四季の植物
小石川植物園の風景:10月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の10月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
10月の風景(晩秋)寒露 霜降
旧東京医学校&ススキの穂。22.10 秋の代表的な芳香性花木のキンモクセイ。24.10 無数の赤い実が付いたピラカンサ。24.10 北米原産のセイタカアワダチソウ。24.10
紅葉・黄葉 ウダイカンバ ドウダンツツジ トチノキ ヌマミズキ ハゼノキ
ハナミズキ ヒッコリー 
木の実 イイギリ イチョウ エンジュ キジュ ゴンズイ センダン ナツメ
ハナミズキ ヒメザクロ フクロミモクゲンジ マルバチシャノキ モッコク
ヤブサンザシ ワタ
木々の花 キヅタ キンモクセイ ハギ ハンノウツツジ
草 本 アカザ アシタバ イソギク イヌショウマ イヌタデ オオシマノジギク
オニタビラコ カントウヨメナ キバナコスモス サフラン シオン 
シュウメイギク シュッコンソバ ショウキズイセン セイタカアワダチソウ
トネアザミ ナンテンハギ ハマギク ホトトギス
草本2(小石川植物園以外の野の花)
アメジストセージ シュウメイギク センニチコウ ミヤマダイモンジソウ

 紅葉・黄葉(10月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ウダイカンバ ドウダンツツジ トチノキ ヌマミズキ ハゼノキ
ハナミズキ ヒッコリー 
春にきれいな紅白の花を咲かせるハナミズキ(花水木;ミズキ科ミズキ属)です。この時期は、木の葉が赤く色づいてきました。陽光で透かしてみると美しさが引き立ちます。24.10
林の中で、黄葉をあちこちに見かけました。これはカバノキ科カバノキ属の広葉樹ウダイカンバの木です。緑葉も葉脈が見えてキレイです。19.10
ヒッコリー(クルミ科クルミ属)の木も黄葉が始まりました。ヒッコリーは北米に広く分布する広葉樹で、アメリカでは、伝統的に燻製に使われています。19.10
北アメリカ原産の落葉高木ヌマミズキ(沼水木;ヌマミズキ科ヌマミズキ属)が紅葉していました。鮮やかな緑色の中に赤い斑点が次第に増えていく様子がわかります。19.10
ハゼノキは、ちょうど緑葉と紅葉が半々の状況です。ハゼノキは、果実からロウを取るウルシ科ウルシ属の植物で、皮膚がかぶれることもある。18.10
庭園のドウダンツツジ(ツツジ科ドウダンツツジ属)に接近して撮ると面白い写真になります。ツツジの仲間は年中楽しませてくれますが、ツツジの紅葉も味があります。18.10
トチノキ(栃の木;トチノキ科トチノキ属)はヨーロッパのマロニエと同じ仲間。天狗の団扇のような葉が黄葉していました。木の下を探してみたら、栗に似たトチノキの実を見つけました。18.10

