<< 26年4月 | 26年5月 | 26年6月 >> ブログ2014年5月
26年5月 (2014年)+皇居東御苑、神代植物公園
団塊人の散歩道(ブログ) より
皇居東御苑の雑木林でチゴユリ、ギンランなどの新たな野草を見つける …… 2014.5.3


後半の大型連休も好天に恵まれました。今年は近場で楽しむことにして5月3日の憲法記念日は皇居東御苑へ出かけてきました。

 東御苑は旧江戸城本丸・二の丸の跡地に広がり、庭園や芝生、雑木林などが見事に配置されています。そして四季折々の花木や野草を楽しむことが出来るようになっています。
 ……

関 連 写 真
 みどりの日の神代植物公園、大勢の人が万緑を楽しむ …… 2014.5.4


好天が続く後半の大型連休、2日目のみどりの日は神代植物公園に出かけてきました。神代植物公園は東京都調布市にあって都立としては唯一の植物公園です。 ……

みどりの日で無料公開になっていて大勢の老若男女が万緑を楽しもうと集い、植物公園が大賑わいになっていました。本当はじっくりと散策したかったのですが。……

関 連 写 真
 緑濃く落ち着いた雰囲気の小石川植物園は初夏の花々 …… 2014.5.18



5月中旬になり、気温が上がり少し汗ばむ陽気になってきました。周りの新緑が日に日に濃くなる中で、サクラ、ツツジが咲き競う華やかな時季が過ぎ、落ち着いた雰囲気を醸し出す小石川植物園です。園内ではしっとりとした初夏の花々をあちこちに見かけました。

……

関 連 写 真
 
     
 新緑の皇居東御苑 2014.5.3
皇居東御苑へ出かけてきました。東御苑は旧江戸城本丸・二の丸の跡地に広がり、庭園や芝生、雑木林などが見事に配置されています。そして四季折々の花木や野草を楽しむことが出来るようになっています。東御苑には平川門から入苑しました。二の丸庭園ではツツジがきれいに整備されていました。 二の丸庭園の一角にたたずむ諏訪の茶屋の前の草地にシャガ(著莪;アヤメ科アヤメ属)の花が群生していました。 二の丸庭園に池が造られていて、池の周りは散策コースになっています。
池の水面からポツンポツンとヒメコウホネ(スイレン科コウホネ属)の黄色の花が突き出ていました。 鮮やかな赤紫色のシラン(紫蘭;ラン科シラン属)が池の周りの所々に配置されています。 池の周りのお休み所にフジ棚が造られています。フジの花がちょうど満開になっていました。
池の端の部分にリュウキンカ(立金花;キンポウゲ科リュウキンカ属)を見つけました。輝くような黄金色の花を咲かせていました。 色鮮やかなナスヒオウギアヤメ(那須檜扇菖蒲;アヤメ科アヤメ属)。那須町と那須塩原市の一部にだけに咲く絶滅危機種です。 二の丸池に隣接して雑木林が造られていて、この時期は新緑で覆われています。この雑木林は山野草の宝庫になっています。 山林に分布するフタリシズカ(二人静;センリョウ科チャラン属)が2本の穂状の白い花序をつけていました。
林床にひっそりと咲くチゴユリ(稚児百合;ユリ科チゴユリ属)を初めて見ました。名前の通り、可愛らしく小さな白い花です。日本国内では全国で見られ、落葉樹林の木陰に生えます。球根はなく、白くてやや太い地下茎を持ちます。 キンラン(金蘭;ラン科キンラン属)の花が一輪だけ咲いていました。キンランが依存している菌は、樹木の根に外菌根を形成する樹木共生菌であることから、人工的な栽培がきわめて困難とされています。 白い花のギンラン(銀蘭;ラン科キンラン属)もキンランと同属になりますが、数多くの株を見つけました。キンランもギンランも日本の野生ランですが、乱獲などもあって絶滅が危惧されるようになっています。
本丸の天守台。江戸城天守閣がこの天守台の上に建っていました。大勢の人が天守台に上り下りしています。前方に広がる大芝生では家族連れなどが自由にくつろぐことが出来るようになっています。 ナニワノイバラ(浪花野茨バラ科バラ属)。 サクラバラ(桜薔薇;バラ科バラ属)。
近代バラ、現代バラの原種の一つといわれるコウシンバラ(庚申薔薇;バラ科バラ属)。四季咲きで、枝先に1個から数個の花を付けます。 常緑つる性低木のモッコウバラ(木香薔薇;バラ科バラ属)。バラ特有の刺が無く小ぶりの八重咲きの花をびっしりと付けます。 キモッコウバラ(黄木香薔薇;バラ科バラ属)。 ウツギ(空木;ユキノシタ科ウツギ属、別名は卯の花)。
落葉樹林の林床に生育する常緑の多年草のキエビネ(黄海老根;ラン科エビネ属)が鮮やかな黄色い花を付けています。 エビネ(海老根;ラン科エビネ属)。同属のキエビネより小ぶり。エビネの名は、地下茎が横に連なって海老のように見えることに由来します。 平川門への帰り道、草むらでマツヨイグサ(待宵草;アカバナ科マツヨイグサ属)を見つけました。どこか文学的な香りがする可憐な花です。夕方(宵)を待って咲くことからこの名が由来。 赤紫色のレンゲソウ(蓮華草;マメ科ゲンゲ属、別名はゲンゲ)の花。現在、レンゲの花の蜜は、良質の蜂蜜の源となる蜜源植物として利用されています。
ムラサキツメクサ(紫詰草;マメ科シャジクソウ属)。 シロツメグサ(白詰草;マメ科シャジクソウ属)。 カラスノエンドウ(マメ科ソラマメ属)。 ニワゼキショウ(庭石菖;アヤメ科ニワゼキショウ属)。

