<< 2018年3月 | 2018年4月 > 大柿花山 青森 | 2018年5月 >> ブログ2018年4月
2018年4月(平成30年)
サクラ満開の小石川植物園は春爛漫 …… 2018.4.1
日本列島の上空に高気圧が連綿とつながる初夏の頃の気象配置になっているようで、雨が降らずに連日やや暑い感じの陽気が続いています。小石川植物園ではソメイヨシノが3月最後の週の後半から土日の週末にかけて満開になりました。そして、春から初夏にかけての木々の花や野の花が一斉に咲き出し、まさに春爛漫の様相を呈してきました。……
関連写真
Photo Gallery
サクラ散り、春爛漫から初夏のたたずまいへ …… 2018.4.6
今年は4月上旬に早々とサクラ(ソメイヨシノ)の花が散ってしまいました。サクラの後の園内は色とりどりのツツジの花が咲き出してきて、引き続き私たちの目を楽しませてくれます。ツツジ以外にも、ハナミズキなどの初夏の到来を告げる花も見かけるようになってきてました
……
関連写真
Photo Gallery
栃木の大柿花山はキバナカタクリ、イカリソウなど山野草の花園 …… 2018.4.8
4月上旬の週末(4/8)、栃木の大柿花山を訪ねてきました。大柿花山は、日光連山の裾野に広がる大柿の里山にある古城・袋ヶ岡城跡の山地を老園主が長年かけて花山として大改造した植物園で、
 ……
この日は、キバナカタクリ、イカリソウなどの山野草やモモ、ツツジ、モクレンなどの木々の花々が
 ……
関連ページ
Photo Gallery
4月下旬の青森小旅行(弘前公園、岩木山麓、奥入瀬渓流) …… 2018.4.27
このたび仲間が企画した青森小旅行に参加させてもらい、弘前公園、岩木山麓、奥入瀬渓流などを回ってきました。
 わが国有数の桜の名所といわれる弘前公園は、幸運なことにちょうど桜が満開になっていました。
 ……
関連ページ
Photo Gallery
  弘前公園の桜
  ミズバショウ沼公園
  奥入瀬渓流
 
 
    
