四季の植物
小石川植物園の風景:8月セレクション
四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

四季折々の野趣に富む小石川植物園の8月の風景です。 (季節のスケッチ より抜粋)
8月の風景(初秋)立秋 処暑
旧東京医学校&サルスベリの花。22.8 北米原産の多年草シカクヒマワリ。24.8 桜の木の幹にアブラゼミを見つけました。23.8 深緑の覆われたメタセコイアの夏木立。24.8
木々の花 エンジュ コマツナギ サルスベリ タニワタリノキ トロロアオイ
ナツザキツツジ ナンキンハゼ ハマゴウ フヨウ ワタ
夏木立 アメリカスズカケノキ イイギリ イチョウ ウルムス・プロセア カツラ
キジュ ケヤキ シナサワグルミ スズカケノキ ナツボダイジュ ハリギリ
フウ ヘラノキ ムクノキ モミジバフウ ユリノキ
木の実 サンゴジュ ノブドウ ヒッコリー フユサンゴ ミズキ
草 本 アサガオ ウコン エビスグサ オオキツネノカミソリ オオハンゴンソウ
オオムラサキツユクサ オトコエシ オミナエシ カエデトコロ カラスウリ
キクイモ クマツヅラ ケイトウ シュウカイドウ タケニグサ
タムラソウ チドメグサ トコロ ナガイモ ナツズイセン ネッタイスイレン
ハキダメギク ハナカモノハシ ハブソウ ヒマワリ ヘクソカズラ
マルバアサガオ ミシマサイコ ミズカンナ メヒシバ ヤブタバコ
ヤブラン ヤマノイモ ヤマハハコ
草本2(小石川植物園以外の野の花)
アキノキリンソウ イタドリ イブキボウフウ エゾカワラナデシコ オオケタデ
キオン キンミズヒキ クサフジ コウゾリナ コダチベゴニア ゴマナ
サギソウ タチフウロ ツリフネソウ ハクサンフウロ ブタナ マツヨイグサ
ミヤマシシウド メマツヨイグサ ヤナギラン ヨツバヒヨドリ ワレモコウ
 
   
 木々の花
猛暑の中の小石川植物園の様子です。夏の花木サルスベリの花が、旧東京医学校の建物の前に咲いています。19.8
サルスベリ(百日紅;ミソハギ科サルスベリ属)は、真夏のシンボルです。強い日差しの中で深紅の花が青空に鮮やかに映えています。19.8
サルスベリはピンク色の花が目立ちますが、このように薄紫色や白色のものもあります。木の幹は名前のとおりつるつるしているのが特徴。17.8
ナツザキツツジ(夏咲躑躅;ツツジ科)の花です。深紅色ですが落ち着いた感じです。ツツジは多くの種類があり、四季折々花が咲きますが、夏のツツジもいいものです。23.8
フヨウ(芙蓉)の淡いピンクの花が咲いていました。優雅でしっとりとした感じで、ひととき暑さを忘れさせてくれます。ハイビスカスムクゲと同じアオイ科フヨウ属の仲間。19.8
アオイ科フヨウ属のワタ(綿)の黄色の小さな花です。奈良時代に渡来し、明治中頃には国内で盛んに栽培されたそうです。秋になるとふんわりとした綿が取れます。20.8
アオイ科フヨウ属の一年草トロロアオイ(黄蜀葵)。大輪の黄色の花が夏空によく生えています。トロロの名は、根に和紙を作るときの糊になるネバネバの粘液を含んでいることによる。17.8
中国原産の落葉高木ナンキンハゼ(南京櫨;トウダイグサ科ナンキンハゼ属)の花序です。秋には美しく紅葉します。24.8
マメ科の落葉高木エンジュ(槐;マメ科エンジュ属)が、細かな白い花を盛んに咲かせていました。花や蕾にはルチンを多く含有し、蕾を乾燥させたものは、槐花という生薬で止血作用があります。23.8
アカネ科タニワタリノキ属の常緑低木タニワタリノキ(谷渡りの木)です。放射線状の線香花火のようなユニークな形状の花を咲かせます。この花姿から人工衛星の木という別名もあります。23.8
マメ科コマツナギ属の小低木コマツナギ(駒繋ぎ)の赤紫の花。同じマメ科の萩の花と似ています。かつてこの木に馬をつないだことからこの名が付いたとのこと。17.8
