<< 16年3月 | 16年5月 | 16年6月 >>
16年5月 (2004年)
4月下旬から5月中旬までの季節のスケッチです。この季節の花の主役はサクラからツツジへとバトンタッチ。周りの樹木を見わたすと、新緑が日ごとあざやかになり、さわやかな薫風をもたらしてくれます。また、山形の郷里の風景も入っています。
>>写真をクリックすると拡大します
 初夏の小石川植物園
園内の様子 オオムラサキツツジ モチツツジ カルミア
初夏の陽気の小石川植物園の様子です。あちこちにピンクや赤のツツジがきれいに咲いています。 ツツジ(躑躅)にもいろんな種類があります。ピンク色のオオムラサキツツジが華やかに咲いています。 優雅な感じのモチツツジ。葉や若枝などに腺毛が多く、もちもちした触覚があります。 繊細で女性的な雰囲気のツツジ科のカルミア。別名がアメリカシャクナゲ(亜米利加石楠花)です。コンペイトウのような小さな花が競って咲いています。

この時期はアヤメの仲間が目立ってきます。この花はアヤメ科のハナショウブ(花菖蒲)。ハナショウブは花が大きいく、色は青紫、赤紫や白が多いとのこと。 同じアヤメ科の常緑の草本シャガ(著莪)。うす暗い場所にもよく生育しています。幻想的な模様の入ったこの白い花は1日しかもたず、開花した翌日にはしぼんでしまいます。

やはりアヤメ科のキショウブ(黄菖蒲)。黄色いハナショウブといった風情があります。ヨーロッパ原産ですが、湿地や水辺に繁殖して野生化しています。 サンショウバラ(山椒薔薇)。バラ科の潅木で、葉の形が山椒(さんしょう)に似ています。初夏に大き目の花を咲さかせたあと、トゲの多い果実ができます。
ラン科のシラン(紫蘭)。日本、台湾などが原産の野生ラン。日本でも庭先などに群生しているのをよく見ます。あざやかな紫の花の色からこの名前が付いています。 白色のシランの花もきれいです。園芸の部類では、ランというよりも、多年草の草花としての扱いのほうが強いようです。丈夫で育てやすいとのこと。 マメ科の落葉つる性樹木フジの花が葡萄の房のように垂れています。日本、東アジア、北アメリカを原産とし、山野に自生する。別名ノダフジと呼ばれる。 高木のベニバナトチノキ(トチノキ科)が盛んに赤い花を咲かせています。ヨーロッパ原産のマロニエ(セイヨウトチノキ)と、北アメリカ原産アカバナトチノキの交配種。 トチノキは白い花です。
小石川植物園の「名物」ハンカチの木に、ハンカチの花が咲き始めました。白い花びらのように見えますが、大小2枚の垂れ下がった部分は花苞(花芽を保護する葉)で、ハンカチに似た形からハンカチの木と呼ばれています。

園内の巨木たちもこの時期、新緑でおおわれ、若々しくリフレッシュします。これはモミジバスズカケノキです。白いまだら模様の幹に葉の緑がうまく調和しています。 シナノキ科のナツボダイジュ。ヨーロッパやアジアの温帯に産する落葉高木です。これに対して、お釈迦様が悟りを開いたとされるインドボダイジュはクワ科で熱帯の常緑広葉樹で、異なる菩提樹です。 スクッと大空に林立するメタセコイアは、冬の期間丸裸で枯れ木のようになりますが、この季節になると小枝の新緑が溢れんばかりになります。本当に不思議な自然の摂理です。
ツキヌキニンドウ(突抜忍冬;スイカズラ科)の真紅の花です。茎が寄り添っている2枚の葉を突き抜くように見えるのでこの名が付いています。忍冬はスイカズラのこと。 同じスイカズラの仲間のタニウツギはピンクの花でにぎやかです。タニウツギは北海道や本州の日本海側の山野に自生する落葉低木で、特に谷間に多く生息するのでこの名が付いています。

卯の花(ウツギ)の仲間で丸い葉のマルバウツギ(ユキノシタ科)が清楚な白い花を咲かせています。○○ウツギといってもユキノシタ科あり、スイカズラ科ありで紛らわしいですね。 ロイヤルブルーという園芸品種のハイドランジア(ユキノシタ科)。ハイドランジアは、日本のアジサイをヨーロッパで改良したもので、セイヨウアジサイともいいます。
漢方植物のホソバタイセイ(アブラナ科)の黄花です。根の部分は板藍根と呼ばれ、中国では風邪に効く家庭の常備薬とのこと。 ノイバラ(バラ科)が白い花を咲かせています。日本全土の日の当たる丘陵地、山野に自生する野生バラの代表種です。よく枝分かれして、鋭いトゲがあります。 セリ科のコエンドロの繊細な白い花です。コエンドロの葉は、肉料理やカレー料理に使われ、果実は健胃薬として用いられています。 わが家の庭ではナデシコ(ナデシコ科)の花が盛んに咲いています。ナデシコは秋の七草の一つですが、園芸品種が多く、このナデシコはこの季節によく咲きます。

 郷里の初夏の風景
郷里の実家の庭に植えて4~5年になるハナミズキ(ミズキ科)の木ですが、今年は多くの紅い花が咲きました。青空によく映えています。 フキノトウ(キク科)が雪解け水が流れる川の畔に咲いていました。郷里では少し山奥に入ると、誰も採らずにあちこちに自生しています。 芭蕉や茂吉の歌で有名な山形県を縦走する大河、最上川です。ここはまさに春先といった風情です。 出羽三山の一つ月山です。なだらかな山頂部は万年雪に覆われ、遠くから見るとまるでお月様のようです。夏スキーが出来ます。

 << 16年3月 | 16年5月 | 16年6月 >>

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可