四季の植物
小石川植物園の風景:2月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の2月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
2月の風景(初春)立春 雨水
Photo Gallery
紅白の梅の花が咲く梅林。2014.2 少しづつ春めいてきた池の周り。2012.2 ふわふわの花びらのシナマンサク。2013.2 南岸低気圧による大雪の後の残雪。2014.2
木々の花 アテツマンサク ウメ オウバイ カンザクラ シコクフクジュソウ
シナマンサク ジャノメエリカ シラゲテンノウメ ジンチョウゲ
ツバキ ニシキマンサク ネコヤナギ ハヤザキマンサク ハンノキ
冬木立、新芽 オオカナメモチ キジュ サンシュユ シナミズキ トサミズキ ニワトコ
ハクウンボク ハチジョウキブシ
草 本 アマナ オオイヌノフグリ オオキバナカタバミ オニノゲシ
タチツボスミレ タンポポ チャボタイゲキ ハコベ フクジュソウ
ホトケノザ ミチタネツケバナ ヤブラン(実) ヤマアイ ユキワリイチゲ
草本2(小石川植物園以外の野の花)
チチブベニ フクジュカイ
その他 オカメザサ クマザサ タブノキ(常緑) ヒマラヤウラジロガシ(常緑) 積雪

 木々の花(2月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アテツマンサク ウメ オウバイ カンザクラ シコクフクジュソウ
シナマンサク ジャノメエリカ シラゲテンノウメ ジンチョウゲ
ツバキ ニシキマンサク ネコヤナギ ハヤザキマンサク ハンノキ
   園内で撮影した華やかなウメ(梅;バラ科サクラ属スモモ亜属)の花の写真を
    「梅百科」として揃えています。
園内には多くの品種の梅の木があります。これは寒紅梅で1月から咲いています。2006.2
梅が咲くと小鳥が集まってきます。メジロが白梅(芳流閣)の花や蜜をついばんでいました。2008.2
五節の舞 五節の舞。うぐいす色のメジロが花や蜜に集まってきます。2008.2
古郷の錦。これも新年から咲き始めます。2008.2
    園内で咲き出す色んなツバキ(椿;ツバキ科ツバキ属)の花を
     「ツバキの仲間」として揃えています。
ツバキの花が園内のいろんな所に咲いています。2007.2
ツバキには園芸種が多く、これは「月の都」。2007.2
この白い花は、カメリア・ドルピヘラという名の中国、ベトナム原産のツバキです。2012.2
日本、朝鮮半島、ウスリー、中国東北部に分布する落葉高木のハンノキ(榛の木、赤楊;カバノキ科ハンノキ属。全国の山野の低地や湿地、沼に自生して河畔林を形成します。春先に花穂が細長く円柱状に垂れ下がる。2012.2 
シコクフクジュソウ(四国福寿草;キンポウゲ科フクジュソウ属)。わが国に自生するフクジュソウの1種。四国と九州に分布し、山地の林の中などに生える。長い葉は羽状に細裂し、縁部に細い鋸歯がある。球根植物。春の妖精。2021.2
ジンチョウゲ 中国原産の常緑低木ジンチョウゲ(沈丁花;ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属)。わが国では昔から栽培されている。早春に小さな赤紫色の花が手毬状に咲き、いい香りを家の中まで運んでくれる。2003.2
常緑低木のジャノメエリカ(蛇の目エリカ;ツツジ科エリカ属)。園内の本館の周りでピンクの壺型の花を多数つけていました。2019.2
カンザクラ(寒桜;バラ科カンヒザクラ群)。日本のサクラの基本野生種の一つ。オオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種でカンヒザクラ系の品種。2009.2
園内の古井戸の近くにはカンザクラの高木があります。早春の頃に咲くのであまり人が集まりませんが、濃い目のしっかりとした花を咲かせ、青空によく映える。暖地の庭木に多く用いられる。2010.2
シラゲテンノウメ(白毛天の梅;バラ科テンノウメ属)。枝先の葉腋にウメの花に白い似た5弁の花をつける。厚みがあり丸みを帯びた小判形の小葉が6~12対つく。若葉は白い軟毛に覆われている。小笠原固有種の常緑小低木 。2021.2
中国地方から四国、九州に分布する落葉小高木アテツマンサク(阿哲満作;マンサク科マンサク属)。石灰岩地帯の岡山県阿哲地方で最初に発見された。早春に無数の黄色のリボン状の4弁花が大空を遊泳するかのように咲き出す。2006.2
年明けに咲き始めたシナマンサク(支那満作;マンサク科マンサク属)の花が満開です。無数のふわふわした黄色の花びらが青空に伸び伸びと広がっています。満開の花は花びらの数も多く力強い感じがします。マンサクという名は、春にまず咲くことに由来します。2013.2
北米原産の落葉小高木ハヤザキマンサク(早咲き満作;マンサク科マンサク属)。同属のシナマンサクと比べ花は少し橙色が強く、小さくまとまって咲く。 2010.2
富山県から福井県にかけて分布する落葉小高木ニシキマンサク(マンサク科マンサク属)。山地に生える。早春に葉の展開に先立ってリボン状の4弁花を咲かせる。2011.2
中国原産の半つる性落葉低木オウバイ(黄梅;モクセイ科ソケイ属)。葉が展開する前に、梅に似た6弁の黄色い花が枝垂れる細長いつる状の枝に咲く。花に香りがほとんど無い。2010.2
全国の河辺で自生するネコヤナギ(猫柳;ヤナギ科ヤナギ属)の花穂です。早春に穂を出すので、ネコヤナギも春の訪れを告げる植物といわれる。ふっくらとした銀白色の毛で目立つ花穂が特徴的です。花穂をよく観察するとオシベが見えます。2011.2

