<< 25年10月 | 25年11月 | 25年12月 >> ブログ2013年11月
25年11月(2013年) + 山形
団塊人の散歩道(ブログ) より
11月上旬、冷え込み厳しく秋深まる  …… 2013.11.9


 ……
 園内は紅葉・黄葉が徐々に広がり、また木の実も目立つようになり、秋の深まりを実感してきました。
 ……

 ハゼノキ(櫨の木;ウルシ科ウルシ属)が橙色に美しく紅葉していましたが、よく見ると、紅葉の木枝から沢山の薄黒い房状の実が垂れ下がっています。
 ……

関連写真

晩秋の山形の紅葉風景  …… 2013.11.17


 11月中旬、所用があって郷里の山形を訪ねてきました。
……
 山寺、天童、東根などを回って、晩秋の去りゆく紅葉風景をカメラに収めてきました。
……
これは山腹に建てられた山寺(立石寺)の見事な眺望です。山寺は、俳聖芭蕉が「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」と詠んだ地として有名。山肌が紅葉していますが、霧が晴れた時間を狙って撮りました。
……

関連写真

11月下旬、都心でも深まる木々の紅葉・黄葉  …… 2013.11.24


 23日、24日の週末はよく晴れ上がりました。わざわざ遠出するまでもなく、東京都心でも深まる木々の紅葉・黄葉を存分に楽しむことができました。……

東京駅丸の内口から和田倉門交差点、皇居へと続く行幸通りの両側のイチョウの街路樹は黄金色に輝いていて見応えがありました。……

関連写真

 
 
   
 2013.11.9 小石川植物園
11月の小石川植物園の風景。この週末も、晴天に恵まれませんでした。 園内全体に紅葉・黄葉が広がってきました。これはカツラの大樹。 木の実も多く見かけました。これはハゼノキ。紅葉の中に房状の実が垂れ下がっています。

ツワブキ。この時期に鮮やかな黄色の花が咲き出しました。
根岸紅@サザンカ(ツバキ科ツバキ属)。

雪山@サザンカ。 千代鶴@サザンカ。 雪月花@サザンカ。
タイワンサザンカ(台湾山茶花; ツバキ科)。 カントウヨメナ(関東嫁菜;キク科ヨメナ属)。

園内の温室が公開されています。いろいろなカトレア(ラン科カトレア属)の花を集めています。
サキシマフヨウ(先島芙蓉;アオイ科フヨウ属)。南西諸島原産。 シマサンゴアナナス(縞珊瑚アナナス;パイナップル科サンゴアナナス属)。ブラジル原産。

常緑蔓性多年草のツバキカズラ(椿葛;ユリ科ツバキカズラ属)。チリ原産でチリの国花。 ウチダシクロキ(打ち出し黒木;ハイノキ科ハイノキ属)。笠原諸島の父島原産。
以下は木の実。これはローズデール@ピラカンサ(バラ科トキワサンザシ属)。

ナンテン(南天;メギ科ナンテン属)。 ホンカイドウ(本海棠;バラ科リンゴ属)。 ヒマラヤズミ(バラ科リンゴ属)。
イイギリ(飯桐;イイギリ科イイギリ属)。 クロガネモチ(黒鉄黐;モチノキ科モチノキ属)。 この時期の紅葉・黄葉の風景。これはソメイヨシノ。 ツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)。
ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)。 モミジバフウ(紅葉葉楓;フウ科フウ属)。 シナユリノキ(モクレン科ユリノキ属)。 シナマンサク(マンサク科マンサク属)。
ボダイジュ(シナノキ科シナノキ属)。 ムクロジ(無患子;ムクロジ科ムクロジ属)。 カツラ(桂;カツラ科カツラ属)。 ヒッコリ(クルミ科)。


 
   
 2013年11月中旬  山形の晩秋風景(山寺、天童、東根)
山腹に建てられた山寺(立石寺)の眺望。山肌が紅葉しています。右下の根本中堂を参拝して、その後山中の石段を登って、左上の五大堂が大部分の人の目的地。ここからの見晴らしは素晴らしい。

前の写真の眺望は、古民家を移築再現したモダンな和風建物が並ぶ観光スポット「山寺風雅の国」からになります。庭先には先日の初雪がまだ少し残っていました。
風雅の国の茶室(芭蕉庵)で一服できます。

