四季の植物
小石川植物園の風景:4月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の4月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
4月の風景(晩春)清明 穀雨
色鮮やかななツツジの花々。26.4 ソメイヨシノの大木の下で花見。24.4 イロハモミジの新緑のトンネル。25.4 賑やかになってきたメタセコイア林。26.4
木々の花 アオナシ アメリカアサガラ イヌムレスズメ イロハモミジ ウワミズザクラ 
ウンナンオガタマ オオカナメモチ オオリキュウバイ オニモミジ カラタチ
キンギンボク クサイチゴ クサボケ ゴマギ シキミ シジミバナ シモクレン
シャクナゲ シロバナアケビ セイヨウバクチノキ タニウツギ チョウジガマズミ
ツキヌキニンドウ ツツジ テンダイウヤク ドウダンツツジ トキワマンサク
ニュートンのリンゴの木 ニワトコ ハナカイドウ ハナズオウ ハナミズキ
ハンカチノキ ヒマヤラズミ ヒメカジイチゴ フジ ボタン ムレスズメ
ヤエヤマブキ ヤマナシ ヤマブキ ヤマフジ
新 葉 イロハモミジ オオバベニガシワ 
草 本 イカリソウ イチリンソウ イヌナズナ ウラシマソウ オオアマナ
オオキバナカタバミ カキドオシ カラスノエンドウ キケマン キジムシロ
キバナノクリンザクラ ゴウダソウ サギゴケ シバザクラ シャガ
セリバヒエンソウ セントウソウ タツナミソウ タンチョウソウ
チューリップ トキワマガリバナ ナズナ ナノハナ ニリンソウ ノゲシ
    ハコベ ハナダイコン ハマダイコン ホタルカズラ ムスカリ ムラサキケマン
ヤマブキソウ ラショウモンカズラ
草本2(小石川植物園以外の野の花)
アサザ アズマイチゲ イワウチワ エゾエンゴサク エゾノリュウキンカ
オオバナノエンレイソウ オオミスミソウ キクザキイチゲ キバナスイセン
キバナノアマナ クマガイソウ コシノコバイモ ザゼンソウ ショウジョウバカマ
シラネアオイ スノーフレーク チャルメラソウ トキワイカリソウ トキワナズナ
ナンブイヌナズナ ノウルシ ヒトリシズカ ミスミソウ ミズバショウ
リュウキンカ
       
 木々の花
高木のハンカチノキ(ミズキ科ハンカチノキ属)を見上げると、ヒラヒラとした無数の白いハンカチのような花が春風にゆれています。たくさんの白鳩が飛び出そうとするようにも見えます。20.4
つる性樹木のフジ(藤;マメ科フジ属)の紫色の花が葡萄の房のように垂れています。つる性のため、よく藤棚として植えられます。フジの花穂はヤマフジより長めになります。20.4
ヤマフジ(山藤;マメ科フジ属)は近畿地方以西の中国・四国・九州に分布する木本性ツル植物で、落葉します。この白花のヤマフジには白花美短という園芸種名がついています。20.4
4月中下旬の園内風景。サクラの宴の後、新緑とツツジに主役交代となります。21.4
この時期は、多くの種類のツツジ(躑躅)が燃えるように鮮やかに咲き出します。サクラの宴の後は、ツツジで楽しむことができます。この真紅の色のツツジは日の出霧島という園芸種です。20.4
ツツジ園では、4月初旬はオンツツジが鮮やかに咲いていました。背景はシナミズキの黄色の花です。21.4
このケラマツツジ(慶良間躑躅)は、奄美大島、沖縄に分布します。名は生育地のひとつ沖縄の慶良間諸島にちなんでつけられている。22.4
モチツツジ 21.4
ヤマツツジ 21.4
クルメツツジ 21.4
ヒドラツツジ 21.4
オオヤマツツジ(品種:錦の司) 21.4
リュウキュウツツジ(品種:尾引絞) 21.4
リュウキュウツツジ(品種:白琉球)。21.4
シャクナゲ(石楠花)もツツジの仲間です。高山性の常緑低木で、日本全土の亜高山帯や周辺の渓谷に自生します。これはアカボシシャクナゲ(赤星石楠花)で台湾原産。。22.4
右は中国原産のテンモクシャクナゲ(天目石楠花)。22.4
ホンシャクナゲ 21.4