ハマゴウ(クマツヅラ科ハマゴウ属)。常緑小低木で砂浜などに生育する海浜植物です。茎は地面を這い、半ば砂に埋もれて伸び、海浜植物として重要な適応力を有しています。24.8
  
 夏木立(緑衣)
ユリノキ(百合の木;モクレン科ユリノキ属)。植物園には見上げるようなような大樹が数多く林地に生えています。大樹は毎年、新緑から深緑、紅葉、冬木立へと衣替えを繰り返します。この時期は深緑の緑衣をまとっています。22.8
巨木のユリノキ(モクレン科ユリノキ属)の緑衣も見応えがあります。あふれんばかりの緑葉の中に花の名残りが少しだけ視認できます。ユリノキの花はこの5月に盛んに咲いていました。27.8
スズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)。日本で街路樹として用いられるプラタナス(モミジバスズカケノキ)は、本種とアメリカスズカケノキの雑種です。27.8
アメリカスズカケノキ(スズカケノキ科スズカケノキ属)の雄大な木立です。アメリカスズカケノキは北米原産で日本には明治時代に渡来しました。27.8
ウルムス・プロセアという名のニレ科の巨木です。これらの巨木の下では夏の陽射しが遮断されて、しばし涼をとることが出来ます。19.8
ケヤキ(欅;ニレ科ケヤキ属)の夏木立です。ケヤキは樹形が美しく、国内各地に大木・巨木となったケヤキの木が分布します。特に我が郷里が誇る東根の大ケヤキ(樹齢1500年)は特別天然記念物に指定されています。27.8
ムクノキ(椋木;ニレ科ムクノキ属)の緑濃い木立。ムクノキは成長が比較的早く大木になるため、日本では多くのムクノキが国や地方自治体の天然記念物に指定されています。27.8
ナツボダイジュ(夏菩提樹;シナノキ科シナノキ属)。22.8
ヘラノキ(箆の木;シナノキ科シナノキ属)。22.8
中国・台湾原産の落葉高木フウ(楓;マンサク科フウ属)の木の夏木立。フウの木の葉の形が同じ漢字名をもつカエデに似ています。27.8
モミジバフウ(マンサク科フウ属)。アメリカフウとも呼ばれ、街路樹などに植栽されています。葉の形だけでなく紅葉も「モミジ」の名にふさわしい美しさになります。18.8
シナサワグルミ(クルミ科サワグルミ属)。一見するとどの樹木の緑衣も同じように見えますが、よくみると葉や幹の形に特徴があって区別がつきます。22.8
山地に生える落葉高木ハリギリ(針桐;ウコギ科ハリギリ属)も青々と葉を茂らせています。21.8
イイギリ(飯桐;イイギリ科イイギリ属)の高木です。秋になりますと、真赤な房状の実が至る所にぶら下がるようになります。21.8
ハート型に似た円形の葉が特徴のカツラ(桂;カツラ科カツラ属)の高木が色鮮やかな緑葉で覆われていました。カツラの木は秋から冬にかけて落葉が独特の甘い香りを呈します。27.8
1869年に学者平瀬作五郎が、世界で初めて精子を発見したイチョウ(イチョウ科イチョウ属)の木です。まだまだ若々しく緑葉が茂っています。19.8
九州や南西諸島に分布する高木のシマサルスベリ(ミソハギ科サルスベリ属)。すべすべした木肌が豊かな緑葉で覆われています。白い花が頂上付近に咲くのですが、高すぎてよく見えません。27.8
中国原産の落葉高木キジュ(喜樹; ヌマミズキ科カンレンボク属)。キジュの果実や根にはカンプトテシンというアルカロイドを含み制癌作用があるとのこと。27.8
  
 木の実
初夏に花をつけるサンゴジュ(珊瑚樹;スイカズラ科ガマズミ属)の赤い実を見つけました。赤い実がまるで珊瑚の玉のように見えます。昔から防火樹として使われてきて、大気汚染にも強い。17.8
林の中を見やると落葉高木ミズキ(水木;ミズキ科ミズキ属)の実が少しづつ黒ずんできました。折った枝からあふれるほどの樹液をしたたらせることがこの名の由来。17.8
