<< 2020年4月 | 2020年5月 > 5月まとめ | 2020年6月 >> ブログ2020年5月
2020年5月(令和2年)
小石川植物園の5月の風景(まとめ) …… 2020.5.1
 風薫る初夏のまばゆい陽光の下、大型連休が始まりました。しかしながら、今年は新型コロナウィルス感染拡大のための緊急事態宣言が発令中で、ステイホーム週間になっています。
 小石川植物園も東京都の休業要請を受け、依然として休園が続いていますので、今月のスケッチもこれまでの風景写真を利用することにします。
関連ページ
Photo Gallery
日々緑が濃くなる小石川植物園 …… 2020年5月上旬


 植物園は3月末から臨時休園が続いていますが、人出が無くても園内の緑は日々濃くなってきます。入園ができないので、代わりにわが家のベランダや植物園の周りの散歩道から緑の世界を覗き込んでいます。
 ……
関連写真
 
 
    
 小石川植物園の緑の風景(5月上旬)
 植物園は3月末から臨時休園が続いていますが、人出が無くても園内の緑は日々濃くなってきます。入園の代わりに、毎日わが家のベランダから青空広がる園内の風景を眺めています。園内を見やると、後方のサクラ並木や手前のイロハモミジは緑葉に覆われ万緑の様相です(右2)。また、アメリカスズカケノキクスノキなどの巨木は鮮やかな緑衣です(右)。
わが家のベランダから真ん前に見える落葉樹のブナ(橅;ブナ科ブナ属)の木です。先月ようやく新葉が出始めたばかりでしたが、1ヶ月経つと濃い緑の木立に様変わりです。 ブナの隣のハナモモ(花桃;バラ科サクラ属)も万緑の装い。3月末には満開の花を咲かせていました。 健康維持のため、植物園の周囲の道路を時々散歩しています。ひと回り30分位で適度の運動になります。
新緑あふれる園内の木々を見やりながら散歩していると、高木のトチノキ(栃の木;ムクロジ科トチノキ属)の木枝に大きな白い花(小さな花が凝集した円錐状の花序)を見かけました。さらに少し離れた所に、同じトチノキ属のベニバナトチノキ(紅花栃の木;ムクロジ科トチノキ属)の薄紅色の花が多数咲いていました。植物園のかなり奥まったところにあるので、園外の道路からの方がよく見えます。

 << 2020年4月 | 2020年5月 > 5月まとめ | 2020年6月 >> ブログ2020年5月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可