四季の植物
小石川植物園の風景:1月セレクション
四季の植物 > 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の1月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
1月の風景(晩冬)小寒 大寒
日本庭園と旧東京医学校の建物。26.1 年末から咲き続けるサザンカの花。25.1 新年に咲くロウバイの花。25.1 冬木立のメタセコイア林。25.1
木々の花 ウンナンロウバイ カメリア・ドルピヘラ カンツバキ スイフヨウ(枯)
ソシンロウバイ タイワンサザンカ トガリバサザンカ ミカワツツジ
モチツツジ ヤブツバキ リュウキュウツツジ レンギョウ ローズマリー
ロウバイ 
草 本 オオイヌノフグリ  カラスウリ(実) シオン(枯) シマダンチク(枯)
スイセン ススキ(枯) タンポポ チャボタイゲキ トウゴマ(実)
ニホンズイセン ノハラアザミ(枯) ヤブレガサ(枯) ヤマアイ 
木の実 イイギリ イヌビワ クチナシ クロガネモチ サンシュユ シナヒイラギモチ
センダン タチバナ ツクシカイドウ ナツミカン ネズミモチ ノイバラ
ホンカイドウ マメキンカン マンリョウ
冬木立 アメリカシナノキ イチョウとニレノキ キジュ ケヤキ 
コーカサスサワグルミ シダレヤナギ シデコブシ(新芽) シナサワグルミ
シナミズキ(新芽) シマサルスベリ スズカケノキ ハリギリ
フクロミモクゲンジ ヘツカニガキ ヘラノキ ボダイジュ ポプラ
メタセコイア モミジバスズカケノキ ユリノキ ラクウショウ
その他 チャボトウジュロ(常緑樹) ナンテン(紅葉) ヤドリギ ユーカリ(常緑樹)

 木々の花(1月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ウンナンロウバイ カメリア・ドルピヘラ カンツバキ スイフヨウ(枯)
ソシンロウバイ タイワンサザンカ トガリバサザンカ ミカワツツジ
モチツツジ ヤブツバキ リュウキュウツツジ レンギョウ ローズマリー
ロウバイ 
ロウバイ(蝋梅;ロウバイ科ロウバイ属)は新年に咲く迎春花です。植物園に入ってすぐの所で、やはり今年も可憐な花がしっかりと咲き出していました。25.1
ロウバイの黄色の小さな花は、その名のとおり、まるで透き通ったロウ細工のように見えます。そして顔を近づけると本当にいい香りがします。18.1
ソシンロウバイ(素心蝋梅;ロウバイ科ロウバイ属)も盛んに咲いています。この花は、花全体が黄色で中央部の色の変化のないのが特徴です。18.1
ウンナンロウバイ(雲南蝋梅;ロウバイ科ロウバイ属)の花が咲いていました。中国の雲南省が原産で山地に生育します。花の色は淡い黄色で、内側の花被片は濃い紫色になっています。28.1
梅林でふと足元に目を移すと数輪の小さな鮮黄色のレンギョウ(連翹;モクセイ科レンギョウ属)の花を見つけました。3月~4月に満開になります。17.1
ツバキ科の多くの園芸種が年末から盛んに咲いています。この白い花は、カメリア・ドルピヘラという名の中国、ベトナム原産のツバキです。20.1
これはカンツバキでサザンカの園芸品種ともいわれる。カンツバキは冬の代表的な花木であり、この花のように淡紅色の八重咲きが多い。20.1
トガリバサザンカ(尖葉山茶花;ツバキ科)の小さめの白い花です。名前のように葉の先が尖っているのが特徴。20.1
タイワンサザンカ(台湾山茶花;ツバキ科ツバキ属)の小さな白い花が咲いていました。タイワンサザンカは台湾の固有種です。25.1
園芸種と違って素朴な感じで自生するヤブツバキの白花種、シロヤブツバキです。通常のヤブツバキは赤花で、白花は珍しい。21.1
ツバキ園では、いろんな品種のツバキが咲いています。この真っ赤なツバキは朝鮮椿の名が付いています。22.1
加茂本阿弥という品種のツバキで、古くから茶花として愛好されています。優雅で落ち着いた雰囲気があります。21.1
地中海沿岸地方原産のローズマリー(シソ科マンネンロウ属)です。葉の部分がハーブとして肉料理に使われます。肌にいいとされています。23.1
この時期に咲いているツツジの花もあります。モチツツジは本州と四国に分布し、薄ピンク色の美しい花を咲かせます。19.1
この時期でもツツジの花が咲いています。これはミカワツツジ(三河躑躅)で、愛知県に分布し、ヤマツツジの変種といわれる。21.1
この白いツツジの花はリュウキュウツツジです。丈夫で耐寒性にすぐれ、日本各地で広く庭園等に植裁されていて、多くの園芸品種があります。19.1
スイフヨウ(アオイ科)の枯れ姿で、枯芙蓉という。侘びた風情を見せていますが、初秋には優雅な花を咲かせます。25.1
 
