<< 19年3月 | 19年4月 | 19年5月 >>
19年4月+山形(2007年)
今年の東京のサクラは例年よりも少し早めに3月下旬に満開になりました。また、森の妖精のようなカタクリの花が群生しているのも見つけました。今回も小石川植物園の様子が中心ですが、ようやく春の訪れといった感じの4月上旬の山形の風景も加えました。(3月下旬~4月中旬撮影)
 >>写真をクリックすると拡大します 
植物園の桜並木に人が多く出ています。ソメイヨシノ(染井吉野)が満開が満開になりました。ソメイヨシノの花の見事さは、空間に突然出現する圧倒的なボリューム感にあります。 また、樹の下から青空を見上げますと、白いサクラのの花が、大きく広がり艶やか咲いていて美しさを演出しています。まさに日本の美といった感じで感動します。 いろんなサクラの花が咲いています。オオシマザクラを主にした園芸種を総称してサトザクラといいますが、このサクラはサトザクラの中で旗桜という品種です。 ヤマザクラは花が小ぶりで、赤みがかった若葉とともに開花します。ソメイヨシノと比べると地味だが趣があります。ヤマザクラもいろんな園芸種があり、このサクラには星桜という名が付いています。

メタセコイア林の付近も春の趣になってきました。これから落葉しているメタセコイアは若葉が生い茂ってきます。手前はレンギョウの黄色の灌木です。

植物園のシンボル、旧東京医学校の建物も春の佇まいです。黄色のレンギョウの花と白いサクラの花が前景になっています。 山野に群生するカタクリ(片栗;ユリ科)の花が今年も園内の同じ場所に咲いていました。まるで春の陽光の下で森の妖精たちが遊んでいるようです。
スイセンは多くの品種があり、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせます。群生するスイセンが園内の池面に映っていました。
ツツジの仲間も盛んに花をつけています。この白い花のしっとりとした感じのツツジは、トサノミツバツツジ(土佐三葉躑躅)です。花が終わってから枝先に三枚の葉が出てきます。

優雅な赤紫色の花のツツジも多い。この朝鮮原産のタンナアカツツジ(耽羅赤躑躅)です。韓国の済州島に分布し、山地に生える。 「耽羅」というのは済州島の古名です。 オオヤマツツジ(大山躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列)>若紫。 タカクマミツバツツジ(高隈三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。霧島山、高隈山に分布。
ヒダカミツバツツジ(三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。北海道日高地方に分布。 シデコブシ(四手辛夷)の優雅な白い花が大きく広がって咲いています。東濃地域を中心に分布しますが、自生地の消滅が心配され、絶滅危急種に指定されています。

シデコブシのピンクのものはベニコブシ(紅辛夷)と呼ばれ、東海の丘陵地などに自生しています。ほんのりと紅が差しているようで風趣があります。  
この季節は、花だけではなく新緑の若葉も楽しむことが出来ます。イヌブナの木に若葉が誕生してきました。ブナの若葉は産毛のようなものも見えます。

秋に真っ赤に紅葉するヤマモミジは、この時期の新緑も見事です。さわやかで新鮮な風趣があります。よく見ると小さな花も付いています。 やはり秋の紅葉が美しいハゼノキの若葉です。ハゼノキも若葉の下に、薄い赤紫色の小さな花がついています。 オオバベニカシワ(トウダイクサ科)の新しい葉は鮮やかな紅色に染まり、葉の美しさを鑑賞できます。この紅色の葉は次第に緑色に変わっていきます。
ハナズオウ(花蘇芳;マメ科)の紫の花が勢いよく咲いています。後景の白い花はオオリキュウバイです。ハナズオウは江戸時代に中国から渡来しました。 ハナズオウの花は束生して幹や枝から直接吹き出しているように見えます。このアト枝の先に若葉が出てきます。 カリン(花梨;バラ科)の木に可憐な赤紫色の花が沢山咲いています。ボケの仲間です。秋にはリンゴのような実がなるが、固くて酸味が強く、生食には向きません。

先月は青紫色のクロッカスでしたが、今回は赤紫色のクロッカス(アヤメ科)の花が咲いていました。花びらがスクッと上を向いていて、元気のいい感じがします。
黄と青の幻想的な模様の入ったシャガ(著莪;アヤメ科)の白く美しい花です。今年も同じ場所にシャガの花が咲いていました。谷沿いの陰地や竹林などに地下茎で繋がって群生します。

落葉小低木のクサボケ(草木瓜;バラ科)の赤い花があざやかに咲いていました。クサボケは、花がボケと似ていて、小振りなことからこの名が付いたようです。 ヤマブキ(山吹;バラ科)の花が、まさに絵の具のヤマブキイロと同じ鮮やかな黄色の花を咲かせます。イギリスでは 「イエロー・ローズ(黄色いバラ)」 と呼ばれる。 ダイコンが野生化したものといわれるハマダイコン(浜大根;アブラナ科)の小さな花です。花の周りにうっすらと赤みを帯びています。海岸の砂地に生える2年草。
地中海沿岸原産で常緑の灌木ハリエニシダ(針金雀枝マメ科)です。四方にのびた枝に黄色い花が咲いていますが、枝は痛そうな棘でびっしり覆われています。 山野でよく見かける多年草、キジムシロ(バラ科)です。五弁の花が太陽の光を浴びて黄金色に輝いて群生しています。地面に広がる葉が雉の座るムシロに似ています。 ひっそりと草むらに咲いている白い花は、ニリンソウ(二輪草;キンポウゲ科)です。ひとつの茎に2輪の花が咲いているのが分かります。山麓の林の縁や林の中、土手などに生えています。

青紫色のブドウの房を逆さにしたようなムスカリの花や黄色のタンポポの花など野の花も賑やかになってきました。
自宅のベランダに出るると植物園の満開の桜や新緑のモミジが望めます。本当にいい季節になってきました。 また、植物園の塀越しに濃いピンク色の桃の花が勢いよく咲いています。赤い椿の花もまだ残っています。 わが家のツツジです。今年はよく咲きました。ポツンと咲いている黄色の花はウンナンオウバイです。 サイネリアとかラナンキュラスなどの鉢花もきれいに咲いています。

    
山形:春の訪れ(4月上旬)
  
四月上旬の山形の風景です。郷里の山々にはまだ残雪が多く見られます。田圃はこれから田植えの準備です。 北国は、ハクモクレンをよく見かけます。ちょうどこの時期、白い花が所狭しと樹上に咲き誇っていました。

山形の西蔵王の山麓に、ミズバショウ、ザゼンソウ、ミツガシワ、アケボノソウなど四季折々の野草が群生する野草園があります。毎年4月に開園します。

開園直後の野草園では、湿地にザゼンソウ(座禅草;サトイモ科)がちょうど見頃でした。 黒頭巾をかぶったお坊さんが座禅を組んでいるような姿からこの名が由来します。
まばゆい黄金色に輝くフクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科)が、北国の春陽の日差しの中に咲き始めていました。 フキノトウ(蕗の薹;キク科)が川の畔で、林間の落ち葉の下から、春を感じてあちこち顔を出していました。フキノトウは、葉よりまえに出る花茎です。 珍しい山野草も咲いていました。これは、落葉樹林の縁や草原、山麓の土手に生える多年草、アズマイチゲ(キンポウゲ科)です。 オオミスミソウ。ミスミソウ(雪割草)の一種で、日本海側の山地に生育しています。花の色は白、紫、藍など変化に富みます。

 << 19年3月 | 19年4月 | 19年5月 >>

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可