    
 
     
 みどりの日の神代植物公園 2014.5.4
神代植物公園には約4,500種類、10万株の植物が植えられています。また、武蔵野の面影が残り、四季を通じて草木の姿や花の美しさを味わうことができるようになっています。これは広大な西洋風バラ園です。正面は大温室。 深大寺門から入園したのですが、この日はみどりの日で無料公開になっていました。大勢の老若男女が万緑を楽しもうと集い、植物公園が大賑わいになっていました。本当はじっくりと散策したかったのですが。…… 公園入口付近の茶屋。名物は深大寺そばです。江戸時代、深大寺周辺の小作人がそばを作り、米の代わりにそば粉を寺に納め、寺ではそばを打って来客をもてなしたのが、深大寺そばの始まりと伝えられています。 武蔵野の古刹として知られる深大寺の裏山に当たる園内の自然林です。クヌギ、コナラ、イヌシデ、エゴノキ、アカマツなどが茂る典型的な武蔵野の雑木林で、この時期は新緑に覆われていました。
バラ園の右側に長い藤棚が配置されていて、大勢の人が満開になった藤棚のフジ(マメ科フジ属)を楽しんでいました。無数の房状のフジの花が垂れ下がる様は圧巻です。 シャクナゲ園では本当に多くの種類のシャクナゲの花が満開になっていて見応えがあります。シャクナゲ(石楠花)は耐寒性常緑広葉樹で、ツツジ(躑躅)と同じくツツジ科ツツジ属に属します。ツツジと比べ、花が大きくゴージャス感があること、丸みを帯びた葉が厚く細長いことなどが特徴になります。
カラフルなツツジ園。数多くの品種のツツジが咲き揃っていました。 オオデマリ(大手毬;スイカズラ科ガマズミ属、別名はテマリバナ)。大きな手毬のような白い花が沢山付いています。 この時期はいろんな木々が花盛りで、見頃になっています。これはハクウンボク(白雲木;エゴノキ科エゴノキ属)です。大樹を見上げると満開になった白雲のような白い花で溢れていました。
ハンカチノキ(ミズキ科ハンカチノキ属)には、白いハンカチのような花(実は花苞;花芽を保護する葉)がひらひらと舞っていました。 公園の塀沿いに初夏の風物詩のウツギ(空木;ユキノシタ科ウツギ属)の白い花が咲き連なっていました。ウツギは、「夏は来ぬ」の小学唱歌の卯の花のことです。 コゴメウツギ(小米空木;バラ科コゴメウツギ属)が小さな白い花を咲かせていました。花序の様子を米が砕けた小米に見立てこの和名が付いたとのこと。 トチノキ(栃の木;トチノキ科トチノキ属)の花も見つけました。ミツバチが好んで吸蜜に訪れ、養蜂の重要な蜜源植物になっています。
トチノキの近縁種のベニバナトチノキ(紅花栃の木;トチノキ科トチノキ属)がピンク色の花を付けていました。ベニバナトチノキは赤花トチノキと西洋トチノキ(マロニエ)との交配種です。 いろんな野の花も見つけました。これは日本原産のエビネ(海老根;ラン科エビネ属)。地下茎の様子が海老に似ていることが名の由来です。 川岸の湿った草地や原野などに生えるチョウジソウ(丁字草;キョウチクトウ科チョウジソウ属)。うす青紫色の清楚な感じの花です。
フタリシズカ(二人静;センリョウ科チャラン属)。この風流な和名は2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものとのことです。 ひっそりと林地にたたずむホウチャクソウ(宝鐸草;ユリ科チゴユリ属)。宝鐸(ほうちゃく)とは寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた飾りのことで、花が垂れ下がって咲く姿がこの宝鐸に似ることが和名の由来です。チゴユリと同属。 ヨーロッパ原産のドイツスズラン(ドイツ鈴蘭;ユリ科スズラン属)。観賞用に多く栽培されています。日本に野生するスズランと比べると大型で、花の香りが強い。フィンランドの国花になっているそうです。 タツナミソウ(立浪草;シソ科タツナミソウ属)の小さな口唇形の花を見つけました。青紫の花が同じ方向に並んだ花穂の姿が打ち寄せる波頭に似ています。葉先はぎざぎざしていますが、全体として葉の形が丸みを帯びてハート状です。

