四季の植物
小石川植物園の風景:6月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の6月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
6月の風景(仲夏)芒種 夏至
日本庭園&ハナキササゲ。2012.6 色とりどりのハナショウブ園。2010.6 ポプラの樹を巻き上がるナツヅタ。2013.6 随所に見かけるガクアジサイの花。2013.6
木々の花 アマギアマチャ アマチャ アメリカキササゲ イワガラミ ガクアジサイ
カシワバアジサイ カナウツギ ガビハナミズキ キンシバイ キンロバイ クチナシ
ケンポナシ コトネアスター コフジウツギ ザクロ サラサウツギ シチダンカ
シモツケ スイカズラ 西洋アジサイ セッコウガキ タイザンボク チシャノキ
テイカズラ トウフジウツギ ナンテン ネムノキ ノリウツギ バイカウツギ
ハクロバイ ハシドイ ハナキササゲ ハマナス ヒイラギズイナ ヒメシャラ
ヒメザクロ フイリガクアジサイ フシノハアワブキ ビヨウヤナギ ボダイジュ
マテバシイ マルバサツキ ムラサキシキブ ヤエガクアジサイ ヤエクチナシ
ヤマアジサイ ヤマボウシ
万 緑 アメリカキササゲ エンジュ カイノキ チャンチンモドキ ナツヅタ ハゼノキ
ハリグワ ハンノキ メタセコイア
木の実 ウメ(実) ドクウツギ(実) ハナモモ(実) ビワ(実) ヤマハゼ(実)
草 本 アカショウマ イブキジャコウソウ ウンナンタンジン オオトウワタ オカトラノオ
カワラサイコ カワラマツバ キキョウソウ クガイソウ シロアザミゲシ トウキ
トキワツユクサ ドクダミ ニワゼキショウ ノアザミ ハアザミ ハタザオキキョウ
ハナショウブ ハマカンザシ ハマボウフウ ヒルガオ フタリシズカ
ホソバノキリンソウ ホタルブクロ マツムシソウ マツモトセンノウ マリアアザミ
ヤエドクダミ ヤブレガサ ヤマモモソウ
草本2(小石川植物園以外の野の花)
ショウジョウソウ スイセンノウ ツタスミレ ハナシノブ ヒツジグサ
ベニハエギリ

 木々の花(6月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アマギアマチャ アマチャ アメリカキササゲ イワガラミ ガクアジサイ
カシワバアジサイ カナウツギ ガビハナミズキ キンシバイ キンロバイ クチナシ
ケンポナシ コトネアスター コフジウツギ ザクロ サラサウツギ シチダンカ
シモツケ スイカズラ 西洋アジサイ セッコウガキ タイザンボク チシャノキ
テイカズラ トウフジウツギ ナンテン ネムノキ ノリウツギ バイカウツギ
ハクロバイ ハシドイ ハナキササゲ ハマナス ヒイラギズイナ ヒメシャラ
ヒメザクロ フイリガクアジサイ フシノハアワブキ ビヨウヤナギ ボダイジュ
マテバシイ マルバサツキ ムラサキシキブ ヤエガクアジサイ ヤエクチナシ
ヤマアジサイ ヤマボウシ
見事な大輪の西洋アジサイ(アジサイ科アジサイ属)の花です。なお、観賞用には美しいアジサイですが、毒性があり摂食すると中毒を起こすので要注意。2009.6

植物園内でも、随所にアジサイの花が梅雨空にしっとりと咲いています。これは日本固有種のガクアジサイ(額紫陽花;アジサイ科アジサイ属)です。2009.6
ヤエガクアジサイ(八重額紫陽花;アジサイ科アジサイ属)。花弁が八重になっています。2016.6
フイリガクアジサイ(斑入り額紫陽花;アジサイ科アジサイ属)の花です。花はガクアジサイそのものですが、葉に斑が入っています。ガクアジサイから品集改良された園芸種です。2011.6
北米原産のカシワバアジサイ(柏葉紫陽花;アジサイ科アジサイ属)で、葉が柏の葉に似ています。いろんなアジサイがありますね。左後方は、西洋種の球状のアジサイ。2007.6
葉を乾燥・発酵させてお茶にすると、甘味の強い甘茶になるアマチャ(甘茶;アジサイ科アジサイ属)の花です。ガクアジサイの花によく似ています。2009.6
