<< 2019年9月 | 2019年10月 | 2019年11月 >> ブログ 2019年10月
2019年10月(令和元年)
10月上旬の小石川植物園、秋晴れ下の季節の花々 …… 2019.10.9

 10月に入ってもしばらく30℃前後の蒸暑い日が続いていましたが、上旬のこの日10/9は爽やかな秋晴れが広がりました。週末には強大な台風19号が襲来しそうなので、この日急いで小石川植物園を回ってきました。園内では青空の下、シュウメイギク、タイワンホトトギス、シオンなどの季節の花々が咲いていました。
 ……

金木犀が香る10月下旬の小石川植物園 …… 2019.10下旬
 強風で房総半島に大停電を引き起こした先月の台風15号に引き続き、今月中旬に襲来した台風19号は、大雨により東日本各地の河川を氾濫させ、甚大な被害をもたらしました。季節外れのスーパー台風には本当に驚かされました。
 その後、10月下旬になってようやく秋らしい日々が続くようになり、金木犀が香る小石川植物園を楽しんできました。
 ……
 
    
 10月上旬の小石川植物園 10/9
10月上旬(10/9)の小石川植物園の風景です。この日は気持ちのいい秋晴れでした。 ソメイヨシノ(染井吉野)の桜並木の樹下の風景です。少しづつ落葉する黄葉次第に増えています。 一日花のスイフヨウ(酔芙蓉;アオイ科フヨウ属)。青空の下、朝咲きの白い花と萎んだ赤い花が混在しています。 日本固有種の落葉低木コツクバネウツギ(小衝羽根空木;スイカズラ科ツクバネウツギ属)。
巨木・大木が数多く立ち並ぶ巨木ゾーンの風景です。夏木立から秋風景へと少しづつ変容しています。 北米中部原産の落葉高木ユリノキ(百合の木;モクレン科ユリノキ属)。まだ緑葉が多く残っています。 ヨーロッパ南東部からアジア西部原産の落葉広葉樹のスズカケノキ(鈴懸の木;スズカケノキ科スズカケノキ属)。スズカケノキもまだ緑葉の装いですが、木の下を見渡すと鈴のような実が数多く落ちていました。
スギの先祖のメタセコイア(ヒノキ科メタセコイア属、別名アケボノスギ)。まだ青々とした夏風景ですが、これから黄葉が進みます。 落葉高木のフクロミモクゲンジ(袋実木欒子; ムクロジ科モクゲンジ属)。樹上にベージュ色の花のように見えるのは袋果です。 世界に誇る植物多様性の研究施設として整備し、社会に開かれた植物園へと発展させる Life in Green プロジェクトの一環として進められていた小石川植物園の公開温室の建て替え⼯事がまもなく終了し、いよいよ来月の11⽉19⽇より新温室の⼀般公開が始まるとのことです。オープンが楽しみです。
秋の草花を多く見かけました。これは多年草のシュウメイギク(秋明菊;キンポウゲ科イチリンソウ属)。可憐な白い花が優雅に咲いています。 沖縄や台湾に分布する多年草タイワンホトトギス(台湾杜鵑草;ユリ科ホトトギス属)。花の紫色の斑点が鳥のホトトギスの胸模様に似ています。 シナノアキギリ (信濃秋桐;シソ科アキギリ属)。長野県松原湖周辺と群馬県の一部でのみ自生するわが国の固有種です。 わずかに咲き残っているヒガンバナ(彼岸花;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)に黒アゲハが盛んに蜜を吸っていました。
食材として多用されているシソ(紫蘇;シソ科シソ属)。小さな赤紫色の花がポツポツと付いています。茎は四角柱、葉は広卵形で暗紫色です。 コガネバナ (黄金花;シソ科タツナミソウ属)。青紫色の唇形の花が総状に咲いています。根の断面が鮮やかな黄色をしていることから和名が由来。 秋の七草の一つのフジバカマ(藤袴;キク科ヒヨドリバナ属)。万葉の昔から日本人に親しまれてきた秋の野草で、まだ咲き残っていました。 東アジア原産の多年草シオン(紫苑;キク科シオン属)。薄い紫色のシ花がゆらゆらと優雅に風にたなびいています。根、根茎に去痰作用、利尿作用があります。
