<< 2019年10月 | 2019年11月 > 富士・三保 皇居 | 2019年12月 >> ブログ2019年11月
2019年11月 富士五湖・三保松原(令和元年)
世界文化遺産の三保松原・富士五湖を周遊 …… 2019.11.1-2

好天に恵まれた11月に入ってすぐの週末、三保松原、富士五湖を車で周遊してきました。11/1は都心から東名道を走って三保松原へ。晴れ上がっていたので、松原の上方にお目当ての富士山がくっきりと遠望できました。
 ……

関連写真
Photo Galary

翌11/2は富士五湖を西から回ってきました。それぞれの湖(本栖湖、精進湖、西湖、河口湖、山中湖)で冠雪した富士山の雄姿を撮るのを楽しみにして車を走らせました。しかし、天気は晴れていたのですが、富士山の辺りに雲がかかっていて、期待通りの写真が撮れなかったのが心残りです。
 ……
関連写真
Photo Galary
 
 
   
 三保の松原の風景
三保松原は約7kmの海岸に約3万本の松が生い茂り、松林の緑、打ち寄せる白波、海の青さと富士山が織りなす風景は歌川広重の浮世絵や数々の絵画・和歌に表現されてきました。2013年には富士山世界文化遺産に登録されています。三保松原の参道のゆるやかな階段(左2)を上っていくと、天女伝説で知られる羽衣の松が生えています(右2)。羽衣の松を過ぎるとすぐに海岸です(右)。
海岸から左手を見ると、松原の先の方に霊峰富士山がくっきりと浮かんでいます。三保松原、駿河湾、富士山のコラボが見事です。海岸の正面のシルエットは伊豆半島西海岸になります(右)。
松原の中に海岸に並行して遊歩道がつくられています。閑静で涼しい環境の中で散策ができるようになっています。 今年3月にオープンしたばかりの三保松原文化創造センター「みほしるべ」です(左)。この屋上からの富士山の眺望は素晴らしい(右)。
  
 富士五湖の風景
 (本栖湖)
今回の富士五湖巡りのスタートは西側の本栖湖からです。このアト、精進湖、西湖、河口湖、山中湖と進みます。湖畔ではナナカマドの赤い実、ススキの穂を見かけました。
本栖湖は富士五湖の中で最も深く、透明度の高い湖です。北岸が富士山の展望スポットになっています。まだ午前中の早い時間でしたので、富士山はうっすらと靄がかかった感じでした。
 (精進湖、西湖)
本栖湖の次は五湖の中で最も小さい精進湖です。精進湖は両隣の本栖湖、西湖と地下でつながっていて、水位が連動していると推測されています。精進湖から見る富士山は、手前にある小さな山(大室山)が子供のように見えることから「子抱き富士」と呼ばれます。さらに、大室山の手前には国の天然記念物に指定されている「青木ヶ原樹海」が広がっています。
富士五湖周辺の紅葉は全体的にまだまだでしたが、精進湖の湖畔ではカエデやイロハモミジなどが赤く染まっていました。 精進湖の次の西湖では、富士山はすっぽりと雲に覆われていました。
 (河口湖)
西湖から湖北ビューラインを東進すると、富士五湖の観光拠点の河口湖に着きます。河口湖の大石公園に立ち寄ってみると、大勢の人で賑わっていました。ただ、富士山は依然として雲の中でした。 河口湖の紅葉まつりがちょうど11/1から始まっていました。円形ホール近くの紅葉まつり会場に駐車してブラ散歩してみました。ただ、木々の紅葉はまだまだの状況でした。
湖畔に出て富士山を眺めてみると、幸いにも冠雪した山頂部分の雲が晴れていました。河口湖北岸からは目の前に美しい富士山の姿が大きくそびえ、晴れ上がると圧巻の富士山ビューが楽しむことが出来ます。この日は何とか富士山の雄姿を撮ることができ、やれやれでした。
 (山中湖)
富士五湖の最後は山中湖です。山中湖東岸の長池親水公園が富士山のビューポイントです。 ここでも富士山を覆う雲が厚かったのですが、白い山頂がかすかに顔を出していました。この後の帰路は東富士五湖道路、中央道を経て約2時間のドライブでした。 最後に往路の東名足柄PAからの富士山の眺望です。この日は秋晴れで、良い写真が撮れました。

 << 2019年10月 | 2019年11月 > 富士・三保 皇居 | 2019年12月 >> ブログ2019年11月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可