伊豆天城地方にだけ自生する アマギアマチャ(天城甘茶;アジサイ科アジサイ属)です。ガクアジサイの変種のアマチャ(甘茶)は若い葉を乾燥・発酵させてお茶にすると、甘茶になります。また、仏教の花祭りに古くから用いられています。2018.6
ノリウツギ(糊空木;アジサイ科アジサイ属)。花の感じがガクアジサイに似ています。樹皮から、和紙漉きのの糊を取ることからこの名が付いています。2008.6
ヤマアジサイ(山紫陽花;アジサイ科アジサイ属、別名:サワアジサイ)。湿り気のある林や沢沿いに生育することからサワアジサイの別名があります。ガクアジサイよりも花序が小型で、野趣に富みます。2012.6
ヤマアジサイの品種で装飾花が八重になったシチダンカ(七段花;アジサイ科アジサイ属)。質素な野生味のある花で江戸時代から栽培され、シーボルトの「日本植物誌」でも紹介されていたが、長年発見されず幻の花となっていました。2007.6
イワガラミ(岩絡;アジサイ科イワガラミ属)の白い花。やはりガクアジサイと似ています。茎から気根を出して樹の幹や岩に絡むことが、この名の由来。2009.6
八重咲きで、芳香のあるサラサウツギ(更紗空木;アジサイ科ウツギ属)は、幹が中空になっていることからウツギの名が付いています。2011.6
バイカウツギ(梅花空木;アジサイ科バイカウツギ属)の白い花が盛んに咲いていました。本州から九州の山地に自生する落葉性の低木。花のかたちが梅に似ているのがこの名の由来。2010.6
小さく白い清楚な花を付けているのは本州の富士山周辺や箱根、丹沢などの山地に自生する落葉低木カナウツギ(バラ科コゴメウツギ属)です。花はコゴメウツギに似るが、葉が大き目です。2010.6
日本庭園の池の周辺に生えるコトネアスター(バラ科コトネアスター属)の一種。白い花が盛んに咲いていました。2018.6
キンロバイ バラ科キジムシロ属の落葉低木キンロバイ(金露梅)のしっとりと落ち着いた黄色の花です。盆栽などによく用いられています。白い花の品種を銀露梅とか白露梅と呼びます。2005.6
バラ科キジムシロ属の落葉低木ハクロバイ(白露梅)のしっとりと美しい白色の花が咲いていました。主に高山の岩地に生えます。黄色い花の品種を金露梅と呼びます。2007.6
ふっくらとした感じのピンク色や白色のシモツケ(下野;バラ科シモツケ属)の花です。長い繊毛をもった小さな花が密生し咲いています。蜜を求める虫が群がってきます。2007.6
ハマナス(浜梨;バラ科バラ属)の濃い赤紫色の花とオレンジ色の可愛らしい果実が同じ株の中に同居していました。2013.6
中国原産の落葉高木ボダイジュ(菩提樹;アオイ科シナノキ属)の枝の中に多数の淡黄色の花がついていました。2018.6
純白のクチナシ(梔子;アカネ科クチナシ属)の花が咲いていました。花に顔を近づけると、実に甘い芳香を放っています。早春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並ぶ代表的な芳香花木。2007.6
ヤエクチナシ(アカネ科クチナシ属)の白い花。クチナシの八重咲品種で、葉も枝もふつうのクチナシより大ぶりで,花は大輪八重咲きで香りもより強い。2013.6
フシノハアワブキ(節の葉泡吹;アワブキ科アワブキ属)。アワブキの仲間で公園などに用いられる常緑高木。沖縄以南に多いことから、リュウキュウアワブキの別名あり。2011.6
雄しべの花糸が、金糸のように光り輝いているのは、ビヨウヤナギ(未央柳;オトギリソウ科オトギリソウ属)の花です。葉の細いことからヤナギになぞらえたといいます。2009.6
キンシバイ(金糸梅;オトギリソウ科オトギリソウ属)が梅雨にもめげず咲いています。花の中に金糸がついているようで、花全体の形は梅の花に似ています。2008.6
セッコウガキ(浙江柿;カキノキ科カキノキ属)。花の縁が赤なっていて小さな可愛らしい花です。葉は確かに柿の葉です。詳しくは分かりませんが、中国の浙江省にちなんだ名前のようです。2012.6