北米原産の帰化植物セイタカアワダチソウ(背高泡立草;キク科アキノキリンソウ属)。黄色の花がススキ(イネ科ススキ属)の穂と隣り合わせです。 秋の草原に普通に見られる多年草のノハラアザミ(野原薊;キク科アザミ属)。オレンジ色のチョウが花から花へと飛び回っています。 北米原産の多年草のシカクヒマワリ(四角向日葵;キク科テトラゴノセカ属)の花が僅かに咲き残っていました。茎(右)をよく見ると、和名の由来になっている四角の断面の形状がよく分かります。
山地の斜面や林縁などに生息するソバナ(岨菜、蕎麦菜;キキョウ科ツリガネニンジン属)。小さな鐘状の青紫色の花を付けています。 各地の道ばたなどにふつうに見られる多年草のオオバコ(大葉子;オオバコ科オオバコ属)。花穂に小さな白い花が付いています。 山地の林の中などに生える多年草ヤブミョウガ(藪茗荷;ツユクサ科ヤブミョウガ属)。夏に白い花が咲いていましたが、この時期は黒い実が付いています。 北米原産で湿地や池沼に生える多年草のミズカンナ(水カンナ;クズウコン科ミズカンナ属)。質素で目立たない花を咲かせていました。
 
    
 10月下旬の小石川植物園
秋らしい日が続くようになった10月下旬の小石川植物園の様々な風景を以下に紹介します。 園内の木々の風景です。左からソメイヨシノの桜並木ツツジ園からの眺望(イチョウやウルムス・プロセアの大樹)、園入口付近に立ち並ぶメタセコイア林ですが、いずれもようやく色づきが始まり、少しづつ落葉が進んでいます。
大樹、巨樹が立ち並ぶ巨木ゾーンの風景です。これは北米中部原産の落葉高木のユリノキ(百合の木;モクレン科ユリノキ属)の高木です。 スズカケノキ(鈴懸の木;スズカケノキ科スズカケノキ属)の大樹。ヨーロッパ南東部からアジア西部原産の落葉広葉樹。 アメリカスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)の大樹。北米原産の落葉広葉樹でスズカケノキの近縁種です。 中国原産の落葉高木で街路樹など全国で普通に見かけるイチョウ(銀杏;イチョウ科イチョウ属)の大樹。このイチョウは精子発見の記念樹です。
(木々の花)
園内のキンモクセイ(金木犀;モクセイ科モクセイ属)の木々に鮮やかなオレンジ色の花がちょうど所狭しと咲き出していて、満開になっていました。近づいてみると、あの金木犀の秋の香りが漂っています。キンモクセイの花期は非常に短いので、うまく狙いを定める必要があります。
キンモクセイの近縁種のウスギモクセイ(薄黄木犀;モクセイ科モクセイ属)。淡黄色の花がまだ咲き残っていました。花の色はキンモクセイより薄く、香りも乏しいのが特徴です。 オオモクセイ(大木犀;モクセイ科モクセイ属)の白い花。メタセコイア林の近くで見かけました。花の形状は近縁種のキンモクセイに似ていますが、香りはありません。
秋の季節の風物詩のサザンカ(山茶花;ツバキ科ツバキ属)の花がポツポツと咲き出しました。左の赤花には三国紅、右の白花には雪山というサザンカの品種名が付いています。年末にかけていろんなサザンカの花を楽しむことが出来ます。 フサフジウツギ(房藤空木;ゴマノハグサ科フジウツギ属)。残っている淡紫色の房状の花穂にチョウが集い、盛んに蜜を吸っています。 日当たりのよい原野などによく見られる落葉小高木クサギ(臭木;シソ科クサギ属)。ピンク色の星形のガクの中心に紺色の種子が付いています。
(木々の紅葉、木の実)
木々の紅葉・黄葉が少しづつ進んでいます。これは北米原産の落葉高木のハナミズキ(花水木; ミズキ科ミズキ属)。 ウダイカンバ(鵜松明樺;カバノキ科カバノキ属)。日本の中部以北から北海道、千島列島にかけて生育する落葉広葉樹。 園入口近くのイタヤカエデ(板屋楓;ムクロジ科カエデ属)。各地の山地に生える秋を彩る落葉高木です。 ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)。北アメリカの東部から南東部に広く分布する落葉高木。
