<< 17年9月 | 17年10月 | 17年11月 >>
17年10月+足利フラワーパーク (2005年)
この時期は街中を歩いていると、キンモクセイの芳香が漂ってきて秋を実感します。10月はさわやかな秋晴れといいたいところですが、東京近辺は高気圧の狭間にあって秋の長雨が続いて少々ウンザリ。後半になってやっと天気が回復してきました。今月のスケッチは小石川植物園の様子に加えて、足利フラワーパークの熱帯スイレンや秋バラの写真を加えています。(17年10月上旬~中旬撮影)
>>写真をクリックすると拡大します
小石川植物園内で風になびくススキ(薄;イネ科)を見つけました。次第に秋の気配が深まってきています。ススキはこの季節野山の至るところで見られ、秋の七草の一つとして古くから親しまれています。

庭木としてもよく植えられているモッコク(木斛;ツバキ科)が無数の赤い実をつけています。赤い実の中には小さな種が入っていて、しばらくすると実が裂開して赤い種子が出てきます。 ハナミズキ(花水木;ミズキ科)の樹上を見やると、やはり数多くの赤い小さな実をつけていました。ハナミズキは春にきれいな花を咲かせ、秋には赤い実や紅葉で楽しませてくれます。 本格的な紅葉はこれからですが、少しずつ紅葉化が進んでいます。これはハナミズキの紅葉です。陽光で透かしてみると美しさが引き立ちます。
春先に葉より早く淡紅色の花をつけ楽しませてくれるゲンカイツツジ(玄海躑躅;ツツジ科)ですが、少しづつ紅葉が増えています。ツツジの仲間はドウダンツツジなども紅葉が見事です。

代表的な花木サクラの葉も黄褐色に変身中です。もちろん春のサクラの花は見事ですが、秋のたたずまいもしっとりと落ち着いた趣で楽しませてくれます。 コムラサキ(クマツヅラ科)はその名のとおり紫色の実をつけます。赤い木の実が一般的ですので、何故紫色なのか不思議ですね。山野に生えるムラサキシキブも同じ仲間です。

樹上に黄緑色の実の大きな塊を随所に付けているのはマルバチシャノキ(ムラサキ科)の木です。黄色に熟すと、バナナの香りに似た果肉があり生食できるそうです。

各地の山野に生えるタラノキ(愡木;ウコギ科)の赤黒い実が樹上に成っています。春先の愡木の新芽はタラノメといい、山菜として人気があり、天ぷらは絶品です。 赤紫色の花はシュウメイギク(秋明菊)です。キク科のような名前ですが、実はキンポウゲ科の植物です。淡紅紫色八重咲きのキクに似た花を多数つけるのでキクの名がついており、貴船菊や秋牡丹の別名あり。

フサフジウツギ(房藤空木;フジウツギ科)の青い花穂に蜜を求めて蝶が集まってきます。フサフジウツギは中国原産の落葉低木で、花は藤に似て葉はウツギのようであることからこの名が付いたという。 秋を代表する山野草アキノキリンソウ(秋の麒麟草;キク科)で、小柄で黄色の可憐な花が咲いています。別名をアワダチソウといい、花が泡立つように咲くとの意味。
わが家の庭先にも秋の風情が漂ってきました。秋の七草の一つハギ(萩;マメ科)の花です。紅紫色の小さな花を細い枝につけ、木々の間にひそやか咲いているのを見つけました。 秋に特有の芳香を放つキンモクセイ(金木犀;モクセイ科)のオレンジの花も今年庭先にやっと咲きました。春の沈丁花といい、秋の金木犀といい目をつむっていても季節を実感します。 次は郷里の東根の風景です。ナナカマド(七竈;バラ科)の木を町中によく見かけますが、赤い実がちょうど葡萄の房のようにたわわになっていました。 東根市の市木になっているのでハナミズキは街路樹に庭木にと至るところに植えられていますが、ちょうど紅葉の盛りで美しく秋の景色を彩っていました。


  

 
 足利フラワーパーク(栃木県)を訪れました。このフラワーパークは見事な藤棚(5月頃)で有名ですが、四季折々植物や花を楽しむことができるようになっています。今回はアメジストセージや熱帯スイレンなどが見頃になっていました。さらに、パーク内に張り巡らされている水路には色鮮やかな熱帯スイレンが満開でした。屋外で何百株もの熱帯スイレンが見られて感動しました。
 さらに、バラ園もパーク内各所に設けられ、多くの品種の秋バラが芳香を放ちながら咲いていました。
 
満開のアメジストセージ花で一面紫色の絨毯です。 上手に色分けされたセンニチソウなどの草花がきれいに咲いています。 秋を彩るコスモス(秋桜)の花が随所に風に舞っていました。 園の片隅に咲いているフジバカマ(藤袴)の花に蝶が戯れていました。

ベルトムーア ロイヤルパープル エンチャントメント ミセスG.H.ブリンダ

アフタダロウ カスタリフローラ トレールブラザー リーディングレディー

うらら:京成バラ園芸、はっとするようなショッキングピンク フリュイテ:仏メイアン、鮮やかな朱色 テキーラ:仏メイアン、花弁が厚く花持ちがいい ダイアナ プリンセスオブウエールズ:米J&P、クリーム地にピンク

サンフレーラ:米J&P、純黄色の丸弁咲き、耐病性あり ピース:仏メイアン、クリーム黄色に紅覆色、平和への願いをこめて命名 アイスバーグ:独コルデス、世界中で愛される銘花 シャルルドゴール:仏メイアン、強香でラベンダー色

 << 17年9月 | 17年10月 | 17年11月 >>

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可