四季の植物
小石川植物園の風景:9月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の9月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
9月の風景(仲秋)白露 秋分
秋空に向うシマダンチクの大きな花穂。22.9 一面に広がる真紅のヒガンバナ。24.9 ハコネギクなどの野菊が咲き出します。24.9 植物園の秋の夕暮れ。23.9
木々の花 キミガヨラン シナハクチョウゲ シロバナハギ スイフヨウ タラノキ
フクロミモクゲンジ フサフジウツギ マルバハギ ミヤギノハギ
木の実 イチョウ ガマズミ カラタチ コムラサキ サルスベリ ナツメ
ニイタカガマズミ ヌマミズキ ハナキササゲ ハナミズキ ヒメザクロ
ヒメタイサンボク マルバチシャノキ メンデルのブドウ ヤブツバキ 
ヤマボウシ
緑 葉 ツタ ハナズオウ ヤマハゼ 
草 本 アモルフォファルス・ギガス(巨大コンニャク) イセハナビ エノコログサ
オシロイバナ カリガネソウ キツネノマゴ クズ ゲンノショウコ シソ
シマダンチク シロガネヨシ ジンジャー ススキ センニンソウ
タカアザミ ダンドク ツリガネニンジン ツルボ トクサ ニラ 
ヌスビトハギ ノハラアザミ バショウ ハマカンゾウ ヒガンバナ ハコネギク
ハマカンゾウ ヒナタイノコズチ ビランジ フジバカマ ヘクソカズラ
マルバルコウソウ ミズヒキ ムラサキシロガネヨシ ヤブガラシ
ヨウシュヤマゴボウ 
草本2(小石川植物園以外の野の花)
アサマフウロ アカソバ エゾリンドウ エンビセンノウ オヤマボクチ
オヤマリンドウ キレンゲショウマ コウホネ コウメバチソウ コオニユリ
コスモス サギソウ サクラタデ サラシナショウマ サワギキョウ
サワシロギク サワヒヨドリ シナノナデシコ ジャコウソウ シラヤマギク
スズムシバナ ソバ チカラシバ ナガバミズアオイ ナツエビネ
ナンブアザミ ハクサンシャジン ハナトラノオ ヒマラヤトラノオ
ヒメワレモコウ フジアザミ ホテイアオイ ミズアオイ ミヤマトリカブト
メコノプシス・ラケモサ ヤマトリカブト ヤマニガナ
 
      
 木々の花
赤白色が交じったアオイ科フヨウ属のスイフヨウ(酔芙蓉)の花です。一日花で、はじめは白色、のちに赤色に変わってしぼみます。「酔う芙蓉」ということから、この風流な名がついています。17.9
八重咲きのスイフヨウ(酔芙蓉;アオイ科フヨウ属)。スイフヨウの花は一日花で、白色から薄赤色に徐々に変わってしぼみます。この日はちょうど変身中の花を撮ることができました。26.9
タラノキ ウコギ科タラノキ属の落葉低木タラノキ。白いこまかい花が穂状に群がって咲いていて、遠くからでもよく目立っていました。山野に自生しトゲの多い木で、鳥不止(とりとまらず)の別称をもつ。春先に頂生するタラノメの山菜は大変美味です。15.9
フクロミモクゲンジ(袋実木欒子; ムクロジ科モクゲンジ属)の大樹を見上げると、黄色の花が盛んに咲いていました。黄色の細かい花がハラハラと舞い降りて、英名の golden rain tree そのものです。26.9
キミガヨラン 白いゴージャスな花が堂々と咲いています。これはキミガヨラン(君が代蘭; リュウゼツラン科ユッカ属)で、真白い大きめの花房がたくさんついています。ユッカという名でも呼ばれていて、初夏と初秋の年2回開花します。16.9
フサフジウツギ(房藤空木;フジウツギ科フジウツギ属)の淡紫色の房状の花穂もそろそろ終わりですが、チョウが飛んできて盛んに蜜を吸っていました。18.9
中国原産のシナハクチョウゲ(支那白丁花; アカネ科ハクチョウゲ属)の細かい多数の白い花に蝶が戯れていました。短い枝の先に数個の白い花が密集して付いています。19.9
全国の山地に分布するマルバハギ(丸葉萩;マメ科ハギ属)が赤紫色の蝶形の花を付けていました。名のとおり丸い葉が特徴です。マルバハギは同属のヤマハギとともに、「秋の七草の萩」とされています。24.9