ドウダンツツジ(満天星躑躅)は、小さな鈴状の白い花が満天の夜空に輝く無数の星のように咲いていました。ドウダンツツジは秋に美しく紅葉します。22.4
上記以外にも、園内に咲き出す色々なツツジを、「ツツジの花々」として取りまとめています。

赤紫色のシモクレン(モクレン科モクレン属)の花も春の空に似合います。かすかに芳香もあります。ハクモクレンに比べて木が小振りですが、優雅な色合いです。19.4
ウンナンオガタマ(雲南招霊;モクレン科モクレン属)の木に白い花が盛んに咲いていました。神社などによく植えられています。22.4
白色や薄紅色のハナミズキ(花水木;ミズキ科ヤマボウシ属)の花が、4月中旬を過ぎると賑やかに開花します。紅白の美しい花がしばらく咲き続けます。青空にもよく調和しています。最近では街路樹にもよく用いられます。郷里の東根市の市の花になっていますし、かつて米国駐在時の住まいにも紅色のハナミズキが咲いていたのが思い起こされます。22.4
   
ハナズオウ(花蘇芳;マメ科ハナズオウ属)の紫の花が勢いよく咲いています。オオリキュウバイの白い花の背景にマッチしています。18.4
ハナズオウの花をよく観察すると、幹や枝から直接吹き出しているように見え、ビッシリと密生しています。このアト、枝の先から若葉が出てきます。22.4
ヤマブキ(山吹;バラ科ヤマブキ属)の花です。本州の丘陵、山地に自生する落葉低木。まさに絵の具のヤマブキイロと同じ鮮やかな黄色の花を咲かせます。22.4
ヤエヤマブキ(八重山吹;バラ科ヤマブキ属)の賑やかな花です。まさに絵の具のヤマブキイロと同じ鮮やかな黄色の花を咲かせます。イギリスでは 「イエロー・ローズ(黄色いバラ)」 と呼ばれる。20.4
ニュートンが万有引力の法則を発見するきっかけになったといういわゆるニュートンのリンゴの木の後裔の木が園内にありますが、初めて白い花を咲かせているのに気がつきました。20.4
オオリキュウバイ(大利休梅;バラ科ヤナギザクラ属)。中国原産の落葉低木。千利休が好んで茶花に用いられたといわれる利休梅より大きな花。25.4
ハナカイドウ(花海棠;バラ科リンゴ属)の薄ピンク色の花です。よく観賞用にも用いられますが、このハナカイドウはリンゴの花に近いようです。21.4
アオナシ(バラ科ナシ属)が白い花を付けていました。アオナシは八ヶ岳を中心とする山梨・長野両県に自生する野生のナシ(梨)の一種で、個体数の減少が危惧されている。22.4
ヤマナシ(山梨;バラ科ナシ属)。清楚な感じの花が満開になっていました。中部地方以南に自生する野生種で、あまり食用には向かないとのこと。24.4
ヒマラヤズミ(バラ科リンゴ属)は白い花で満開でした。中国南西部からインド北部(ヒマラヤ)にかけての山地に分布する落葉高木。リンゴやナシの花に似ています。22.4
オオカナメモチ(バラ科カナメモチ属)の大木が、盛んに小粒の白い花を咲かせていました。秋にはたくさん赤い実がつきます。中国、台湾、フィリピンに多く分布します。22.4
シジミバナ(蜆花;バラ科シモツケ属、別名は小米花)。八重咲きの白い花が枝に群がって咲いています。小さな花をよく見てみるとシジミの身に似ています。24.4
クサボケ(草木瓜:バラ科ボケ属、別名は地梨)。花が木瓜に似ている落葉低木。名前に草が付いていますが、木本です。24.4
ウワミズザクラ(上溝桜;バラ科サクラ属)。北海道、本州に自生するサクラ属の仲間。ブラシのような白い花序に、小さな花が凝集しています。24.4
 →花序の拡大図
セイヨウバクチノキ(西洋博打の木;バラ科 サクラ属)。ヨーロッパ東南部から西アジア原産の常緑木。白い房状に直立する面白い形状の花序を付けます。一応、サクラの仲間。18.4
ヒメカジイチゴ(姫梶苺;バラ科キイチゴ属)。梶苺(カジイチゴ)と苦苺(ニガイチゴ)の交雑種の落葉低木。葉の形がカジノキに似ていて、小振りなことからこの名が由来。24.4
園内の散歩道のあちこちに野いちごの花が目に付きます。この白い花は野いちごの一種クサイチゴ(草苺;バラ科キイチゴ属)です。21.4