    
 
     
 5月中旬の小石川植物園
サクラやツツジなどで華やかな時季が過ぎ、園内はしっとりと落ち着いてきました。 菖蒲田はこれから6月にかけて、ハナショウブの花が咲き出します。 緑が濃くなってきた桜並木。暑くなり、みんな木陰で涼を取っています。 バショウ(芭蕉;バショウ科バショウ属)の巨大な葉が青々と茂ってきました。
キソケイ(黄素馨;モクセイ科ソケイ属)の黄色の花。ソケイとは芳香を放つジャスミンのことですが、キソケイには香りがありません。 北米およびキューバが原産のカルミア(ツツジ科カルミア属)の中高木にコンペイトウのような小さな花が塊集した花序が沢山付いていました。アメリカシャクナゲの別名あり。 ゴンズイ(権萃;ミツバウツギ科ゴンズイ属)。山地に自生する落葉小高木。地味で目立たない淡黄緑色の花を多数付けます。。 中国原産のウコギ(五加木;ウコギ科ウコギ属)。根や幹を煎じて薬用強壮剤として利用されたり、天日干にした根や皮を焼酎につけた五加皮酒などの原材料として用いられてきた。
うすピンク色の大きめのサクラバラ(桜薔薇;バラ科バラ属)がまだ盛んに咲いていました。あたりに甘い香りが漂ってきます。 北海道から九州、朝鮮半島に分布する落葉低木のノイバラ(野茨;バラ科バラ属)の白い花。いわゆる野バラです。 バラ科キジムシロ属の落葉低木キンロバイ(金露梅)。しっとりと落ち着いた黄色の花です。盆栽などによく用いられています。 バラ科キジムシロ属の落葉低木ハクロバイ(白露梅)のしっとりと美しい白色の花。主に高山の岩地に生えます。
シセンテンノウメ(四川天の梅;バラ科テンノウメ属)の白い花が盛んに咲いていました。中国南部、台湾が原産の常緑低木。山地の岩場に生育する。 トサシモツケ(土佐下野;バラ科シモツケ属)。日当たりのいい川岸の岩場 などに生え、四国で多く見られる。 日当たりの良い山地の岩場に生える落葉低木イワシモツケ(岩下野;バラ科シモツケ属)。ふんわりした感じの白い花を付けています。 コゴメウツギ(小米空木;バラ科コゴメウツギ属)が小さな白い花を咲かせていました。
シロバナヤエウツギ(白花八重空木;ユキノシタ科ウツギ属)は、ウツギの変異種。山野に自生し、枝先に八重の白い花を咲かせます。 アマギベニウツギ(天城紅空木;スイカズラ科タニウツギ属)の濃紅色の花。その名のとおり、伊豆半島に自生します。 ニシキウツギ(二色空木;スイカズラ科タニウツギ属)。丹沢や箱根の山地全域に普通に分布します。 タニウツギ(谷空木;スイカズラ科タニウツギ属)。特に谷間に多く自生する落葉低木です。
マンシュウキスゲ(満州黄菅;ユリ科ワスレグサ属)の黄色の花。ニッコウキスゲ、ノカンゾウなども同属の近縁種。 イチハツ(一八、鳶尾草;アヤメ科アヤメ属)。アヤメの仲間の中で「いち早く咲く」のでこの名が付いているようです。 池の周りにキショウブ(黄菖蒲;アヤメ科アヤメ属)の黄色の花が寄り添って咲いていました。キショウブは湿地や水辺に繁殖します。 ラン科シラン属のシラン(紫蘭)のあざやかな紫の花。日本、台湾などが原産の野生ラン。観賞用として庭に植えられています。