ミヤギノハギ(宮城野萩;マメ科ハギ属)の赤紫色のチョウのかたちの花をつけます。たわわに枝垂れるミヤギノハギは、宮城県に多く自生することから和名が由来。26.9
珍しい白い花を咲かせる萩のシロバナハギ(白花萩;マメ科ハギ属)。ミヤギノハギの変種です。26.9
      
 木の実
初夏に美しい花を付け楽しませてくれるハナミズキ(花水木;ミズキ科ミズキ属)ですが、木い実が点々と付いていて赤みがかってきました。27.9
木々の紅葉・黄葉はこれからで、まだ大部分が緑葉です。しかしながら緑の木の枝を見やると、色づいた木の実(果実)をちらほらと見かけるようになりました。ヤマボウシは6月頃に白い花を咲かせます。27.9
ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)の木に近づいてみると、所々の木の枝に黒っぽい実がついていました。長さ1㎝前後の卵形の小さな実で、なかなか気がつきにくい。27.9
植物園に入って直ぐの所にヒメタイサンボク(姫泰山木;モクレン科モクレン属)の木が生えています。同じ北米原産のタイザンボク(泰山木)と比べて、葉の厚さが薄く大きさも小さめで上品な印象を受けます。このヒメタイサンボクの樹中に赤い木の実が付いていました。実は今までこの木の存在も知りませんでしたので、赤い木の実を見たのももちろん初めてです。27.9
ガマズミ スイカズラ科ガマズミ属のガマズミ(莢蒾)の木に赤い木の実がたわわになっていました。さらに熟すと真っ赤になり、酸味があって生食できるようだが、多くは野鳥のよいえさとなります。また、秋が深くなるとガマズミの見事な紅葉が見られます。15.9
ニイタカガマズミ(スイカズラ科ガマズミ属)の低木に赤い実が付いていました。ニイタカ山は台湾の最高峰ですので、台湾に多く自生していると思われます。26.9
コムラサキ(小紫;クマツヅラ科ムラサキシキブ属)がその名のとおり紫色の実を付けていました。小粒の実が房状に連なってキレイです。19.9
木の実がちらほらと目につくようになってきました。これはサルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)。花が咲いた後、実が付いてきました。
日本庭園の池の周りのハナキササゲ(花木大角豆;ノウゼンカズラ科キササゲ属)が細長いさや状の実を付けていました。6月頃に木全体がふわふわ形状の白い花で満開になり壮観です。27.9
ヤブツバキ (ツバキ科 ツバキ属)の木に大きめの果実が付いていました。ヤブツバキは東北以西の暖地に生育する常緑の小高木で、伊豆七島や四 国・九州の太平洋海岸地域などに花の名所が多い。この果実の中の種子から広く愛用されている椿油を採取します。27.9
園内にメンデルのブドウの木(メンデルが遺伝の実験を行ったブドウの木の末裔)がありますが、初めて実が成っているのを見つけました。山ブドウのような素朴な感じでした。19.9
ミカン科カラタチ属のカラタチ(枳殻)の木に、ソフトボール大のまんまるの形をしたオレンジ色の実がたわわになっていました。「カラタチの木枝には鋭く大きなトゲが沢山ついています。17.9
落葉高木のナツメ(クロウメモドキ科ナツメ属)がまだ青い実を付けていました。これから熟していきます。ナツメの実はドライフルーツに使われ、糖質、各種アミノ酸、たんぱく質、ミネラルなど豊富な栄養を誇っています。27.9
イチョウ(イチョウ科イチョウ属)の木の実も見つかりました。色づきはまだまだですが、やがて黄葉とともに黄色の実が熟して、美味しい銀杏を味わうことが出来るようになります。27.9
日本、台湾、中国などに分布するマルバチシャノキ(丸葉萵苣の木;ムラサキ科チシャノキ属)。樹の随所に黄色の実の大きな塊が付いていました。この実をつぶすとバナナような香りがします。果肉は生食できるそうです。27.9
ヒメザクロ(姫石榴;ザクロ科ザクロ属)。7月に小さな赤い花が咲いていましたが、かわいい実をつけていました。25.9
      
