四季の植物
小石川植物園の風景:12月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の12月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
12月の風景(仲冬)大雪 冬至
静寂にたたずむ日本庭園。24.12 池の周りで様々な木々の紅葉が進む。25.12 真紅に輝くメグスリノキ。25.12 すっかり紅葉したメタセコイア林。25.12
紅葉・黄葉 アメリカシナノキ イヌビワ イヌブナ イロハモミジ イタヤカエデ
オニモミジ カエデ カンザクラ キリシマミズキ ケヤキ サトザクラ
シナマンサク ツヅラフジ ドウダンツツジ&イチョウ ナツヅタ ニッサボク
ヌマミズキ ハヤザキマンサク フウ ヘラノキ ムクロジ メグスリノキ
メタセコイア モミジバフウ ヤマハゼ ヤマボウシ ヨーロッパカエデ
ラクウショウ
冬木立 ウルムス・プロセア オキナヤシ(常緑樹) フクロミモクゲンジ
木の実 ウメモドキ シセントキワガキ ソテツ タラヨウ ナンテン ホンカイドウ
木々の花 クサボタン(枯) グランサムツバキ ハンノウツツジ ヒマラヤザクラ
モチツツジ 
草 本 シマカンギク トウゴマ ヒマラヤユキノシタ ワジキギク 

