<< 23年5月 | 23年6月 > 沖 縄 | 23年7月 >> ブログ2011年6月
23年6月 沖縄(2011年)
 6月下旬に3年ぶりに沖縄を訪れてきました。仕事の合間に半日だけ時間の余裕がありましたので、少し足を伸ばして本島北部の海洋博公園を観光してきました。この公園は、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、昭和51年8月に博覧会跡地に設置された国営公園です。園内にはいろんな施設がありますが、今回は美ら海水族館と熱帯ドリームセンターの2カ所を見学してきました。以下、沖縄訪問のブログ記事に手を加え、写真なども追加してまとめ直しました。 
 前回は2008年10月に宜野湾市の沖縄コンベンションセンターを訪れましたが、この時は真っ青な空が出迎えてくれたものです(写真は前回訪問時の南国沖縄)。今回もすでに梅雨が明けていましたので、真夏の太陽や青い空を期待していましたが、あいにくと台風5号の接近でやや荒れ模様の天気でした。
 
 海洋博公園に入るとすぐ、伊江島の独特な遠景が目に入ります。島の中央部が盛り上がっていますが、海抜172mの岩山です。鳥帽子を思わせる独特な形から古くから近海を航海する船が目印にしていましたそうです。
 
 美ら海水族館は沖縄随一の人気スポットになっていて、この水族館を見たいがために沖縄に行きたいという人がいる程です。

 水族館では、神秘に満ちた沖縄の海の生き物たちの雄大な世界が広がります。太陽の光が降りそそぐ「サンゴの海」の水槽では800群体のサンゴを飼育されています。そして「黒潮の海」の巨大水槽では、世界最大の魚ジンベエザメや、世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタがゆったりと回遊しているのが観察できます。この大迫力に時が経つのも忘れてしまいそうです。

 これ以外の水槽の写真です。全体が暗いのと魚の回遊速度が意外と速いのでうまく撮れず残念でした。

水槽の中の様子です。珊瑚や熱帯魚なども間近に見ることができ、海中散策のようです。

 水族館の次は、熱帯ドリームセンターです。ここは熱帯樹林の中に廃墟があり、その内部に足をふみ入れると、熱帯・亜熱帯の花々が咲き乱れているといったコンセプトで設計されたとのことです。温室内には、ランをはじめとした熱帯・亜熱帯の花々が咲き、トロピカルフルーツが木々に実っています。ランの香りに包まれながらゆったりとした時間を楽しむことができました。
 
 ランの温室では、端正な美しさの胡蝶蘭やランの女王といわれるカトレアの無数の花々が、色とりどりに咲き競っていました。この場所には自動演奏用のエレクトーンが置かれていて、周りのランの花が音符のように見えます。

 ランの温室の中には、以下のように、いろんなランの花々が楽しめました。
 
色とりどりコチョウラン(胡蝶蘭)が咲いていました。胡蝶蘭は、気品があって美しく、贈答用に人気があります。ラン科コチョウラン属の着生ランの一種で、ファレノプシスとも呼ばれる。花が蝶の舞っている姿に似ているところから名が由来します。

中南米原産のラン科植物のカトレヤ(Cattleya)。大柄の美しい花を咲かせることからよく栽培され、最も有名な洋ランです。洋ランの女王とも言われます。木の樹皮に付着して生活する着生植物です。コスタリカの国はカトレアを国花としています。 洋ランの中でも特に美しいブルーの花を咲かせるバンダの大輪の花。熱帯アジアなどに分布する典型的な着生ランです。  
 園内には、洋ランの他にも熱帯・亜熱帯に特有の花々、果実などが植えられています。これは、南国のイメージにぴったりのハイビスカス(アオイ科)の花。ハイビスカスは熱帯や亜熱帯地域に分布する常緑中木で、沖縄ではアカバナ-の名で昔から親しまれています。交配により多くの園芸種が作られています。
  
 ツンツンと上に突き出るような形状の黄色の花はメキシコやペルーを原産とする常緑低木のウコンサンゴバナ(キツネノマゴ科;別名 パキスタキス)です。実は、黄色の部分は葉が変形した苞で、この中から小さな白い花が顔を出しています。沖縄から帰って近所の花屋さんの店先にも、パキスタキスの花が並んでいました。
  