 緑葉
ヤマハゼ(山黄櫨;ウルシ科ウルシ属)の木をよく見ると、青い実が鈴なりに連なって付いていました。秋が深まるにつれ、紅葉が美しくなります。また、緑色の実は、冬には灰褐色になります。22.9
ハナズオウ(花蘇芳;マメ科ハナズオウ属)の青々とした葉です。春のハナズオウは葉が全く付いていない状態で、枝から吹き出るように赤紫の花が盛んに咲き出します。このため、こんな立派な葉があったんだという感じです。22.9
つる性の植物はクズ以外にもあちこちに見受けられます。これは、ポプラの木にギッシリと絡まっているツタ(蔦;ブドウ科ツタ属)です。22.9
      
 草本(野の花プラス)
今年もちょうど秋の彼岸の時期に、園内の随所で燃える炎のように美しくヒガンバナ(彼岸花)が満開になって咲き出しました。ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。白い彼岸花も少し咲いています。18.9
曼珠沙華(赤い花をあらわす梵語)の別名があります。昔から墓地に植えられ、本当に故人を弔っているような感じがします。18.9
ツリガネニンジン(釣鐘人参;キキョウ科ツリガネニンジン属)の小さな釣鐘状の薄紫色の花が咲いていました。根がニンジンに似ているそうです。春先の若菜は山菜として昔から親しまれています。19.9
ダンドク(曇華;カンナ科カンナ属)の花がスクッと咲いています。ダンドクはカンナの原種で南米原産。堅い実の形から、インデアンの弾丸と呼ばれています。赤い花が多いのですがこのように黄色い花もあります。19.9
ビランジ(ナデシコ科マンテマ属)の花がポツンと咲いていました。真紅色でよく目立ちます。同じ仲間にピンク色ににぎやかに咲くムシトリナデシコがあります。18.9
青空の下に背の高いムラサキシロガネヨシ(イネ科コルタデリア属)の花穂がたなびいていました。パンパスグラスとも呼ばれる真っ白なシロガネヨシの仲間で紫色がかっています。19.9
シロガネヨシ ススキを大きく立派にしたようなシロガネヨシ(白銀葭;イネ科コルタデリア属)の花穂が風に悠然とたなびいています。この花はブラジル南部やアルゼンチンなどのパンパス地帯に大群落を作っているのでパンパスグラスともいう。16.9
秋空に向かってシマダンチク(縞ダンチク)の大きな花穂が伸びていました。母種のダンチクは暖地の海岸近くに生育するイネ科ダンチク属の多年草です。22.9
風になびくススキ(薄;イネ科ススキ属)の穂が秋の陽射しを受けキラキラと輝いていました。まさに秋の風景です。ススキは秋の七草の一つとして古くから親しまれ、全国津々浦々に見かけます。18.9
園内の草むらを見やるといろんな野草を見つけます。これはエノコログサ(犬ころ草;イネ科エノコログサ属)で、どの道ばたや草むらでも普通に見かけますが、光り輝くアップの写真も趣があります。18.9
山地に生える多年草カリガネソウ(雁金草;クマツズラ科カリガネソウ属)。薄青紫色の小さく優雅な花の形が水鳥の雁に似ています。26.9
草原に普通に見られるノハラアザミ(野原薊;キク科アザミ属)の花もふさふさの毛状の穂に変貌中です。アザミの仲間には、フジアザミマリアアザミなどがあります。18.9
タカアザミ(高薊;キク科アザミ属)の赤い花が下向きに大人しく咲いています。タカアザミは関東信越以北の北日本に自生します。20.9
9月上旬には赤く咲いていたタカアザミが、9月下旬になるとタンポポのような綿毛に変貌していました。風でふわふわと飛んでいきます。20.9
キク科ヒヨドリバナ属の多年草フジバカマ(藤袴)も秋の七草の一つ。花色が藤の花に似ていることから「藤袴」の名が付いたとのこと。うっかり道ばたの雑草として見逃してしまいそうです。20.9
山地の草地などに生える野菊であるハコネギク(箱根菊;キク科シオン属)です。箱根駒ヶ岳の山頂で見られることから、この名が由来。箱根を中心に富士火山帯の山地に多く分布します。24.9