フユサンゴ(冬珊瑚 ;ナス科ナス属)が、ミニトマトのようなかわいらしい真丸で橙色の実を付けています。夏から冬にかけて実が成りつつけます。19.8
全国に分布するつる性の落葉低木ノブドウ(野葡萄;ブドウ科ノブドウ属)が生け垣に絡まっていました。やがて、ブドウに似た小さな果実が付きます。22.8
北米に広く分布する広葉樹ヒッコリー(クルミ科クルミ属)。クルミとそっくりの実が付いていました。25.8
  
 草本(野の花プラス)
ナツズイセン ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物ナツズイセン(夏水仙)の淡桃色の花です。水仙というよりも彼岸花や百合の花に似ていて、妖しい雰囲気を持っています。16.8
林地の涼しい所に橙色のオオキツネノカミソリ(大狐の剃刀;ヒガンバナ科ヒガンバナ属)の花を見つけました。春先の伸びた葉をキツネの剃刀にたとえ、この名が付いたとのこと。キツネノカミソリより花が大きい。24.8
秋の七草の一つオミナエシ(女郎花;オミナエシ科オミナエシ属)の花が咲き始めました。オミナエシを見ると秋近しの感がするようになります。直立した茎の先にあざやかな黄色の花が群生して咲きます。20.8
山野に生えるオトコエシ(男郎花;オミナエシ科オミナエシ属)の白い花です。華やかな黄色のオミナエシ(女郎花)と対になった名前ですが、オミナエシに比べて質実な感じがします。17.8
植物園の塀越しに背の高いヒマワリ(向日葵;キク科ヒマワリ属)の花が夏の日差しを一杯に受け立ち並んで咲いていました。青空を背景にしたヒマワリの花は真夏の風物詩です。23.8
この時期、オオハンゴンソウ(大反魂草;キク科オオハンゴンソウ属)が園内の随所に群生していました。北アメリカ原産の帰化植物で、各地でよくみられます。20.8
キクイモ(菊芋;キク科ヒマワリ属)の鮮やかな黄色の花が静かに風にたなびいていました。地中に塊茎ができ、菊の花と似ていることからこの名が由来。24.8
各地に分布する多年草タムラソウ(田村草・丹群草;キク科タムラソウ属)。赤紫の花にチョウが戯れていました。タムラソウの花は一見するとアザミ(薊)に似ていますが、茎葉に全く棘がないのが特徴です。22.8
日当たりのよい草地に生える多年草、ヤマハハコ(山母子;キク科ヤマハハコ属)。全体的に白っぽい風合いで、大きな株で群生する。乾燥させるとドライフラワーになります。20.8
ハキダメギク(キク科コゴメギク属)。夏から秋にかけ、小さな花を咲かせる。道ばたや庭などに生えるいわゆる雑草です。牧野富太郎博士が世田谷の掃き溜めで発見したのでこの名前がついたとのこと。24.8
ウコン(鬱金;ショウガ科ウコン属)の白い花で、大きい葉の根元に咲きます。ウコンは黄色の色素をもち、カレー粉やタクアンの色づけに用いられます。19.8
スイレン科スイレン属のネッタイスイレン(熱帯睡蓮)です。スイレンは水辺に浮かべた大きな葉の間に、暑い日差しを浴びて咲く華麗な花で、熱帯圏に自生するものをネッタイスイレンといいます。23.8
夏の風物詩のアサガオ(朝顔;ヒルガオ科サツマイモ属)の花です。周りに一服の清涼感を与えてくれます。ヒルガオと同じ仲間です。19.8
野生化したマルバアサガオ(丸葉朝顔;ヒルガオ科サツマイモ属)も園内のあちこちで見かけました。マルバアサガオの:原産地は熱帯アメリカで、わが国へは江戸時代に渡来。花の形がアサガオヒルガオによく似ています。27.8
ケイトウ ケイトウ(鶏頭;ヒユ科ケイトウ属)の花です。雄鳥の鶏冠(とさか)に似ていることがこの名の由来です。落ち着いた赤い花でオシャレな感じです。16.8
オオムラサキツユクサ(大紫露草; ツユクサ科ムラサキツユクサ属)の赤紫色の花です。ムラサキツユクサとよく似ていますが、オオムラサキツユクサは顎に硬毛が見られます。また日が進むと、花の外縁が少し縮れてきます。23.8