 
 紅葉・黄葉(12月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アメリカシナノキ イヌビワ イヌブナ イロハモミジ イタヤカエデ
オニモミジ カエデ カンザクラ キリシマミズキ ケヤキ サトザクラ
シナマンサク ツヅラフジ ドウダンツツジ&イチョウ ナツヅタ ニッサボク
ヌマミズキ ハヤザキマンサク フウ ヘラノキ ムクロジ メグスリノキ
メタセコイア モミジバフウ ヤマハゼ ヤマボウシ ヨーロッパカエデ
ラクウショウ
この時期は、晩秋の木々の紅葉・黄葉が楽しめます。左から枯れ葉になりつつあるサクラ並木の黄葉。18.12 
庭園から丘陵部を見上げると、手前の真赤なドウダンツツジと上方の黄金色のイチョウの対比が見事でした。19.12
イロハモミジの並木径の風景。27.12
イロハモミジは木によって状況が異なりますが、全体としてかなり紅葉が進んでいました。青空に映える紅葉は鮮やかです。27.12
並木径以外でも、園内のあちこちにイロハモミジを見かけます。鮮やかな黄金色に輝くイロハモミジもあります。27.12
隣接する大樹の黒い幹を、まるで無数のモミジの紅葉が覆い尽くし、ラップアップしているようです。21.12
カエデの黄葉も陽光に輝いています。ここでは黄葉と紅葉のコラボです。21.12
イタヤカエデ(板屋楓;カエデ科カエデ属)の見事な黄葉です。イタヤカエデは種類も多く、各地の山地に生える落葉高木です。21.12
メグスリノキに隣接してヨーロッパカエデ(カエデ科カエデ属)の黄葉が見られます。欧州では街路樹に多く見られノルウェーカエデとも呼ばれます。21.12
日本に自生するカエデ科カエデ属のメグスリノキの紅葉も素晴らしい。メグスリノキは葉を煎じて服用したり、洗眼すると目の病気に良いとのことです。22.12
真っ赤に輝くメグスリノキ(カエデ科カエデ属)。25.12
オニモミジ 同じモミジの仲間でも、オニモミジ(鬼紅葉;カエデ科カエデ属)は山地に生える落葉高木で、黄葉します。16.12
落葉が進むモミジバフウ(紅葉葉楓;フウ科フウ属)。 27.12
フウ(楓;マンサク科フウ属)の木の黄葉です。中国・台湾原産の落葉高木で、木の葉の形が同じ漢字名をもつカエデに似ています。27.12
ハヤザキマンサク(マンサク科マンサク属)の黄葉です。ハヤザキマンサクの花は、赤花と黄花とがあるようですが、この木がどちらの花を咲かせるのか未確認です。21.12
この時期は花の代わりに木々の葉が陽光に輝き、青空に美しく映えます。これはシナマンサク(マンサク科マンサク属)です。新年早々には黄色の花を咲せてくれます。20.12
キリシマミズキ マンサク科トサミズキ属のキリシマミズキ(霧島水木)の黄葉です。陽射しを受け、美しい黄金色に輝いています。16.12
ヤマボウシ(山法師;ミズキ科ミズキ属)の真っ赤な紅葉です。ヤマボウシは初夏に白い花を咲かせます。27.12
関東以西の山地に生育するウルシ科の落葉小高木ヤマハゼ(山櫨)の紅葉が青空に美しく調和していました。23.12
精子発見の由緒あるイチョウの木の見事な黄葉。18.12
樹形が丸く整ったケヤキの木立になります。18.12
ニレ科ケヤキ属の落葉高木のケヤキ(欅)です。秋の紅葉が美しい樹木で。個体によって色が異なり、赤や黄色に紅葉しまう。22.12
ヤマザクラ。青空の下の晩秋の佇まいです。18.12
桜も橙色に紅葉します。これはサトザクラです。サトザクラは春にピンク色の濃いめの花を咲かせます。21.12
カンザクラ(寒桜;バラ科)はまだ紅葉が少し残っていて風情があります。年が明けると早々と花が咲き始めます。17.12
ボダイジュの仲間の大樹ヘラノキ(箆の木;シナノキ科シナノキ属)の黄葉が空中に点在していました。19.12
高木のヘラノキ(箆の木;シナノキ科シナノキ属)を見上げると黄葉が空中に点在していました。27.12
アメリカシナノキ(シナノキ科シナノキ属)は、セイヨウシナノキ、フユボダイジュ、ナツボダイジュなどと同じシナノキ科の仲間。黄葉が空間に点描されているようです。17.12
中国原産のニッサボク(ヌマミズキ科)。ニッサボクの紅葉は橙色から真赤に変わっていきます。街路樹や庭園樹に用いられています。27.12
北アメリカ原産の落葉高木ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)の紅葉です。真赤に紅葉するということですが、今年は橙色どまりのようです。22.12
落葉高木ムクロジ(無患子;ムクロジ科ムクロジ属)の黄葉です。木の実には沢山のサポニンが含まれ、石鹸のように泡立ちます。27.12
黄金色に輝くイヌブナ(ブナ科ブナ属)の大木。イヌブナは日本の山野に自生しますが、寒い地方には見られません。イヌブナの和名は材質がブナより劣ることから付いています。26.12
イヌビワ 林に生育する落葉灌木のイヌビワ(犬枇杷;クワ科イチジク属)の黄葉です。果実がビワに似ているそうです(普通のビワはバラ科)。16.12
スギの先祖のメタセコイヤ(アケボノスギ;スギ科メタセコイア属)は、褐色になって落葉します。やがて凛とした樹形の冬木が、天まで届くかのようになります。17.12
この構図は、メタセコイア林の中に入って空を見上げたものです。天空に突き出しているようです。20.12
ラクウショウ ラクウショウ(落羽松;スギ科ヌマスギ属)の見事な紅葉です。水湿地に生育し、気根を有する落葉針葉樹で、姿形はメタセコイアに似て美しい。16.12
木に絡まって黄葉しているツヅラフジ(ツヅラフジ科ツヅラフジ属)を見つけました。林縁に生える落葉つる性木本で、茎と根茎は生薬となります。18.12
ナツヅタ 蔦の仲間でもナツヅタ(夏蔦;ブドウ科ツタ属)は秋に紅葉し冬に落葉します。木の枝に付着して生育しています。16.12