ボタン(牡丹;ボタン科ボタン属)の赤紫の花です。昔から、美人の形容に「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われているように、ボタンは美しい花が咲きます。18.4
ムレスズメ(群雀;マメ科ムレスズメ属)。中国原産。小さな黄色の花を咲かせ、まるで雀が群れているように見えることから名が由来。24.4
イヌムレスズメ(犬群雀;マメ科ムレスズメ属)。朝鮮半島原産。同じ仲間のムレスズメと比してムレスズメよりも花が小振り。24.4
テンダイウヤク(天台烏薬;クスノキ科クロモジ属)。中国原産の常緑低木で、江戸時代に渡来。根が健胃薬として利用されている。18.4
シキミ(樒;シキミ科シキミ属)。木のすべてが有毒。仏事に用いるため、寺院に多く栽培されています。シキミの実は植物としては唯一、毒物及び劇物取締法により劇物に指定されています。24.4
カラタチ(枸橘;ミカン科カラタチ属)。中国原産の落葉低木。鋭い刺があることから、かつては外敵の侵入を防ぐ生け垣に多く用いられた。24.4
シロバナアケビ(アケビ科アケビ属)。アケビの白花の園芸種。15.4
トキワマンサク(常磐満作;マンサク科)の大木が園内の林地に生えています。ごく薄い白色の無数の小さな花が満開になっていました。国内での自生地は非常に少ない。23.4
植物園の奥まったところに、アメリカアサガラ(アメリカ麻殻;エゴノキ科アメリカアサガラ属)の花を初めて見つけました。小さな鐘状の花が満開になって空間を覆い尽くしている様子は圧巻でした。19.4
タニウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)は北海道や本州の日本海側の山野に自生する落葉低木で、特に谷間に多く生息するのでこの名が付いています。16.4
落葉低木キンギンボク(金銀木;スイカズラ科スイカズラ属)です。花の色が、最初は白色で後に黄色になる。また果実の形からヒョウタンボクの別名もある。22.4
本州から南西諸島に分布する落葉低木ニワトコ(スイカズラ科ニワトコ属)の花が咲いていました。接骨木の別名があり、かつて骨折したときの添え木に使っていた。22.4
落葉小高木ゴマギ(胡麻木;スイカズラ科ガマズミ属)の白い花です。9月頃に赤い実を付けます。枝や葉にゴマに似た香りがあることからこの名が由来。22.4
チョウジガマズミ(丁字ガマズミ;スイカズラ科ガマズミ属)。花がロート状で、横から見ると丁字の形をしています。芳香木。15.4
ツキヌキニンドウ(突抜忍冬;スイカズラ科スイカズラ属)の真紅の花です。茎が寄り添っている2枚の葉を突き抜くように見えるのでこの名が付いています。忍冬はスイカズラのこと。16.4
イロハモミジ(カエデ科カエデ属)の中に暗紫色の小さな花が咲いています。俳句では、「花楓」とか「もみじ咲く」などと詠みます。23.4
オニモミジ(カエデ科カエデ属、別名梶楓)には大きめの花が点々と付いています。25.4
       
 新葉
雌雄同株の落葉低木、オオバベニガシワ(トウダイグサ科オオバベニガシワ属)の鮮やかな赤の若葉です。葉の下に付いているのが、雄花、雌花のようです。21.4
冬木立だったイロハモミジの並木径が、新緑で覆われたちまち緑のトンネルになってしまいました。紅葉も綺麗ですが、この時期の緑葉もいいもので、心身をリフレッシュしてくれます。20.4
       
 草本(野の花プラス)
アヤメ科アヤメ属の常緑草本シャガ(著莪)。谷沿いの陰地や竹林などに群生します。黄と青の幻想的な模様の入ったシャガの白い花は1日しかもたず、開花した翌日にはしぼんでしまいます。17.4
ゴウダソウ(合田草;アブラナ科ゴウダソウ属)の紅紫色の花です。 かつて合田清教授が種子をフランスから輸入。果実は広い扁平状の楕円形でコバンソウともいわれます。22.4
ハマダイコン(浜大根;アブラナ科ダイコン属)の小さな花です。花の周りにうっすらと赤みを帯びています。海岸の砂地に生える2年草、ダイコンが野生化したものといわれる。18.4
