<< 27年3月 | 27年4月 | 27年5月 >> ブログ2015年4月
27年4月 (2015年)
団塊人の散歩道(ブログ) より
ソメイヨシノの終演とともに新緑の芽吹きが始まる …… 2015.4.4
 連日の初夏の陽気と打って変わり花冷えのする週末、小石川植物園を訪れました。この時期は1週間で風景が大きく変わります。

 今年も私たちの心を魅了してくれたソメイヨシノでしたが、満開が過ぎあっという間に終幕に向かっていました。その一方では、木々の新緑の芽吹きが一斉に始まりました。まさに植物たちの生命の躍動を実感させられます。
 ……
関連写真
新緑が広がり、ハナミズキ、シャクナゲ、ツツジなどの花々が咲き出す …… 2015.4.18

 4月中旬の晴れ上がった週末、2週間ぶりの小石川植物園でしたが、季節が進行し風景がどんどん変わっていました。
 ソメイヨシノはすっかり終わり、新緑の世界へ。そしてツツジ、シャクナゲ、ハナミズキなど花々が競って咲き出してきました。

 ……

 園内に華やかに咲き出した花々は新緑が広がる空間に包み込まれているようです。

 ……

長い間冬木立のままだったユリノキの巨木に新緑が吹き出してきました。大空いっぱいに新緑の点描が広がり、壮観な眺めです。
関連写真
 
 
     
  小石川植物園の風景 2015.4.4
サクラ並木のソメイヨシノは満開が過ぎてしまいました。あと1週間も経つと葉桜に変貌しています。花冷えのする週末でしたが、まだ少し残っているサクラの花を惜しむかのように、いろんなグループが集い樹下で談笑の輪が広がっていました。 日本庭園にある大きな広場にもサクラの大木が生えています。この場所でも、多くの家族連れ、友だちどうしなどで和やかに賑わっていました。 池の周りでは、満開のサクラが散り始める一方で、隣りのイロハモミジが鮮やかな新緑に染まっていました。新緑の芽吹きへと主役が代わりつつあります。
 