芳香を発する花をつける蔓性木本テイカカズラ(キョウチクトウ科テイカカズラ属)です。他の樹木や岩にはい上がって成長します。本州から九州に普通にみられます。2011.6
東アジア一帯に分布する落葉高木のケンポナシ(玄圃梨;クロウメモドキ科ケンポナシ属)がメタセコイア林のすぐ近くに生えています。樹上に小さな白い花がぎっしりと集散花序になって咲いていました。。ケンポナシ抽出物にはアルコール臭の抑制効果があるといわれ、チューイングガムなどに利用されています。2018.6
ゴマノハグサ科フジウツギ属のコフジウツギ(小藤空木)の花を見かけました。小さな花が凝集して枝垂れて咲いている赤紫色の花穂には、チョウがよく集まってきます。2018.6
ゴマノハグサ科フジウツギ属のトウフジウツギ(唐藤空木;下)。小さな花が凝集して枝垂れて咲いている赤紫色の花穂には、チョウがよく集まってきます。2018.6
日本各地の林などに自生する落葉低木のムラサキシキブ(紫式部;シソ科ムラサキシキブ属)の散房花序になった淡紫色の小花を初めて見かけました。秋になると果実が美しい紫色に熟し、観賞用にも用いられています。2018.6
スイカズラ(吸い葛;スイカズラ科スイカズラ属)。常緑つる性木本。かつては花を口にくわえて甘いを吸ったことから、この名が由来。また、冬を越すので忍冬の別名あり。2012.6
ズイナ科(旧ユキノシタ科)ズイナ属の常緑高木ヒイラギズイナ(柊随菜)です。南西諸島に分布し、林の中などに自生します。若木の頃はヒイラギの葉のような鋸歯があります。2011.6
葉が楕円形の半常緑低木マルバサツキ(丸葉皐月;ツツジ科)。やわらかいピンク色の花を咲かせていました。日本産の野性サツキはサツキ、オタクミツツジ、マルパサツキの3種。2010.6
ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木ヒメシャラ(姫沙羅)が巨木ゾーンの一角に生えています。樹中をよく見ると小さな花が沢山付いていました。2018.6
池の周りの大樹を白い花が覆っていました。ノウゼンカズラ科キササゲ属の落葉高木ハナキササゲ(花木大角豆)です。果実が細長いササゲ(大角豆)に似ていることからキササゲ(木大角豆)と呼ばれます。2011.6
ハナキササゲの花を観察してみると、紺や黄色のスジが入っていてふわふわとふちが縮れていて、幻想的な感じがします。この模様はシャガ(著莪)の花によく似ています。2011.6
北米原産の落葉高木アメリカキササゲ(ノウゼンカズラ科キササゲ属)の花も咲いていました。日本には明治末年に渡来し、もっぱら観賞用に栽培されています。2011.6
日本固有種で九州から南西諸島の温暖な地に自生する常緑高木のマテバシイ(ブナ科マテバシイ属)。長い穂状になった花が盛んに咲いています。2018.6
ネムノキ ふと見上げた樹上に咲くネムノキ(合歓木;マメ科ネムノキ属)の花は幻想的な美しさです。夕方には、葉が眠ったように閉じてしまうのでこの名がついたとのこと。2005.6
中国産の常緑樹ガビハナミズキ(峨眉花水木;ミズキ科ミズキ属)の木を、びっしりと白い花が覆っていました。ヤマボウシハナミズキに似た花を付けます。2007.6
ヤマボウシ ヤマボウシ(山法師;ミズキ科ミズキ属)の白い花です。ハナミズキとよく似ていますが、ヤマボウシが少し野性的な感じ。花が少し小ぶりで、開花時期も1ヶ月位遅れます。2005.6
ヒメザクロ(姫石榴;ミソハギ科(旧ザクロ科)ザクロ属)の小さな赤い花が咲いていました。普通の果樹のザクロと違い、花を観賞する花ザクロの一種で、江戸時代から栽培されてきました。2007.6
本物のザクロ(柘榴;ミソハギ科(旧ザクロ科)ザクロ属)の花も咲いていました。ヒメザクロより大きめの花です。秋になると実が大きくなり、やがて弾けます。酸っぱい果実です。2009.6
ナンテン(南天;メギ科ナンテン属)の白い花です。晩秋には赤い実を付けます。ナンテンは難を転ずる縁起のよいと言われ、庭木に用いられます。2018.6
常緑高木のチシャノキ(萵苣の木;ムラサキ科チシャノキ属)の花が咲いていました。花が高所にあることと色が目立たないことから、なかなか気づきません。2018.6
