<< 2018年1月 | 2018年2月 > 皇居東御苑 | 2018年3月 >> ブログ2018年2月
2018年2月(平成30年)
本物の春が待たれる立春の頃 …… 2018.2.4
2月に入り、3日が節分、4日が立春(24節気)と続き、暦の上では春の到来です。しかしながら、今年は1月後半から強烈な寒気が日本上空に流れ込むようになり、……


関連写真
最強の寒波去り、梅林が少しずつにぎやかに …… 2018.2.10
建国記念日をはさんだ3連休の初日。都心にも積雪をもたらした寒波が過ぎ去り、少し日差しも出てきましたので、小石川植物園を散策してきました。園内の日本庭園の一角に位置する梅林には数多くの紅梅、白梅の木が植えられています。
 ……
関連写真
閑静な皇居東御苑に梅の香り広がる …… 2018.2.12


寒さは厳しかったのですが、澄み切った青空が広がった2月上旬の3連休の最終日、皇居東御苑を訪れてきました。苑内では梅の花が咲き出し、梅の香りが辺り一面に漂っていました。
 ……

関連ページ
 
 
    
 小石川植物園の冬景色など
今年は1月後半から強烈な寒気が日本上空に流れ込むようになり、1/22には南岸低気圧の東進と相まって東京都心で23cmの積雪を観測するなど大雪に見舞われました。わが家のベランダから眺める小石川植物園もこのように見事な雪景色になりました(1/23朝)。
2/2に再び南岸低気圧が接近し、夜間から2/3朝方にかけて盛んに雪が降り出しました。しかし、今回は寒気が少し弱かったのでしょうか。幸いにも都心の降雪1cmと大事にならずに助かりました。 立春の2/4には青空も見えるようになり、園内の雪もすっかり消えていました。イロハモミジ並木付近の芝生では、10数名位のグループが楽しそうに遊んでいるのが見えます。
ベランダの真ん前の木々には小鳥たちが集っていました。 別方向には、青空の中に東京スカイツリーが遠くに望めます。 わが家の庭では依然としてカンツバキの花が咲き続けています。可愛らしいキンカンの実も付いていますが、まだ食したことがありません。

 
    
 2月上旬の小石川植物園
2月上旬(2/10)の小石川植物園の風景です。桜並木(写真左2)、イロハモミジの並木径(右2)、スズカケノキなどの巨木ゾーン(右)等いずれも閑静なたたずまいですが。梅林(左)が少しづつ賑やかになってきました。
すくっと天空に向かって林立するメタセコイア林も依然として冬木立のままです。 先日来の残雪です。園内の所々に少し見かけました。 遺跡発掘作業が完了し、いよいよ温室工事が本格化しそうです。
園内の日本庭園の一角に位置する梅林には数多くの紅梅、白梅の木が植えられています。新年早々からポツポツと咲き始めますが、この頃になると少しずつ増えてきて、賑やかな感じになります。全体として2分~3分咲きといった感じでした。
(この日咲いていたいろんな品種の梅の花)
未開紅(みかいこう) 雪月花(せつげつか) 長寿(ちょうじゅ) 緋の司(ひのつかさ)
大湊(おおみなと) 五節の舞(ごせちのまい) 月の桂(つきのかつら) 八重寒紅(やえかんこう)
冬至(とうじ) 扇流し(おうぎながし) 寒紅梅(かんこうばい) 古郷の錦(こきょうのにしき)
(梅の花以外の花々 他)
シナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)の花もかなり咲き出してきました。ふわふわした黄色の花びらが広がっています。ここ数年、勢いが少し弱くなってきたような気がします。 冬木の多い林間部の一角では、アテツマンサク(阿哲満作;マンサク科マンサク属)が満開になっていました。アテツの名は最初に発見された岡山県阿哲地方にちなんで付けられています。 クスノキの巨木の下に広がるツバキ区域ではカメリア・ドルピヘラ(ツバキ科、別名は油椿)の花が勢いよく咲いていました。中国、ベトナム原産のツバキで。種子から油が採れ、化粧液などに用いられます。 同じツバキ科ですがサザンカの仲間のトガリバサザンカ(尖葉山茶花)の小さめの白い花が数多く咲いていました。葉の先が尖っているのが特徴です。カメリア・ドルピヘラの隣に咲いています。
野の花はまだ数少ないのですが、春の妖精(スプリング・エフェメラル)の仲間のユキワリイチゲ(雪割一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)の群生地をのぞいてみると、うれしいことに清楚で可憐な白い花が顔を出し始めていました。 春の妖精以外の野の花も見かけました。これはオオイヌノフグリ(オオバコ科クワガタソウ属)の星くずのように可憐な青い小さな花です。ようやく咲き出したといった所です。 和紙の原料として有名なミツマタ(三椏;ジンチョウゲ科ミツマタ 属)。 新枝が必ず3本に分かれるということが名の由来になります。4月にかけて花の黄色が濃くなってきます。 サクラバラ(桜薔薇;バラ科バラ属)の赤い実が少しだけ残っていました。サクラバラは大型連休の頃に周りに甘い香りを放つ花を咲かせます。

 << 2018年1月 | 2018年2月 > 皇居東御苑 | 2018年3月 >> ブログ2018年2月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可