 冬木立、新芽(2月)
(冬木立、新芽)1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
オオカナメモチ キジュ サンシュユ シナミズキ トサミズキ ニワトコ
ハクウンボク ハチジョウキブシ
ハクウンボク(白雲木;エゴノキ科エゴノキ属)の冬木立。5月頃に小さな白い花が群がって咲きます。北海道、本州、四国、九州に分布し、山地の落葉樹林に生育する落葉小高木。2019.2
ハチジョウキブシ(八丈木五倍子 ;キブシ科キブシ属)。木枝に花芽が付いています。本州の関東地方南部、東海地方、伊豆諸島に分布し、八丈島などの伊豆七島の山中に多く自生する落葉低木。2019.2
キジュ(喜樹; ヌマミズキ科カンレンボク属)。中国原産の落葉高木。カンレンボク(旱蓮木)とも呼ばれる。キジュの果実や根には制癌作用を有するカンプトテシンというアルカロイドを含む。2017.2
オオカナメモチ(大要黐;バラ科カナメモチ属)の芽を見つけました。5月頃にはこんもりとした白い花で覆われます。秋にはたくさん赤い実がつき、紅葉も楽しむことができます。中国・台湾・フィリピンに多く分布する常緑高木。2009.2
シナミズキ(支那水木;マンサク科トサミズキ属)の木枝の新芽が膨らんでいます。来月には開花します。中国原産の落葉低木。細い枝がよく分枝し株立ち樹形を成す。2019.2
トサミズキ(土佐水木; マンサク科トサミズキ属)。日陰でやや黒く見えますが、木枝に新芽が見えます。高知県の蛇紋岩地帯に自生する落葉低木・小高木。2019.2
梅林中央部に生えるサンシュユ(山茱萸;ミズキ科ミズキ属)。3月には無数の黄金色の花が大空に吹き出すように広がる。中国及び朝鮮半島を原産とする落葉小高木。2019.2
本州から九州にかけて分布する落葉低木ニワトコ(接骨木;レンプクソウ科ニワトコ属)。山野の林縁にふつうに見られる。木枝にふっくらとした球状の蕾が並んでいます。2009.2