ハナダイコン(花大根;アブラナ科ハナダイコン属)の紫色の花が植物園の空き地に先月から咲き続けています。24.4
山地や亜高山の岩礫地に自生する常緑多年草のトキワマガリバナ(常磐屈曲花;アブラナ科マガリバナ属)の白い小さな花が咲いていました。22.4
林地の奥の方にナノハナ(菜の花;アブラナ科アブラナ属)が咲いているのを見つけました。結構背が高く伸びていました。後方にラクウショウなどの高木が見えます。22.4
イヌナズナ(犬薺;アブラナ科イヌナズナ属)。各地の路傍やあぜ道でよく見かける越年草の普通の野の花。18.4
庭の隅や田畑のあぜ道などにふつうに見られる野の花ナズナ(アブラナ科ナズナ属)です。実の形が三味線に似ていることから、ペンペングサの別名がある。22.4
キバナノクリンザクラ(黄花の九輪桜;サクラソウ科サクラソウ属)。欧州原産で牧場に多く見られる多年草。セイヨウサクラソウ(西洋桜草)の別名があります。15.4
園内の柴田記念館の前に色とりどりの大輪のチューリップ(ユリ科チューリップ属)の花が咲いていました。春の陽光に輝いています。21.4
タンチョウソウ(丹頂草;ユキノシタ科ムクデニア属)の気品のある白い花が咲いています。花の中心部分が丹頂鶴の頭の紅い部分ににていることからこの名が由来するようです。18.4
薄い赤紫色のイカリソウ(錨草;メギ科イカリソウ属)は滋養・強壮に効果がある薬草です。ふわふわと遊泳しているような感じがします。名前は、花の形が錨に似ていることに由来します。18.4
キジムシロ(バラ科キジムシロ属)は山野でよく見かける多年草です。五弁の花が太陽の光を浴びて黄金色に輝いて群生しています。地面に広がる葉を「雉の座る筵」に見立てこの名前がついたという。17.4
シバザクラ(芝桜;ハナシノブ科フロックス属)のピンク色や白い小さな花が、芝のように地をはい、地面を覆うように咲いていました。青紫色のブドウの房を逆さにしたようなムスカリの花も仲良く並んで咲いています。18.4
ヤマブキソウ(山吹草;ケシ科ヤマブキソウ属)。各地の山野の樹林地に群生する多年草。園内のカタクリ自生地の所に大群落をなしていました。24.4
ホタルカズラ(蛍葛;ムラサキ科ムラサキ属)。全国に分布する多年草。緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子がホタルに例えたことからこの名が由来。24.4
正真正銘のイチリンソウ(一輪草;キンポウゲ科イチリンソウ属)を見つけました。イチリンソウはひとつの茎に花をひとつだけ咲かせ、ニリンソウと比べて大柄の花です。24.4
野の花もにぎやかです。この小さく何気なく咲いている白い花は、山麓の林の縁や林の中、土手などに生える多年草のニリンソウ(二輪草;キンポウゲ科イチリンソウ属)です。ひとつの茎に通常2輪の花が咲くことからこの名がついています。18.4
オオアマナ(大甘菜;ユリ科オオアマナ属)の星型の白い花です。小さい花ですが群生し、春の陽射しを浴びてとまぶしく輝いていて園内のあちこちの林床を一面の白に染めています。明治の末頃、ヨーロッパから入ってきた帰化植物です。18.4
ウラシマソウ(浦島草;サトイモ科テンナンショウ属)が園内で開花しているのを初めて見つけました。開花した形を見ると、まるで浦島太郎が釣り糸を垂らしているかのようです。ミズバショウザゼンソウも同じサトイモ科の仲間。23.4
ラショウモンカズラ(羅生門葛;シソ科ラショウモンカズラ属)。山地の林内の湿った場所や渓流沿いに自生する多年草。 かつて渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる鬼女の腕に見立てこの名が付いたとのこと。24.4
タツナミソウ(立浪草;シソ科タツナミソウ属)。日当たりの良い林縁や草地に生育する。青紫の花が同じ方向に並んだ花穂の姿が打ち寄せる波頭に似ていることから、この名が由来。24.4
全国に生育するつる性の多年草カキドオシ(垣通し;シソ科カキドオシ属)の小さな紫色の花です。花のアト、つるが垣根を通って長く伸びることからこの名が由来。22.4
