四季の植物
小石川植物園の風景:11月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の11月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
11月の風景(初冬)立冬 小雪
旧東京医学校&色づき始めた木々。25.11 無数の実が垂れるハゼノキ。25.11 迫力あるアメリカスズカケノキの黄葉。24.11 青空にそそり立つコダチダリア。18.11
紅葉・黄葉 アブラチャン アメリカスズカケノキ イチョウ イロハモミジ
ウダイカンバ カキノキ カツラ ゲンカイツツジ シナミズキ
シナユリノキ シラキ ソメイヨシノ ドウダンツツジ ナンキンハゼ
ニガキ ノリウツギ ハゼノキ ヒッコリー ヒロハカツラ ボダイジュ
ムクロジ モミジバフウ ユリノキ ヨコグラノキ
木の実 イイギリ カラタチ カリン クロガネモチ サネカズラ ツルウメモドキ
ハナヒョウタンボク ピラカンサ ヤマハゼ
木々の花 サザンカ フヨウ(枯) ベニバナチャ
草 本 イワギク クマノギク コダチダリア コンギク タムラソウ(枯)
ツワブキ トネアザミ(枯) トリカブト ナカガワノギク 
フジバカマ(枯) リンドウ 
       
 紅葉・黄葉
日本庭園ゾーンにある旧東京医学校の赤い建物。建物の真ん前のサクラの木が黄葉に変化していました。23.11
日本庭園の池の周りにはドウダンツツジの植え込みの紅葉、遠方にはナンキンハゼの紅葉やイチョウの黄葉が見えます。23.11
春には満開の桜の花で賑わうソメイヨシノの桜並木ですが、今の紅葉の時期は人通りも少なく、落ち着いた風情です。18.11
この紅葉はソメイヨシノです。春以外にもこの季節に輝きます。22.11
ナンキンハゼ ナンキンハゼ(トウダイクサ科ナンキンハゼ属)の無数の木の葉が風に揺れ、キラキラと美しく輝いています。ナンキンハゼの落ち葉が、池面に所せましと浮かんでいます。15.11
ナンキンハゼの実が見えますが、種皮が蝋状の物質で覆われ、ハゼノキと同じようにロウを採取します。24.11
シラキ あざやかな紅葉のシラキ(トウダイクサ科シラキ属)、ナンキンハゼと同じ科に属する。15.11
モミジバフウ(マンサク科フウ属)の黄葉。モミジバフウは北米から中南米原産の落葉高木。葉の形がモミジに似ている。20.11
ユリノキ(百合の木;モクレン科)の黄葉も鮮やかです。落葉すると、百合の花やチューリップに似た花の名残が目立つようになります。24.11
中国原産の落葉高木シナユリノキ(モクレン科ユリノキ属)です。山地林に自生し、ユリノキと同様に見事に黄葉します。20.11
スズカケノキ科の落葉高木のアメリカスズカケノキです。黄色、橙色、褐色と色とりどりに染まっていて空中を舞っているようです。24.11
ボダイジュ(菩提樹;シナノキ科シナノキ属) の木も黄葉になってきました。ボダイジュの実は菩提子といい、数珠をつくります。19.11
カバノキ科カバノキ属の広葉樹ウダイカンバの木を見かけました。黄葉の葉脈がキレイに見えます。20.11

落葉高木ムクロジ(ムクロジ科ムクロジ属)の黄葉です。ムクロジの実はかつて石けんとして洗濯や洗髪に用いられたという。左20.11、右24.11
シナミズキ(マンサク科トサミズキ属)の黄葉が青空の下に美しく浮かんでいるようです。シナミズキは春の花も見事です。20.11
カキノキ(カキノキ科カキノキ属)の黄葉も陽光に美しく輝いています。柿の葉にはポリフェノールが多く含まれています。20.11
日本各地のほか、朝鮮半島、中国にも分布するカツラ(カツラ科カツラ属)の木の黄葉です。。ハート型に似た円形の葉が特等的です。また、落葉は甘い香りを呈します。23.11 
ヒロハカツラ(広葉桂; カツラ科)の黄葉。小さめの丸みを帯びた黄葉が青空に点描されているようです。24.11
クスノキ科クロモジ属の落葉低木アブラチャン(油瀝青)の黄葉です。「アブラ」は「油」、「チャン」は「瀝青」のことを指し、木全体に油が多い。22.11
東アジアの温帯から熱帯に分布する落葉高木ニガキ(苦木;ニガキ科ニガキ属)の黄葉です。ニガキは、全ての部分に強い苦味があることから名が由来。22.11
ヨコグラノキ(横倉の木;クロウメモドキ科ヨコグラノキ属)の黄葉です。高知県横倉山で最初に発見されたことからこの名が由来。横倉山は植物学の父牧野富太郎がこよなく愛した地。22.11