 
 冬木立(12月)
(冬木立、新芽)1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ウルムス・プロセア オキナヤシ(常緑樹) フクロミモクゲンジ
ニレ科のウルムス・プロセアの見事な大樹です。オウシュウニレやエルムの和名がついています。北欧神話では、二本のニレの老木から、人間が誕生したとのこと。17.12
フクロミモクゲンジ(袋実木欒子; ムクロジ科モクゲンジ属)の冬木立です。9月頃には樹上に黄色の花が盛んに咲いていましたが、その名残が残っています。19.12
北アメリカ原産の常緑高木オキナヤシ(ヤシ科ワシントンヤシ属)が温室の近くでポツンとそびえ立っています。老人の白髪のように見えることから、白髪椰子の別名があります。22.12

 
 木々の花(12月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
フジバカマ(枯) リンドウ 
グランサムツバキ この時期サザンカなどツバキの仲間の花をよく見かけます。この白く大きめの花は中国原産のグランサムツバキ(ツバキ科ツバキ属)です。16.12
ヒマラヤザクラの可憐な花がひっそりと咲いていました。ヒマラヤザクラはNOxの吸収能力が高く、環境浄化木として近年注目されています。22.12
この季節は多くはないのですが、サザンカ以外にも花が咲いていました。ツツジの花もいろんな種類があって、初夏以外にもこの時期にも咲き出す品種があります。これはハンノウツツジです。22.12

モチツツジも咲いています。左はモチツツジ(胡蝶揃)、右はモチツツジ(青海波)です。22.12
半低木のクサボタン(草牡丹;キンポウゲ科センニンソウ属)の花が終わると、種子がフワフワとした繊毛の囲われて風に飛んでいきます。タンポポと似ています。18.12

 
 木の実(12月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ウメモドキ シセントキワガキ ソテツ タラヨウ ナンテン ホンカイドウ
花が少ないこの時期は、赤い木の実が目立ちます。これはモチノキ科モチノキ属の落葉低木ウメモドキ(梅擬)ですが、赤く熟した実がたわわになっています。17.12
シセントキワガキ(カキノキ科カキノキ属)のかわいくて小さな真ん丸の実が、葉が落ちてもまだ木の枝にかなり残っていました。これだけ小さいと観賞用になります。18.12
これはホンカイドウ(本海棠;バラ科リンゴ属)の実で、一見するとサクランボの実のようです。やがてこの実が赤く熟していきます。18.12
ナンテン(南天;メギ科ナンテン属)の赤い実です。ナンテンは難を転ずる縁起のよい木と言われています。ナンテンの葉は紅葉するものとこの写真のように青々としたものがあります。18.12
モチノキ科モチノキ属の常緑高木タラヨウ(多羅葉)は雌雄異株です。雌株(左)にはこの時期に赤く熟した実がたくさん付きます。22.12
一方、タラヨウの雄株は負担が少ないので上方に伸びやすく、樹形が見事な三角形になります。タラヨウはお寺や神社によく植えられているが、かつてこの木の葉を火にあぶって吉凶を占うという宗教的な習慣があったようです。22.12
イチョウの木の下方に、1896年に東大の池野助教授(当時)による精子発見のソテツの木が植えられています。このソテツ(蘇鉄;ソテツ科ソテツ属)の木を覗いてみたら、赤色の実が付いていました。実には多量のでんぷんと同時に有毒物質を含んでいます。22.12

 
 草本:野の花プラス(12月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
クサボタン(枯) グランサムツバキ ハンノウツツジ ヒマラヤザクラ
モチツツジ 
12月は花が少ないのですが、ピンク色の早春の花ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科ベルゲニア属)が咲いていました。春っぽい雰囲気になります。18.12
シマカンギク 黄金色のシマカンギク(島寒菊;キク科キク属)の無数の小輪の花が陽光を受け、ゆらゆらと輝いていました。16.12
ワジキギク ワジキギク(鷲敷菊;キク科キク属)の小さな白い花が群れて咲いています。那珂川流域の鷲敷で発見されたのでこの名があるという。16.12
トウダイグサ科トウゴマ属の多年草トウゴマ(唐胡麻)の実が成っていました。この種子から得られる油はひまし油(蓖麻子油)として広く使われています。22.12

 

四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可