<< 20年7月 | 20年8月 | 20年9月 >> ブログ2008年8月
20年8月 (2008年)
今年の8月は前半は猛暑で、後半が秋霖のような長雨と特徴的な天候でした。ちょうどこの時期に開催された北京五輪が夏に始まり秋に終わったとも言えます。今回は小石川植物園や郷里の山形の風景写真を紹介します。
>>写真をクリックすると拡大します
猛暑の中の小石川植物園の風景です。夏の花木サルスベリ(百日紅;ミソハギ科)の真紅の花が鮮やかに咲いていますが、塗り替えられた旧東京医学校の赤い建物と調和してしています。

サルスベリは、真夏のシンボルで、炎天下の季節に咲き続けます。あいにくとこの日は曇りがちで、サルスベリの真紅の花の背景が青空でなかったのが残念です。 やはり夏の花木で炎暑の夏を延々と咲き続けるキョウチクトウの花です。枝も葉もすべて有毒なのですが、昆虫にとっては大丈夫なのでしょうか。クロアゲハが戯れていました。 紙風船のようなホオズキ(鬼灯;ナス科)のオレンジ色の実。やや時期遅れの感がありますが、やはりこの季節の風物詩です。
ヒガンバナ科ナツズイセン(夏水仙)の淡桃色の花が木陰に何本かづつ集まってあちこちに咲いていました。水仙という名がついていますが、やはり彼岸花に似ていてます。 ムクゲハイビスカスと同じアオイ科の仲間のモミジアオイ(別名:紅蜀葵)の大きな赤い花です。葉がモミジに似ていることからこの名が由来する。 やはり同じアオイ科のワタ(綿)の黄色の小さな花です。奈良時代に渡来し、明治中頃には国内で盛んに栽培されたそうです。秋になるとふんわりとした綿が取れます。 ブラジル原産の熱帯性の花木シコンノボタン(紫紺野牡丹;ノボタン科)のあざやかな紫の花です。花の中の雄しべとその先の葯の部分がクモの足のように見えます。
秋の七草の一つオミナエシ(女郎花)の花が咲き始めました。オミナエシを見ると秋近しの感がするようになります。直立した茎の先にあざやかな黄色の花が群生して咲きます。

これは山野に生えるオトコエシ(男郎花;オミナエシ科)の白い花で、質実な感じがします。よく目立つオミナエシ(女郎花)と対になった名前です。 ナツザキツツジ(夏咲躑躅)の花です。深紅色ですが落ち着いた感じです。ツツジは多くの種類があり、四季折々花が咲きますが、夏のツツジもいいものです。 この時期、オオハンゴンソウ(大反魂草;キク科)が園内の随所に群生していました。北アメリカ原産の帰化植物で、各地でよくみられます。
山野に自生する多年草ミシマサイコ(三島柴胡;セリ科)の黄色い小さな花です。虫も集まってきます。柴胡は肝臓に効く漢方薬の成分になっています。 日当たりのよい草地に生える多年草、ヤマハハコ(山母子;キク科)。全体的に白っぽい風合いで、大きな株で群生する。乾燥させるとドライフラワーになります。

我が家のサルスベリです。今年も忘れずに咲いてくれました。手前にムクゲの花も少し見えます。
 山形の風景
ここから山形の風景です。尾花沢の芭蕉・清風歴史資料館にたっている芭蕉の像。芭蕉は奥の細道の行程で、紅花商人、鈴木清風邸に逗留しました。 尾花沢の花笠高原でヒマワリ(キク科)が栽培されていました。後方にスキー場のロッジのような建物が並んでいます。 道の駅「村山」から眺めた楯岡地方の風景です。手前の田んぼに色とりどりの花が咲いていました。 まだ暑い時期でしたが、東根の黒伏高原に上ってみたら、イタドリやオギなどが群生していて、秋のたたずまいでした。


 
 << 20年7月 | 20年8月 | 20年9月 >> ブログ2008年8月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可