やはりつる性の多年草、カラスウリ(烏瓜;ウリ科カラスウリ属)。レース状の白い花で夜間だけ開くとのことですが、朝早い時間でしたので、まだ咲いていました。25.8
うすピンクの清楚な感じの花は、シュウカイドウ(秋海棠;シュウカイドウ科シュウカイドウ属)の多年草です。ベゴニアも同じ仲間。東洋的な趣があり、昔から絵画によく描かれ、句にも詠まれています。17.8
池の周りに珍しい野草がツンツンと突き出るように群生していました。イネ科カモノハシ属の多年草ハナカモノハシのようです。琉球列島の海岸の岩場に分布しています。22.8
タケニグサ(竹似草;ケシ科タケニグサ属)。多年草で日当たりのよい草原、空地などによく見られる野草です。民間療法で皮膚病や虫さされに使われたが、逆にかぶれることも多く危険です。27.8
マメ科センナ属の草本ハブソウ(波布草)の黄色の花です。ハブソウの種をハブ茶にします。また、毒蛇に咬まれたときに、ハブソウの葉を揉んで、傷口にその汁をすりこんで用いたという。17.8
マメ科センナ属の一年草エビスグサ(胡草・夷草)に黄色の花が付いていました。エビスクサの豆はハブ茶の原料になります。また、漢方でも便秘、消化不良、胃腸病、腎臓病、眼病等に効く万病の薬とされています。22.8
山野に自生する多年草ミシマサイコ(三島柴胡;セリ科ミシマサイコ属)の黄色い小さな花です。虫も集まってきます。柴胡は肝臓に効く漢方薬の成分になっています。20.8
全国に分布し、荒れ地や道端に生える多年草クマツヅラ(熊葛;クマツヅラ科クマツヅラ属)の微小な白い花です。葉はバベンソウ(馬鞭草)という生薬として利用されます。23.8
園内の日陰の所では、随所にヤブラン(薮蘭;ユリ科ヤブラン属)の花が咲いています。和風の庭園によく似合います。19.8
湿地に生える多年草ミズカンナ(水カンナ;クズウコン科ミズカンナ属)が、青々と園内の池の中に繁っていますが、質素な花を咲かせていました。葉はカンナに似ています。22.8
日本各地に分布するつる性の多年草植物ヤマノイモ(山の芋、別名自然薯;ヤマノイモ科ヤマノイモ属)が絡んでいました。まだ熟す前のムカゴが見えます。このムカゴや根の部分のイモは食用になります。22.8
ヤマノイモのすぐ隣にトコロ(野老;ヤマノイモ科ヤマノイモ属)も見つけました。ヤマノイモに比べて葉の形が丸くハート型になっています。また、根は食用に適さないが、灰汁抜きすれば食べられます。22.8
やはりつる性多年草でヤマノイモの仲間、ナガイモ(長芋;ヤマノイモ科ヤマノイモ属)です。ナガイモの担根体は地中で細長く成長し、うまく掘り出すのが難しい、麦トロ定食などでお馴染みです。23.8
同じくつる性多年草のカエデドコロ(ヤマノイモ科ヤマノイモ属)です。葉の形がカエデに似ていることから、カエデドコロの名前が由来。薬草園で、ヤマノイモ、ナガイモと並んで植えられています。23.8
ヘクソカズラ (屁糞葛;アカネ科ヘクソカズラ属)の小さな花です。花自体はかわいらしいのですが、名前がどうもいただけません。葉や茎に悪臭があることから名が由来。23.8
ヤブタバコ(藪煙草;キク科ガンクビソウ属)が林地に群生していました。葉の形がタバコの葉に似ていることから名が由来。葉の絞り汁は、打身や腫物に、果実は駆虫剤として昔から利用されてきました。22.8
メタセコイア林の地表を、常緑多年草のチドメグサ(血止草;ウコギ科チドメグサ属)が覆っていました。この葉の汁を傷口に付けると血が止まる効能があります。24.8
随所にメヒシバ(雌日芝;イネ科メヒシバ属)が広がっています。根元の茎は地表を這い、立ち上がった茎の先に細い穂を数本、放射状に広げます。24.8
   
       
 草本2(野の花プラス:小石川植物園以外)
マツヨイグサ(待宵草;アカバナ科マツヨイグサ属)。小さな花ですが、鮮やかな黄色が目立ちます。24.8 蓼科