ソメイヨシノが終わっても、まだいろんなサクラの花が元気にさいていました。左の2枚はチョウシュウヒザクラ(長州緋桜)@サトザクラです。先週はまだ蕾の状態でしたが、この日は艶やかな赤紫色に咲き広がっていました。明治時代に荒川堤から全国に広まったとのこと。長州との関係は不明。また、右の2枚は紫桜@サトザクラ。周りの新緑を背景にして、うすい赤紫色(いわゆる桜色)に染まるサクラの花が満開になっている様は見事に美しい。見た目の印象としては、長州緋桜とよく似ています。
染井匂@ソメイヨシノ。まだ小柄な桜の木ですが、白い花が満開に咲き広がると見事なものです。この桜の木の下にも人の輪がありました。 帝吉野@ソメイヨシノ。 三島桜@ソメイヨシノ。
水玉桜@ソメイヨシノ。 昭和桜@ソメイヨシノ。 雨宿@サトザクラ。白く大きな八重咲きのサクラの花が数輪づつ群れになりながら枝垂れていました。まるで大きな雨だれが滴り落ちているようです。
撫子@サトザクラ。 太白@サトザクラ。 オオシマザクラ@ヤマザクラ。 ヤエノオオシマザクラ@ヤマザクラ。
オオヤマザクラ。 ヤマザクラ。 二輪桜@ヤマザクラ。 仁科蔵王。御衣黄@サトザクラを放射線加速器で突然変異させたもの。
池面に散ったサクラの花が沢山浮かんでいます。 新緑に覆われたイヌザクラ(犬桜)。花芽が点々と付いていますが、4月下旬以降に白いブラシ状の花を咲かせます。イヌザクラはバラ科サクラ属の植物ですが、いわゆるサクラ(サクラ属サクラ亜属サクラ節)の仲間とは少し異なります。 手前の散り始めたソメイヨシノと後方のイロハモミジの新緑のコラボです。
これは深い森林部に生えるイロハモミジの高木。新緑に覆われた壮観な眺めに圧倒されます。晩秋には美しく紅葉します。 イロハモミジの新緑の中に赤い粒のような花序が見えます。暗赤色の花が垂れ下がって付いています。 カジカエデ(カエデ科カエデ属、別名オニモミジ)の大きな花穂が多数垂れ下がっている様子は見応えがあります。 白く満開になったオオリキュウバイ(大利休梅;バラ科ヤナギザクラ属)。中国原産で日本には明治時代に渡来したリキュウバイの変種です。
園内の一角に、美しく紫色に染まった風景が出現していました。鮮やかな紫色の正体はハナズオウ(花蘇芳;マメ科)です。勢いよく花が咲いています。ハナズオウは江戸時代に中国から渡来しました。隣の真っ白なオオリキュウバイとの美しいコラボの風景です。
ツツジ園でも紫色が広がっていました。左から、フジツツジ(藤躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列)、タンナアカツツジ(耽羅赤躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)、オンツツジ(雄躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)、マルババイカツツジ(丸葉梅花躑躅;ツツジ亜属バイカツツジ節)。
ドウダンツツジ(満天星躑躅;ツツジ科ドウダンツツジ属)。小さな鈴状の白い花が沢山付いていました。 ホンカイドウ(本海棠;バラ科リンゴ属)が満開になっていました。この樹木は名札が無かったので長年ズミ(酸実;バラ科リンゴ属)だと思っていましたが、最近になってホンカイドウの名札がつきました。年末頃には、サクランボの実に似た赤や黄の実を付けます。 バラ科カリン属の落葉高木カリン(花梨)が花を付けていました。秋になると、リンゴ程のの大きさの果実が沢山成るようになります。
ヤマブキ(山吹;バラ科ヤマブキ属)の花が満開になって咲き連なっていました。ヤマブキは本州の山地に自生する落葉低木で、まさに絵の具のヤマブキイロと同じ鮮やかな黄色の花を咲かせます。 アセビ(馬酔木;ツツジ科アセビ属)の細かい花が鈴なり状に連なって咲いていました。呼吸中枢を麻痺させる毒性を有しています。 八丈島などの山中に多く自生するハチジョウキブシ(八丈木五倍子;キブシ科キブシ属)小さな花が塊になって、垂れ連なって咲いていました。
香港が原産のユカリツバキ(縁椿;ツバキ科ツバキ属)。 トガリバツバキ(尖葉椿;ツバキ科ツバキ属)。ユカリツバキと同じ中国原産の野生種ツバキ。 台湾原産のウスバヒメサザンカ(薄葉姫山茶花;ツバキ科ツバキ属)。台湾本島の中部山地に分布します。 ナツグミ(グミ科グミ属)。本州の関東〜中部、四国の山地に自生する落葉小高木。
フウ(楓;マンサク科フウ属)の木の新緑。フウは中国、台湾原産の落葉高木で樹脂の香りがいい。葉の形が、同じ漢字名をもつカエデに似ています。 北海道、本州、四国、九州に分布する落葉高木のミズキ(水木;ミズキ科ミズキ属)に新葉が付き始めました。 新緑のシナサワグルミ(クルミ科サワグルミ属)の大木です。中国原産の落葉高木で公園樹、街路樹に用いられます。 園内の池辺に生えるシダレヤナギ(枝垂れ柳;ヤナギ科)もうっすらと黄緑色に色づいてきました。
冬木立だったイチョウ(裸子植物)の巨木にも新緑が吹き出してきました。よく見ると、枝先に小さなイチョウの新葉が何枚かずつまとまって付いていて、その下に雄しべが多数連なっています。花粉は風で散布されます。 本州から南西諸島に分布する落葉低木ニワトコ(スイカズラ科ニワトコ属、別名は接骨木)に白い花が咲いていました。 オオバベニカシワ(トウダイクサ科)。新しい葉は鮮やかな紅色に染まり、非常に目立ち美しい。葉が付くのと同時に花が咲きます。
木々の様子から草むらに目を転じます。薬草園で赤紫色のイカリソウ(メギ科イカリソウ属)の花を見つけました。花の形が錨(いかり)に似ていることに名が由来。イカリソウは元々薬草で、滋養・強壮に効力があります。 スプリング・エフェメラルのニリンソウ(二輪草;キンポウゲ科イチリンソウ属)があちこちの草むらで盛んに咲いています。池辺に群生していました。ニリンソウはひとつの茎に通常2輪の花を付けます。 中国原産の一年草のセリバヒエンソウ(芹葉飛燕草;キンポウゲ科デルフィニウム属)。明治時代に渡来し、現在では関東地方で野生化しているとのこと。青紫色の花の姿が燕の飛ぶ姿を思わせることからこの名が由来。 全国の山野に生える多年草のセントウソウ(仙洞草;セリ科セントウソウ属)。小さく細かな白い花が路傍の草むらのあちこちに咲いていました。ニンジンのような葉が特徴的です。
    