草むらにミズヒキ(水引;タデ科イヌタデ属)を多く見かけました。ミズヒキの和名は、紅白に見える花序が水引に似ていることに由来します。全国各地の日陰地に自生する野草です。26.9
赤紫色のクズ(葛;マメ科クズ属)の花です。つる性の植物でとても生命力が強く、中高木のホンカイドウの木がすっぽりと覆われていました。根からは葛澱粉が採れ、この根は葛根(カッコン)と呼ばれ、漢方薬として使われます。22.9
小さく細かい花を沢山付けているのはヌスビトハギ(盗人萩;マメ科ヌスビトハギ属)です。節果の表面にカギ状の毛が密生しており衣服に付着します。20.9
ヌスビトハギ(盗人萩;マメ科ヌスビトハギ属)の淡紅色の小さな花を付けた花穂が広がっていました。果実が忍び足で歩く泥棒の足跡に似ていることがこの名の由来。24.9
食材として有名なシソ(紫蘇;シソ科シソ属)。紫色で人を蘇らせることのできる薬草ということで、和名が由来。24.9
シダ植物門のトクサ科トクサ属の植物のトクサ(砥草)。本州中部から北海道にかけての山間の湿地に自生する。砥石に似て茎でものを研ぐことができることから砥草の名が由来。24.9
藪を覆って枯らしてしまうほど生育が旺盛といわれるヤブガラシ(藪枯らし;ブドウ科ヤブガラシ属)も随所に見受けます。ヤブガラシの花にチョウが止まっていました。22.9
キンポウゲ科センニンソウ属のセンニンソウ(仙人草)です。仙人のヒゲのような多数のふわふわとした白色の花がむらがって咲き、長い葉柄があって他の植物によく絡みつきます。18.9
野生化したつる性の植物マルバルコウソウ(丸葉縷紅草;ヒルガオ科ルコウソウ属)の赤い小さな花が盛んに咲いていました。アサガオのような形をしています。20.9
ショウガ科シュクシャ属のジンジャーの白い花でいい香りがします。白い百合のような色の花の様子から 「ジンジャーリリー」とも呼ばれます。18.9
野菜としてよく口にするニラ(韮;ユリ科ニラ属)の花です。ニラの鮮やかな緑色の葉は特有の匂いがあって、いかにも滋養がありそうです。昆虫のカメムシもこの匂いが好きなのでしょうか。19.9
北米原産の帰化植物で、ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草ヨウシュヤマゴボウが赤黒い実を付けています。ヤマゴボウと違い、根は有毒で食することができません。20.9
キツネノマゴ 野原や道端にも普通に見られる野草キツネノマゴ(キツネノマゴ科キツネノマゴ属)の小さい花です。面白い名前ですが、花が子ギツネの顔に似ているからといわれています。アゲハが盛んにアタックしていました。16.9
キツネノマゴ科イセハナビ属の多年草イセハナビ(伊勢花火)です。うっすらと赤い可憐な花を咲かせていました。次々と打ち上がる花火のように花を咲かせることから名が由来。22.9
全国に分布する多年草のツルボ(蔓穂;ユリ科ツルボ属)です。園内の池の周りに群生していて、ピンク色の花穂を付けていました。ツルボの鱗茎は飢饉の時に食用に供され役立ったそうです。24.9
夏に咲くキスゲノカンゾウの仲間のハマカンゾウ(浜萓草;ユリ科ワスレグサ)の花が、少し遅れて9月に入っても咲いていました。22.9
オシロイバナ(白粉花;オシロイバナ科オシロイバナ属)の赤い花が陽光に輝いています。この花の実をつぶすと白い粉になりオシロイのようになることからこの名が由来します。18.9
日当たりのいい場所に生える多年草。ヒナタイノコズチ(日向猪子槌;ヒユ科イノコズチ属)。緑色の小花が咲いていますが、この後の果実は人の衣服や小動物の体に付着し運ばれます。24.9
ゲンノショウコ(現の証拠;フウロソウ科フウロソウ属)の清楚な花も咲いていました。生薬の一つであり、「胃腸に実際に効く証拠」ということからこの名が付く。アサマフウロ(浅間風露)ハクサンフウロ(白山風露)が近縁種です。24.9
つる性植物のヘクソカズラ (屁糞葛;アカネ科ヘクソカズラ属)。小さな花で、花自体はかわいらしいのですが、名前がどうもいただけません。葉や茎を採って揉むと悪臭があるとのこと。この状態では全然臭いません。27.9
