<< 25年8月 | 25年9月 | 25年10月 >> ブログ2013年9月
25年9月 (2013年)
団塊人の散歩道(ブログ) より
 台風18号が列島横断、この後は本格的な秋へ  …… 2013.9.16

 大型の台風18号が暴風域を伴ったまま、16日早朝に豊橋市付近に上陸して、その後夕方にかけて関東から東北地方を通過、各地で大雨、突風が発生し、洪水、土砂崩れ、建物崩壊などの大きな被害をもたらしました。
 
  ……

次に小石川植物園の風景ですが、この3連休は台風などの影響で訪れることが出来ませんでしたので、先週の7日の様子を紹介します。
 
9月に入ってもサルスベリ(百日紅)の花が咲き続けていて、まだ夏の佇まいが残っていました。その一方で、秋の気配が確実に広がってきています。
 
  ……


 秋の彼岸の連休、無数のヒガンバナで園内が真っ赤に染まる  …… 2013.9.21

 先日の台風18号が猛暑を連れ去ってくれて、爽やかな秋晴れの日が続くようになってきました。そして早いもので、いつの間にか秋の彼岸を迎えました。この日は珍しく午後3時頃に小石川植物園に入園し、一面のヒガンバナ(彼岸花)で真っ赤に染まる園内の風景を楽しんできました。
 
  ……

 
 

    
     
 9月上旬の小石川植物園 2013.9.7
9月に入っても、サルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)の花が咲き続けています。花期が長いですね。 スイフヨウ(酔芙蓉;アオイ科フヨウ属)。午前中ですので、花の多くが白花です。 フユサンゴ(冬珊瑚 ;ナス科ナス属)。ミニトマトのようなかわいらしい真丸で橙色の実を付けています。
園内の柴田記念館の周りに、季節の草花がきれいに植えられていました。左からマリーゴールド、トレニア、キバナコスモス。
ネッタイスイレン(熱帯睡蓮;スイレン科スイレン属)の花が涼やかに咲いていました。 ハマカンゾウ(浜萓草;ユリ科ワスレグサ属)。夏に咲くキスゲノカンゾウの仲間です。 秋の七草の一つオミナエシ(女郎花;オミナエシ科オミナエシ属)がまだ咲き続けていました。秋の野趣があります。 シュウカイドウ(秋海棠)のうすピンクの清楚な感じの花が咲いていました。ベゴニアも同じ仲間です。
ヒガンバナ(彼岸花)がポツポツと咲き始めていました。 野菜としてよく口にするニラ(韮;ユリ科ニラ属)の花です。 クマツヅラ科ハマゴウ属の落葉低木セイヨウニンジンボク(西洋人参木)。花にかすかな芳香があります。 ヒメザクロ(姫石榴;ザクロ科ザクロ属)。7月に小さな赤い花が咲いていましたが、かわいい実をつけていました。
キンポウゲ科センニンソウ属のセンニンソウ(仙人草)です。仙人のヒゲのような多数のふわふわとした白色の花が他の植物に絡んでいます。 繁殖力が旺盛でグリーンモンスターとも呼ばれるクズ(葛;マメ科クズ属)が木々を覆っていましました。よく見ると赤紫色の葛の花も咲いていました。根からは葛澱粉が採れ、この根は葛根(カッコン)と呼ばれ、漢方薬として使われます。クズは秋の七草の一つです。 暑さが収まって、ネコも落ち着いた様子。

    


     
 彼岸の頃の小石川植物園 2013.9.21
この日は、午後3時頃から園内を回りました。 桜並木の下でくつろぐ人も。黄葉が少しづつ出てきました。 園内から視認できる東京スカイツリー。上部がくっきりと見えます。 彼岸の頃の園内は、ヒガンバナ一色となります。
園内の随所にヒガンバナが咲いてきました。妖しく燃えるような真っ赤な花が大部分ですが、少しだけ白いヒガンバナも咲いています。白花曼珠沙華ともいいます。

アゲハは、ヒガンバナの蜜が大好物のようです。ヒガンバナから別のヒガンバナへと次々に巡り回っていきます。 ヒガンバナの後方に、小仏が立ち並んでいるようです。実は、ラクウショウの気根です。 園内の小径がヒガンバナの群生地を通っています。
夕刻が近づいていましたので、スイフヨウの花が白からピンク色へと変化していました。 秋の七草の一つのフジバカマの花も咲き出しました。楚々とした和風の趣があります。 切り株の周りに、ヤブランの花が咲き残っていました。 梅林の林床に、キノコを見つけました。何のキノコでしょうか。


 << 25年8月 | 25年9月 | 25年10月 >> ブログ2013年9月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可