<< 28年9月 | 28年10月 > 神代植物公園 | 28年11月>> ブログ2016年10月
28年10月 (2016年)+つくば
団塊人の散歩道(ブログ) より
 10月はコスモス、キンモクセイ、栗の実などの秋の香り …… 2016.10.2
 10月2日、孫の運動会があってつくば市まで出かけてきました。運動会の合間に保育園を運営する安福寺の近辺を回って、いろんな秋の香りを見つけてきました。この日は日差しが強くすっかり日焼けしてしまいました。 ……
 ススキの穂が揺れ秋の風情たっぷりの小石川植物園 …… 2016.10.7
 先日、東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏が「オートファジー」の研究でノーベル医学・生理学賞を受賞し、明るい話題で国内が沸き立ちました。一方、秋晴れのここ小石川植物園もススキの穂が揺れ、秋の風情がたっぷりになってきました。 ……
 体育の日の神代植物公園、多くの秋の野草が賑やか …… 2016.10.10
 10月10日の体育の日、久しぶりに調布の神代植物公園を訪れました。今年は台風の影響もあって夏の暑さが長く続き、寒露の頃を迎えてようやく時候が秋らしくなってきました。この日は暑くもなく寒くもなく格好の散策日和で、始まったばかりの秋のバラフェスタを大勢の人が楽しんでいました。私としては美しく咲く秋バラよりも、秋の野草が賑やかに咲いていたのが強く印象に残りました。……
 
 

    

     
 10月上旬のつくばの風景(10.2)
保育園を運営する安福寺は、研究学園都市駅のすぐ近くに建つ名刹。境内は広大で四季折々の花が咲き、自然豊かで心癒される場所です。 境内の周りに生えているソメイヨシノのサクラの木を見上げると、少しだけ黄葉が始まっていました。
境内の周辺では、秋の香りをたっぷりと実感できました。これは風に舞うコスモス(秋桜;キク科コスモス属)の花。コスモスは熱帯アメリカ原産で、 メキシコからスペインに渡りコスモスと名づけられた。日本には明治20年頃に渡来。今や代表的な秋の風物詩です。 寺の近くの栗畑を覗くと、少しだけイガに包まれた栗の実が残っていました。栗はブナ科クリ属の木になります。ブナのドングリと違って、栗の殻の中は種子ではなく果実です。 黄金色に染まり特有の芳香を放つキンモクセイ(金木犀;モクセイ科)を見つけました。甘い香りが漂っているのに気づき、振り返るとそこにキンモクセイということがままあります。



    

     
 秋の風情たっぷりの小石川植物園(10月上旬)
10月上旬の秋晴れの日の小石川植物園。ススキの穂が揺れ、秋の風情がたっぷりになってきました。園内のサクラ並木では、少しづつ黄葉、落葉が進んでいて、夏の木々の濃い緑とは様変わりです。園内では秋の花々、木の実なども多くみられ、秋の深まりを実感します。
白いシュウメイギク(秋明菊;キンポウゲ科イチリンソウ属)の花が可憐に咲いていました。シュウメイギクの名前は、キク科のようですが、実はキンポウゲ科の植物です。 シュウメイギクには、勲章のように立派な形をした赤い花もあります。貴船菊や秋牡丹の別名があります。 黄色の花を付けたショウキズイセン(鍾馗水仙;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)。形状はヒガンバナとそっくりですが、ヒガンバナより遅れて咲き出します。四国から沖縄などの山野に分布します。 インド北部、中国原産の多年草シュッコンソバ(宿根蕎麦;タデ科ソバ属)の小さく白い花。高血圧や動脈硬化を防ぐルチンを多く含みます。普通のソバの花とよく似ています。
キク科の花々にチョウやハチなどの昆虫が盛んに集まっていました。これは、薄い紫色の花が優雅にたなびくシオン(紫苑;キク科シオン属)の花です。古い時代に薬草として渡来したが、現在では薬草より観賞用として多く栽培されています。 クマノギク(熊野菊;キク科ハマグルマ属)の黄色の花。紀伊半島、四国、九州、琉球の各地に分布する南方系の多年草。海岸近くの湿地に生える。 山地に生える多年草カリガネソウ(雁金草;クマツズラ科カリガネソウ属)が多くの薄青紫色の小さく優雅な花を付けていました。
背の高いキク科アキノキリンソウ属のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)にヒョウモンチョウが止まっていました。セイタカアワダチソウは形状のいい黄色の花穂を付けます。北米原産の帰化植物で河原や空き地などに群生します。 細長いノゲシ(野芥子;キク科ノゲシ属)の頂部の花にヒョウモンチョウやモンキチョウが止まり、蜜を吸っていました。ノゲシは花期は春から秋で黄色のタンポポのような花が咲きます。各地の路傍や空き地などに分布。背丈は高めです。
北海道から九州の山野に生える多年草ナンテンハギ(南天萩;マメ科ソラマメ属)の青紫色の花。ナンテンハギは草原や林縁部など、比較的日当たりのよい場所に生えます。2枚の小葉を付けることからフタバハギの別名あり。 秋の七草の一つのハギ(萩;マメ科ハギ属)の花です。花の形がよく似るナンテンハギは草本ですが、ハギは木本に属します。紅紫色の小さな花を細い枝に多数つけて枝垂れて咲いています。 キミガヨラン(君が代蘭; リュウゼツラン科ユッカ属)の白いゴージャスな花。真白い大きめの花房がたくさんついています。花期は長く6月頃から咲いています。 常緑つる性木本のキヅタ(木蔦;ウコギ科キヅタ属)の花。春になると黒く熟した果実をつけています。茎から多数の不定根を出して、他の樹木や石垣などを這い登る。フユヅタともいう。
ハマナス。 フクロミモクゲンジの袋果が花のようです。 ハナミズキの赤い実。 紅葉が進むハナミズキ。
コムラサキ(クマツヅラ科ムラサキシキブ属)が紫色の実をつけていました。木の実は赤色のものが多いのですが、植物の世界は奥深い。 モッコク(木斛;ツバキ科)の木に赤い実が付いていました。しばらくすると実が裂開して赤い種子が出てきます。モッコクは庭木としてよく植えられている。 園内には多くのイチョウの大木が生えています。この時期ちょうどイチョウの実が熟し、木の下にも多数落ちています。少々臭いが気になりますが、これから美味しい銀杏(ぎんなん)が作られるとは妙なものです。 マルバチシャノキ(丸葉萵苣の木;ムラサキ科ムラサキ科チシャノキ属)の大樹に黄色の実の大きな塊が随所に付いていました。木の下に落ちている実の皮をむいてみると、バナナの香りに似た果肉が出てきます。
アジア原産のヒメザクロ(姫石榴;ザクロ科ザクロ属)に小さな赤紫色の実がポツンと付いていました。ヒメザクロは6月頃に小さな赤い花を咲かせ、園芸用として栽培されています。 山地の林の中などに生える多年草ヤブミョウガ(藪茗荷;ツユクサ科ヤブミョウガ属)が黒い実が点々と付けていました。葉の形がミョウガに似ていることがヤブミョウガの名の由来。


 << 28年9月 | 28年10月 > 神代植物公園 | 28年11月>> ブログ2016年10月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可