ヒッコリー(クルミ科クルミ属)の木も黄葉も見事です。ヒッコリーは北米に広く分布する広葉樹で、アメリカでは、伝統的に燻製に使われています。23.11
木々の黄葉も見事です。これは精子発見のイチョウ(銀杏;イチョウ科イチョウ属)の木として有名ですが、大樹を黄葉の衣で覆われています。22.11
巨木のイチョウ(右)とニレノキ(左)の秋の佇まいです。園内にはこのような高木・大樹が多く自生しています。22.11
アーチ状になっているイロハモミジの並木径も徐々に赤みが増してきました。22.11
イロハモミジ(カエデ科カエデ属)も部分的に紅葉が始まりました。やがてモミジのトンネルが真っ赤になります。澄み切った青空と真赤にモミジの対比がおもしろい。20.11
四国・九州・小笠原・琉球などの温暖な場所に生育する落葉高木のハゼノキ(ウルシ科ウルシ属)が美しく紅葉し、青空によく映えています。22.11
ノリウツギの紅葉 秋は面白い幾何学模様を見せてくれます。これはノリウツギ(アジサイ科アジサイ属)の木の下から青空を見上げたものです。14.11
紅葉したドウダンツツジ(満天星躑躅;ツツジ科ドウダンツツジ属)。初夏には小さな鐘が無数に連なったような白い花を咲かせます。24.11
これは春先に葉より早く淡紅色の花をつけ楽しませてくれるゲンカイツツジ(玄海躑躅;ツツジ科ツツジ属)の鮮やかな紅葉です。19.11
       
 木の実
木の実も目立つようになってきました。薄黒い房状のヤマハゼ(山黄櫨;ウルシ科ウルシ属)の実です。24.11
スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木ハナヒョウタンボクの木に透き通ったような赤い珠玉の実が輝いていました。よく見ると二つの赤い実が繋がっています。20.11
先月から実を付けているピラカンサ(品種名ローズデール)ですが、赤みが増してきました。24.11
クロガネモチ(黒鉄黐;モチノキ科モチノキ属)の木にも赤い実が点々と沢山付いていました。クロガネモチは関東以西の山野に生える常緑高木で、庭木にも用いられます。19.11
バラ科ボケ属の落葉高木カリン(花梨)の樹上に、ちょうどリンゴの大きさの果実が沢山成っています。もう少し経つとボタボタと頭上に落ちてきます。19.11
ニシキギ科ツルウメモドキ属の落葉つる性木本のツルウメモドキが、赤い実を付け始めていました。美しいので生け花や装飾用に使われます。23.11 
この季節は、赤い木の実もあちこちに見られます。これは低木のサネカズラ(マツブサ科サネカズラ属)ですが、木の中にひそやか赤い実が垂れ下がっていました。17.11
イイギリ(飯桐;イイギリ科イイギリ属)の樹上に房状の赤い実がいくつも垂れ下がっていました。ヒヨドリの大好物です。24.11
カラタチ(枳殻、枸橘;ミカン科カラタチ属)の真ん丸な実を見つけました。鋭い棘のある枝に守られています。24.11
       
 木々の花
この季節はいろんな種類のサザンカ(ツバキ科ツバキ属)が次々と咲き出します。この白い透き通るような花のサザンカは雪月花という風流な名が付いています。19.11
この赤紫のサザンカの花の名は根岸紅です。早期に咲き、花びらが大きく広がります。サザンカが終わりになるとツバキが咲き始めます。19.11
紅白のサザンカ(山茶花;ツバキ科)が盛んに咲いていました。古くから童謡や歌謡曲にもよく出てきます。この白い花は「富士の峠」の名が付いています。21.11
サザンカは日本原産の花木で、いろんな園芸種があります。この赤いサザンカの花は、「歌枕」の名前が付いています。21.11
茶の園芸種でピンク色の花を咲かせるベニバナチャ(紅花茶;ツバキ科ツバキ属)です。主に観賞用に栽培されている。23.11
フヨウ(芙蓉;アオイ科フヨウ属)の枯れ姿、枯芙蓉です。俳句の季語にもなっていて、侘びた風情を見せてくれます。18.11
       
 草本(野の花プラス)
青空にそそり立ち、優雅な花を咲かせているのは、ダリアの原種で、草丈が3~4メートルのコダチダリア(木立ダリア;キク科ダリア属)です。花は風にたなびいています。18.11
青紫色の小さな可憐な花が咲き並んでいるのはコンギク(紺菊;キク科シオン属)です。自然に自生している野生ギクの栽培品種で、シオンの仲間。19.11
これは葉がツヤツヤと特徴のあるツワブキ(キク科ツワブキ属)の黄色の花です。19.11
徳島県の那賀川の渓流沿いに自生するナカガワノギク(キク科キク属)です。ナカガワノギクは他の渓流沿い植物同様に他の菊に比べて葉が細くなっている。22.11
各地の山中の岩場に生えるキク科キク属の多年草イワギク(岩菊)の白い花です。23.11
本州から四国、九州、琉球、中国、台湾、マレーシア、インドに分布するキク科ハマグルマ属の多年草クマノギク(熊野菊)の黄色の花。23.11
青いリンドウ(竜胆;リンドウ科リンドウ属)の花を見つけました。リンドウの根を乾燥させて生薬の、竜胆(りゅうたん)が出来ます。 竜胆は、苦味が強いことでよく知られています。18.11
この青紫色の花は、トリカブト(鳥兜;キンポウゲ科トリカブト属)です。この花の形が舞楽のかぶり物である鳥兜に似ています。花はきれいですが、強力な毒を全草に含みます。18.11
秋の七草のひとつフジバカマ(キク科ヒヨドリバナ属)の枯れ姿ですが、これも趣があります。枯藤袴とでもいうのでしょうか。17.11
キク科タムラソウ属の多年草タムラソウ(田村草・丹群草)の枯れ姿です。この時期になると、タンポポのように冠毛で種子を飛ばすようになります。23.11
先月は花が咲いていたトネアザミ(利根薊;キク科アザミ属)も花が終わり、種子を飛ばす冠毛で覆われています。23.11

四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可