 草本:野の花プラス(2月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アマナ オオイヌノフグリ オオキバナカタバミ オニノゲシ スイセン
タチツボスミレ タンポポ チャボタイゲキ ハコベ フクジュソウ
ホトケノザ ミチタネツケバナ ヤブラン(実) ヤマアイ ユキワリイチゲ
ミチタネツケバナ(道種漬花;アブラナ科タネツケバナ属)の野草を見つけました。茎には葉がほとんど付かず、根生葉がロゼットをつくっています。ヨーロッパ原産の一年草/越年草。2011.2
オオイヌノフグリ(オオバコ科クワガタソウ属)。星くずのように可憐な青い小さな花です。ヨーロッパ原産の多年草。日本に帰化し全国に分布。2014.2
草むらにオオキバナカタバミ(大黄花片喰;カタバミ科カタバミ属)の花を見つけました。道ばたや畑などにごく普通に咲くカタバミの仲間の野草です。葉の紫の斑点が特徴。南アフリカ原産の多年草。2007.2
暖かさに誘われるように落ち葉の下から一輪のタンポポ(蒲公英;キク科タンポポ属)の花が顔を出し、ひそやかに咲いていました。2007.2
8月頃に花を咲かせるヤブラン(藪蘭;キジカクシ科(旧ユリ科)ヤブラン属)の黒い実です。関東以西に生育する常緑多年草。2012.2
オニノゲシ(鬼野芥子;キク科ノゲシ属)。タンポポのような花ですが、葉には刺があり全体的には荒っぽい感じです。ヨーロッパ原産の越年草。2019.2
フクジュソウ フクジュソウ(福寿草;キンポウゲ科フクジュソウ属)。まばゆい黄金色に春の喜びを感じます。北海道から九州にかけて分布し山林に生育する多年草。スプリング・エフェメラルの仲間。2004.2
ユキワリイチゲ(雪割一華;キンポウゲ科イチリンソウ属)。群生するユキワリイチゲが小さな白い花を咲かせています。本州中部以西の暖かい地域の林内に生える多年草。スプリング・エフェメラルの仲間。2010.2
ホトケノザ(仏の座;シソ科オドリコソウ属)も一輪だけ見つけました。葉の様子が仏像の蓮座を連想させます。よく見ると赤紫のきれいな花です。本州から沖縄に自生し、道端や田畑の畦などによく見られる多年草。2013.2
野の花も少しずつ咲き出してきました。この薄紫色の可憐な花はタチツボスミレ(立坪菫;スミレ科スミレ属)です。一輪だけ側溝の石壁にしがみつくように咲いていました。2013.2
メタセコイアの林地にチャボタイゲキ(矮鶏大戟;トウダイグサ科トウダイグサ属)が密生しています。若い茎や葉が赤色を帯びているのが特徴的。地中海沿岸原産で農地や荒地、草地に生える多年草。2010.2
ヤマアイ(山藍;トウダイグサ科ヤマアイ属)が園内の林地に群生しています。地下茎で繁殖し、地面を覆って群落を形成します。ヤマアイは古来から栽培され、濃い青色の染色用に用いられてきました。本州~沖縄の山地の林内に群生する常緑多年草。2010.2
春の七草の一つハコベ(繁縷;ナデシコ科ハコベ属)の小さな花が咲き出してきました。島崎藤村の千曲川旅情の詩に「小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ 緑なすはこべは萌えず ……」 とハコベが登場します。全国の路傍や田畑にごく普通にみられる一年草/越年草。2016.2
アマナ(甘菜;ユリ科アマナ属)の花を道ばたの草むらで見つけました。まるで小さなチューリップのようです。東北地方南部から九州、奄美大島に分布する多年草。スプリング・エフェメラルの仲間。2016.2

 草本2:野の花プラス /小石川植物園以外(2月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
チチブベニ フクジュカイ
チチブベニ(秩父紅;キンポウゲ科フクジュソウ属)。秩父山系に咲くオレンジ色に輝く福寿草の総称で秩父固有種。江戸中期以前、秩父山中の自生種あるいは移植された福寿草から突然変異で出現したものと推測されています。秩父の皆野町にあるムクゲ自然公園で山の斜面に1万本生えています。 2019.2 皆野町ムクゲ自然公園
フクジュソウの園芸種のフクジュカイ(福寿海;キンポウゲ科フクジュソウ属)です。江戸時代から栽培され古典園芸植物の一つとされる。普通のフクジュソウと比べて花の形がふっくらとしています。2013.2 つくば植物園

 その他(2月)
オカメザサ クマザサ タブノキ(常緑) ヒマラヤウラジロガシ(常緑) 積雪
オカメザサ(阿亀笹;イネ科オカメザサ属)。日本原産の常緑タケ類。庭園によく植栽され、グランドカバーによく用いられる。2011.2
クマザサ(隈笹;イネ科ササ属)。葉の隈取りが特徴的ですが、煎じて健康茶としても利用されています。2011.2
常緑高木のタブノキ(椨;クスノキ科タブノキ属)。東北地方から九州・沖縄の森林に分布し、とくに海岸近くに多い。大木のタブノキは各地の神社の鎮守の森によく生えています。葉に覆われた木枝の中をよく見ると、花芽が出ています。
常緑高木のヒマラヤウラジロガシ(ブナ科コナラ属)。ヒマラヤ地方原産の常緑高木。下から見上げると雄大です。2019.2
都心では、2月に入って初めての積雪を記録しました。植物園の木々も墨絵のように変貌してしまいます。2008.2


四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可