タデ科イブキトラノオ属の多年草イブキトラノオ(伊吹虎の尾)の白色の花穂が数多く並んで直立していました。虎の尾に似た花穂の形から名が由来。 北国の海辺に分布する多年草のセンダイハギ(千代萩;マメ科センダイハギ属)の黄色の花。ふつうの萩の花は秋に咲きますが、 千代萩の仲間の花はこの頃に咲きます。 美しい青紫色にムラサキセンダイハギ(紫千代萩;マメ科センダイハギ属)の花が咲いていました。アメリカ東部原産の多年草。根が横走りして増えていきます。 山林に分布するフタリシズカ(二人静;センリョウ科チャラン属)。白い2本の穂状の花序が付いています。
クサノオウ(ケシ科クサノオウ属)の黄色の花が草むらに増えてきました。です。皮膚病の湿疹(くさ)を治す薬効があります。 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草;キンポウゲ科デルフィニウム属)。青紫色の花の姿が燕の飛ぶ姿を思わせることからこの名が由来。 ハイキンポウゲ(這金鳳花;キンポウゲ科キンポウゲ属) の黄色い花です。根から出た枝が地表を這いながら伸び、枝から明るく花を咲かせます。 ムラサキサギゴケ(紫鷺苔;ゴマノハグサ科サギゴケ属)。匍匐茎で広がり、やがて苔のように地面を葉がびっしりと覆ってしまいます。単にサギゴケともいう。
白いシロバナイモカタバミ(白花芋片喰;カタバミ科カタバミ属)と赤紫色のイモカタバミ(芋片喰;カタバミ科カタバミ属)が重なって生えていました。 ニガナ(苦菜;キク科ニガナ属)。国内の路傍、田畑などに普通に見られる多年草。茎に苦みが多い。 白い花のオドリコソウ(踊り子草;シソ科オドリコソウ属)です。野辺によく見かける多年草で、花の形が笠をかぶった踊り子のようです。薄ピンク色の花もあります。
ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草;アカバナ科マツヨイグサ属)がわが家の庭で盛んに咲いています。北米原産の帰化植物で観賞用に栽培され、一部は野生化している。宵に咲くツキミソウと違って、昼間に開花します。 ユウゲショウ(夕化粧;アカバナ科マツヨイグサ属、アカバナユウゲショウの別名)。小さな赤い花が秋葉原の空き地に群生していました。ビルザキツキミソウの近縁種。 東北地方南部以南の海岸に自生する常緑低木トベラ(扉;トベラ科トベラ属)が白い花を付けているのを秋葉原の道路の分離帯で見かけました。街路樹などに用いられています。

    
 << 26年4月 | 26年5月 | 26年6月 >> ブログ2014年5月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可