季節のスケッチ季節の詩 夏  
 自然と共生する人間の営みを詠んだ俳句や和歌を集めてみました。季節の移ろいに感動し、自然に親しんだ昔の人の感性が時代を超えて共感できます。
    
  
             俳 句 ・ 和 歌 作 者 季語など
あけぼのや 泰山木は 蝋の花 上田五千石 泰山木
暑き日を 海にいれたり 最上川 松尾芭蕉  
あらたふと 青葉若葉の 日の光       松尾芭蕉 青葉若葉
卯の花におう垣根に ほととぎす早もきなきて 忍音もらす 夏は来ぬ 佐々木信綱作詞「夏は来ぬ」 卯の花
大蛍 ゆらりゆらりと 通りけり 小林一茶 大蛍
押しあふて 又卯の花の 咲きこぼれ 正岡子規 卯の花
片隅に あやめ咲きたる 門田かな 正岡子規 あやめ
象潟や 雨に西施が ねぶの花 松尾芭蕉 ねぶの花
樹の草も しづかにて 梅雨はじまりぬ 日野草城 梅雨
桐の花 人の世よりも 高く咲き 河野南畦 桐の花
雲の峰 いくつ崩れて 月の山 松尾芭蕉 月の山
鯉幟(こいのぼり) 風に折れ 又風に伸ぶ 山口誓子 こいのぼり
孝さんの 逝く七夕や 梅雨はれて 富樫利男  
こころをばなににたとへん こころはあぢさいの花 ももいろに咲く日はあれど
 うすむらさきの思い出ばかりは せんなくて(以下略)
萩原朔太郎 あぢさいの花
こだまして 山ほととぎす ほしいまま 杉田久女 山ほととぎす
こんこんと 水は流れて 花菖蒲 臼田亜浪 花菖蒲
五月雨を あつめて早し 最上川 松尾芭蕉 五月雨、最上川
さみだれや 大河を前に 家二軒 与謝蕪村 さみだれ
山麓の 遠ちの一村 夏祭り 沢木欣一 夏祭り
閑かさや 岩にしみいる 蝉の声 松尾芭蕉
滴りの 思ひこらせし とき光る 中村汀女  
石楠花や 朝の大気は 高嶺より 渡辺水巴 石楠花
新緑の 樟よ椎よと 打仰ぐ 高木晴子 新緑
水煙 あげて早苗の なげらるる 高浜虚子 早苗
滝落ちて 群青世界 とどろけり 水原秋櫻子  
どくだみの 花の白さに 夜風あり  高橋淡路女 どくだみ
夏草に 愛慕濃く踏む 道ありぬ 杉田久女 夏草
夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡 松尾芭蕉 夏草
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月宿るらむ 清原深養父 夏の夜
初孫の 知らせ待ち侘ぶ 木槿の朝 青柳桂白 木槿
花かざし 夏水仙の 独り立ち 沢木欣一 夏水仙
春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣ほしたり 天の香具山 持統天皇  
万緑の中や 吾子の歯 生え初むる 中村草田男 万緑
向日葵は 金の油を 身にあびて ゆらりと高し 日のちひささよ 前田夕暮 向日葵
不二ひとつ うづみのこして 若葉かな 与謝蕪村 若葉
プラタナス 夜もみどりなる 夏は来ぬ 石田波郷 プラタナス
古池や 蛙飛びこむ 水の音 松尾芭蕉  
ほととぎす 鳴きつるかたを 眺むれば ただ有明の 月ぞ残れる 藤原実定  
まだ珠の 泰山木の 白蕾 八木林之助 泰山木
まゆはきを 俤にして 紅粉の花 松尾芭蕉 紅粉の花
炎ゆる日の 甍の上に とどまれる 加倉井秋を  
明星に 影立ちすくむ 葵かな 小林一茶
目には青葉 山時鳥(やまほととぎす) 初鰹(はつがつお) 山口素堂 青葉
若葉して 御目のしずく 拭はばや       松尾芭蕉 若葉

  季節のスケッチ季節の詩   

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可