 木の実やフルーツも実っていました。これはマレーフトモモ(フトモモ科;別名 マウンテンアップル)のフルーツです。マレーフトモモはマレー半島原産の常緑低木で、果実は洋ナシ形で水分が多く、サクサクした爽やかな食感です。香りがあり味が淡白なことからサラダ等にも使われます。少し前に真っ赤にブラシ状に咲く花は非常に美しい。
 
 種子がチョコレートやココアの原料になるカカオの実です。カカオは中央アメリカから南アメリカの熱帯地域を原産とするアオギリ科の常緑樹で、カカオノキ、ココアノキとも呼ばれます。
 
 熱帯アフリカ西部原産の常緑高木ソーセジノキ(ノウゼンカズラ科)果実が、樹下に長くぶら下がっています。果実は、名前と異なり食用にはなりませんが、アフリカでは皮膚病の薬として用いられているとのこと。

 これ以外の園内にはいろんな植物が生育しています。
 
いろんな品種のハイビスカス(アオイ科)があります。 ゴエテア(アオイ科)。ブラジル原産の常緑低木。 ゴールドシャワー(シソ科)。マレー半島原産。 クロッサンドラ(キツネノマゴ科)。インド南部、スリランカに分布。

オオバヤドリノボタン(大葉宿野牡丹;ノボタン科)。フィリピン原産のつる性常緑低木。

ゲンペイカズラ(源平葛;クマツヅラ科)。西アフリカ原産の常緑低木。 ウナズキヘリコニア(オウギバショウ科)の果実。バナナの仲間。 アガパンサス(ユリ科)。南アメリカ原産。別名:ムラサキクンシラン。
キンレイジュ(ノウゼンカズラ科)。別名:イエローベル。北米南部からペルー原産の常緑中低木。 南米原産の巨大水草オオオニバス(大鬼蓮;スイレン科)。子供が乗っても沈まないとのこと。 華やかな水の妖精といわれる熱帯スイレン。熱帯地方原産の多年性の水草。色鮮やかな花が咲きます。 アフリカバオバウの木。サンテグジュペリ作「星の王子様」の絵本に登場します。
 
 沖縄でよく見かけた樹木を紹介します。これはコバテイシ(枯葉手樹)でモモタマナとも呼ばれます。樹木の上方が横に広がり、葉も大きいため、沖縄では貴重な木陰を提供し、傘の木とも言われるそうです。街路樹や公園樹としてよく用いられています。
 
 これは、私の大好きなガジュマル(クワ科)の樹です。公園で数多く見つけました。ガジュマルは幹が多数分岐して繁茂し、幹や枝から細い気根を地面に向けて垂らします。そして、垂れ下がった気根は地面に着地すると新たな幹になり、何本もの幹が林立するような独特の形状に成長していきます。沖縄勤務時には、気根を垂らしながらたくましく成長するガジュマルの木に感動を覚え、「ガジュマル精神」が大事だなどと話していたことを思い出します。

 最後に、沖縄コンベンションセンターの近辺の写真などを紹介します。
 
沖縄県庁の建物。那覇市の中心部に建っています。この建物は黒川紀章氏が設計、1990年に竣工。 会議を開いた沖縄コンベンションセンター。宜野湾市にあり、展示場、会議場、劇場の機能を複合させた大規模施設です。 宿泊は沖縄コンベンションセンターに隣接したラグナガーデンホテル。リゾートホテルで、時期的に混んでいませんでした。 ホテル内や近辺にいろんな植物を見つけました。これは、海岸近くに生育する常緑小高木。アダン(阿檀;タコノキ科)の集合果。

ヒガンバナ科の多年草ナガエササガニユリの白い花。西インド諸島原産。スパイダーリリーとも呼ばれ、沖縄の公園でよく見られます。 ナス科のバンマツリ(蕃茉莉)。ブラジル原産。ジャスミンのようないい香りがします。花色は青紫色から徐々に白っぽく変化。 熱帯アメリカを原産とするキク科の常緑つる性植物のウエデリア。繁殖力が旺盛で、公園などによく利用されています。 南国の代表的果樹マンゴー(ウルシ科)の果実です。これから完熟すると、いい香りと甘味をもつ絶品のマンゴーになります。
 
 << 23年5月 | 23年6月 > 沖縄 | 23年7月 >> ブログ2011年6月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可