<< 29年9月 | 29年10月 | 29年11月 >> ブログ2017年10月
29年10月 (2017年)
団塊人の散歩道(ブログ) より
秋の風情たっぷりの小石川植物園 …… 2017.10.1
 ……
 10月に入ってすぐの週末(9/30、10/1)は格好の散策日和になりました。土曜日に小石川植物園を回ってきましたが、ワレモコウ、シュウメイギクなどの季節の花々やイチョウ、カラスウリなどの色づいた実など秋の風情が次第に深まってきていました。
 ……
秋晴れ下の皇居東御苑、赤い木の実が目立つ …… 2017.10.1

 秋晴れが続いた日曜日(10/1)、都心の皇居東御苑を訪れました。澄み渡った秋空の下、二の丸ゾーン(庭園、雑木林)や本丸ゾーンを回り、心地よい散策を楽しむことができました。苑内ではクコ、ガマズミなど、所々に赤い木の実が目につきました。
 ……
 
 


     
 秋の風情深まる小石川植物園
10月に入ってすぐの週末(9/30、10/1)の小石川植物園の風景です。秋の風情が次第に深まってきました。 園内の木々の黄葉が少しずつ始まりました。サクラ並木の木の下に色づいた落葉がちらほらと目に付きました。 園入口の近くのフクロミモクゲンジ(袋実木欒子; ムクロジ科モクゲンジ属)。部分的な黄葉を見かけました。 やはり園入口近くのイタヤカエデ(板屋楓;カエデ科カエデ属)の高木も、部分的に黄葉が付いていました。
秋の季節の花々が目立ってきます。園内で初めてワレモコウ(吾亦紅;バラ科ワレモコウ属)を見かけました。秋の高原の風物詩の多年草で、独特の暗赤色の丸い花穂を付けます。 白いシュウメイギク(秋明菊;キンポウゲ科イチリンソウ属)の花が咲き始めました。名前の中に「キク」が入っていますが、キンポウゲ科の花です。 山野草のホトトギス(杜鵑;ユリ科ホトトギス属)が咲く季節になりました。花びらの斑点模様が鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることが名の由来。 小さな白い花を付けたシュッコンソバ(宿根蕎麦;タデ科ソバ属)を随所に見かけました。高血圧や動脈硬化を防ぐルチンを多く含みます。普通のソバの花とよく似ています。
キク科の花を多く見かけました。これは秋の七草の一つで万葉の昔から日本人に親しまれてきたフジバカマ(藤袴;キク科ヒヨドリバナ属)です。薄い藤色の花が咲いていました。 日本固有種の多年草で山地の草地、道端に生えるユウガギク(柚香菊;キク科ヨメナ属)。小さな白い花を付けていました。名前の由来となった柚子の香りは、春の若葉を揉むと感じるとのことです。 うす紫色のシオン(紫苑;キク科シオン属)の花も咲き始めました。観賞用によく栽培されています。根、根茎に去痰作用、利尿作用があり、生薬名も紫苑です。 道ばたに咲いているアザミの花にチョウが止まり、盛んに蜜を吸っていました。このアザミは草原に普通に見られるノハラアザミ(野原薊;キク科アザミ属)のようです。
林地に生える多年草イヌショウマ(犬升麻;キンポウゲ科サラシナショウマ属)。長さ30㎝位の細長い花穂をほぼ垂直に立て、白く小さな花をびっしりとつけていました。 オオベンケイソウ(大弁慶草;ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属)の小さなピンク色の花が凝集して咲いていました。多肉質の宿根草で、観賞用に流通しています。 山地に生える多年草カリガネソウ(雁金草;クマツズラ科カリガネソウ属)。多くの青紫色の小さく優雅な花を付けていました。沢山の雁が飛んでいるようにも見えます。 北海道から九州の山野に生える多年草ナンテンハギ(南天萩;マメ科ソラマメ属)が青紫色の花を付けていました。秋の七草のハギの花に似ていて同じマメ科に属します。
ハマカンゾウ(浜萓草;ユリ科ワスレグサ属)。夏から初秋にかけて浜辺に咲くます。鮮やかなオレンジ色が目立ちます。同属のキスゲノカンゾウなどより遅咲きです。 ジンジャー(ショウガ科シュクシャ属、別名は花縮砂)の白い花でいい香りがします。白い百合のような色の花の様子から 「ジンジャーリリー」とも呼ばれます 赤紫色の葉の色と似ていて見過ごしそうですが、シソ(紫蘇;シソ科シソ属)に花が付いていました。シソは梅干しの色づけなど食用にされます。
園内の日本庭園の一隅にキンモクセイ(金木犀;モクセイ科モクセイ属)の大樹が立っていますが、この日の大樹は花がほとんど終わっていて、木の下の地面にオレンジ色の落花が広がっていました。キンモクセイは、まさに秋の季節の香りといえる甘くいい香りを周りに漂わせます。街中を歩いていて、この香りで開花しているキンモクセイに気づきます。 中国原産のフサフジウツギ(房藤空木;フジウツギ科フサフジウツギ属)。淡紫色の房状の花穂に付く小さな花がだいぶ落ちましたが、蜜が多いのでよく蝶が集まります。 スイフヨウ(酔芙蓉;アオイ科フヨウ属)の花が盛んに咲いていました。朝方の真白な花から次第に赤みが増しますが、この花はちょうど色の変化の途中のものです。
ハギ(萩;マメ科ハギ属)の紅紫色の小さな花。夏の終わりごろから咲き続けています。ハギは草本ではなく木本に属しますが、秋の七草の一つに数えられています。 精子発見で有名なイチョウの大樹です。遠くから見ると、まだ緑葉で覆われています(左)。しかし、近づいてみると部分的にイチョウの黄葉が始まっていました(中)。さらに詳しく見ると、イチョウの実がぎっしりと付いていました(右)。イチョウ以外にもいろんな木々に秋の実を見かけるようになってきました。
ユキノシタ科スグリ属の落葉低木ヤブサンザシ(藪山櫨子)。小さな赤く熟した果実を沢山付けていました。赤い果実が美しく、生け花や盆栽などに使われる。 コムラサキ(クマツヅラ科ムラサキシキブ属)が紫色の実をつけていました。木の実は赤色のものが多いのですが、植物の世界は奥深い。 初夏に白い花を咲かせるウツギ(空木;ユキノシタ科ウツギ属、別名は卯の花)。この時期は多くの実を付けています。
園内の池に群生する大型の多年草ミズカンナ(水カンナ;クズウコン科ミズカンナ属)。小さな紫色と白色が交じった花の下に黒ずんだ実が付いていました。 1月前に黄色の花を咲かせていたカワラケツメイ(河原決明;マメ科カワラケツメイ属)の小さな黒い実。本州、四国、九州の土手、河原などに群生します。 多年草で日当たりのよい草原、空地などによく見られるタケニグサ(竹似草;ケシ科タケニグサ属)に実が付き始めました。 つる性多年草のカラスウリ(烏瓜;ウリ科カラスウリ属)の朱色の小さな実を見かけました。