   園内に咲き出す色々なツバキやツツジの花を、それぞれ「ツバキの仲間」「ツツジの花々」
    として取りまとめています。  


 草本:野の花プラス(1月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
オオイヌノフグリ  カラスウリ(実) シオン(枯) シマダンチク(枯)
スイセン ススキ(枯) タンポポ チャボタイゲキ トウゴマ(実)
ニホンズイセン ノハラアザミ(枯) ヤブレガサ(枯) ヤマアイ 
白く清楚な感じがする早春の花スイセン(水仙;ヒガンバナ科スイセン属)が咲き始めました。このスイセンは薬草園に生息しています。22.1
カンザクラの根元の同じ場所に、ニホンズイセンが毎年咲き出します。真ん中の黄色の部分がアクセントになっています。23.1
つる性多年草のカラスウリ(烏瓜;ウリ科カラスウリ属)の朱色の小さな実が所々で見つかります。カラスウリの白い花は夜咲きます。24.1
白銀色のススキ(薄;イネ科ススキ属)の穂もいつまでも残っています。ススキは、尾のような花穂の形から尾花とも呼ばれます。18.1
寒中のこの時期の草むらは、ほとんどが落ち葉や枯れ草に覆われています。それでも、ポツポツと野の花が咲いているのを見つけました。タンポポ(蒲公英;キク科タンポポ属)の鮮やかな黄色の花が落ち葉をかき分け、顔をのぞかせていました。25.1
タンポポの近くに、とても小さく星くずのように可憐なオオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)の花がポツンと咲いていました(上2)。オオイヌノフグリは、暖かくなると青い小さな花が地面いっぱいを覆うようになってきます。25.1
ヤマアイ(山藍;トウダイグサ科ヤマアイ属)。本州から沖縄、中国、朝鮮、台湾、インドシナに分布する常緑多年草で、地下茎で繁殖し、地面を覆って群落を形成します。絞り汁で染色を行うことができ、わが国で最古の染色に用いられた植物と言われる。25.1
チャボタイゲキ(矮鶏大戟トウダイグサ科トウダイグサ属)の野草も見つかりました。トウダイグサやナツトウダイと同属。寒い時期は赤みがかっていて、やがて緑一色に染まってきます。25.1
いろんな草本の「枯れ姿」も面白いものです。これはシマダンチク(縞暖竹;イネ科ダンチク属)。24.1
シオン(紫苑;キク科シオン属)の枯れ姿。24.1
ノハラアザミ(野原薊;キク科アザミ属)の枯れ姿です。昨年9月頃チョウが花に止まり蜜を吸っていました。28.1
トウゴマ(唐胡麻;トウダイグサ科トウゴマ属)の枯れ姿。24.1
ヤブレガサ(破れ傘;キク科ヤブレガサ属)の枯れ姿。24.1