日本原産の落葉性花木のドウダンツツジ(灯台躑躅;ツツジ科ドウダンツツジ属)の茂みが色づいてきました。 東南アジアから東アジアの温暖な地域に自生する落葉高木で紅葉が美しいハゼノキ(櫨の木;ウルシ科ウルシ属)。まだ緑葉の中に黒い実が付いているハゼノキもあります(右)。木の実もあちこちの木々で見かけるようになりました。 ピラカンサ(バラ科トキワサンザシ属、品種名:ローズデール)のたわわな実。年末にかけて真赤になります。
東アジアに分布する落葉高木のイイギリ(飯桐;ヤナギ科イイギリ属)。木枝から色づいた実がブドウのように房状に垂れ下がってきました。イイギリの実もこれから真赤に染まります。 山麓の湿地や湿った原野に生える落葉低木のコムラサキ(シソ科ムラサキシキブ属)が紫色の実をつけていました。 中国に分布する落葉低木カリカルパ・カタヤナ(シソ科ムラサキシキブ属)。ムラサキシキブやコムラサキの近縁種。
関東以西の山野に生える常緑高木のクロガネモチ(黒鉄黐;モチノキ科モチノキ属)。色づいた実が点々と沢山付いています。 中国原産の落葉小高木ツクシカイドウ(筑紫海棠;バラ科リンゴ属)。枝先に数多くの赤い実が付いていました。九州に分布していたが、現在は絶滅危惧種。 ツクシカイドウの隣の低木に小さなリンゴに似た実が付いていました。名札がないのですが、ヒメリンゴ(バラ科リンゴ属)と思われます。 全国の野山に自生する落葉高木のケンポナシ(玄圃梨;クロウメモドキ科ケンポナシ属)。小さな実を支えている柄の部分が膨らんで甘くなり食用になる。
北米に広く分布する落葉広葉樹ヒッコリー(クルミ科ペカン属)。黄葉の陰にクルミのような実が付いています。 中国原産のグランサムツバキ(ツバキ科ツバキ属)の蒴果を見かけました。年末にかけて大輪の白い花を咲かせます。 つる性の多年草カラスウリ(烏瓜;ウリ科カラスウリ属)の赤い実が木々に絡んでいました。 イチョウの木の根本の地面に落ちた数多くのイチョウの実が広がっていました。少し臭いますが、炒った銀杏は美味です。
(季節の野の花)
珍しい花に出会いました。紀伊半島に自生するキイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑;ユリ科ホトトギス属)です。シダ園の石垣の上部から垂れ下がり上品な黄色い花を下向きにつけていました。同じホトトギス属のタイワンホトトギスとは花の形状が少し違いますが、花の内側に斑点がついています。 中国からの帰化植物で九州、四国、沖縄などで自生するショウキズイセン(鍾馗水仙;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)。黄色の花が少しだけ咲き残っていました。形状はヒガンバナとそっくりで、黄花彼岸花とも言われる。9月のヒガンバナより遅れて10月頃に咲き出します。
白花と赤花(八重)のシュウメイギク(秋明菊; キンポウゲ科イチリンソウ属、別名:別名:貴船菊、秋牡丹)が盛んに咲いていました。シュウメイギクは中国から古い時代に渡来。京都の貴船地方に野生化したものが見られます。 トネアザミ(利根薊;キク科、別名タイアザミ)の花の蜜を求めて昆虫が集っています。10月になってから咲き出す晩秋の花です。 各所に可憐な野菊の花が咲いていました。コンギク(紺菊;キク科シオン属)かと思われます。
房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島および紀伊半島東南の太平洋岸に自生する日本固有種のアシタバ(明日葉;セリ科シシウド属、別名:八丈草)。発育が速く、葉を収穫しても明日になるとまた若葉が出ます。 木の根本や草むら等、随所に群生するシュッコンソバ(宿根蕎麦;タデ科ソバ属)の白い花を見かけました。ヒマラヤ地方原産で日本には明治時代に薬種として渡来。その後、帰化植物として広がったとのこと。
 << 2019年9月 | 2019年10月 | 2019年11月 >> ブログ 2019年10月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可