ハシドイ ハシドイ(モクセイ科ハシドイ属)に白い花が盛んに咲いています。この時期北海道に咲く薄紫色のライラックは有名ですが、ムラサキハシドイ(紫丁香花)といってハシドイの仲間です。2005.6
林の奥のタイザンボク(泰山木;モクレン科モクレン属)の樹上に、今年も威風堂々の白い大きな花が咲いていました。高所に神々しく咲く花は王者の風格があります。2008.6

 万緑(6月)
(木々の緑衣)1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アメリカキササゲ エンジュ カイノキ チャンチンモドキ ナツヅタ ハゼノキ
ハリグワ ハンノキ メタセコイア
ハゼノキ(ウルシ科ウルシ属)。四国・九州・小笠原・琉球などの温暖な場所に生育する落葉高木。秋に美しく紅葉します。2018.6
カイノキ(楷樹;ウルシ科カイノキ属)。枝ぶりがきちんと整っていて、「楷書」に通じています。秋に黄葉します。2018.6
南九州に分布する落葉低木のチャンチンモドキ(香椿擬;ウルシ科チャンチンモドキ属)。インド北部、タイ及び中国南部などが原産。センダン科のチャンチン(香椿)と樹姿や葉の形が似る。2018.6
河畔林を形成するハンノキ(カバノキ科ハンノキ属)。春先に花穂が細長く円柱状に垂れ下がります。2018.6
ハリグワ(針桑;クワ科 ハリグワ属)。中国原産の落葉小高木)。かつて養蚕が盛んであった頃はカイコの餌用として各地で栽培された。2018.6
北米原産の落葉高木アメリカキササゲ(ノウゼンカズラ科キササゲ属)。秋に黄葉します。2018.6
メタセコイア(アケボノスギ;ヒノキ科メタセコイア属)。メタセコイア林はすっかり緑衣に覆われています。2018.6
ナツヅタ(夏蔦;ブドウ科ツタ属)が伸びて繁茂し、イタリアヤマナラシ(いわゆるポプラ)の高木の幹をぎっしりと覆っていました。2013.6
エンジュ(槐;マメ科エンジュ属)。夏になると細かな淡黄色の花を盛んに咲かせます。2018.6

 木の実(6月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ウメ(実) ドクウツギ(実) ハナモモ(実) ビワ(実) ヤマハゼ(実)
ドクウツギ(毒空木;ドクウツギ科ドクウツギ属)が赤い実を付けていました。ドクウツギはその名の通り有毒で、トリカブト、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物に挙げられています。2011.6
バラ科ビワ属の常緑高木ビワ(枇杷)がオレンジ色の果実をつけていました。「桃栗三年柿八年枇杷(は早くて)十三年」といわれるように、果実を付けるようになるまでが長い。2011.6
ヤマハゼ(山櫨;ウルシ科ウルシ属)がまだ青い実を付け始めています。秋には真っ赤に紅葉します。2012.6
梅林ではもちろん花の時期は終わりましたが、観賞用の園芸種のウメでも青い実を付けていました。2012.6
ハナモモ。3月中旬のサクラの開花前の頃にピンク色の花が満開に咲いていたのですが、今は果実を付けています。この果実は小さく、食用には適しません。2013.6

 草本:野の花プラス(6月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アカショウマ イブキジャコウソウ ウンナンタンジン オオトウワタ オカトラノオ
カワラサイコ カワラマツバ キキョウソウ クガイソウ シロアザミゲシ トウキ
トキワツユクサ ドクダミ ニワゼキショウ ノアザミ ハアザミ ハタザオキキョウ
ハナショウブ ハマカンザシ ハマボウフウ ヒルガオ フタリシズカ
ホソバノキリンソウ ホタルブクロ マツムシソウ マツモトセンノウ マリアアザミ
ヤエドクダミ ヤブレガサ ヤマモモソウ
この時期、ハナショウブ(花菖蒲;アヤメ科アヤメ属)も旬の花です。植物園内の白、紫、黄、薄紅などの花菖蒲の優雅な姿は梅雨時のうっとうしさを忘れさせてくれます。2007.6