 木の実(1月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
イイギリ イヌビワ クチナシ クロガネモチ サンシュユ シナヒイラギモチ
センダン タチバナ ツクシカイドウ ナツミカン ネズミモチ ノイバラ
ホンカイドウ マメキンカン マンリョウ
サンシュユ(山茱萸;ミズキ科ミズキ属)の木に赤い実を見つけました。やがて実のまわりの冬芽がふくらみ、3月頃には小さな黄金色の花が一斉に開花します。18.1
林地に生育する落葉灌木のイヌビワ(犬枇杷;クワ科イチジク属)の実です。食感はイチジクに似ているそうで、小さな種が多数入っています。21.1
ツクシカイドウ(筑紫海棠;バラ科リンゴ属、別名湖北カイドウ)の赤い実を見つけました。日本では熊本、大分に分布していたが、現在では絶滅。中国~インドに自生。28.1
ホンカイドウ(本海棠;バラ科リンゴ属)の赤や黄の実がまだ残っていました。サクランボの実に似ています。18.1
この時期は、木々に実(果実)がまだ多く残っています。初夏に白い花を咲かせていたノイバラ(野茨;バラ科バラ属)の木に点々と小さな赤い実が付いていました。24.1
葉がすっかり落ちた後のイイギリ(飯桐;イイギリ科イイギリ属)の高木にはまだ真赤な房状の実が数多く残っていました。この実はヒヨドリをはじめ野鳥たちの大好物です。18.1
シナヒイラギモチ(モチノキ科モチノキ属)は赤い木の実を付けています。セイヨウヒイラギ と同じくクリスマスのリースに用いられる。英名はクリスマス・ホーリー。20.1
大木のクロガネモチ(黒鉄黐;モチノキ科モチノキ属)の木にも赤い実が沢山残っています。クロガネモチは関東以西の山野に生える常緑高木ので、庭木にも用いられています。18.1
ネズミモチ(モクセイ科イボタノキ属)が黒い実を沢山付けています。この実がネズミの糞に似ていて、葉の質感がモチノキのようであることから、名の由来。20.1
木々を観察すると、いろんな果実が成っています。これはナツミカン(夏蜜柑;ミカン科ミカン属)の実です。酸っぱそうですが、観賞用にはいいですね。20.1
タチバナ(橘;ミカン科ミカン属)。日本固有の柑橘類。普通のミカンより小さめの実が付いています。26.1
小さなマメキンカン(豆金柑;ミカン科キンカン属)も見つけました。 中国原産で、中国南東部や香港、台湾に分布しています。26.1
センダン(栴檀;センダン科センダン属)の木を見上げると小さな黄色の実が残っていました。まるで丸い団子のようです。24.1
初夏に甘い芳香の白い花を付けるクチナシ(梔子;アカネ科クチナシ属)の木に赤い実が付いているのを見つけました。24.1
たわわに赤い実を付けたマンリョウ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属)。29.1