 春爛漫の小石川植物園
最近の陽気の影響もあって、小石川植物園では早々とソメイヨシノ(染井吉野)が満開になりました。また、ソメイヨシノ以外にもいろんな花々が咲き出し、新緑が木々を覆い始めました。まさに春爛漫の世界です。
木々の花々(満開のソメイヨシノほか)
ソメイヨシノが満開になり春本番ということで、みんな浮き浮きと楽しい気分で満開の桜の木の下に集います。週末の植物園では臨時の入口を設け、大勢の人出に対応していました。
普通に桜といえばソメイヨシノのことを言いますが、植物園の桜並木にある多くのサクラの木もソメイヨシノです。ソメイヨシノは圧倒的なボリュームの優雅な桜色の花が木全体を覆い、春の青空の中に美しく広がっていきます。まさにソメイヨシノは桜の中で王者の風格を有しています。
ソメイヨシノから多くの品種が生まれています。左から帝吉野(みかどよしの)、山越(やまこし)、三島桜(みしまざくら)、水玉桜(みずたまざくら)。これらの品種は研究過程や実生から作られたといわれています。
観賞用にオオシマザクラを基にしてヤマザクラ、エドヒガン、マメザクラなどを掛け合わされた園芸品種の総称をサトザクラと呼びます。左から長州緋桜(ちょうしゅうひざくら)、一葉(いちよう)、紫桜(むらさきざくら)、太白(太白)の名が付いています。
ヤマザクラの仲間の桜も咲いています。左からオオシマザクラ、オオヤマザクラ、ヤマザクラの孫桜。オオシマザクラは野生種のサクラの一種で、伊豆大島などに多く自生します。オオヤマザクラは野生種の桜で、ヤマザクラに比べて花や葉が大きい。花色が淡紅色であることからベニヤマザクラ(紅山桜)、また北海道に多く生育していることからエゾヤマザクラ(蝦夷山桜)の別名あり。ヤマザクラ(山桜)は桜の野生種の一つ。花が小ぶりで、赤みがかった若葉とともに開花します。寿命が長く大木になります。 サクラ以外の花も多く見かけました。これはアオナシ(バラ科ナシ属)の白い花。八ヶ岳を中心とする山梨・長野両県に自生する野生のナシ(梨)の一種。
花より先に新葉に覆われたイヌザクラ(犬桜;バラ科 サクラ属ウワミズザクラ亜属、別名シロザクラ)。枝先に花芽が出ています。サクラの名が付いていますが、普通の桜とは違い5月頃に密生した総状の白い花が咲きます。本州、四国、九州の山地に生育します。 落葉低木ユスラウメ(梅桃、山桜桃梅;バラ科サクラ属)。主に庭木として用いられ、サクランボに似た赤い小さな実を付ける。 園内の茂みにクサイチゴ(草苺;バラ科キイチゴ属)の白い花を多く見かけました。クサイチゴは草本ではなく、地面を這う落葉小低木です。
イロハモミジがアーチ状に立ち並んだ小径。少しずつ新緑が吹き出してきました。やがて緑のトンネルのようになります。枝中をよく見ると、新葉とともに小さな花が咲いています。あまり目立ちませんが、暗紫色で 5個の萼片と、小さい 5個の花弁をもっています。 中国原産の常緑低木ウンナンオウバイ(雲南黄梅;モクセイ科ソケイ属)。枝垂れながら鮮やかな黄色の花が盛んに咲き出していました。 やはり鮮やかな黄色のヤマブキ(山吹;バラ科ヤマブキ属)の花が咲き連なっていました。ヤマブキは本州の山地に自生する落葉低木です。
ハナズオウ(花蘇芳;マメ科ハナズオウ属)の紫色の花が勢いよく咲いています。花は幹や枝から直接吹き出しているように見え、ビッシリと密生しています。 シデコブシ(四手辛夷;モクレン科モクレン属)の優雅な白い花が大きく広がって咲いています。東濃地域を中心に分布しますが、自生地の消滅が心配されています。 ベニコブシ(紅辛夷;モクレン科モクレン属)。シデコブシの変種で花がうっすらと紅色に染まっています。 シモクレン(紫木蓮;モクレン科)の赤紫色の花。単にモクレンと言えばシモクレンのことです。白い花が咲くモクレンはハクモクレン(白木蓮)です。
冬木立から新緑へ
八丈島などの伊豆七島の山中に多く自生するハチジョウキブシ(八丈木五倍子;キブシ科キブシ属)の黄緑色の小さな花が塊になって垂れ連なって咲いていました。 冬木立だった木々に新葉が付き始め、新緑が広がってきました。これは園入口付近のイチョウ(銀杏;イチョウ科イチョウ属)の大木。晩秋の黄葉は壮観です。 シダレヤナギ(枝垂れ柳;ヤナギ科ヤナギ属)。メタセコイア林の近くの池の辺に生えています。 ケヤキ(欅;ニレ科ケヤキ属)の大樹。スズカケノキ巨木群の一角に立っています。秋には褐色に紅葉します。
中国・台湾原産の落葉高木のフウ(楓;フウ科フウ属)。秋の黄葉も鮮やかです。 日本や朝鮮半島、中国に自生する落葉高木のカツラ(桂;カツラ科カツラ属)。新年の冬木立から衣替えです。 シダレカツラ(枝垂れ桂;カツラ科カツラ属)の新緑です。秋の黄葉が美しい。
咲き広がる季節の野の花
数多くの野の花が咲き広がってきました。これはイカリソウ(碇草;メギ科イカリソウ属)。滋養・強壮に効果がある薬草です。 ホザキノイカリソウ(穂咲きの碇草;メギ科イカリソウ属)。茎葉を乾燥したものを淫羊霍といい漢方薬で用いられます。 全国の木陰地に生育するムラサキケマン(紫華鬘;ケシ科キケマン属)。キケマン属に特徴的な筒状の花を咲かせます。春の妖精の仲間。 ハナダイコン(花大根;アブラナ科ハナダイコン属)の紫色の花。所々に群生しています。かつての園芸植物が野生化しているようです。
山麓の林の縁や林の中、土手などに生える多年草ニリンソウ(二輪草;キンポウゲ科 イチリンソウ属)。園内の随所に咲き広がっています。春の妖精の仲間。 オオアマナ(大甘菜;キジカクシ科オオアマナ属)の白い花も咲き出しました。これから園内のあちこちの林床、草むらを一面の白に染めていきます。 中国原産のバイモ(貝母;ユリ科)が群生しています。小さなつり鐘状の花のウラ側の模様が神秘的です。編笠百合とも呼ばれます。 ヘビイチゴ(蛇苺;バラ科キジムシロ属)が小さな黄色の花を咲かせています。あぜ道や野原などに広く自生するバラ科の多年草。5月頃に赤い実を付けます。
春の野に普通に見られるカラスノエンドウカラスノエンドウ(マメ科ソラマメ属)。赤紫の小さな花が咲いています。花や葉の形が同じマメ科の萩に似ています。 カキドオシ(垣通し;シソ科カキドオシ属)の小さな紫色の花。全国に生育するつる性の多年草です。つるが垣根を通って長く伸びることからこの名が由来。 タンポポ(蒲公英;キク科タンポポ属)の黄色の花の周りにオオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科クワガタソウ属)の小さな青い花が点々と広がっています。 園入口付近にスイセン(水仙;ヒガンバナ科スイセン属)が植えられています。その周りにはハナニラ(花韮;ユリ科ハナニラ属)の白い花が咲いています。

