<< 2017年10月 | 2017年11月 > 新宿御苑 | 2017年12月 >> ブログ2017年11月
2017年11月(平成29年)
団塊人の散歩道(ブログ) より
11月中旬の小石川植物園、木々の紅葉・黄葉の美の競演はじまる …… 2017.11.19

いろんな事情が重なり、1月半ぶりにようやく小石川植物園を散策してきました。暦の上では立冬が過ぎていますが、園内は晩秋の風景です。行楽地から紅葉狩りのニュースが次々に届きますが、園内の紅葉風景も見事です。モミジ、イチョウ、ナンキンハゼ等いろんな木々が紅葉・黄葉の競演を始めたかのようです。
 ……
  関連写真
都心の新宿御苑で紅葉狩り気分 …… 2017.11.25
11月最後の週末は好天に恵まれ、近場の新宿御苑へ出かけてきました。今年最後の紅葉狩り日和とのことで、近郊の紅葉景勝地は大賑わいが予想されたので、混雑を避けるように久々の新宿御苑で都心の紅葉狩りを楽しむことにしました。苑内では抜けるような青空の下でイチョウ、カエデ等の木々が紅葉・黄葉で輝いていました。新宿御苑の晩秋の自然美を十分に堪能できました。
 ……
  関連ページ
 
 
   
 11月中旬の小石川植物園
11月中旬の小石川植物園の風景です。紅葉・黄葉、木々の赤い実などが目立ってきました。園内の池面を覗いてみると、池の周りの高木(ラクウショウ)の紅葉がくっきりと逆さに映っています。 わが家のベランダから園内を見渡すと、イロハモミジ並木の紅葉が進んできました。手前に温室リニューアル工事のための建設機械などが見えますが、工事中に遺跡が見つかったため、発掘作業も同時に進められています。
ソメイヨシノの並木道。紅葉もかなり進んで、樹の下も落ち葉で広く覆われています。この頃になると人出も少なく、静かなたたずまいです。 ソメイヨシノの並木道をそのまま進むと、ハナミズキのゾーンにたどり着く。周りには黄葉のイチョウの高木が生えています。また、イチョウなどの落葉が広がる地上には昔風の散水栓がポツンと残っています。
アーチ状になっているイロハモミジの小径は全体としてまだ緑葉が多いのですが、部分的にはこのように鮮やかに紅葉が進んでいて、真赤に輝いています。この小径の左手部分で、大温室のリニューアル工事や遺跡の発掘作業が行われています。
木枝に近づいてよく見ると、サクラの紅葉も鮮やかです。左はヤマザクラ(山桜)、右はソメイヨシノ(染井吉野)になります。 ハナミズキ(花水木;ミズキ科)も真赤に紅葉していました。後方のイチョウの黄葉との組合わせが妙。 近くのカリン(花梨;バラ科カリン属)の木枝には大きな果実が沢山ついていて、ボタボタと落ちてきます。頭上に注意が必要です。
梅林の近くのナンキンハゼ(トウダイクサ科ナンキンハゼ属)の高木。無数の紅葉した木の葉が、陽光を受けキラキラと舞いながら輝いていました。 ナンキンハゼの隣にハゼノキ(ウルシ科ウルシ属)が生えています。すっかり落葉し、たくさんの房状の木の実が樹中に垂れ下がっています。
シナマンサク(支那満作;マンサク科)の黄葉。園入口付近で目立ちます。 やはり園入口付近のイタヤカエデ(板屋楓;カエデ科カエデ属)。見事な黄葉です。 カイノキ(楷樹;ウルシ科)の黄葉。カイノキは「楷書」の楷に通じ、枝ぶりがきちんと整っています。 迫力あるアメリカスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)の黄葉。無数に空中に広がっています。
ほとんど落葉して冬木立になりつつあるユリノキ(百合の木;モクレン科)ですが、よく見ると枯れ葉や花の名残が少し残っています。 精子発見のイチョウ(銀杏)の大木と、すぐ左にニレ科のウルムス・プロセアの高木。この近辺には、巨木や大木が立ち並んでいます。
水湿地に生育し気根を有するラクウショウ(落羽松;スギ科ヌマスギ属)。午後の陽光を受け、褐色に輝いています。 柴田記念館の近くのピラカンサ(バラ科、品種名ローズデール)の中高木です。毎年同じように真っ赤な実をたわわに付けてくれます。 ピラカンサのすぐ近くにオオカナメモチ(バラ科カナメモチ属)の高木が生えています。多くの黄土色の実を付けていますが、次第に赤みが増します。 赤い実を付けたコトネアスター(バラ科コトネアスター属)の一種。6月頃に白い花が咲いていました。
数メートルもの草丈のコダチダリア(キク科ダリア属、別名皇帝ダリア)。まだ数輪ほどの花ですが、つぼみが沢山ついているので、これから次々と威風堂々の花が咲き出します。 グランサムツバキ(ツバキ科)のきな白い花。メタセコイア林の傍で花を咲かせています。グランサムツバキは元々香港に自生する ツバキで、日本に渡来したもの。 赤や白のサザンカ(山茶花;ツバキ科ツバキ属)の花は年明けの頃までしばらく咲き続けます。サザンカは古くから親しまれ、童謡や歌謡曲によく出てきます 。 最後にわが家の庭先。サルスベリの黄葉やイロハモミジの紅葉は晩秋の雰囲気を醸し出しています。


 << 2017年10月 | 2017年11月 > 新宿御苑 | 2017年12月 >> ブログ2017年11月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可