サギゴケ(鷺苔;ゴマノハグサ科サギゴケ属)。本州、四国、九州の湿ったあぜ道などに分布する多年草。匍匐茎で広がっていきます。そして苔のように地面を葉がびっしりと覆ってしまいます。24.4
セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草;キンポウゲ科デルフィニウム属)の青紫色の花が咲いていました。この花の姿が燕の飛ぶ姿を思わせることからこの名が由来。 22.4
オオキバナカタバミ(大黄花片喰;カタバミ科カタバミ属)の黄色の花が咲いていました。ふつうのカタバミと違い、葉に紫色の斑点があるのが特徴です。22.4
全国の木陰地に生育する野の花ムラサキケマン(紫華鬘;ケシ科キケマン属)の花です。全草に毒性があります。華鬘というのは仏殿の欄間などの装飾具のことです。22.4
キケマン(黄華鬘;ケマンソウ科キケマン属)の黄色の花。主に海岸近くの木陰に生育します。毒性があります。25.4
全国の山野に生える多年草のセントウソウ(仙洞草;セリ科セントウソウ属)が小さく細かな白い花をひっそりと咲かせていました。ニンジンのような葉が特徴的です。22.4
ハコベ(繁縷;ナデシコ科ハコベ属)。各地の路傍や畔などに自生する代表的な野草。ハコベラとして春の七草に数えられている。24.4
4月になると、草花もにぎやかになります。これはムスカリ(ユリ科ムスカリ属)です。濃い青紫の小さな花がブドウの房を逆さにしたように並んで咲くので、ブトウムスカリとも呼ばれる。17.4
春の野に普通に見られる野草のカラスノエンドウ(マメ科ソラマメ属)です。赤紫の小さな花が咲いています。花や葉の形が同じマメ科の萩に似ています。18.4
ノゲシ(野芥子;キク科ノゲシ属)。各地の路傍や空き地などに分布。名前と違いタンポポに似ています。背丈は高め。24.4

       
 草本2(野の花プラス:小石川植物園以外)
北米原産のトキワナズナ(常盤薺;アカネ科フーストニア属)の小さな4弁花が密生して咲いていました。わが国には明治時代に渡来し、野生化しているものもあるようです。名前は常緑のナズナということになりますが、花の形状はナズナとは全然異なります。26.4箱根
ナンブイヌナズナ(南部犬薺;アブラナ科イヌナズナ属)。北海道(夕張・日高)や本州(早池峰山)の高山の蛇文岩地に生える多年草です。22.4 箱根
イワウチワ(岩団扇;イワウメ科イワウチワ属)。本州の山地の岩尾根などに生える常緑の多年草です。団扇のような葉が特徴です。22.4 箱根
アズマイチゲ(東一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)。落葉樹林の縁や草原、山麓の土手に生える多年草です。スプリング・エフェメラルの一つ。19.4 西蔵王
キクザキイチゲ(菊咲一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)の薄紫色の一輪の花が咲いていました。キクに似た花を一輪つけることからこの名が由来。スプリング・エフェメラルの一つ。22.4 箱根
ミスミソウ(三角草;キンポウゲ科ミスミソウ属)の白い花。雪の下でも常緑であることからユキワリソウ(雪割草)の名でも知られる。葉は三角形に近く三つに分かれています。22.4 箱根
エゾノリュウキンカ(蝦夷立金花;キンポウゲ科リュウキンカ属、別名:谷地蕗)。北海道、東北の山地に生える多年草。茎が立上がり、黄金色の花を付けることから名が由来。22.4 箱根
リュウキンカ(立金花;キンポウゲ科リュウキンカ属)。エゾノリュウキンカに似ていますが、やや小振り。ミズバショウの咲く頃、一緒に湿原を彩ります。26.4箱根
オオミスミソウ(大三角草;キンポウゲ科ミスミソウ属)。ユキワリソウヤマガタミスミソウ(雪割草)の一種で、日本海側の山地に生育しています。花の色は白、紫、藍など変化に富みます。19.4 西蔵王