サトイモ科コンニャク属のアモルフォファルス・ギガスの花ですが、咲いたのは4年ぶりだそうです。開花すると訪花昆虫を惹きつけるために、一晩だけ臭い匂いを発します。ただ、3メールもの高い所に咲いていましたので、匂いは分かりませんでした。19.9
何とも面白い写真ですが、これはバショウ(芭蕉;バショウ科バショウ属)の花です。バショウは大きく羽ばたくような葉がすぐ頭に浮かびますが、長く伸びた花軸の先に雄花がついている様子も印象的です。19.9
       
 草本2(野の花プラス:小石川植物園以外)
チカラシバ(力芝;イネ科チカラシバ属)。道端によく見かけるイネ科の多年草ですが、池の周りでみつけました。ブラシのような力強い穂が特徴的です。23.9 新宿御苑
多年草サワギキョウ(沢桔梗;キキョウ科ミゾカクシ属)の小さな青紫色の花が枝先に連なっています。ロベリンという成分を含む毒草です。23.9 箱根
ハクサンシャジン(白山沙参;キキョウ科ツリガネニンジン属)。日本固有種でツリガネニンジンの高山型。27.9信州
ヤマニガナ(山苦菜;キク科アキノノゲシ属)の黄色の花があぜ道に咲いていました。何気ないあぜ道もよく見ると花畑のようです。20.9 山形
アザミの仲間ナンブアザミ(南部薊;キク科アザミ属)です。高さ1~2mになる多年草。本州中部以北の山地の林縁や草原にごく普通に見られます。23.9 箱根
フジアザミ(富士薊;キク科アザミ属)。直径が10センチ位の大きなアザミの花が下向きに咲いていましたが、その大きさに驚きました。富士山の周辺に多く生育しフジアザミ(富士薊;キク科)の名が付いています。17.9 青木ヶ原アオキガハラ
コスモス(秋桜;キク科コスモス属)。富士山周辺をドライブしてきましたが、秋の佇まいです。富士五湖の一つ精進湖の辺では、富士山のシルエットを背景にコスモスの花が風にたなびいていました。17.9 精進湖ショウジコ
キク科の多年草のサワシロギク(沢白菊;キク科シオン属)。湿地に分布する白い菊が名の由来。日が経つと次第に赤みがかってきます。23.9 箱根
山地や丘陵などに見られるキク科の多年草のシラヤマギク(白山菊;キク科シオン属、別名:ムコナ)。繊細な感じの白い花です。北海道から九州、朝鮮・中国に分布します。23.9 箱根
キク科の多年草のサワヒヨドリ(沢鵯;キク科ヒヨドリバナ属)です。フジバカマと非常によく似ていて、なかなか区別がつきません。全国の湿地に分布します。23.9 箱根
オヤマボクチ(雄山火口;キク科ヤマボクチ属)。葉や花から採った綿毛を火打ち石で火を起すのに使っていたそうです。27.9信州
山地に生える多年草スズムシバナ(鈴虫花;キツネノマゴ科イセハナビ属)の小さな白い花。鈴虫の鳴く頃に咲くといわれ、青紫色の花のものもあります。23.9 箱根
多年草サラシナショウマ(晒菜升麻;キンポウゲ科サラシナショウマ属、別名:山升麻)。新芽をゆでて水に晒して食用にします。三角形状の葉の形は、○○升麻の特徴。23.9 箱根
ミヤマトリカブト(深山鳥兜;キンポウゲ科トリカブト属)。秋の北アルプスを美しく青く彩りますが、全草にアルカイド系の猛毒を含みます。27.9信州
多年草ヤマトリカブト(山鳥兜;キンポウゲ科トリカブト属)の青紫色の花。花の形が鳥の形をした舞楽の冠に似ています。有名な有毒植物。23.9 箱根
ヒマラヤの標高4000m前後に自生する青いケシの一種、メコノプシス・ラケモサ(ケシ科メコノプシス属)。主に7月に咲きます。27.9信州
ジャコウソウ(麝香草;シソ科ジャコウソウ属)。林地や沢の湿地に生える。名前と異なり、花や茎葉の匂いを嗅いでみても香りは殆ど無い。23.9 箱根
北米原産の多年草のハナトラノオ(花虎の尾;シソ科、別名:カクトラノオ)。花穂が虎の尻尾に似ていて、さらに茎が角張っているのでこの名が由来。23.9 箱根
池の水面に黄色のコウホネ(河骨;スイレン科コウホネ属)の花が浮かんでいました。根茎が白くゴツゴツしていて骨のように見えることからこの名が由来。23.9 箱根