和風の紫色の花はもっとも典型的です。ハナショウブにはいろんな園芸種があって、立て札に名前が書いてありますが、覚えきれません。2008.6
花菖蒲のいろんな園芸種:伊勢実生 2009.6
ハナショウブ:神辺の月 2009.6
花菖蒲:愛知の輝 2009.6
花菖蒲:滋賀の浦波 2009.6
この小さく可憐な花はニワゼキショウ(庭石菖)です。アヤメ科ニワゼキショウ属の植物で、葉の形がアヤメやハナショウブなどに似ています。日本の各地に自生します。2008.6
全国に分布する多年草カワラマツバ(河原松葉;アカネ科ヤエムグラ属)の花が控えめのひっそりと咲いていました。松葉のように細い葉が特徴的です。日当たりの良い草地や土手などで見かけます。2011.6
ヤマモモソウ(山桃草;アカバナ科ガウラ属)の小さく白い花がそよ風に舞っています。花の姿形が白蝶に似ていることからハクチョウソウ(白蝶草)の別名があります。2007.6
かわいらしいハマカンザシ(浜簪; イソマツ科アルメリア属)のピンク色の花です。名前は、浜に自生し花の姿がカンザシ(簪)に似ていることに由来。アルメリアとも呼ばれています。2007.6
クガイソウ(九蓋草、九階草;オオバコ科(旧ゴマノハグサ科)クガイソウ属)の花を初めて見つけました。茎の先端に穂状に薄紫色の花序が付いています。茎に輪生する葉が層になってついていることかからこの名が由来。2011.6
ハタザオキキョウ(旗竿桔梗;キキョウ科ホタルブクロ属)の花。旗竿のようなまっすぐな茎に、うす紫色の小さな花が連綿と付いていました。青空に似合います。2009.6
キキョウソウ(桔梗草;キキョウ科キキョウソウ属)。北米原産の帰化植物で一年草。花は桔梗の花によく似ていますが、ずっと小振りです。2012.6
ホタルブクロ(蛍袋;キキョウ科ホタルブクロ属)を、園内の庭園の草むらで見つけました。大きな釣り鐘状の花を咲かせていました。2011.6
ノアザミ(野薊;キク科)の赤紫色の花。これは、いわゆる「本物」のアザミで、各地の山野で普通に見られ、春から夏に咲きます。2008.6
葉がアザミに似ているハアザミ(葉薊)の花。キツネノマゴ科ハアザミ属の植物で、洋名はアカンサス。ギリシア建築の円柱の柱頭を飾る彫刻は、このアカンサスの葉模様です。2008.6
マリアアザミ いろんな種類のアザミ(薊;キク科アザミ属)がありますが、これはマリアアザミの花です。マリアアザミの葉や種子のエキスは肝臓系を中心に様々な効用があります。2005.6
キク科ヤブレガサ属の多年草ヤブレガサ(破れ傘)です。ユニークな名前ですが、芽出しの頃の若い葉の様子が破れた傘に似ることによるそうです。本州、四国、九州の山地などに生育します。2011.6
オオトウワタ(キョウチクトウ科(旧ガガイモ科)トウワタ属)。小さな5角形の花が凝集して花序を形成しています。実が弾けると種にふさふさの綿毛がつく。薬効があり、利尿、催吐、下剤などに用いられています。2012.6
透き通ったような白い色で妖美な感じがするシロアザミゲシ(白薊芥子;ケシ科アザミゲシ属)の花です。熱帯アメリカ原産の一年草。茎や葉にアザミのような鋭いトゲがあります。2008.6
オカトラノオ オカトラノオ(丘虎尾;サクラソウ科オカトラノオ属)。たくさんの白い花穂がつき,頭を曲げています。初夏の野山の道ばたでよく見かけます。名のとおり虎の尾に似ています。2005.6
マツムシソウ(松虫草;スイカズラ科(旧マツムシソウ科)マツムシソウ属)の紫色の美しい花です。北海道から九州に分布する多年草で、皮膚病に効く薬草。昆虫がさかんに集まってきていました。2008.6
イブキジャコウソウ(伊吹麝香草;シソ科イブキジャコウソウ属)の小さなピンク色の花がびっしりと咲いています。滋賀県の伊吹山に多く自生するところからこの名がついているとのこと。2008.6
シソ科アオギリ属の多年草ウンナンタンジン(雲南丹參)の赤紫色の花です。赤参(せきじん)の別名あり。タンジンは様々な薬効があり、漢方にも用いられます。2011.6