シラネアオイ(白根葵;キンポウゲ科シラネアオイ属)。日本固有種の1属1種で、深山に生育する山野草です。和名は、日光白根山に多く、花がタチアオイに似ることから付きました。山芙蓉や春芙蓉の別名があります。26.4箱根
エゾエンゴサク(蝦夷延胡索;ケシ科キケマン属)を初めて観察しました。北海道、本州北部の山地に分布する多年草で、スプリング・エフェメラルの一種。スプリング・エフェメラルの一つ。26.4 箱根
ザゼンソウ(座禅草;サトイモ科ザゼンソウ属、別名:達磨草)。ヤマガタ山形の西蔵王の山麓にある野草園には、ミズバショウ、ザゼンソウ、ミツガシワ、アケボノソウなど四季折々の野草が群生しています。19.4 西蔵王
ミズバショウ(水芭蕉;サトイモ科ミズバショウ属)。白い花のように見えますが、実はこの純白の部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ぶ葉が変形した苞で、真ん中の緑の部分に粒々のような小さな花が結集しています。22.4 箱根
アサザ(浅沙;ミズガシワ科アサザ属)。アサザは浮葉性植物で、地下茎をのばして生長し、スイレンに似た切れ込みのある浮葉をつけます。25.4山形
珍しいヒトリシズカ(一人静;センリョウ科チャラン属)の花を見つけました。茎の先に1本の穂状花序を出し、ブラシ状の小さな白い花をつけて群生していました。北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の林内、林縁に自生します。26.4箱根
ノウルシ(野漆;トウダイグサ科トウダイグサ属)が生育していました。有毒植物です。和名の由来は、茎葉に傷をつけるとウルシに似た白乳液が出ることからきている。26.4箱根
キバナスイセン(黄花水仙;ヒガンバナ科スイセン属)。箱根湿生花園内は山野草の宝庫です。キバナスイセン(黄花水仙;ヒガンバナ科)は、白い清楚なスイセンと比べて、遅めの時期に咲き出します。22.4 箱根
スノーフレーク(ヒガンバナ科スノーフレーク属スズラン水仙スイセン)の清楚で小さな白い花。花がスズランに似ていることからスズランズイセン(鈴蘭水仙)の別名があります。22.4 箱根
トキワイカリソウ(常盤錨草;メギ科イカリソウ属)。常緑の多年草で落葉樹林の林床に生え、ふわふわした白い花を咲かせます。トキワは常緑の意味。22.4 箱根
珍しい名前のチャルメルソウ(哨吶草;ユキノシタ科チャルメルソウ属)を見つけました。果実の形が楽器のチャルメラに似ることから、和名が由来。26.4箱根
オオバナノエンレイソウ(大花延齢草;ユリ科エンレイソウ属)。北海道、本州北部の湿った林地に生える多年草。3枚の花弁、萼片、葉を持ち、北大の校章になっている植物です。22.4 箱根
キバナノアマナ(黄花の甘菜;ユリ科キバナノアマナ属)。地下に鱗茎(球根)があり、早春に葉と同時に花茎を出します。国内では北海道、本州中部以北に分布し、日のあたる草むらや田畑の土手、林の縁などに生育します。スプリング・エフェメラルの一つ。26.4 箱根
コシノコバイモ(越の小貝母;ユリ科コバイモ属)の可憐な花を見つけました。コバイモの仲間は生息地の名前が付くことが多く、コシノは越後地方の意味。コバイモの仲間は、草むらに普段に見かけるバイモよりもずっと小柄です。スプリング・エフェメラルの一つ。26.4 箱根
ショウジョウバカマ(猩々袴;ユリ科ショウジョウバカマ属)。北海道から九州までの、やや湿った場所に分布します。面白い名前が付いていますが、赤い花が中国の伝説上の動物のこ猩々(ショウジョウ)になぞらえ、根生葉の重なりが袴(ハカマ)に似ていることから由来するそうです。スプリング・エフェメラルの一つ。26.4 箱根
絶滅が危惧されているクマガイソウ(熊谷草;ラン科アツモリソウ属)です。2枚の扇形の葉の間から袋状の花を咲かせています。名は源氏の武将、熊谷直実に由来し、ふくらんだ形の花を昔の武士が背中に背負った母衣に見立てています。20.4 自宅

四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可