<< 14年4月 | 14年5月 | 14年6月 >>
14年5月 (2002年)
小石川植物園、山形、サンシャインビルなどの各地の5月の風景です。
>>写真をクリックすると拡大します (平成14年4月下旬~5月中旬)
サツキ ナナカマド ハコネウツギ カルミヤ
サクラが散っても、周りをよく見ると、いろんな花が楽しめます。まず五月はサツキが見事です。
そこで一句 「さつき晴れ 所せましと 咲き競う」 
秋に紅葉が見事なナナカマドですが、この時期の真白な花も楽しませてくれます。 ハコネウツギです。花の色に特色があり、開花してすぐは白色だが、次第に赤みが差して淡紅色、紅色と3色の花で彩られ、大変あでやかな感じ。 繊細で女性的な雰囲気のカルミア。ツツジ科の木で別名がアメリカシャクナゲです。小さな花が咲き乱れます。
カルミヤと野ウサギ ランチ時の語らい
小石川植物園のカルミアの木の根元で思索にふける野ウサギを発見しました。人が近づいても動じません。 サンシャインビル2階のコーヒーショップのテラスですが、ランチの後のリラックスしたひとときです。暑くもなく寒くもなくちょうどいい季節ですね。
薫風の中の新幹線
斎藤茂吉は大正から昭和前期にかけてのアララギの中心人物で近代短歌史上に輝かしい業績をのこした歌人。そのふるさとは山形県上山市です。茂吉の生家近くに 斎藤茂吉記念館 が建てられていて、入口のところに茂吉の胸像が立っています(左)。記念館の高台から東方に蔵王連峰の山並みが眺望できます(中)。また、記念館のすぐ近くを山形新幹線が薫風に乗って疾走していました(右)。

茂吉が詠んだ数多い歌の中で私の心に響く歌。
 ●のど赤き玄鳥ふたつ屋梁にゐて垂乳根の母は死にたまふなり
 ●最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも

 << 14年4月 | 14年5月 | 14年6月 >>

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可