<< 25年4月 | 25年5月 > 神代植物公園 | 25年6月 >> ブログ2013年5月
25年5月 神代植物公園 (2013年)
団塊人の散歩道(ブログ) より
 万緑が広がるGWの神代植物公園 …… 2013.5.2

 大型連休期間 (GW) の5月2日、調布市の神代植物公園まで足を伸ばしてきました。連休の合間の平日でしたのであまり混雑もせず、万緑が広がる美しい季節を堪能してきました。

  神代植物公園は武蔵野の面影が残り、四季を通じて草木の姿や花の美しさを味わうことができます。

 ……

関連写真

 
 
     
 2013.5.2 神代植物公園の初夏の風景
神代植物公園の深大寺門。入口が美しい緑に覆われていました。 入口近くには、深大寺そばの茶店が並んでいます。ここで昼食。 植物公園の案内図。 西洋風のばら園。バラの花は咲き始め。正面は大温室です。
ばら園の右側に長い藤棚が作られています。藤棚のフジはちょうど見頃で、無数の房状のフジの花が垂れ下がる様は圧巻でした。フジはマメ科フジ属のつる性木本で、淡紫色または白色の花が房状に垂れ下ります。わが国にはノダフジとヤマフジの2種があり、上から見たつるの巻く向きがそれぞれ右回り、 左回りという違いがあります。

大温室の内部。これはパキスタキス・ルテア(キツネノマゴ科)。メキシコ・ペルー原産。最近は花屋で見かけます。 ヒスイカズラ。マメ科のつる性植物でフィリピンの限られた熱帯雨林に自生する。花の色が珍しい青碧色で、宝石の翡翠に似ています。 ブルグマンシア・アルボレア(ナス科キダチチョウセンアサガオ属)。アメリカ熱帯地方原産。旺盛に生育し、大型の株にたくさんの花を付ける。 メディニラ・マグニフィカ(ノボタン科)。フィリピン原産の熱帯花木で、大きめな房状の花を付けます。
大温室には原種も含めて多くの球根ベゴニアも陳列されています。球根ベゴニアはベゴニア(シュウカイドウ科シュウカイドウ属)の一種で、ペルー、ボリビアなどのアンデス高山地帯に分布する植物の交配種です。半耐寒性で暑さにきわめて弱い多年生植物で、わが国では、専用の温室がないと栽培は難しいとされています。写真左のベゴニアは球根ベゴニアの原種の一つです。

しゃくなげ園ではいろんなシャクナゲの花が満開になっていました。シャクナゲ(石楠花)は耐寒性常緑広葉樹で、ツツジ(躑躅)と同じくツツジ科ツツジ属に属し、花が大きくゴージャスな感じがすること、丸みを帯びた葉が厚く細長いことなどが特徴になります。シャクナゲには多くの品種があります。 手前の赤い花は、マーキーターズ・フレイム、後方の青い花はブルーファンタジーの品種名が付いています。 品種名:ルビー・ボウマン。
品種名:クレスト。 品種名:ローダーズ・ホワイト。 品種名:ブルーファンタジー。 品種名:ジーン・マリー。
品種名:ドック。 品種名:ブルー・ピーター。 品種名:サッフォー。 品種名:ドクター・エンズ。
品種名:イブニング・クロー。 品種名:アンナ・ローズ・ウィットニー。 公園内のつつじ園の風景です。色とりどりのツツジが咲いて葉の緑と美しく調和していました。ツツジにもいろんな種類があります。
エクスバリーツツジ。 ムラサキリュウキュウ。 ヒラドツツジ。 花車@モチツツジ。
ぼたん・しゃくやく園では、満開になった色んなボタン(牡丹;ボタン科ボタン属の木本)やシャクヤク(芍薬;ボタン科ボタン属の草本)の花々が咲いていました。左側の2枚はボタン、右側の2枚はシャクヤクになります。牡丹は「花王」、芍薬は「花相」を呼ばれるように、いずれも美しい花を咲かせます。

公園内の樹林に鮮やかな緑が広がっていました。かつての武蔵野の原野の雰囲気が残っています。 園内のハクウンボク(白雲木;エゴノキ科エゴノキ属)の木が白雲のような花を多数付けているのを見つけました。 公園の塀沿いにウツギ(空木;ユキノシタ科ウツギ属)の白い花が咲きそろっていました。ウツギは卯の花のことです。初夏の風物詩でもあります。 野の花も幾つか見かけました。これはツルニチニチソウ(蔓日々草;キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属)。長いつるが伸びて、淡紫色花が咲きます。
ジシバリ(地縛り;キク科ニガナ属)。どこにでも普通に見られる野草。地面を縛り付けるように増えます。 カタバミ(カタバミ科カタバミ属)。葉がハート型の3枚がとがった先端を寄せあわせた形になっているのが特徴。 ハルジオン(キク科)。北米原産の多年草、細い地下茎をひいて新ロゼットを作り、群生します。
   

    
 << 25年4月 | 25年5月 > 神代植物公園 | 25年6月 >> ブログ2013年5月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可