 木の実(10月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
イイギリ イチョウ エンジュ キジュ ゴンズイ センダン ナツメ
ハナミズキ ヒメザクロ フクロミモクゲンジ マルバチシャノキ モッコク
ヤブサンザシ ワタ
頭上のイイギリ(飯桐;イイギリ科イイギリ属)の木を見上げると、緑葉の間からブドウのように房状にたわわに赤い実が垂れ下がっていました。ヒヨドリの大好物です。19.10
イイギリ以外にも赤い実を付けている樹木を多く見かけます。これは落葉低木のゴンズイ(権萃;ミツバウツギ科ゴンズイ属)の赤い袋果です。やがて黒い種が出てきます。19.10
庭木としてもよく植えられているモッコク(木斛;ツバキ科モッコク属)の木も赤い実をつけていました。しばらくすると実が裂開して赤い種子が出てきます。19.10
ユキノシタ科スグリ属の落葉低木ヤブサンザシ(藪山櫨子)です。小さな赤く熟した果実を沢山付けています。赤い果実が美しく、生け花や盆栽などに使われる。19.10
アジア原産のヒメザクロ(姫石榴;ザクロ科ザクロ属)に小さな赤紫色の実がポツンと付いていました。ヒメザクロは6月頃に小さな赤い花を咲かせ、園芸用として栽培されています。28.10
クロウメモドキ科ナツメ属の落葉高木ナツメに赤い実が成っているのを見つけました。ナツメの実はドライフルーツに使われ、糖質、各種アミノ酸、たんぱく質、ミネラルなど豊富な栄養を誇っています。21.10
大木の樹上に黄色の実の大きな塊を随所に付けているのはマルバチシャノキ(丸葉萵苣の木;ムラサキ科チシャノキ属)の木です。バナナの香りに似た果肉で生食できるそうです。19.10
園内には多くのイチョウ(銀杏;イチョウ科イチョウ属)の大木が生えています。この時期ちょうどイチョウの実が熟し、木の下にも多数落ちています。少々臭いが気になりますが、これから美味しい銀杏(ぎんなん)が作られるとは妙なものです。28.10
中国原産の落葉高木キジュ(喜樹; ヌマミズキ科カンレンボク属)の木に果実が成っていました。果実や根にはカンプトテシンというアルカロイドを含んでおり制癌作用があるそうです。21.10
夏に白い花を咲かせていたのエンジュ(槐;マメ科エンジュ属)の木に、サヤエンドウのような実がたわわに成っていました。エンジュは街路樹にも多く用いられています。21.10
フクロミモクゲンジ(袋実木欒;ムクロジ科モクゲンジ属)。ベージュ色袋の中に黒い実が入っています。25.10
頭上のハナミズキ(花水木;ミズキ科ミズキ属)の木の枝をよく見ると、赤い実が点々と付いているのがわかります。24.10
センダン(栴檀;センダン科)の木を見上げると、小さな果実が点々とたわわに付き始めました。丸い団子のような実が多くつくことから千団の名が由来。24.10
アオイ科ワタ属のワタ(綿)の実がはじけ、フワフワの綿が出てきました。奈良時代に渡来し、明治中頃には国内で盛んに栽培されたそうです。21.10

 木々の花(10月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
キヅタ キンモクセイ ハギ ハンノウツツジ
園内の日本庭園の一隅に立つキンモクセイ(金木犀;モクセイ科モクセイ属)の大樹に近づいたところ、甘くいい香りが漂っていました。まさに秋の季節の香りです。24.10
秋の七草の一つハギ(萩;マメ科ハギ属)の花です。紅紫色の小さな花を細い枝に多数つけて枝垂れて咲いています。わが家にも同じ萩の木がありますが、どんどん成長します。19.10
この季節でもツツジの花が咲いています。埼玉県飯能市の天覧山付近に自生するハンノウツツジです。チョウが蜜を求めて集まってきます。21.10
常緑つる性木本のキヅタ(木蔦;ウコギ科キヅタ属)の花。春になると黒く熟した果実をつけています。茎から多数の不定根を出して、他の樹木や石垣などを這い登る。フユヅタともいう。28.10

 草本:野の花プラス(10月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アカザ アシタバ イソギク イヌショウマ イヌタデ オオシマノジギク
オニタビラコ カントウヨメナ キバナコスモス サフラン シオン 
シュウメイギク シュッコンソバ ショウキズイセン セイタカアワダチソウ
トネアザミ ナンテンハギ ハマギク ホトトギス
シュウメイギク(秋明菊;キンポウゲ科イチリンソウ属)には、勲章のように立派な形をした赤い花もあります。貴船菊や秋牡丹の別名があります。21.10
白いシュウメイギクの花が群生して可憐に咲いています。シュウメイギクの名前は、キク科のようですが、実はキンポウゲ科の植物です。21.10
林地に生える多年草イヌショウマ(犬升麻;キンポウゲ科サラシナショウマ属)が小さな白い花序を付けていました。植物園にあるのですが、薬効は不明。19.10
キク科ヨメナ属のカントウヨメナ(関東嫁菜)は、いわゆる野菊の一種です。アカマンマの花と混じって木の根元で咲いていました。19.10
オオシマノジギク(キク科キク属)の白い花です。野路菊は西日本でもっとも一般的な野菊ですが、オオシマノジギクは屋久島から奄美大島にかけて分布します。19.10
薄い紫色の花がゆらゆらと優雅に風にたなびいているのはシオン(紫苑;キク科シオン属)の花です。日本には、古い時代に薬草として渡来したが、花が美しいので薬草より観賞用として栽培が盛んになったとのこと。18.10
イソギク(磯菊;キク科キク属)の小さな黄色の花が密生して咲いていました。菊の中心部が集まったような独特な花を咲かせ、主に海岸に生育します。19.10
関東以北の太平洋岸に自生するハマギク(浜菊;キク科ハマギク属)の白い花です。茎は木質化し、灌木の先に花が花が咲いているような感じです。18.10
キバナコスモス(黄花秋桜;キク科コスモス属)が柴田記念館の近くに植えられていました。メキシコ原産で日本には大正時代に渡来。園芸品種として広く栽培されています。23.10
  