 
     
  小石川植物園の風景 2015.4.18
イロハモミジの並木です。あざやかな新緑が広がるトンネルのようになっていました。イロハモミジは紅葉も綺麗ですが、この時期の緑葉もいいもので、心身をリフレッシュしてくれます。 園内のサクラ並木はほとんど花が散り終えましたが、まだほんの少し満開の桜の木が残っていました。この木の下は花見の人たちの貴重な団らんの場になっていました。咲き残っているサクラの花のほとんどがサトザクラです。右のサクラの花は一葉@サトザクラ。サトザクラは主に観賞用に、オオシマザクラを基にしてヤマザクラ、エドヒガン、カスミザクラ、マメザクラなどを掛け合わされた園芸品種の総称で、八重咲きの花が多い。
木々の緑が広がる中で、珍しいサクラの花も見かけます。左からイヌザクラ(犬桜;サクラ属ウワミズザクラ亜属、別名はシロザクラ)、ウワミズザクラ、(上溝桜;サクラ属ウワミズザクラ亜属)、セイヨウバクチノキ(西洋博打の木;バラ科 サクラ属バクチノキ亜属)。普通のサクラの木はバラ科サクラ属サクラ亜属に属していますが、これらのサクラは亜属が異なりなす。花の形状も普通のサクラとは別物のようです。 ハナカイドウ(花海棠;バラ科リンゴ属)が可愛らしい薄紫色の花を付けていました。中国原産の耐寒性落葉小高木。
サクラに代わって、いろんな花々が咲き出してきました。園内の林間部の奥の方で、ハナミズキ(花水木;ミズキ科ミズキ属)の紅白の花が咲いているのを見つけました。可憐なハナミズキの花が青空に舞っている様子は美しいものです。かつて米国赴任時に住んでいたわが家の庭にドッグウッド(花水木のこと)の木が植えてあって、子どもたちが木に登ったりして遊んでいました。満開のハナミズキを見ると、当時のことが昨日のことのように思い出されます。 植物園の奥まったところに、アメリカアサガラ(アメリカ麻殻;エゴノキ科アメリカアサガラ属)の小さな鐘状の花が満開になって空間を覆い尽くしていました。
 赤紫色のシモクレン(モクレン科)の花も春の空の下で立派に咲いていました。かすかに芳香もあります。ハクモクレンに比べて木が小振りですが、色合いが優雅です。シモクレンは単にモクレンともいいます。 中国雲南省原産のウンナンオガタマ(雲南招霊;モクレン科オガタマノキ属)。清楚な感じの白い花が盛んに咲いていました。神社などによく植えられています。オガタマの名は、神霊を招き奉ることから由来。 トキワマンサク(常磐万作;マンサク科トキワマンサク属)のリボンのような細長い4枚の花弁の淡い黄色の花が大木に溢れんばかりに枝垂れて咲いていました。中国南東部、インド北東部、日本などに分布する常緑性の中高木です。赤紫色の花を咲かせる変種のベニバナトキワマンサクが、近年生け垣などに用いられています。
いろんなツツジの花も咲いていました。左から日の出霧島@キリシマツツジ(霧島躑躅)、ヤエヤマツツジ(八重山躑躅)、アマミセイシカ(奄美聖紫花;ツツジ属セイシカ亜属)、センカクツツジ(尖閣躑躅)。アマミセイシカは奄美地方に自生し、西表島の秘境に自生するセイシカ(聖紫花)の近縁種。いずれも秘境の花といった雰囲気を感じさせます。また、センカクツツジ(尖閣躑躅)は、その名の通りわが国の尖閣諸島魚釣島の固有種で、:山頂付近の岩地に生育します。センカクツツジは戦後、琉球政府(沖縄返還前の統治機構)の数次の調査団により採取されたものです。