風雅の国の近辺の風景。左から、赤い実だけが残ったナナカマド、僅かに残るサクラの紅葉、落葉後に残った無数の柿の実。
山寺から車で下ると、将棋の駒で有名な天童市です。この地に整備された県総合運動公園に立ち寄ってみると、まだ美しい晩秋の風景が残っていました。

有名なイチョウ並木。落葉した黄葉が歩道にぎっしり。 ハナミズキの赤い実が残っていました。背景はイチョウの黄葉です。
公園内の紅葉風景が続きます。左から、ヤマモミジ、イチョウ、サクラ。この運動公園は、散歩するだけでも十分に楽しめます。 最後に東根市の大ケヤキ。かなり落葉が進んでいましたが、まだ褐色に輝いていました。


 
   
 2013年11月下旬  都心の紅葉・黄葉風景
東京駅丸の内口から和田倉門交差点、皇居へと続く行幸通りの両側のイチョウの街路樹は黄金色に輝いていて見応えがありました。東京海上ビル(左)や丸ビル(右)の高層ビル群の間に立ち並んでいます。正面に小さく見えるのは東京駅丸の内口です。

和田倉噴水公園内に立ち並ぶケヤキの木の紅葉が進んでいます。後方に皇居の建物が見えます。

和田倉門付近の日比谷通り沿いのイチョウ並木の黄葉が堀の水面に映っていました。後方は洋風の銀行会館の建物。

文京区のグリーンコートの敷地内。グランドカバーに用いられるヒメツルソバ(姫蔓蕎麦;タデ科イヌタデ属)が一面に広がっていました。個々の花をよく見るとコンペイトウのような小さい球状になっています。
本郷の東大構内の風景。正門から安田講堂までのイチョウ並木は黄葉が進んでいましたが、工学部内の大イチョウの木の黄葉はこれからです。右端はかつて筆者が学んだ工学部6号館です。

小石川植物園も紅葉・黄葉が深まってきました。以下、園内の風景です。

ソメイヨシノの桜並木もかなり染まってきました。春には桜花が満開になりますが、この季節も紅葉が楽しめます。

精子発見のイチョウの大木の黄葉。かつて平瀬作五郎博士が、この大イチョウを観察して動く精子を発見し、世界的に有名な研究業績になりました。

イタリアヤマナラシいわゆるポプラの木。

イロハモミジの紅葉が鮮やかになってきました。モミジ並木が紅いトンネルに変貌中でした。園内には数多くのイロハモミジが生えていますが、葉の様子を観察すると、このように真っ赤に紅葉するものや、まだ緑葉のもの、橙色のものなど様々です。

背丈の高いコダチダリア(木立ダリア、別名:皇帝ダリア;キク科ダリア属)に大輪の花が続々と咲き出してきました。

ドウダンツツジ。 関守の名前のハンノウツツジ。
ナンキンハゼ(トウダイクサ科ナンキンハゼ属)の無数の木の葉が青空の中で風に揺れ、キラキラと輝いています。 ナンキンハゼの実が見えますが、種皮が蝋状の物質で覆われ、ハゼノキと同じようにロウを採取します。

カジカエデ(梶楓;カエデ科カエデ属)。 ネジキ(捩木;ツツジ科ネジキ属)。
トサミズキ(土佐水木; マンサク科トサミズキ属)の黄葉に葉脈が目立ちます。春先には小さな黄緑色の花を一斉に開花させ、5月頃には特徴的な緑葉が楽しめます。

ムクロジ(無患子;ムクロジ科ムクロジ属)。落葉後に残る木の実には沢山のサポニンが含まれ、石鹸のように泡立ちます。さらに果皮を剥くと現れる黒い種子は堅く光沢があって、羽根突きの玉や、数珠玉として使われます。

アサダ(カバノキ科アサダ属)の黄葉。北海道から九州の山地に分布する落葉高木。他の落葉広葉樹に混じって散生し、群生することはほとんどないとのこと。

群桜の品種名のヤマザクラ。

ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)。北米原産で真っ赤に紅葉します。 中国原産のニッサボク(ヌマミズキ科ヌマミズキ属)。街路樹や庭園樹に用いられています。ニッサボクの紅葉は美しく、ニシキギ(錦木) 、スズランノキ(鈴蘭の木;ツツジの仲間)と共に世界三大紅葉樹の一つといわれています。

落葉小高木のシラキ(白木;トウダイグサ科シラキ属)。材や木肌が白いことからこの名が付く。丘陵、山地の斜面や谷筋に多く見られる。



 << 25年10月 | 25年11月 | 25年12月 >> ブログ2013年11月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可