cmに達しました。交通機関も休止が相次ぎ、首都圏は大混乱となりました。
翌週再び南岸低気圧が接近し、14日に関東地方に記録的な大雪を運んできました。この写真は16日早朝のものですが、気温が上がらず、まだ積雪が消えていません。さらに2回目の大雪が水分を多く含み重かったので、各地で農業用施設が崩壊するなど大きな被害をもたらしました。
23日に小石川植物園に出かけてきました。梅林では紅梅、白梅が前と同じように咲いていました。しかし、よく見てみると、梅の木の枝が折れて垂れ下がっています。 2回目の降雪が雨交じりで重かったので、園内では梅林を中心に多くの木の枝が折れたようです。 メタセコイア林の近くの池の周りに生えているハンノキも無残な状況になっていました。
この日梅の花を以下に紹介します。これは大盃(おおさかづき)。 雪の曙(ゆきのあけぼの)。 道知辺(みちしるべ)。 古今欄(こきんらん)。
八重松島(やえまつしま)。 芳流閣(ほうりゅうかく)。 紅冬至(こうとうじ)。 五節の舞(ごせちのまい)。
半開状態のフクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科フクジュソウ属)を一輪だけ見つけました。 ユキワリイチゲ(雪割一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)も、やっと咲き始めました。


    
 << 26年1月 | 26年2月 | 26年3月 >> ブログ2014年2月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可