 冬木立、新芽(1月)
(冬木立、新芽)1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アメリカシナノキ イチョウとニレノキ キジュ ケヤキ 
コーカサスサワグルミ シダレヤナギ シデコブシ(新芽) シナサワグルミ
シナミズキ(新芽) シマサルスベリ スズカケノキ ハリギリ
フクロミモクゲンジ ヘツカニガキ ヘラノキ ボダイジュ ポプラ
メタセコイア モミジバスズカケノキ ユリノキ ラクウショウ
この時期は、大樹の冬木立も見応えがあります。これはコーカサスサワグルミ(クルミ科サワグルミ属)の木です。少しゴツゴツした感じです。22.1
大樹スズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属、別名プラタナス)の冬木も圧倒的な存在感があります。枝先をよく見ると、鈴のような実が沢山垂れ下がっています。18.1
モミジバスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)の冬木立。スズカケノキとアメリカスズカケノキとの交配種です。28.1
高木モミジバスズカケノキの冬木立を見上げてみると鈴のような実が枝に沢山付いています。28.1
ユリノキ(百合の木;モクレン科ユリノキ属)の冬木立。ユリノキは花の形が百合の花やチューリップに似ていて、欧州ではチューリップ・ツリーと呼ばれています。28.1
大空に広がる枝先を見上げると、花の名残が点々と残っています。28.1
この時期、落葉樹は葉が落ち冬木立となり、樹形がしっかりと目に飛び込んできます。これは、かなりの高木になっているシマサルスベリ(ミソハギ科サルスベリ属)です。23.1
中央にそびえ立つのがセイヨウハコヤナギ(ヤナギ科ヤマナラシ属、いわゆるポプラ)の冬木立。左側がラクウショウ(落羽松;スギ科ヌマズギ属)の高木での巨木です。22.1
メタセコイア(スギ科メタセコイア属)の木立を反対側から見ると、また違った面白い写真になります。高度が低い冬の太陽が下方に見えます。21.1
凛として天に伸びるような、スギの先祖のメタセコイア(スギ科メタセコイア属)は、褐色になってやがて落葉します。まだかすかに葉が残っています。21.1
ラクウショウ落羽松;スギ科ヌマズギ属)の冬木立も丸みがあっていいものです。ラクウショウは沼沢地に生育するので、ヌマスギの別名もあります。19.1
植物園には大樹が多く、葉を落とした後の冬木立群も見ごたえがあります。この迫力ある冬木立は右からイチョウとニレノキです。21.1
照葉樹のヘツカニガキ(辺塚苦木;アカネ科タニワタリノキ属)です。メタセコイア林の近くで、まだ青葉が残っていて、周囲の空間のアクセントになります。20.1
左手がフクロミモクゲンジ(袋実木欒子;ムクロジ科モクゲンジ属)の大木、正面がメタセコイアの木立。手前にはシロガネヨシの花穂がまだ残っています。22.1
キジュ(喜樹; ヌマミズキ科)の冬木立。24.1
ボダイジュ(菩提樹;シナノキ科シナノキ属)の冬木立。24.1
ヘラノキ(箆の木;シナノキ科シナノキ属)の冬木立。24.1
アメリカシナノキ(シナノキ科シナノキ属)の冬木立。24.1
ハリギリ(針桐;ウコギ科ハリギリ属)の冬木立。24.1
ケヤキ(欅;ニレ科ケヤキ属)の冬木立。26.1
シナサワグルミ(クルミ科サワグルミ属)。ゴツゴツした感じがします。26.1
シダレヤナギ(枝垂柳;ヤナギ科ヤナギ属)。銀座のヤナギなど街路樹によく用いらています。26.1
春を待つ冬芽も園内あちこちに見掛けます。これはシデコブシ(四手辛夷;モクレン科モクレン属)の冬芽で、ふわっとした繊毛に覆われています。3月には白く見事な花が咲きます。18.1
春を待つシナミズキ(支那水木;マンサク科トサミズキ属)の冬芽がふくらみ始めています。シナミズキの木は、やがて黄色い可憐な花が枝を埋め尽くすように咲きます。18.1

 その他(1月)
チャボトウジュロ(常緑樹) ナンテン(紅葉) ヤドリギ ユーカリ(常緑樹)
地中海沿岸原産のチャボトウジュロ(矮鶏唐棕櫚;ヤシ科チャボトウジュロ属)の木ですが、葉が放射状に伸び、 5月頃、黄色い花を密生して咲かせます。何となく全体の形が鳥のチャボに似ています。23.1
園の入り口から続く坂道を登ったところに、オーストラリア人が大好きなユーカリ(フトモモ科ユーカリ属)の高木がそびえ立っています。ユーカリ属には種が500種以上も存在するようです。23.1
ナンテン(南天;メギ科ナンテン属)の紅葉も残っていました。ナンテンは赤い実もつけます。ナンテンは難転ともいい、難を転ずる縁起のよい木とされ、よく庭先に植えられています。18.1
ヤマナシの樹木の枝の上にヤドリギ(ヤドリギ科ヤドリギ属)を見つけました。団塊状の株を形成したヤドリギが遠くからでも見て取れました。25.1

四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可