 
    
 4月上旬、サクラからツツジへ
¶ 季節は確実に進み、ソメイヨシノ満開から約1週間経った週末(4/6)、小石川植物園の風景は春爛漫からさわやかな初夏のたたずまいへと移りつつありました。
先週は満開だったソメイヨシノのサクラ並木。あっという間に葉桜に変貌です。 旧東京医学校の赤い建物。イロハモミジの新緑に囲われるようになりました。 林地の奥の方を見やると、真紅のオンツツジが浮き立っていました。 ツツジ園がカラフルになってきました。後方の常緑樹のクスノキも新葉に入れ替わり中です。
晩都(おそみやこ)@サトザクラが落ち着いた感じで咲いていました。 一葉(いちよう)@サトザクラもまだ咲き残っています。 モスグリーン色の仁科蔵王(にしなざおう)@サトザクラ。御衣黄の突然変異種。 半月前はヤマザクラが野趣たっぷりに満開になっていました。今は新緑満開の風景です。

 
¶ サクラが散った後の園内は色とりどりのツツジの花が咲き出し、私たちの目を楽しませてくれます。ツツジ以外にも、初夏の花木が賑やかになってきました。
柴田記念館前でツツジやシャクナゲが美しく咲いています。植込みのツツジは鮮やかな真紅色に染まっていました。 すぐそばのシャクナゲ(石楠花;ツツジ属無鱗片シャクナゲ亜属シャクナゲ列)の高木では、無数の真赤で大きな花がギッシリと並んで咲いていて壮観です。シャクナゲは葉にケイレン毒を含む有毒植物です。 シャクナゲの高木の隣は台湾原産のアカボシシャクナゲ(赤星石楠花;ツツジ属無鱗片シャクナゲ亜属シャクナゲ列)。
ミツバツツジ(三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。花が終わってから枝先に三枚の葉がつくことが名の由来。 サイゴクミツバツツジ(西国三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。九州の山地に生える。 ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。薩摩地方を中心に分布。 タカクマミツバツツジ(高隈三葉躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。霧島山、高隈山に分布。
ムラサキオンツツジ(紫雄躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。オンツツジとは色合いも似ていて、見分けがつきにくい。 タンナアカツツジ(耽羅赤躑躅;ツツジ亜属ミツバツツジ節)。韓国の済州島に分布。オンツツジ の変種。 ヤエヤマツツジ(八重山躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列)。日本全国の山地に普通に見られるヤマツツジの八重種。 シロバナフジツツジ(白花藤躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列)。フジツツジは紀伊半島、四国、九州に分布)。
ミカワツツジ(三河躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列)。愛知県に分布。 藤万葉@リュウキュウツツジ(琉球躑躅;ツツジ亜属ツツジ節ヤマツツジ列) マルババイカツツジ(丸葉梅花躑躅;ツツジ亜属バイカツツジ節)。中国、台湾に分布。 アマミセイシカ(奄美聖紫花;ツツジ属セイシカ亜属)。奄美大島の山地に自生する貴重なツツジ。
ドウダンツツジ(満天星躑躅;ツツジ科ドウダンツツジ属)。小さな鈴状の白い花が満天の夜空に輝く無数の星のように咲いています。 アメリカアサガラ(アメリカ麻殻;エゴノキ科アメリカアサガラ属)。分類標本園の少し奥まったところで小さな鐘状の花が満開になって咲いていました。 中国南部原産のウンナンオガタマ(雲南招霊;モクレン科)。白い花が盛んに咲いていました。神社などによく植えられています。 シジミバナ(蜆花;バラ科シモツケ属)。シジミの実に似た八重咲きの白い花が枝いっぱいにたわわに連なって咲いています。
しっとりと美しい紅白のハナミズキ(花水木;ミズキ科ミズキ属)の花も咲き出していました。スズカケノキ、ユリノキなどの巨木並木からかなり奥まった林地に生えています。初夏の季節の到来を知らせてくれます。 ハナミズキの近くではカリン(花梨;バラ科カリン属)の木に薄紅色の可憐な花が咲いていました。 先月に咲き出したハナズオウ(花蘇芳;マメ科ハナズオウ属)。まだ勢いよく咲き続けていました。
イロハモミジは日増しに新緑があざやかになってきました。左からイロハモミジが立ち並ぶ小径、林地の中のイロハモミジの大木になります。イロハモミジには小さな暗赤色の花が咲いています。 オニカエデ(ムクロジ科カエデ属)の大きな花穂が多数垂れ下がってい ました。
中国原産のムレスズメ(群雀;マメ科ムレスズメ属)。まるで子雀が群れているように小さな黄色の花を咲かせていました。 山野でよく見かける多年草のキジムシロ(雉筵;バラ科キジムシロ属)が盛んに花を付けていました。花後の葉が放射状に展開します。 日本庭園近くの小さな池の周りの様子です。イロハモミジの新緑がせり出してきた池面をよく見ると、散った桜の花びらが広がっています。 メタセコイア林の様子です。メタセコイア(ヒノキ科メタセコイア属)の枝先に、少しづつ新緑が吹く出してきました。
この日は、大樹いっぱいに白雪が降り積もったような木々を見かけました。これは中国・台湾・フィリピンに多く分布するオオカナメモチ(バラ科カナメモチ属)の高木です。細かな白い花を無数に咲かせていました。秋にはたくさんの実が付きます。 これはトキワマンサク(常磐万作;マンサク科トキワマンサク属)の大樹です。リボンのような細長い4枚の 花弁の淡黄色の花が大木に溢れんばかりに枝垂れて咲いていました。このような大樹に出会うと誰しもびっくりしてしまいます。