背の高いキク科アキノキリンソウ属のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)を園内の草むらなどの各所に見かけました。形状のいい黄色の花穂を付けます。北米原産の帰化植物で河原や空き地などに群生します。24.10
関東、中部地方に分布するトネアザミ(利根薊;キク科、別名タイアザミ)。10月になってから咲き出す晩秋の花です。。特に利根川流域に多く見かけることからこの名が付いています。23.10
オニタビラコ(鬼田平子;キク科オニタビラコ属)は全国各地に分布する1年草の野草。小さな黄色の花を咲かせ、種子はタンポポのような冠毛をつけます。22.10
黄色の花を付けたショウキズイセン(鍾馗水仙;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)。形状はヒガンバナとそっくりですが、ヒガンバナより遅れて咲き出します。四国から沖縄などの山野に分布します。28.10
サフラン アヤメ科クロッカス属の球根植物であるサフランの花。強い芳香を放ち薄紫の花が咲いていました。この赤く長い三本の雌しべは大変貴重で、乾燥させて料理、薬用、染料(黄色)などに使われます。16.10
ユリ科ホトトギス属の多年草ホトトギスの小さな紫色の花が咲いていました。花に紫色の斑点があり、鳥のホトトギスの胸模様に似ています。19.10
アカザ(アカザ科アカザ属)の小さな赤紫の実をつけて、花穂が垂れています。畑や道端、荒れ地に生える。大きいものは茎がアカザ杖として利用されます。18.10
アシタバ(明日葉;セリ科シシウド属)は、房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島および紀伊半島東南の太平洋岸に自生する日本固有の多年性植物。利尿、強壮、催乳などの薬効があるそうです。21.10
マメ科ソラマメ属の多年草ナンテンハギ(南天萩)の青紫色の花。草丈が高く、日当たりの良い場所を好みます。23.10
チベットの高地に自生する多年草シュッコンソバ(宿根蕎麦;タデ科ソバ属)の白い花です。普通のソバの花と似て、清楚な趣があります。19.10
イヌタデ(別名アカマンマ;タデ科タデ属)も、どの草むらにも見られます。子どものままごとで赤飯の代わりに使われたことからこの別名が付いています。20.10

 草本2:野の花プラス /小石川植物園以外(10月)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
アメジストセージ シュウメイギク センニチコウ ミヤマダイモンジソウ
貴船菊や秋牡丹の別名がある可憐なシュウメイギク(秋明菊;キンポウゲ科イチリンソウ属)の花。白い花赤い八重咲の花は何度も見かけていますが、赤紫色の花とは初めての出会いです。28.10 神代植物公園
アメジストセージ(シソ科サルビア属)。満開のアメジストセージ花で一面紫色の絨毯です。17.10 足利フラワーパーク
センニチコウ(千日紅;ヒユ科センニチコウ属)。上手に色分けされたセンニチソウなどの草花がきれいに咲いています。17.10 足利フラワーパーク
ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草;ユキノシタ科ユキノシタ属)。奥入瀬の渓流の岩場に可憐な白い花が咲いているのを見つけました。北海道から本州中部の高山の岩場に咲くユキノシタ科ユキノシタ属の多年草ミヤマダイモンジソウ(深山大文字草)です。花の形が「大」の字に似ています。24.10 奥入瀬


四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可