ツツジの仲間のシャクナゲ(石楠花)の花も咲き出してきました。柴田記念館の近くのシャクナゲの高木が見事に満開になっていました。 台湾原産のアカボシシャクナゲ(赤星石楠花)。花冠の中に赤い斑点状の模様が付いています。 紀伊半島以西の本州・四国・九州の山地に分布し樹高3~4mで淡い紅色の花を咲かせるツクシシャクナゲ(筑紫石楠花)です。 朝鮮半島原産のイヌムレスズメ(犬群雀;マメ科エキノソファラ属)が小さな黄色の花を沢山付けていました。
美しい山吹色のヤエヤマブキ(八重山吹;バラ科ヤマブキ属)。ヤマブキの八重咲きの園芸品種です。植物園に入って直ぐの所に咲いています。 草むらでクサイチゴ(草苺;バラ科キイチゴ属)の白い花を見かけました。クサイチゴは草本ではなく、地面を這う背丈の低い落葉小低木です。 長い間冬木立のままだったユリノキの巨木に新緑が吹き出してきました。大空いっぱいに新緑の点描が広がり、壮観な眺めです。 イチョウとニレの巨木も冬木立から「目覚め」ました。新緑が吹き出し、これから緑衣を纏っていきます。
春の野の花も次々に咲き出してきます。この星形の白い大きな花はオオアマナ(大甘菜;ユリ科オオアマナ属)です。春の陽射しを浴びて、一面に群生していました。オオアマナは、明治の末頃にヨーロッパから入ってきた帰化植物です。 柴田記念館の近くにシャガ(著莪、射干;アヤメ科菖蒲属、別名:胡蝶花)の花が群生しています。 黄と青の幻想的な模様の入ったシャガの白い花は1日しかもたず、開花した翌日にはしぼんでしまいます。シャガの花は谷沿いの陰地や竹林などに群生しますが、和風の庭園にも用いられます。
イチリンソウ(一輪草;キンポウゲ科イチリンソウ属)も園内の一角に群生しています。イチリンソウは本州、四国、九州に分布し、落葉広葉樹林の林床や林縁に生育するスプリング・エフェメラルの植物です。イチリンソウの和名はひとつの茎に1輪の花が咲くことから由来します。 全国に分布する多年草のホタルカズラ(蛍葛;ムラサキ科ムラサキ属)。緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子がホタルに例えたことから和名が由来。 山野の林床に群生する多年草のヤマブキソウ(山吹草;ケシ科ヤマブキソウ属)が咲き始めました。園内では、カタクリ自生地の所が群生地になっています。
この紫色の野草はサギゴケ(鷺苔;ゴマノハグサ科サギゴケ属)です。園内の日当たりの良い芝生などの一角を、まるで苔のようにびっしりと覆っていました。本州、四国、九州の湿ったあぜ道などに分布する多年草で、匍匐茎で広がっていきます。 ムスカリ(ユリ科ムスカリ属)の濃い青紫の小さな花。ブドウの房を逆さにしたように並んで咲き、ブトウムスカリとも呼ばれます。 春の野草のカラスノエンドウ(マメ科ソラマメ属)の赤紫の小さな花。花や葉の形が同じマメ科の萩に似ています。服用すると胃炎に効くといわれています。
    
 << 27年3月 | 27年4月 | 27年5月 >> ブログ2015年4月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可