季節のスケッチ
 << 28年5月 | 28年6月 | 28年7月 >> ブログ2016年6月
28年6月(2016年)+山形
団塊人の散歩道(ブログ) より
初夏の都心はハナショウブ、アジサイなどの季節の花々が見頃を迎える … 2016.6.5
 初夏の香りが広がる6月に入ってすぐの週末、小石川植物園、皇居東御苑と巡ってきましたが、この時季ならではのハナショウブやアジサイの花々がちょうど見頃を迎え、色とりどりに美しく咲き出していました。
……

  → 小石川植物園
  → 皇居東御苑
6月中旬のサクランボ収穫時の山形風景 … 2016.6.19

 6月中旬に帰郷し、サクランボ収穫時の山形を回ってきました。収穫時でたわわに赤い果実が付いたサクランボの木々、緑の山腹に配置された山寺立石寺の絶景などをドライブしながら楽しんできました。……

 → 6月中旬の山形風景
 
     
 小石川植物園 2016.6.4
 土曜日(6/4)は梅雨入り前のさわやかな一日で、小石川植物園を回ってきました。
桜並木の木陰。さわやかな緑風を心地よく楽しんでいます。 西洋アジサイ。  キョウチクトウ。   サラサツツジ。
園内の菖蒲田では色とりどりにハナショウブ(花菖蒲;アヤメ科アヤメ属)の花が咲き出していました。ハナショウブの優雅な花は梅雨時のうっとうしさを忘れさせてくれます。
 アジサイ(紫陽花;アジサイ科アジサイ属)もやはりこの時季の旬の花です。園内ではいろんな種類のアジサイの花が咲いていました。左はガクアジサイ(額紫陽花)、右は西洋アジサイです。
ヤエガクアジサイ(八重額紫陽花)。花弁が八重になっています。 カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)。 葉が柏の木の葉に似ています。 ヤマアジサイ(山紫陽花)。全体的に小振りです。 アマチャ(甘茶)。
ノリウツギ。 イワガラミ。 ツツジ。
ハマナスの花と果実。 テイカズラ。 ダンドク。
マリアアザミ。 ドクダミ。 イモカタバミ。 カタバミ。
キキョウソウ。 ヒルガオ。
    
     
 皇居東御苑 2016.6.5
 翌日の日曜日(6/5)は関東甲信地方の梅雨入りが発表され、朝方は雨模様だったのですが、昼前には上がりました。
まず苑内の二の丸庭園にある菖蒲田を訪れました。ここでも色とりどりのハナショウブが美しく咲き競っていました。背景の現代的な丸の内高層ビルと和風のハナショウブは見事に調和しています。
この菖蒲田のハナショウブは、1966年に明治神宮御苑の菖蒲田から株を譲り受け、以来84品種のハナショウブがしっかりと守り育てられているそうです。 池の水面からヒメコウホネ(姫河骨;スイレン科コウホネ属)の黄色い花がポツポツと見えます。 諏訪の茶屋。二の丸庭園の一角に落ち着いた雰囲気で佇んでいます。
二の丸雑木林でヤマボウシ(山法師;ミズキ科ミズキ属)の白い花が咲いていました。  多年草のホタルブクロ(蛍袋;キキョウ科ホタルブクロ属)も雑木林の中に咲いていました。 平川門から入ってすぐの散歩道から見た石垣や堀の景観。美しい緑に覆われています。  この近くに梅林がありますが、3月には花が終わり、この日は立派な梅の実が付いていました。
二の丸地域から汐見坂を上ると本丸地域。本丸に入ると天守台がすぐ目に入ります。 本丸地域にはタイザンボク(泰山木;モクレン科モクレン属)の高木が生えています。高木には神々しく堂々たる花が随所に咲き出していました。花の大きさにも驚きます。 天守台の前には大芝生が広がっています。大芝生の南側には仲良く並んだ2本のケヤキの木。
青紫、白など色とりどりのアジサイ( 紫陽花;ユキノシタ科アジサイ属)の花が本丸地域の土手の斜面に咲き並んでいて紫陽花ロードの感がありました。種類もいろいろで左からガクアジサイ、西洋アジサイ、カシワバアジサイ。
シモツケ。 ドクダミ。  ユウゲショウ。 ワルナスビ。
    
 
     
 6月中旬の山形の風景 
 6月中旬に帰郷し、サクランボ収穫時の山形を回ってきました。
山形はちょうどサクランボ(バラ科サクラ属サクラ亜属、別名は桜桃)の収穫時でした。郷里の東根市はサクランボ生産が日本一で、山形新幹線の駅名も「さくらんぼ東根」と付いています。県内の至る所にもぎたてサクランボの直販所が設けられていました。現在、多く生産されていサクランボの品種は佐藤錦です。佐藤錦は東根市の佐藤栄助翁(右1:25年6月撮影)がナポレオンと黄玉を交配してできたもので、甘くて実に美味しい。贈答用にも多く出荷されています。
芭蕉記念館が建つ山形の観光スポット「山寺風雅の国」からの絶景(左1)です。正面の緑の覆われた山腹に配置された山寺(宝珠山立石寺)の大小30余りの堂塔が一望できます。入山客は右下の根本中堂を参拝して、その後山中の石段を登って、左上の五大堂(左2)にたどり着きます。格好の見晴らし所になっている五大堂には何人かの観光客の姿が堂内に見えます。秋の紅葉時に訪れた時の風景も素晴らしいものでした。立石寺は天台宗に属し、貞観二年(860年)天台座主第3世慈覚大師円仁によって創建。元禄二年(1689)には俳聖松尾芭蕉が奥の細道の紀行の際この地を訪れ、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の名句を詠んでいます。
山形市内の村木沢から見た蔵王連峰の眺望(左1)です。蔵王連峰は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈の中の連山で、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置します。蔵王は御釜、スキー場、温泉などが有名な観光地になっています。村木沢の付近に白いソバの花(左2、3)が広がっていました。ソバの栽培は春播きの夏ソバと夏播きの秋ソバがあって、これは夏ソバの花になります。花の後につく実から美味しい蕎麦料理が作られます。また、ヤマボウシの花(右1)も見つけました。
郷里(東根市)の我が家の庭先の様子です。この時季は、ちょうどアジサイの花やシモツケの花が美しく咲いていました。
    
 << 28年5月 | 28年6月 | 28年7月 >> ブログ2016年6月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可