     
 秋晴れ下の皇居東御苑
10/1の日曜日の皇居東御苑の深まる秋の風景です。本丸ゾーンの天守台には相変わらず大勢の人が上り下りしていました。 天守台前に広がる大芝生の風景。背景は丸の内の高層ビル群で、秋晴れの青空ととも全体がうまく調和している。 二の丸庭園の2本仲良く並ぶ大ケヤキの風景。左下は諏訪の茶屋です。 二の丸庭園にはススキの花穂も生えています。後方に丸の内の高層ビルが見えます。
二の丸雑木林は、東京近郊から失われつつある武蔵野の雑木林を皇居内に造ったもの。雑木林の中には珍しい野草が多く生えています。 この日、苑内では赤い木の実、いろんな果実などを見かけました。これはクコ(枸杞;ナス科クコ属)の赤い実。果実酒などに用いられます。 ミヤマガマズミ(深山莢蒾;レンプクソウ科ガマズミ属 )の赤い実。北海道〜九州の山地の樹林内や林縁に生えます。 ゴンズイ(権萃;ミツバウツギ科ゴンズイ属)の赤い袋果が裂けて黒い種が出てきました。
二の丸雑木林に生えるクサギ(臭木;シソ科クサギ属)。全国の日当たりのよい原野などによく見られる落葉小高木です。離れたところからは、樹木の頂上部分に赤い花が咲いているように見えます(左)。拡大してよく観察すると(右)、赤く見えるのは花のガクで、この中に紺色の種子が付いています。クサギの和名は、葉に悪臭がある事から由来。 やはり二の丸雑木林のクマノミズキ(熊野水木;ミズキ科 ミズキ属)。本州、四国、九州に分布する落葉の高木で、近畿以西に多い。遠方からはまるでネムノキの花のように見えますが、よく見ると全く違います。この時期に枝先の花序に緑色や黒紫色の実が付きます。
本丸ゾーンの南端の野草の島にいろんな山野草以外に季節の木々も生えています。これは小粒の紫色の実を付けるコムラサキ(小紫;クマツヅラ科ムラサキシキブ属)。 シロミノコムラサキ(白実の小紫;クマツヅラ科ムラサキシキブ属)。コムラサキのすぐ隣に生えています。白実のものはあまり見かけません。 野草の島の近くには珍しい果樹を集めた一角があります。ここで見かけたヒメリンゴ(姫林檎;バラ科リンゴ属)。小柄な可愛らしいリンゴの果実を付けます。 天守台近くの楽堂の所にザクロ(石榴;ミソハギ科ザクロ属)の木が生えていて、赤黒い果実を付けていました。ザクロは健康に良いとされジュースなどに供されます。
段々畑になったチャノキ(茶の木;ツバキ科ツバキ属)に白い花が咲き出しました。 シュウメイギク(秋明菊;キンポウゲ科イチリンソウ属)。 フジカンゾウ(藤甘草;マメ科ヌスビトハギ科)の花が二の丸雑木林で多く見かけました。 黄色の花のアサザ(ミツガシワ科アサザ属)。水性多年草で、二の丸庭園内の池に広がっています。


 << 29年9月 | 29年10月 | 29年11月 >> ブログ2017年10月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可