草地にメマツヨイグサ(雌待宵草;アカバナ科マツヨイグサ属)の黄色の花が咲いていました。北米原産の帰化植物で、道端や荒地などに広く分布。22.8 つくば
ヤナギラン(柳蘭;アカバナ科ヤナギラン属)。細長い茎がヤナギに似て、花の形がランに似ているのが和名の由来。24.8 霧ヶ峰
アキノキリンソウ(秋の麒麟草;キク科アキノキリンソウ属)。茎の総状の花を付けます。24.8 霧ヶ峰
黄色のタンポポかなと思いましたが、花に比して茎が長くブタナ(豚菜;キク科エゾコウゾリナ属)のようです。原産地のヨーロッパで、野山に群生します。16.8 鳥海山ヤマガタ
キオン(黄苑;キク科キオン属)。茎の先端に黄色の鮮やかな小花が凝集しています。24.8 霧ヶ峰
キオン(黄苑;キク科キオン属)の群生地。タムラソウも交じっています。24.8 霧ヶ峰
コウゾリナ(顔剃菜;キク科コウゾリナ属)。茎が直立して枝分かれします。24.8 霧ヶ峰
ゴマナ(胡麻菜;キク科シオン属)が群生していました。よく見ると、小さい頭花が散房状に多く咲いています。葉が胡麻に似るので、この名が付いたといわれる。24.8 霧ヶ峰
ヨツバヒヨドリ(四葉鵯;キク科ヒヨドリバナ属)。フジバカマやヒヨドリバナに似る。4枚の葉が輪生します。24.8 霧ヶ峰
コダチベゴニア(木立ベゴニア;シュウカイドウ科シュウカイドウ属)。シュウカイドウ科の多年草のベゴニアは、草花の形態のものがよく花屋さんで売られていますが、これは木立性になっていて、ボリューム感があります。23.8 自宅
イブキボウフウ(伊吹防風;セリ科イブキボウフウ属)。本州北部や北海道に分布するが、南限の伊吹山最初に見つかった。24.8 霧ヶ峰
高山地の植物ミヤマシシウド(深山猪独活;セリ科シシウド属)です。シシウドの名は、イノシシが食する植物でウドに似ているので付いたようです。16.8 鳥海山ヤマガタ
まだ暑い時期でしたが、東根の黒伏高原に上ってみたら、イタドリ(虎杖;タデ科イタドリ属、別名:スカンポ)やオギなどが群生していて、秋のたたずまいでした。20.8 山形ヤマガタ
一年草のオオケタデ(大毛蓼;タデ科タデ属、別名:大紅蓼)がピンク色のきれいな花を咲かせていました。オオケタデは大きくて毛が多いことからこの名がついたとのこと。化膿性の腫れ物や毒虫に刺されたときの民間薬として利用されています。15.8 山形ヤマガタ
ツリフネソウ(釣船草;ツリフネソウ科ツリフネソウ属、別名:紫釣船)。垂れ下がった花の形が船をつり下げたように見えます。24.8 蓼科
エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子;ナデシコ科ナデシコ属)。北海道や本州中部以北に分布。24.8 霧ヶ峰
キンミズヒキ(金水引;バラ科キンミズヒキ属)。黄色の花を付け、形状が水引に似ている。24.8 霧ヶ峰
ワレモコウ(吾亦紅;バラ科ワレモコウ属)。秋の高原に暗赤色の丸い花穂を付けます。24.8 霧ヶ峰
タチフウロ(立風露;フウロソウ科フウロソウ属)。茎が長く立ち上がっている。24.8 霧ヶ峰
ハクサンフウロ(白山風露;フウロソウ科フウロソウ属)。高山の雪渓付近に分布。24.8 霧ヶ峰
クサフジ(草藤;マメ科ソラマメ属)が一面に咲いていました。青紫色の花がフジの花に似ています。24.8 霧ヶ峰
わが家の花壇の風景です。純白で華奢なサギソウ(鷺草;ラン科サギソウ属)の花が数輪咲き出しました。サギソウ(鷺草)はラン科の山野草で、花の形が白鷺が羽を広げている姿によく似ていて、まさに造形の美と言えます。23.8 自宅

四季の植物1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節のスケッチ Copyright © Keiichi Aoyagi. All rights reserved. 無断転用不可