 
¶ 多くの野の花が競い合いながら草むらに咲き出してきました。
これはムスカリ(キジカクシ科ムスカリ属)です。濃い青紫の小さな花がブドウの房を逆さにしたように並んで咲いています。 ニュートンのリンゴの木の近くの草むらに群生しているシャガ(著莪;アヤメ科アヤメ属)の花が次々に咲き出してきています。 先月から見かけているコスミレ(小菫;スミレ科スミレ属)の花。花姿がタチツボスミレによく似ているが、細長い葉の形状が異なります。 これも先月から見かけているツクシスミレ(筑紫菫;スミレ科スミレ属)。小さな花の中央部が黄色で周りがうす紫色の色調になっています。
全国の木陰地に生育するムラサキケマン(紫華鬘;ケシ科キケマン属)の赤紫色の花。全草に毒性があります。 キケマン(黄華鬘;ケシ科キケマン属)の黄色の花。ムラサキケマンと同属です。主に海岸近くの木陰に生育します ラショウモンカズラ(羅生門葛;シソ科ラショウモンカズラ属)。桜並木の近くの草むらに群生しています。 タンポポ( 蒲公英;キク科タンポポ属)の周りでムラサキサギゴケ(紫鷺苔;ゴマノハグサ科サギゴケ属)が咲き広がっていました。
ヤマブキソウ(山吹草;ケシ科ヤマブキソウ属)が群生していました。カタクリの群生地と隣接しています。 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草;キンポウゲ科デルフィニウム属)の青紫色の花。花の姿が燕の飛ぶ姿と似ています。 山野に生える多年草のセントウソウ(仙洞草;セリ科セントウソウ属)。小さく細か な白い花がひっそりと咲いていました。 オオアマナ(大甘菜;キジカクシ科オオアマナ属)やタンポポ( 蒲公英;キク科タンポポ属)などの野の花たちがひしめき合って咲き並んでいます。

 << 2018年3月 | 2018年4月 > 大柿花山 青森 | 2018年5月 >> ブログ2018年4月

季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可