ポリグラム・アフィネ(タデ科イヌタデ属、和名はヒマラヤトラノオ)。淡紅色の花を次々に咲かせ、ロックガーデンを彩ります。27.9信州
アカソバ(赤蕎麦;タデ科ソバ属、別名:紅花蕎麦)。信州赤ソバ畑の投稿写真を、地元出身のI氏からいただきました。長野県箕輪町の「赤そばの里」のソバの花が見事に色づいています。赤ソバは、ネパール原産のソバを品種改良したもので、遊休農地活用と景観形成を兼ねて栽培しているとのこと。ソバの花は白と信じていたので、写真を見ただけで感動しています。そのうち現地を訪れ、実際に見聞し赤蕎麦を食してみたいと思っています。18.9 信州シンシュウ
ソバ(蕎麦;タデ科ソバ属)。山形では、最近のソバ(蕎麦)人気もあって、ソバ畑の作付けが広がっています。奥羽山地の山々を背景に白いソバの花が満開になっているソバ畑を見つけました。
 近くからソバの花を見ると、白い小さな花が塊になって密生して咲いています。山形のあちこちに蕎麦街道ができていて、山菜蕎麦やソバガキなどの山形ソバのいろんな味が堪能出来ます。17.9 山形ヤマガタ
多年草サクラタデ(桜蓼;タデ科タデ属)。タデ科の仲間は地味な花が多いが、この花は可憐なピンク色の花を咲かせます。まるで桜の小枝のようです。23.9 箱根
エンビセンノウ(燕尾仙翁;ナデシコ科センノウ属)。ツバメの尾のことを燕尾といいますが、花びらの形が似ています。27.9信州
シナノナデシコ(信濃撫子;ナデシコ科ナデシコ属)。日本固有の種のナデシコで長野県内に多い。石の多いところに生育します。27.9信州
ヒメワレモコウ(姫吾亦紅;バラ科ワレモコウ属)の可愛らしい花がツンツンとした茎の先に咲いています。ワレモコウよりもやや小振り。23.9 箱根
浅間山麓に多く分布する多年草のアサマフウロ(浅間風露;フウロソウ科フウロソウ属)。鮮やかな赤紫色の花が所々に咲いていて、山野の風景のアクセントになっています。23.9 箱根
水生植物ホテイアオイ(布袋葵;ミズアオイ科ホテイアオイ属)の美しい花です。葉の基部が膨らんでいて七福神の布袋様のお腹に似ていることからこの名が由来。ホテイソウの別名あり。23.9 箱根
やはりミズアオイ科の水生植物ナガバミズアオイ(長葉水葵;ミズアオイ科ポンテデリア属、別名:ポンテデリア)。南北アメリカの淡水の湿原・沼地などに自生します。光沢のある葉が水面に突き出ています。23.9 箱根
ミズアオイ科ミズアオイ属の1年草ミズアオイ(水葵)。1日花です。全国の水辺や湿地に分布していますが、農薬の影響で減少し絶滅危惧植物に指定されています。23.9 箱根
コウメバチソウ(小梅鉢草;ユキノシタ科ウメバチソウ属)。8月の終わり頃からウメに似た白い花を咲かせます。ウメバチソウの高山型。27.9信州
多年草キレンゲショウマ(黄蓮華升麻;ユキノシタ科キレンゲショウマ属)の黄色の花です。葉の形が手のひらのようです。23.9 箱根
コオニユリ(小鬼百合;ユリ科ユリ属)。日本の山地に自生するユリの仲間です。山の中でオレンジ色のユリの花を見かけたら、多くの場合、このコオニユリです。オニユリよりも花も背丈も小振り。根茎は食用にもなります。27.9信州
ラン科の多年草ナツエビネ(夏海老根;ラン科エビネ属)。全国の山林に分布。エビネやキエビネなど、この仲間の多くは春に咲きます。23.9 箱根
サギソウ(鷺草;ラン科サギソウ属)。白鷺が羽を広げて雄飛しているかのような美しいサギソウ(鷺草;ラン科)の花が池の辺に群生していました。サギソウは球根をつくって増えます。23.9 箱根
リンドウ科の多年草のエゾリンドウ(蝦夷竜胆;リンドウ科リンドウ属)。北海道から東北の湿地に分布。普通のリンドウの花と比べると背が高く、沢山の花を付けます。23.9 箱根
オヤマリンドウ(御山竜胆;リンドウ科リンドウ属)の紫色の花があちこちに見かけました。オヤマリンドウは先端部にのみ花が咲きます。27.9信州

四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可