<< 15年4月 | 15年5月 | 15年6月 >>
15年5月(2003年)
今年の連休は郷里の山形に行って来ました。小石川植物園の風景に加えて、新緑がまぶしい田舎の風景も紹介します。
>>写真をクリックすると拡大します  (15年4月下旬も含む)
 郷里の風景
風にたなびく鯉のぼり 郷愁をそそる白水川の堤の風景 山形県内を縦断する最上川 日本一の大ケヤキ
今年の連休は郷里の山形に行って来ました。以下は新緑がまぶしい田舎の風景です。五月の節句ということで、ゆったりと風にたなびく鯉のぼりをあちこちで見かけました。

散りかけですが桜並木の白水川の堤です。小さい頃はここでよく遊び、この時期には花見団子を買って食べました。郷愁をそそる心の原風景のようなものです。 白水川は山形県を縦走する最上川に注ぎます。最上川は、この季節山々からの雪解水を満々とたたえ日本海に流れ込んでいきます。芭蕉の「五月雨や集めて最上川」の歌で有名。 ゆうに樹齢千年を超すとみられ高さ約28mで日本最大の大ケヤキも新緑の佇まいです。相変わらず東根小学校の校庭に悠然とかつ凛々しくそびえていました。
満開のモモ畑 田植えの準備 サクランボの花
山形はモモの産地でもあります。まさに桃色のモモの木が満開です。畑一面の黄色いタンポポの花が畑一面に広がり、桃色のモモの花と美しく調和しています。 田んぼでは梅雨の時期を前にして、田植えの準備です。トラクターで田を畝っています。この辺の米のブランドはコシヒカリ、ドマンナカなどです。トラクターの後方にはリンゴ畑が見えます。

サクラの花と似ていますが、これはサクランボ)の花です。この時期花が満開になり、美味しいサクランボの果実の収穫は、6月中旬~下旬になります。郷里の東根市はサクランボの生産が日本一で、新幹線の駅もサクランボ東根駅になっています。サクランボは、バラ科サクラ属サクラ亜属セイヨウミザクラの仲間で、桜桃の別名があります。
実家の庭のハナミズキ 月山とブナの新緑 春の息吹が一杯のフキノトウ
郷里の実家の庭のハナミズキは紅い花を咲かせていました。ここでは、ハナミズキは街路樹にも多く使われています。 夏スキーでも有名な月山は、麓でも残雪が多く、新緑のブナの原生林のトレッキングを楽しむことが出来ます。山形自動車道が完成して月山に行くのが便利になりました。 山道をぶらぶらすると、いたるところに春の息吹いっぱいのフキノトウが自生しています。車を降りてフキノトウを始めとする野草採りを楽しんでいる人も見かけます。
 小石川植物園の風景
色とりどりのツツジとフジ棚 ナンジャモンジャの別名のヒトツバタゴ 甘い香りのサクラバラ
今度は東京の小石川植物園の風景です。色とりどりのツツジが咲き競っていますが、フジ色のフジの花も次第に色づいてきました。 モクセイ科のヒトツバタゴです。別名のナンジャモンジャ。開花した白い花は、まるで細かい粉雪が積もっているように見え壮観です。属名はギリシャ語で「雪の花」の意味。

うすピンク色のサクラバラが咲き始め、あたりに甘い香りが漂ってきます。サクラバラはケーキにトッピングしたり紅茶に浮かべるととてもおいしいそうです。 ブラシノキ(フトモモ科ブラシノキ属)。オーストラリア原産の常緑小高木。別名はハナマキ(花槙)。花序全体がブラシのように見える。
青空に映えるオオリュウキュウツツジ
ツツジは種類が多く、3月頃から次々にいろんなツツジが満開になります。これはオオリュウキュウツツジです。青空に見事に映えています。

ヒラドツツジ(平戸躑躅;ツツジ属ツツジ亜属)>千重大紫(せんえおおむらさき)。大柄のゴージャスな花です。 北アメリカ産のツツジのロドデンドロン・アウストリヌム(ツツジ属)。現地ではフロリダアザレアと呼ばれています。 アマミセシカ(奄美聖紫花;ツツジ属セイシカ亜属)。奄美大島の山地に自生する貴重なツツジ。
リュウキュウツツジ(琉球躑躅)>京鹿の子。リュウキュウツツジはツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列の仲間。 シナヤマツツジ(支那山躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列)。 サツキ(皐月;ツツジ亜属ツツジ節サツキ列)。 ツリガネカズラ(釣鐘葛;ノウゼンカズラ科ツリガネカズラ属)。アメリカ中南部原産で蔓性低木。壁や塀、樹木など沿って高く這い上がる。

ドクウツギ(毒空木;ドクウツギ科)。名前のとおり有毒で、トリカブト、ドクゼリと並ぶ三大有毒植物の一つ。 シセンテンノウメ(四川天の梅;バラ科テンノウメ属)。中国南部、台湾が原産の常緑低木。山地の岩場に生育する。

ウツギ(空木;ユキノシタ科ウツギ属)。全国に広く分布する落葉低木。「夏は来ぬ」の唱歌の卯の花のことです。 サラサツツジ(更紗空木;ユキノシタ科ウツギ属)。サラサウツギはウツギの八重咲き種で美しい色合い。
池端に咲くショウブの花
アワモリショウマ(泡盛升麻;ユキノシタ科チダケサシ属 )。日本固有種で、近畿地方から九州に分布。別名は泡盛草。

池の周りにアヤメ科アヤメ属の多年草カマヤマショウブ(蒲山菖蒲)の花が咲いていました。アヤメ、花菖蒲、カキツバタ、イチハツなどもアヤメ属の近縁種で、見分けが難しい。 アヤメ科アヤメ属の常緑多年草イチハツ(一八、鳶尾草)。アヤメの仲間の中で「いち早く咲く」のでこの名が由来。
ムサシノキスゲ(武蔵野黄菅;ユリ科ワスレグサ属)。ニッコウキスゲの変種で、府中の浅間山に自生する。 マンシュウキスゲ(満州黄菅)もユリ科ワスレグサ属の植物。ニッコウキスゲ、ノカンゾウなども同属の近縁種。 ヒナゲシ(雛芥子;ケシ科ケシ属)。ヨーロッパ原産の一年草。中国の故事から虞美人草とも呼ばれる。 オキナグサ(翁草;キンポウゲ科オキナグサ属)の花の後が、老人の白髭のようになります。タンポポの綿毛のようなもの。
シラン(紫蘭;ラン科シラン属)。日本、台湾などが原産の野生ラン。極めて丈夫な植物で、観賞用として庭に植えられています。 ハマカンザシ(浜簪; イソマツ科アルメリア属)。浜に自生し花の姿がカンザシ(簪)に似ていることに由来。アルメリアとも呼ばれています。

 << 15年4月 | 15年5月 | 15年6月 >>

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可