ハマボウフウ(浜防風;セリ科ハマボウフウ属)の白い花です。海浜や防風林に自生する海岸性の多年草。次のトウキも近縁種。2008.6
生薬のトウキ(当帰;セリ科シシウド属)の花です。まるで傘を開いたように小さな白い花が数多く咲いていて、頂上部が平らになっています。2008.6
山林に分布するフタリシズカ(二人静;センリョウ科センリョウ属)が2本の穂状の花序をつけていました。この名は2本の花序を、能楽「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの。2011.6
この時期の特に半日陰地の草むらには、ドクダミ(毒溜;ドクダミ科ドクダミ属)の白い花が群生しています。3月のハナニラ、4月のオオアマナから野の花の主役交代です。 「十薬」ともいわれるドクダミは、名前に反して様々な薬効があり、腫れ物、皮膚病などに利用されます。2011.6
ドクダミの仲間で八重咲きのヤエドクダミの花も咲いていました。2011.6
トキワツユクサ(常磐露草;ツユクサ科ムラサキツユクサ属)の白い花弁の三角形の花が路傍に咲いていました。ムラサキツユクサと同属。2013.6
マツモトセンノウ(松本仙翁;ナデシコ科センノウ属)の鮮やかな赤い花。熊本県と宮崎県の固有種で、阿蘇山の外輪山の原野に分布するナデシコ科の多年草です。2018.6
日当たりのいい河原や海岸の砂地などに生えるバラ科キジムシロ属の多年草カワラサイコ(河原柴胡;バラ科)に小さな黄色の花が咲いていました。解毒、下痢止めの薬効があります。2010.6
地下茎で広がるヒルガオ(昼顔;ヒルガオ科ヒルガオ属)の花が、園内の随所に見かけられます。このヒルガオはオキナワハイネズ(ヒノキ科)の茂みから顔をのぞかせています。2009.6
山地の草原や林内に生える多年草ホソバノキリンソウ(ベンケイソウ科マンネングサ属)の小さな黄色の花です。葉が細いのが特徴。2009.6
落葉広葉樹林の林縁などに生育する多年草アカショウマ(ユキノシタ科チダケサシ属)の白い花穂です。ごく小さな白い花がぎっしりとかたまっています。地下茎が赤いことにこの名が由来。2010.6

 草本2:野の花プラス /小石川植物園以外(6月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ショウジョウソウ スイセンノウ ツタスミレ ハナシノブ ヒツジグサ
ベニハエギリ
常緑多年草のベニハエギリ(イワタバコ科ベニギリソウ属)。熱帯アメリカの森林帯に自生するエピスシアの一種。葉色や斑模様を変化させた園芸品種が鉢物として多く出回っている。2018.6 新宿御苑
何輪ものヒツジグサ(未草;スイレン科スイレン属、漢名は睡蓮)の花が池の水面にきれいに咲いていました。ヒツジグサ(未草、睡蓮)とハス(蓮;ハス科ハス属)はどちらも水生植物で似ていますが、睡蓮の葉には切れ目が入っているのが特徴です。また、熱帯スイレンと異なる点は、水面スレスレに咲くことです。2012.6 小石川後楽園
珍しいスミレの花を見つけました。オーストラリアからマレー半島原産の多年草ツタスミレ(スミレ科スミレ属)です。花がパンダの顔に似ることからパンダスミレの流通名があります。2018.6 新宿御苑
一年草のショウジョウソウ(猩猩草;トウダイグサ科トウダイグサ属)。熱帯地域に広く分布し、日本では奄美。琉球、小笠原地方に自生。近縁種のショウジョウボクは苞葉全体が色づくのに対し、ショウジョウソウは苞葉の基部が色づく。2018.6 新宿御苑
スイセンノウ(酔仙翁;ナデシコ科センノウ属)。数多くの花菖蒲が優雅に咲く堀切菖蒲園の園内でこの花を見つけました。フランネルソウの別名があります。2011.6 堀切菖蒲園
阿蘇・九重地域にのみ自生する多年草ハナシノブ(ハナシノブ科ハナシノブ属)。大温室内で青紫色の清楚な花を咲かせていました。野生の数が減少して絶滅危惧種に指定されています。2018.6 新宿御苑


四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可